中東アフリカ関連

エジプト領ターバとヌウェイバに正体不明の飛翔体が着弾、イエメンから発射?

紅海のアカバ湾に面したエジプト領ターバに正体不明のミサイルが着弾、ターバから約60km離れたヌウェイバでも「飛翔体が落下して爆発した」と報じれており、イスラエル国防軍のハガリ報道官は遠回しに「イエメンからミサイルが発射された」と示唆した。

参考:Missile strikes Egyptian border town of Taba injuring 6; IDF aware of the incident
参考:Projectile falls in Egyptian Red Sea town of Nuweiba, two security sources say
参考:Missile that hit Egypt likely came from Yemen, IDF indicates; 2nd Sinai impact reported

具体的な言及を避けながら遠回しに「イエメンからミサイルが発射された」と示唆

ガザ地区に隣接するエジプトでは27日、紅海のアカバ湾北端にあるターバの医療施設周辺にミサイル(恐らく自爆型無人機)が着弾して6人が負傷、さらにターバから約60km離れたヌウェイバでも「飛翔体が落下して爆発した」と報じれており、誰がエジプトを攻撃したのかに注目が集まっている。

出典:管理人作成(クリックで拡大可能)

イスラエル国防軍のハガリ報道官は27日「ここ数時間で紅海海域から脅威が検出され戦闘機がスクランブル発進した。まだ調査中だが、紅海海域で検出された脅威がエジプトで発生した衝撃に関係していると理解している」と述べ、具体的な言及を避けながら遠回しに「イエメンからミサイルが発射された」と示唆した。

因みに米国とサウジアラビアは最近、シーア派反政府組織「フーシ」が発射したものと見られる無人機を紅海で撃墜しており、これもイスラエルを狙ったもの言われている。

追記:既にSNS上ではイスラエル空軍機がヌウェイバを爆撃したという投稿も見られ、フーシを支援するイランの情報戦かもしれない。

関連記事:イスラエル軍がガザ地区への限定的な地上侵攻を実施、本格侵攻は流動的
関連記事:イスラエルのガラント国防相、ガザ地区への侵攻命令がまもなく下される
関連記事:ガザの病院爆発、駐車場で発生した半径10mの爆発で500人以上も死亡?
関連記事:ガザの病院爆発、イスラエルはイスラム聖戦のロケット弾が落下したと主張

 

※アイキャッチ画像の出典:X(旧Twitter)経由

アウディーイウカの戦い、ホワイトハウスはロシア軍の攻撃が続くと予想前のページ

ウクライナ各地で動員解除を求めるデモ、勝利の負担は平等であるべき次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    ニジェールは3年以内の民政移行を提示、ECOWAS側は受け入れない

    ECOWASとニジェールは軍事介入を回避するための協議を20日に行った…

  2. 中東アフリカ関連

    快進撃が続くトルコの無人航空機、今度はモロッコがバイラクタルTB2導入を決定

    モロッコはトルコから無人航空機「バイラクタルTB2」を13機購入する契…

  3. 中東アフリカ関連

    アイアンドームを艦艇に統合、拠点防衛に特化したイスラエル製の防空艦

    イスラエル国防省は5日、アイアンドームが統合されたサール6型コルベット…

  4. 中東アフリカ関連

    パトリオットやFD-2000を保有するモロッコ、Barak-8調達をイスラエルと協議中

    モロッコは国交を樹立したイスラエルとBarak-8調達に関する協議を進…

  5. 中東アフリカ関連

    イランがロシアに弾道ミサイルを供給、どこで使うのかは売り手に無関係

    ロイターは19日「イランの政府高官と外交官がロシアへの弾道ミサイル提供…

コメント

    • class
    • 2023年 10月 27日

    リアル版プシェボドフかな
    やっちまいましたなぁ

    4
    • たむごん
    • 2023年 10月 27日

    エジプト経済にとって、致命的な攻撃になるかもしれないですね。

    地中海~スエズ運河~紅海の航路が、戦争免責の対象になるかもしれません。
    戦争保険が使われる対象になれば、大きなインフレ要因になります…。

    スエズ運河が、超大型船舶(ケープサイズ)以外も迂回するようになれば、エジプト財政に大打撃となります。

    15
    • ななし
    • 2023年 10月 27日

    巡航ミサイルでエジプトを攻撃してイスラエルのせいにする作戦かな?
    誤射にしてはちょっとずれすぎてるような気がする

    7
    • 2023年 10月 27日

    フーシもイランも、中東全域を巻き込んだ第五次中東戦争を誘発したいのか?

    21
    • ブルーピーコック
    • 2023年 10月 27日

    『サウジアラビアとイランの和解でイエメン戦争の終わりは近い・・・かも』とか何とか左派系メディアが言ってたのに、下手したらフーシを潰すために戦闘再開しかねんぞ。先月には停戦のためにイエメンに派遣されていたバーレーン兵がフーシに攻撃されてるし。

    11
      • きっど
      • 2023年 10月 28日

      仮にイエメンからイスラエルを狙った自爆機をエジプトに誤射してしまったのならば、当然サウジにも落ちるだろうからな……

      1
      • 一般通過OSINT
      • 2023年 10月 28日

      フーシを潰す?誰が?フーシにボコボコされフーシの軍人と政府職員全員分の給料を払わせてもらうほど屈辱の敗北に追い込まれたサウジアラビアか?
      2019年8月26日から29日の三日間、サウジアラビア南部ナジュランの南、ジャバラ丘陵地帯で発生した激戦でフーシ派戦闘員約500人だけでサウジアラビアとハーディー政権軍の兵士200人以上殺害、捕虜2000人以上を拘束、車両200両以上撃破または捕獲したという大きな戦果を上げた。戦闘の中で包囲され、食料品と水の補給もなく途方に暮れたハーディー政権軍の兵士たちが山の水を飲んた結果100人以上中毒だけではなく、航空支援を要請したサウジアラビア軍が情報伝達の不備などの原因で自軍に爆弾投下されてしまったという大惨事も…
      今頃フーシを抑えるほどの軍事力を持っている勢力はイランぐらいしないと思いますが、フーシとイランも同じく抵抗連盟同士で対立になることは有り得ない、残るの有力候補はもうアメリカしかないですが果たして今のアメリカはそれほどの余力があるかどうかは疑わしいですね

      3
    • 58式素人
    • 2023年 10月 28日

    射程距離から見て、イランのシャヘドか同等品なのでしょうね。
    弾着点からすれば、イラン/ロシアはエジプト/イスラエルに喧嘩を売っているのでしょうか。
    ひいては米国に喧嘩を売っているのでしょうか。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP