軍事的報道

日本のF-35整備拠点を利用するアジアの国は? シンガポールへF-35B販売を米国承認

米国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)は9日、シンガポールに対し最大で12機の「F-35BライトニングⅡ」を販売することを承認する決定を下した。

参考:Singapore – F-35B Short Take-Off and Vertical Landing (STOVL) Aircraft

シンガポールがSTOVLタイプのF-35Bを最大12機調達へ

2020年1月9日、米国防総省の国防安全保障協力局(DSCA)は最大で12機の「F-35BライトニングⅡ」を、シンガポールに約27億5,000万ドルで販売することを承認する決定を下し、これを議会に通知するために必要な書類を発行したと発表した。

出典:pixabay F-35B

シンガポールはSTOVL(短距離離陸・垂直着陸)タイプの「F-35BライトニングⅡ」を最大12機(4機+追加で8機購入するオプション)することを要求しており、エンジン「F135」13基(予備エンジン1基を含む)や電子戦用の搭載システム、保守サポート、 自律物流情報システム「ALIS」、シンガポール空軍の要員訓練、搭載兵器、各種予備パーツ、機体をシンガポールまで空輸するための費用などを全て含めた費用が約27億5,000万ドル(約3,020億円)という意味だ。

単純に取得費用を導入機数で割った場合、1機あたり約2.3億ドル(約260億円)となる。

この260億円という金額は機体価格ではない。

シンガポールが調達するF-35Bの機体価格は、昨年1億1,550万ドル(約127億円)だったが、今後、生産されるものについては約9,760万ドル(ロット14での予定価格)まで価格が引き下げられることになっているため、最大12機のF-35Bを購入するだけなら約11億7,120万ドル(約1,300億円)となる。

予備パーツや搭載兵器などは導入するF-35の数によって量が変動するが、それ以外の部分は導入するF-35の数が増えれば増えるほど割安になるので、シンガポールのように10機程度の導入では、どうしても総費用が割高になってしまうと言うわけだ。

昨年、これと似たような話があった。

出典:Radoslaw Maciejewski / stock.adobe.com

ブルガリアは、老朽化したソ連製戦闘機のMig-29を更新するための戦闘機としてF-16V(block70/72)を8機導入する費用として約16.73億ドル(約1,811億円)を要求され、取得費用を導入機数で割った場合、1機あたり約2.1億ドル(約220億円)となり、1機あたりの導入費用はシンガポールのF-35Bと大差がない。

しかし、66機のF-16V(block70/72)を導入した台湾に要求された費用は約80億ドル(約8,500億円)で、取得費用を導入機数で割った場合、1機あたり約1.2億ドル(約127億円)だった。

ただ台湾のF-16V導入パッケージには搭載兵器が含まれていないため、搭載兵器が含まれていたブルガリアと条件が異なるので、あくまで「参考程度」の比較にしかならないが、1機あたり約100億円近く安価なのは「66機(+旧型144機をV仕様へ改修中)」導入というボリュームが作用しているのは間違いない。

どちらにしても、アジアのシンガポールがF-35Bを導入すれば、アジア太平洋地域(北太平洋)のF-35重整備(機体やエンジンの分解整備、不具合の修理、アップグレード等)を担当する日本の整備拠点(MRO&U)を利用することになるので、日本の防衛産業にとっては歓迎すべきニュースなのは間違いない。

補足:F-35Aを導入中の韓国は日本の担当地域だが、日本で重整備は受けないといっているため、日本の整備拠点を米軍以外で利用するのはシンガポールが初めてということになるが、地理的に見るとオーストラリアの方が近いので、もしかすると担当地域を無視してオーストラリアの整備拠点で重整備を受ける可能性も無くはない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay F-35B

イランの攻撃方法が予想以上に賢かった? 米国が1発も弾道ミサイルを迎撃出来なかった理由前のページ

本当に必要か? ロールス・ロイスが第6世代戦闘機「テンペスト」に売り込む「世界初」のエンジン技術次のページ

関連記事

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-3ME」を導入

    フィリピン国防省は4日、同国の空軍近代化の一貫として日本から固定式警戒…

  2. 軍事的報道

    日本独自の「早期警戒衛星」保有への布石、弾道ミサイル探知実験を実施

    日本政府は、来年度打ち上げ予定の先進光学衛星(ALOS-3)に、弾道ミ…

  3. 軍事的報道

    ロシア製防空システム拡散抑制は不可能? インド、S-400導入による米国制裁回避に成功

    インド訪問中にトランプ大統領は25日、約30億ドル(約3,300億円)…

  4. 軍事的報道

    開発中止になった陸自「新型装甲車」計画が再び動き出す!国内開発を諦め海外から調達か?

    英国のジェーンズは、日本の防衛装備が、陸上自衛隊が装備している96式装…

  5. 軍事的報道

    自ら「完全な孤立」を選ぶ韓国、日本との軍事情報保護協定を破棄

    韓国政府は、日韓秘密軍事情報保護協定の破棄を発表したが、これは日韓間の…

  6. 軍事的報道

    嘘か真か、F-35プログラムからのトルコ追放は韓国に幸運をもたらすか?

    韓国メディアによればトルコのF-35プログラム追放は韓国防衛産業にとっ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 1月 11日

    シンガポール空軍のマーキングをしたの見られるといいな

    1
    • 匿名
    • 2020年 1月 11日

    F-35の整備だがバ韓国は日本に関わらなくて良いんでオーストチョリアか米に輸送して勝手にやってろ。
    シンガポールもまぁご自由に
    日本の機密保護ってなんか頼りないし心配だから出入りは少ない方が良い

    • 匿名
    • 2020年 1月 11日

    というか日本の整備拠点どうすんだろ。本来の国内組み立ての38機の製造の終わったFACOを改装する予定だったのを生産継続に変更するそうだし、追加で建てるのか。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP