中東アフリカ関連

リビア内戦、エジプト機甲師団VSトルコ無人航空機の激突が現実味

エジプト議会は来週中にもリビアへの軍事介入に関する法案を審議して可決されるだろうと現地メディアが報じており、トルコとエジプトの正規軍がリビアで衝突する可能性が高まっている。

参考:Egypt’s parliament to mandate Sisi to intervene militarily in Libya

エジプト陸軍の機甲師団 VS トルコ空軍の無人航空機 果たして勝利を収めるのはどちらか?

反政府組織「リビア国民軍」を支持するトブルク政府は今月14日、リビア内戦にエジプト軍が介入することを正式に許可することを決定したため反政府組織側は「エジプトによるリビアへの直接介入は国際的に正当化された」と主張しており、エジプトの動向に注目が集まっている。

現在、リビア内戦の戦況はトルコが支援する国民統一政府側が戦いを優勢に進めており、反政府組織側が支配しているリビア内陸部の油田地帯が危機に晒されている。もしここを抑えられればリビアの主要な油田が全て国民統一政府側に属することになるため、リビアの地下資源を目当てに反政府組織側を支援する国にとっては到底許容できない事態だ。

出典:Ali Zifan / CC BY-SA 4.0 支配地域のデータは最新ではないので注意

さらに国民統一政府側を支援しているトルコは、リビア国内に軍事基地を設けて恒久的にトルコ軍を駐留させることを望んでおり両政府間で交渉が進められている。

このようなトルコの動きは隣国エジプトにとって安全保障上の障害として作用するため、エジプトのシシ大統領は6月末「エジプトは隣国リビアへ軍事介入を行う正当な権利を有しており、必要に応じてリビアで任務を遂行する準備を行う」と軍に命じており、この動きを正当化するため反政府組織「リビア国民軍」を支持するトブルク政府はリビア内戦へのエジプト軍介入に許可を与えたと言うわけだ。

この決定を受けてエジプト議会は来週中にもリビアへの軍事介入に関する法案を審議する予定で、もし法案が成立すればエジプトのシシ大統領はリビアへの軍事介入が義務付けられることになる。

当然、この動き国民統一政府側やトルコは「国連に承認されていないトブルク政府の決定には何の正当性もない」と反発を強めており、仮にエジプトがリビア内戦に正規軍を送り込むようなことになれば、トルコ正規軍と衝突する可能性が高いが、地理的条件から推測するとトルコ側の方が圧倒的に不利かもしれない。

出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Michael Battles エジプト陸軍の戦車M1A1エイブラムス

エジプトはリビアとの国境沿いに陸軍のM1A1エイブラムスや装甲車両を多数集結させており、命令さえ下りればリビアになだれ込む準備が完了しているのに対し、トルコはリビアに無人航空機や自走砲、旧式のM60A1等の戦力しか持ち込んでいないため装備の面では圧倒的に不利だ。

さらにトルコはリビアに重装備を送り込むには海上輸送しか手がないため、エジプト海軍が東地中海でトルコの海上輸送を遮断する手段にでればお手上げとなるかもしれないが、トルコにはシリア政府軍の戦車や装甲車を100輛以上破壊してシリア部隊を壊滅させた国産の無人航空機戦力があるのでエジプト軍も警戒しているはずだ。

管理人的にはエジプトのリビア介入の可能性は非常に高いと見ており、仮にエジプト陸軍の機甲師団がトルコ軍の無人航空機+精密誘導兵器に撃退されるような事態になれば、今後の地上戦の在り方に大きな変化をもたらす可能性があるため、その動向に注目している。

 

※アイキャッチ画像の出典:CeeGee / CC BY-SA 4.0

中国、英国に空母「クイーン・エリザベス」の極東派遣中止を要請前のページ

またワスプ級強襲揚陸艦で火災、溶接が原因で3番艦「キアサージ」が燃える次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    リビア上空にエジプト空軍のF-16C/Dが侵入、予告通り軍事介入を開始か

    エジプト空軍の戦闘機F-16C/Dが既にリビア上空を飛行していると複数…

  2. 中東アフリカ関連

    トルコ軍との衝突は不回避? エジプトがリビア内戦に正規軍投入を予告

    エジプトのシシ大統領は20日、テレビ演説の中で「エジプトは隣国リビアへ…

  3. 中東アフリカ関連

    トルコへの圧力か? ロシア、リビアに戦闘機MiG-29や戦闘爆撃機Su-24を配備

    米軍アフリカ軍(AFRICOM)司令部は26日、ロシアがリビアに戦闘機…

  4. 中東アフリカ関連

    狙いはS-400の情報収集? ロシアが警戒するイスラエルのF-35特殊試験機

    米国のステルス戦闘機に深刻な影響を及ぼしているロシアの防空システム「S…

  5. 中東アフリカ関連

    モロッコ、パトリオットでもS-400でもないミサイル防衛システムを調達

    モロッコ国防省は20日、フランスからミサイル防衛システム「SAMP/T…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    世界中不穏過ぎて笑えない。

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    ジャンケンの様なものでな、UAVが機甲師団に攻撃を仕掛けた時点でもう勝敗は決してるよ…
    地上車両は無人航空機の攻撃に対して余りに脆弱
    現在の対空手段じゃUAVに対してあまりに不利、米中露がゲームチェンジャーだと挙って開発しそれに続いて開発を始めた中堅国…まぁ、時代よな

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    アジアからすると、どうでもいいからケンカは止めてねって感じ
    向こうから見ても尖閣だの竹島だの、同じくだよね

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      ケンカじゃなくてそれらは明確な侵略行為です…

      • 匿名
      • 2020年 7月 20日

      中東もアジアですけどね。
      そうやって問題をすり替えて自国の侵略を正当化する方向に持ってくのが五毛のトレンドなの?

      • 匿名
      • 2020年 7月 20日

      どうでもよくはないだろ

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    今後を占う貴重なデータになりそう
    是非実現して欲しいところ

      • 匿名
      • 2020年 7月 20日

      スペイン内戦がww2に向けた兵器実験場だったのと同じ関係にならなきゃ良いんだがな・・

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    ホント中東の連中って自分勝手というか、内輪もめ好きですよね。

    それはさておき、トルコの無人機がシリアで優勢だったとしてもそれは制空権があったからでは?
    米国式の防空システムを持つエジプトが相手では無人機なんてすぐ撃墜されて終わりな気がします。

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      既にF-16を侵入させて示威行為済みですからね。空中給油機もアラブ連合体制で用意しているとか?
      ならば、空地一体で進攻すればシルトやアル・ジュフラ空軍基地までは容易に確保出来るかと
      アル・ジュフラ空軍基地を拠点として安定的に確保し、補給も万全であれば、このまま一気に全土占領すら可能かもしれません。エジプトの総合力と、意思次第ですかね?

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      さすがにエジプトもシリアの悲劇をいてるだろうから、空対地・地対地ミサイルで無人機の基地を使えなくしてから地上軍を出すだろうからエジプトが勝つだろう。
      完全に潰すことが出来なければかなりの損害が出る。

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      内輪揉めじゃないんですよ。
      そんな見方では外国人が日中韓の関係をただの仲間内で仲が悪いもの、と見ているのと大差ありません。

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    代理ではなくトルコとエジプトの直接対決まで見えてきてんじゃねえか
    んでトルコにロシア、エジプトにはアメリカがバックに付く流れだろ
    イタリアはトルコ陣営でフランスはエジプト陣営だっけか
    トルコ殴れりゃなんでもいいギリシャもいるし
    世界大戦だけは勘弁してくれよな

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      それはそれで楽しそうだし良いんじゃないかな

        • 匿名
        • 2020年 7月 19日

        あかんでしょ

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      リビア内戦ではロシアとトルコは敵同士だよ。むしろS-400やSu-57導入話の方が例外的。シリア内戦でロシア機を撃墜した落とし前か何かなのではと
      リビア内戦では、トルコの無人機がロシアの対空火器を撃破しまくった。ロシア製対空火器の性能の誇張が、シリア内戦と合わせてまた明らかになった形だね

      • 匿名
      • 2020年 7月 19日

      アメリカはオバマ政権時代に行ったリビア介入の反省からリビアに関して消極的スタンスなのでどちらかを支援するとかは無く放置ぎみで、エジプトが支援してるリビア国民軍(LNA)側にはロシアが民間軍事会社使って支援してるので、単に米ロの色分けじゃ語れない情況なのが今のリビア情勢。

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    原油価格が下がりすぎてる今、地球の反対側の戦争を批判する理由がない
    外交は利害関係
    それを善悪、道徳、同義で判断するようになったら
    未だに儒教を卒業出来てないアジアの連中と同レベルに成り下がってしまう

      • 匿名
      • 2020年 7月 20日

      戦争を肯定できない人に日本人を名乗る資格なし、ですね

      • 匿名
      • 2020年 7月 20日

      油価格を回復させる為に戦争する。確かに一理あるから納得した。

        • 匿名
        • 2020年 7月 21日

        そう見るとガンダム00みたいですね

    • 匿名
    • 2020年 7月 19日

    ドローンをステルス化して地上のレーダーから見えにくくすればかなりいけそうな気がする
    防空施設や対空車両を優先的に破壊すれば通常ドローンが使えるし
    あるいはダミーのドローンを飛ばしまくって対空ミサイルを消費させてから地上攻撃を行うか

    • 匿名
    • 2020年 7月 20日

    これが全面戦争にならないという意味は?それは内輪揉めのケンカの領域だからですよ(笑)
    諸事情から本気を出せないというよりも、本気出すのはキツいからみな内心は避けたいんですよ。

    • 匿名
    • 2020年 7月 20日

    複雑化し過ぎて、どっちかを全滅させるまで終わらなさそう

    • 匿名
    • 2020年 7月 21日

    内輪もめっていう人は、国も民族も宗教も文化的な歴史背景も違うってことが理解できないのかな?
    物理的な距離でも北アフリカ~中央アジアまでが、どれだけ広いか世界地図見ればわかるはずなのに。

      • 匿名
      • 2020年 7月 21日

      たぶんに諧謔を含んでるのを理解してくれないと。
      このエリアはイスラム圏であり、かつてはトルコ帝国の影響下にあり、遡ればアレキサンダー大王時代から交流のある文化圏ですよ(笑)
      違うつもりで違わない、どこか同じ。
      欧州から眺めたら、お箸を使って米を食べ、裾の長い民族衣装着てるアジアの連中なんてみな同じって感覚ですよ(笑)
      あなたはドイツとオランダ、フランスの民を正確に外見で区別できますか?
      その次元なんですよ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP