米国関連

米国史上2番目の取引額、UAE向けにF-35Aを含む2.4兆円の武器販売を承認

米国のポンペオ国務長官は10日、アラブ首長国連邦にF-35Aを含む233.7億ドルの武器パッケージ販売を承認したと発表して注目を集めている。

参考:U.S. approves $23.37 billion advanced arms sale to UAE – Pompeo
参考:UNITED ARAB EMIRATES – F-35 JOINT STRIKE FIGHTER
参考:NITED ARAB EMIRATES – MQ-9B REMOTELY PILOTED AIRCRAFT
参考:UNITED ARAB EMIRATES – MUNITIONS, SUSTAINMENT AND SUPPORT

アラブ首長国連邦向け総額2兆4,600億円の武器パッケージを国務省が承認

国務省は販売の可能性を承認したのは武器パッケージはF-35A(最大50機:推定104億ドル)、MQ-9B(最大18機:推定29.7億ドル)、軍需品及び保守サービス(推定100億ドル)の3つで構成されており、全てを合わせた推定コストは233.7億ドル(約2兆4,600億円)だ。

出典:public domain MQ-9リーパー

特に目を引くのは推定100億ドルの軍需品及び保守サービスに含まれる大量の弾薬類で、以下のものが含まれている。

  1. 中距離空対空ミサイルAIM-120C8×800発、
  2. 無誘導爆弾MK.82(500ポンド)×2,004発
  3. 無誘導爆弾MK.83(1,000ポンド)×1,002発
  4. 無誘導爆弾MK.84(2,000ポンド)×1,002発
  5. 無誘導爆弾MK.82用JDAMキッド×2,000個
  6. 無誘導爆弾MK.83用JDAMキッド×1,000個
  7. 無誘導爆弾MK.84用JDAMキッド×1,000個
  8. MK.80シリーズ用の信管 FMU-139 Fuze×4,000個
  9. 滑空誘導爆弾AGM-154C×650発
  10. 滑空誘導爆弾AGM-154ER×50発
  11. 対レーダーミサイルAGM-88E×150発
  12. 上記弾薬の訓練用ダミー弾を多数
  13. 上記弾薬に維持に必要な技術サポートや保守サービス

正直、ここまで大量の弾薬を一度に購入する可能性を承認した対外有償軍事援助(FMS)を管理人は見たことがない。

さらに国務省が発表するFMSのプレスリリースには必ず「提案された機器やサービスは地域の基本的な軍事バランスを変えること無い」と言う決り文句がつくのだが、今回発表されたUEA向けのプレスリリースには「地域の軍事バランスを変える」と書かれており、UAE向けの武器パッケージは前例のない規模であることを示していると言える。

出典:航空自衛隊

因みに今回の発表は国務省がUAEへの武器販売の「可能性」を承認しただけで米議会が反対すれば実行不可能になる上、UAEが国務省の承認した武器パッケージの内容をそのまま購入するのかは分からないので正式な契約額は233.7億ドルを下回る可能性はあるが、今年7月に承認された日本向けのF-35関連推定コスト231億1,000万ドル(F-35A 63機/F-35B 45機)を抜いて「米国史上2番目の武器取引額(推定)」となったのは間違いない。

補足:米国史上1番目の武器取引額(推定)は2010年に承認されたサウジアラビア向けの294億ドル(F-15SA 85機、F-15S→SAのアップグレード費用)だ。

問題はUAEへの武器販売が実現するのかだが、イスラエルはUAEへの武器販売に関して「反対しない」と表明しているため残る障害は米議会がUAEへの武器販売を認めるかどうかだ。

大統領選挙に勝利したバイデン氏が所属する民主党はUAEへのF-35A販売に反対しているため、武器輸出に必要な議会の審査プロセスを管理している上下院の外交委員会が異を唱えるかもしれない。しかし来年1月の大統領就任式まではUAEへの武器輸出を推進するトランプ氏が大統領なので国家安全保障上の緊急事態を宣言して強行突破(事実上議会の無視)することが出来る。

そのためトランプ大統領がUAEへの武器輸出に熱意を失っていなければ実現する可能性が高い。

関連記事:米史上2番目の武器取引額、約2.5兆円にのぼる日本向けF-35販売を承認
関連記事:大統領選挙に勝利したバイデン氏、書き換えられる米軍や防衛産業の未来

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Kate Thornton

独自の進化を遂げるトルコのF-16、国産空対空ミサイルも実用化目前前のページ

迎撃コストの逆ザヤ解消を狙う米陸軍、1600万円以下の新型ミサイル試射に成功次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    四面楚歌のボーイング、米海軍がF/A-18E/F BlockⅡ調達プログラム終了を発表

    米海軍は24日、ボーイングに発注した最後のF/A-18E/F Bloc…

  2. 米国関連

    F-35はいよいよ成熟段階に突入か? 米国、カテゴリー1Aの欠陥を全て修正完了

    F-35を操縦するパイロットの生命を危険に晒す「カテゴリー1A」に分類…

  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い

    米海軍は今月22日、米空母ジェラルド・R・フォードの不具合の中で最も致…

  4. 米国関連

    日米が共同開発したSM-3Block2A、ICBMを想定した迎撃実験に初成功

    米ミサイル防衛局は16日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を想定したSM…

  5. 米国関連

    入札が近づく米空軍のRFXプログラム、勝者はT-50?それともM-346?

    来週にも入札が開始される米空軍のRFXプログラムに勝利するのは果たして…

  6. 米国関連

    27時間燃え続ける米海軍のワスプ級強襲揚陸艦、懸命な消火活動が続く

    米海軍のワスプ級強襲揚陸艦6番艦「ボノム・リシャール(LHD-6)」は…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    技術サポートとか保守もありとはいえミサイル爆弾高ぇな

    8
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    UAEはどこと戦争するつもりなんだ…?

    7
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      イランかな?

      2
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      アメリカの言うように、地域のバランスを変えるための輸出としたら、もうイラン相手の牽制しかないでしょ
      アラブ対イスラエルの構図を、シーア派対その他に書き換えたいのがアメリカの戦略だと思う
      そもそもがシーア派がイスラムの地域的な異端であることを利用されてるね

      19
        • 匿名
        • 2020年 11月 11日

        アメリカの思惑も宗派の対立もあるだろうけど、もともとペルシャ系とアラブ系で争っていたのが中東の歴史だしな

        7
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      サウジと組んでイエメンとやってますがな。

      1
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      ずっと前から、中東は、預言者の生誕地と死没地を持つ、スンニ派サウジアラビアと、サウジアラビアを傲慢とするシーア派イランで真っ二つ。二つの陣営に分かれて、事実上の戦争状態。
      民兵ってことになってるけど。スンニ派の地域、めちゃくちゃ攻め込まれてる。

      3
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    日本もESSMとかトマホークとか今のうちに仕込んどいたほうがいいね。
    いつ有事になるか分からないから。

    11
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    敗者トランプ氏の最後の悪あがきになるかもしれませんね。

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      大統領選の再集計が行われているので敗北はしていないのでは?
      どちらも当確していない扱いでしようし。

      7
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      共和党で最も穏健で民主党と共闘できるとされてる人が、今回の選挙の不正について徹底手的に戦えと言い出したんだ。
      どうなるか本当にわからんよ。
      日本のマスコミは売電勝利としか言わないが、アメリカは全然そんな感じじゃない。

      5
        • 匿名
        • 2020年 11月 12日

        大多数の共和党員が沈黙してる理由を読み違えてませんか
        選挙不正を言い張るほど、トランプの正当性どころかアメリカという民主制国家の根幹が揺らぐ問題を見てくださいね
        そもそも、敗けた現職が不正を主張する例なんてな。トランプはもう笑い者でしかない

        1
        • 匿名
        • 2020年 11月 15日

        なるほど、マスコミを鵜呑みに信用しないのも一つの見識と言えますが、ではあなたのニュースソースは何?
        どこの馬の骨があげてるのか判んないネットを真に受けてるのはやはり反知性でしたね(笑)
        トランプは子供丸出しの恥知らずで終了しました

    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    JDAMキッドよりも爆弾のほうが500発につき1発余分に多いのはなぜなんだろう?

    1
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      信管の数もJDAMキットと同数なので、何らかの試射か訓練用では?

      3
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      リンクの3と4を集計すると(本気で翻訳する努力しないが)

      mk82爆弾が2076個(+72。ただし、72個は低威力爆弾)。mk83爆弾が1000個(-2。コピペ対策?)
      MK.80シリーズ用の信管2006個(+6。管理人をリスペクトしつつ集計忘れ?。アメリカ人って別ファイルに信管の端数載せるw)

      つー、わけで低威力弾に信管が要らないなら、+6して数は合う。

    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    アメリカがイランが憎いのでイラクに軍事支援しまくる

    イラクが調子に乗って暴れだす

    アメリカは自分で支援しておいて自分でイラクをぶっ殺しに行く

    アメリカがイランが憎いのでUAEに軍事支援しまくる←今ここ

    ????

    7
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      つか、最近ギリシャやUAEに売ってるF35やその装備品は確か元はトルコに売る筈だった分。イランはもちろんだが、アメリカによるトルコへの牽制・意趣返しでもある。

      3
      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      アメリカの核心的利益であるペトロダラー体制を壊そうとした(石油のユーロ決済)イラクは、潰されても文句言えないが、ブッシュJr.の非バアス政策やフセイン死刑はやり過ぎ。
      パパブッシュのように政権崩壊させずに凝らしめてやるべきだった。

      3
        • 匿名
        • 2020年 11月 11日

        石油の人民元決済を目指す中国も同じ運命か

        1
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    JSOW-ERって生きてたんだ
    射程560kmもあるから、JASSMとかぶるんだよね

    2
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    2,004発とか、1,002発とかって、キリの悪い弾数なのはいったい何故?

      • 匿名
      • 2020年 11月 11日

      500個買うと1個おまけナンダヨ。

      4
    • 匿名
    • 2020年 11月 11日

    売れまくってんな。

    • 匿名
    • 2020年 11月 12日

    貴サイトで挙げられているサウジF-15SA新造&既存機のSAアップグレードも桁違いの武装を輸出していますが、UAEの取引もこれに匹敵するか武装によってはそれを上回っているものもありますね。
    AIM-120が多めなのはF-16E/FをF-35で置き換える意図もありそうです。
    リンク

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  4. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  5. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
PAGE TOP