北米/南米関連

原子力潜水艦を建造中のブラジル、不安要素はフランスとの関係悪化

最近、韓国が原子力潜水艦建造に言及したので、7ヶ国目の原潜保有国を目指して原子力潜水艦の建造が進んでいる南米のブラジルの状況について管理人の考察をまとめてみた。

7ヶ国目の原子力潜水艦保有国に最も近いブラジル、フランスとの関係悪化で本当に完成するのか怪しくなってきた

現時点で原子力潜水艦を保有している国は米国、ロシア、英国、フランス、中国、インドの6ヶ国しかないが、7ヶ国目の原潜保有国に最も近いのがブラジルだ。

ブラジルは1970年代から原子力潜水艦建造プロジェクトを進めており、1980年代に国産の遠心分離機でウラン235の濃度を高める同位体分離(ウラン濃縮)に成功して核燃料サイクルを確立、2018年には原子力潜水艦に搭載する原子炉のプロトタイプを完成させ、ドイツやフランスから潜水艦を調達して国内建造することで潜水艦建造に必要な技術やノウハウをもった人材育成も進めている。

最終的にブラジルはフランスのバックアップを受けてリオデジャネイロ州イタグアイ海軍基地に原潜建造のため新たな造船所をDCNSと共同で建設、フランスのDCNSにブラジル人技術者や軍関係者計62人派遣して教育を受けさせるなど原潜建造プロジェクトに必要な準備を全て整え、2018年からブラジル初の原子力潜水艦「アルバロ・アルベルト(6,000トン)」の建造を開始した。

この原子力潜水艦はブラジル人技術者によって設計され原子炉も国内で開発されたものが搭載される予定で、順調に建造が進めば2030年頃に完成して2032年頃に就役すると予想されているが、ここにきてフランスとの協力関係が破綻する可能性が浮上している。

出典:Palácio do Planalto from Brasilia, Brasil / CC BY 2.0 大阪サミットでのボルソナーロ大統領とマクロン大統領

2019年1月に就任したボルソナーロ大統領とフランスのマクロン大統領は非常に仲が悪く、特にアマゾンの森林地帯で繰り返し発生する大規模な火災について両者は互いに非難しあい解決の糸口が見つかっていない。

アマゾンの森林火災については国際社会からの批判されているが、特にフランスのマクロン大統領は「ブラジルが国連サミットで確約した気候変動対策を守っていない=嘘つき」だと非難してブラジルが加盟するメルコスール(南米南部共同市場)とEUとの自由貿易協定を阻止するとまで言って牽制、これ激怒したボルソナーロ大統領はG7が消火活動費用として提供を申し出でた2,000万ドルの受け取りを拒否して「マクロンは自国と植民地の面倒でもみてろ」と応戦。

さらにアマゾンの森林火災についてボルソナーロ大統領は「私への侮辱をマクロン大統領が撤回しない限り応じない」とまで言い出す始末で、全く噛み合わない両者の関係はブラジルとフランスの関係にも影響を及ぼし始めている。

補足:上記以外にも、一般ユーザーがFacebookにボルソナーロ大統領の夫人とマクロン大統領の夫人を比較する画像をアップして、マクロン大統領がボルソナーロ大統領を執拗に攻撃するのは「男の嫉妬によるもの(ボルソナーロ大統領の夫人の方が美しいという意味)」だと書き込んだ投稿にボルソナーロ大統領本人が「いいね」をつけたため、マクロン大統領が「極めて無礼だ」と非難した。

出典:Ministério da Defesa / CC BY 2.0 ブラジル陸軍

ブラジルメディアは今年2月、入手した「防衛シナリオ2040」と呼ばれる軍の極秘文書の内容を報じて世間を驚かせた。

報じられた内容を簡単にまとめると、防衛シナリオ2040の中でブラジル軍上層部は関係が悪化したフランスが安全保障上の脅威になると考えており、2035年までにフランスがブラジルと国境を接するギアナ(仏領)から侵攻してくる可能性があると警告しているという内容で、現地のフランス大使館は報道に対して「無限の想像力による産物に敬礼」と皮肉で返したが、ブラジルメディアは入手した「防衛シナリオ2040」は本物で恐らくボルソナーロ大統領の考えが反映されているものだと報じている。

要するにボルソナーロ大統領とマクロン大統領の関係悪化が、ブラジルの国防政策にも影響を与え始めていると言う意味だ。

現在はブラジルもフランスも新型コロナウイルスの対策に追われているため罵り合いも休戦状態だが、状況が落ち着けば再び両者が国際舞台で衝突する可能性は高い。そのため両国関係が今以上に悪化すればブラジル初の原子力潜水艦建造の行方も怪しくなってくる。

管理人の推測では、恐らくブラジルの原子力潜水艦「アルバロ・アルベルト」に搭載される戦闘管理システムや兵器システムはフランス製の可能性が高く、マクロン大統領が原潜建造への協力を打ち切ればブラジル単独で原潜を完成させるのは不可能だろう。

因みにブラジルは原子力潜水艦「アルバロ・アルベルト」の建造に推定74億ドル(約8,000億円)を投じており、これが完成しないという事態はブラジルにとって悪夢以外の何物でもない。

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay 原子力潜水艦のイメージ

ボーイングとって朗報はT-7Aレッドホーク、悲報はKC-46Aペガサス前のページ

ややF-35A有利か? 提案書類が出揃いカナダの次期戦闘機選定がスタート次のページ

関連記事

  1. 北米/南米関連

    カナダのパイロット養成機関、韓国とFA-50導入に関するMOUを締結

    軍事向けの戦術航空トレーニングやテストパイロット養成を手掛けるカナダの…

  2. 北米/南米関連

    ややF-35A有利か? 提案書類が出揃いカナダの次期戦闘機選定がスタート

    ロッキード・マーティン、ボーイング、サーブの提案書類が出揃い、いよいよ…

  3. 北米/南米関連

    ブラジルが空母「サン・パウロ」を約2億円で売りに出す、勿論スクラップとして

    ブラジル国防省は11日、空母「サン・パウロ」を最低入札価格127万ドル…

  4. 北米/南米関連

    カナダはファイブアイズ拡張や日本加入に消極的、協定への署名だけでは不十分

    カナダのサージャン国防相は日本のファイブアイズ加入について発言、ファイ…

  5. 北米/南米関連

    カナダ、トルコへのEO/IRセンサー輸出黙認でアゼルバイジャンを間接的に支援か

    カナダ政府はトルコに輸出しているEO/IRセンサーが無人航空機に搭載さ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    ふーん、フランスがブラジルに侵攻ね
    コロナの後遺症にピンガ飲み過ぎでボケた大統領で大丈夫ですか
    ブラジル民は不幸だね

    2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      その大統領に支持を与えたのは当のブラジル国民なわけで、まぁ自業自得。

      1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    まるで子供の喧嘩ですね。
    マクロンの発言の軽薄さはカルロス・ゴーンの件然りG7級の首脳としては不適格です。
    勿論これはボルソナーロを庇ってのことではないです。

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    建造に8000億ってメチャクチャコスパ悪いな
    しかも、ググったら攻撃原潜(流石に巡航ミサイルは撃てるみたいだけど)を一隻でって・・・
    その金で別のモノ建造したほうがずっと有益だろ

    2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    日本も韓国と仲違いすれば一方的にダメージを喰らう事になるだろうね
    その為にも慰安婦問題については誠意ある対応を早急に取らなければならない

      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      特亜の方のおっしゃっている意味が分かりません。誰か、この日本語を翻訳してください。

      3
        • 匿名
        • 2020年 8月 01日

        特亜の発言・思考回路は支離滅裂で翻訳は困難です。
        恐らく成人しても思考力が成熟しない種ではないでしょうか。

        3
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      (正しい歴史認識に基づく翻訳)

      ○⇒ 韓国も日本とと仲違いすれば、一方的にダメージを喰らい経済的焦土になるだろうね

      ○⇒ その為にも、史実捏造慰安婦問題については誠意ある対応を早急に取ってもらわなくて結構。勝手に自滅して欲しい。

      2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      リンク

      サーチナだけど日本と韓国が軍事衝突したら日本が完勝するって記事が出ていたよ。

      2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      韓国の原潜が日本領海で自爆してK-放射能をばら撒くかもしれないので気を付けよう。

      2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      日本語をよくご存じない様ですのでご説明しておきますが
      「仲違い」とは「今まで仲の良かった者同士が関係が悪化し仲が悪くなる事 」を言います。
      建国以来反日と用日の間をフラフラする韓国と仕方なくそれを容認してた日本の関係が悪化する事を
      「仲違い」とは言いません。

      2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      そっくりそのまま返す、と言いたいとこですが、
      韓国は国民性からして嘘つき・怠惰・直情的…と日本と真逆で
      「劣化日本」と呼ぶ事すら不快ですのでやめておきます。

      2
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      この界隈に足を踏み入れたばかりの若人か、初々しいな。

      1
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      韓国は身近に在る反面教師として非常にお手本になります。

      2
      • ハゲ親父🐧
      • 2020年 8月 01日

      漢字読めるニカ?🐧
      機能性文盲ニカ?🐧
      おテンテン大丈夫ニカ?🐧

      1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    ブラジル海軍に、金食い虫の原子力潜水艦が何故必要なのですか?
    地球の裏側の海まで出て行って作戦する訳でもないし、まさか核弾頭搭載SLBMの保有でも目指してるのかね?

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    漁夫の利を得るのは中国大陸しかない
    持ち上げられて喜んでてはダメよ
    解説も、日本に勝利に見合う利は得られないで締められてたし

    1
    • 残念
    • 2020年 8月 01日

    このサイト凄く良質な記事と見やすいレイアウトに教養あるコメントで気に入ってたんだけど最近急に荒れてきて残念です。

      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      レス古事記が一人いるだけですのでスルーしましょう

        • 匿名
        • 2020年 8月 01日

        これ雑談ね。
        渡米して苦労してた知人が、やむを得ず帰国して日本で愚痴るのは、米国の差別社会への怒りなんだけど、なぜかその叩きの標的が上級国民な(笑)白人でなく、黒人だの中南米移民なんですよ。
        黄色だから差別されてると言い張る彼は、どちらかと言えばアフリカンやラテンアメリカ側のはずなのに、何故か近親憎悪ぽく黒人と中南米の悪口ばかり。
        ここで韓国大好きさんの正体が彼であっても少しも驚かないね。
        どこでも負け組のメンタルは同じさ(笑)

      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      1年前は米欄もちゃんと見てたけど、最近は変な奴同士の罵り合いばかりで見る気が失せる。関係がある記事ならまだしも、全く関係ない記事にも湧いてるから正直、何をしたいのか分からない。

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    建造期間の長さからみても、技術取得のための試験艦という性格を感じますね。実は原潜運用の戦術戦略すら未完成にも見える、たった一隻だし
    フランスが手を引いてもロシアや中国が代わりに入り込むだけだと思うけど、そもそも完成するのやら

    2
      • 匿名
      • 2020年 8月 03日

      もたもたしてると最近お決まりの火事になったりして。

      2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    原子力潜水艦VS在来型潜水艦は例えるならジェット戦闘機VSレシプロ戦闘機くらいの差がありますからね欲しいのは分かります
    しかしそれにしても高価、しかも他国頼りの建造、流石に無茶なのでは?

      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      ブラジルは海が南北に広いからと言うことでしょうか。でもブラジルの性格を見るにそれだけの理由で原潜を配備し無さそうな気がします。

      2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    何を目的として・・・
    なんか南米では強大国であるABC3国(アルゼンチン、ブラジル、チリ)が主導権争いの為(軍事って意味では無い、経済&南米での政治)だけの軍備って匂いしかしない・・・・この原潜だけでは無く、ブラジルのあの空部を含めた、もっと前から、過去の軍備拡張競争の全てが

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    それにしてもまぁ国の代表者選びミスるとほんととんでもないことになるな
    ブラジル海軍の高官とかも頭抱えてるんじゃないか?
    悲願の原潜建造に向けて長期間頑張ってきたのに
    アホが大統領になったおかげで水泡に帰すかもしれんて…やってらんないだろ

    1
      • 匿名
      • 2020年 8月 01日

      お隣の国といいその通りですね。1年単位で首相が変わっていた頃は直接大統領性が羨ましかったですが、やっぱ日本は議員内閣制でいいや。
      もうちょっと首相の権限強くしていいけど(バランスとるためにチェック機関も強めないとだけど)

      2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    南米の文在寅ボルソナロが支配するいい加減な国でもそこそこの富力が維持される奇跡の国ブラジル
    汚染物質垂れ流しを規制しないままであとどれだけ国が持つのやら
    19世紀末から「明日の超大国」と賞賛されてはや一世紀以上……このまま明日は来ない模様

    2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    もし募集工関連で日本企業の資産を現金化したら厳しい金融制裁が待っているだろうから、養って貰っていたのがどちらか良く判るよ。

    その日が来るまで震えて眠れ。

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    戦争というのは侮辱によって容易に起きる

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    G7ですらない国がなに言ってもなんとかの遠吠えですな。みじめよのぉ

    1
    • oominoomi
    • 2020年 8月 01日

    管理人さん、もう↑こういう類のはお掃除願えますか?
    せっかく人気の高いミリタリーブログなのに、どんどん荒れていくのが心配です。

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    あまり知られてませんがブラジルは名実ともにポルトガル語圏の盟主なんですよ
    ポルトガルは西欧最貧国で産業も無くて貧乏ですからね、ドイツや英国に出稼ぎにいくかブラジルに出稼ぎにいくしか人生の選択肢がなくて、定期的にEUやめてブラジルの海外州にして欲しいって声があがります、ブラジルには得がありませんが

    将来的には旧ポルトガル植民地アンゴラの石油を手に入れることを視野に入れているのかも知れませんね
    そうすると、あそこは今は中国の実質植民地状態なので中国と南大西洋で対立することも考えなければならない

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    それにしても21世紀にもなって首脳の個人的な感情や関係で国が振り回されるの、人類の進歩とはなんなのかって気分になるな

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    かつてチリ、アルゼンチン、ブラジルでド級戦艦競争してて、すべて実戦ゼロのまんまでスクラップに(笑)
    人間は過去に学ばない、人間は進歩しないって
    ただ繰り返す

    1
      • oominoomi
      • 2020年 8月 02日

      世界で造られる兵器の内、おそらく99%以上が実戦を経験すること無く廃棄されているでしょう。
      全く無駄な事を繰り返しているようにも見えますが、私は逆に人間が過去から学んだのだと思います。
      即ち、力の空白は平和をもたらさない、平和とは力と力の釣り合いに過ぎない、ということをです。

      2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    自分がわざわざ言う必要は無いと思うけど釣り針はみんな無視しようぜ。返信つけると奴らは喜んで荒らし続けるだろうから。

    1
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    ABC三国は明日の超大国!と言われ続けて早一世紀以上
    資源があるだけでは大国にも先進国にもなれないという証明みたいな国だ
    もちろん韓国には関係ないというかレアル債の不義理で南米市場から放逐されたっけな
    高速鉄道入札でも無視されたし

    2
    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    ボルソナロはコロナを経て支持率大幅上昇した数少ない首脳の1人だぞ
    ロックダウンってのは、経済弱者は死ねってのと同じだからね

    • 匿名
    • 2020年 8月 01日

    あれ?
    一度載ったコメントが消えたような、、、

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP