米国関連

バイデン政権、まもなくクラスター爆弾が含まれるウクライナ支援を発表

米メディアは「バイデン大統領が移転を承認したため、明日発表されるウクライナ支援パッケージにはクラスター爆弾が含まれる」と報じており、ウクライナ軍は塹壕戦に効果的な武器を手に入れることになる。

参考:Biden approves cluster munition supply to Ukraine
参考:U.S. to include controversial cluster munitions in new Ukraine weapons package
参考:What DPICM Cluster Munitions Are And Why Ukraine Wants Them So Bad

バイデン政権は「安全保障上の重要な利益のため議会が設定したクラスター爆弾の移転制限を無視できる」と考えている

ウクライナ軍もロシア軍も大量の無人機を投入して戦場認識力を拡張、その影響で砲兵戦力の有用性は格段に向上したため機甲部隊同士の大規模戦闘は自殺行為でしかなく、ウクライナでの地上戦は砲撃戦と塹壕戦で占められているのだが、地形を利用した塹壕は単一弾頭を使用する伝統的な間接射撃に対して耐性が非常に高く、戦車砲のような直接射撃は更に攻撃効果が低いため、ウクライナ軍はロシア軍が準備した防衛ラインの攻略に手間取っている。

出典:Department of Defense

この手の塹壕は「単一弾頭タイプの砲弾」ではなく「複数の子弾を内包したクラスター弾頭タイプの砲弾」が効果的だが、ウクライナを支援する西側諸国の多くがクラスター爆弾を禁止するオスロ条約に署名もしくは批准しているため、クラスター爆弾を供給してほしいというウクライナの要請に応じる国は現れていない。

今年1月、オスロ条約を批准していないエストニアが保有するクラスター爆弾(155mm砲弾タイプ)のウクライナ移転を製造国にドイツに認めるよう要請、ウクライナのクレバ外相もミュンヘン安全保障会議で「ロシア軍がクラスター爆弾を使用している証拠がある。この兵器が世界的に問題のあるものだと理解しているが、我々はクラスター爆弾を禁じる条約に署名していないためクラスター爆弾使用に法的な障害はない。もしこれを手に入れてもロシア軍に対してのみ使用する」と主張。

出典:NATO

ウクライナのクレバ外相は18日、ミュンヘン安全保障会議で「ロシア軍がクラスター爆弾を使用している証拠がある。この兵器が世界的に問題のあるものだと理解しているが、我々はクラスター爆弾を禁じる条約に署名していないためクラスター爆弾使用に法的な障害はない。もしこれを手に入れてもロシア軍に対してのみ使用する」と述べ、兵士の波を制圧するのに効果的であると思われるクラスター爆弾の提供を会議に参加している国に訴えた。

さらにキーウのクリチコ市長も独メディアの取材に「クラスター爆弾や白リン弾(国際的に禁止されていない)が議論の多い兵器だと知っている。しかし本物の戦争ではどんな手段であろうと敵を止めるのが重要で、ロシアがやった大量虐殺は罰せられなければならない」と答え、国際社会にクラスター爆弾や白リン弾の提供を要請するのは「正当な要求だ」と強調したが、オスロ条約を批准済みのドイツは移転を承認せず、NATOのストルテンベルグ事務総長も「これらの武器をNATOは推奨も供給もしてない。我々はクラスター爆弾を供給しない」と述べてウクライナの要請を拒否した。

出典:U.S. Army photo by 2nd Lt. Gabriel Jenko, 1st Battalion, 82nd Field Artillery Regiment, 1st Armored Brigade Combat Team, 1st Cav. Div クラスター弾頭タイプの砲弾

同条約に署名していない米国でも昨年12月頃「クラスター爆弾のウクライナ提供を検討し始めた」と報じられ、議会がクラスター爆弾移転を法的に制限しているため「このアイデアをバイデン大統領は真剣に検討してしない」と関係者は述べていたが、ロシア軍の防衛ラインを突破するのにウクライナ軍が苦戦していることを受けて本格的な検討を開始、CNN、ワシントン・ポスト、ポリティコなどは「バイデン大統領が移転を承認したため、明日発表されるウクライナ支援パッケージにはクラスター爆弾が含まれる」と報じている。

バイデン政権は「安全保障上の重要な利益のため議会が設定したクラスター爆弾の移転制限を無視できる」と考えており、恐らく155mm榴弾砲や自走砲で使用できるクラスター弾頭タイプの砲弾(噂では10万発)がウクライナに向かうことになるのだろう。

因みにクラスター弾頭タイプの砲弾が制圧できる範囲は通常砲弾の5発分以上と言われており、ロシア軍の塹壕を制圧する戦いにおいては「ゲームチャンジャー」と呼んでいいのかもしれない。

関連記事:ダメなものはダメ、ウクライナが要請したクラスター爆弾提供をNATOが拒否
関連記事:エストニア、ドイツにクラスター爆弾のウクライナ移転を承認するよう要請

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Army photo by 2nd Lt. Gabriel Jenko, 1st Battalion, 82nd Field Artillery Regiment, 1st Armored Brigade Combat Team, 1st Cav. Div クラスター弾頭タイプの砲弾

ウクライナ人パイロットの訓練はルーマニアで実施、ただスケジュールは未定前のページ

バイデン政権、クラスター砲弾を含むウクライナ支援パッケージを発表次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米防衛産業は真っ青、バイデン政権がサウジへの軍事支援中止を今日にも発表

    米国のサリバン大統領補佐官(安全保障問題を担当)は4日、大統領がイエメ…

  2. 米国関連

    成層圏の要塞が「飛行機の墓場」からカムバック!保管中のB-52が現役復帰

    米空軍は、失われたB-52の代わりを探してきたが、遂にその代わりとなる…

  3. 米国関連

    潜水艦をUUV母艦化したい米海軍、水中発射・回収に対応したMUUVを開発中

    米海軍は攻撃型原潜の魚雷発射管から発射・回収可能な新型UUV=MUUV…

  4. 米国関連

    極超音速兵器開発で先行する露中への回答、米国、極超音速兵器「AGM-183A」のイメージを初公開

    米国のロッキード・マーティンは最近、極超音速兵器開発プログラム「AGM…

  5. 米国関連

    現実的な安全保障のコストを受け入れ始めた西側、10兆ドル以上の追加負担も

    Bloombergは9日「各国の安全保障担当者らは冷戦時代並の国防支出…

  6. 米国関連

    米海軍が第6世代戦闘機「F/A-XX」を単独開発する理由!第5世代戦闘機が犯した過ちとは?

    米海軍は、次世代戦闘機を米空軍とは共同で開発する予定はなく、米空軍とは…

コメント

    • 鼻毛
    • 2023年 7月 07日

    普通の砲弾でも10万発は心強い
    威力換算で何発分相当だろうか

    16
    • issh
    • 2023年 7月 07日

    皆様のツルツルは、もしかしてクラスター爆弾で一掃された結果ですかね。
    これは禁止にしないとダメですねー

    5
      • 匿名
      • 2023年 7月 07日

      流石にそれは笑えないわ

      3
      • 台湾大好き
      • 2023年 7月 07日

      え、ツルツルを禁止にするんですか? それは大変だここに出入りの3人に1人は出k… ん、なんだろ夜中に人が来るなんて…

      10
      • 名無し
      • 2023年 7月 08日

      ツルツルはスリック爆弾といいまして、別のものですね。

      1
    • タチコマァ
    • 2023年 7月 07日

    通常砲弾5発分、単純計算で50万発分に匹敵するわけですか
    しかもこれはあくまでも手始めでしょうし、アメリカが動けば欧州も動く。廃棄予定だった員数外の砲弾が供給される可能性もある
    そうなれば砲弾生産が軌道に乗るまでこれで一服出来そうですね

    18
    • ブタゴリラ
    • 2023年 7月 07日

    H5見出しb

    えーたくむすは?

    3
      • 匿名
      • 2023年 7月 07日

      そちらも既にバイデン大統領がサインする段階まで進んだそうですよ

    • くらうん
    • 2023年 7月 07日

    >「このアイデアをバイデン大統領は真剣に検討してしない」と関係者は述べていたが、ロシア軍の防衛ラインを突破するのにウクライナ軍が苦戦していることを受けて本格的な検討を開始

    まさに泥縄式。

    21
    •  
    • 2023年 7月 07日

    1年くらい前は対砲兵射撃でロシア軍が多連装ロケットのクラスター弾を多用してたけど最近は見ないな。
    動画になってないだけかもしれんが。自主規制してるのか弾が無いのか。
    対砲兵は最近はランセットばかり。
    陣地面制圧はTOS1サーモパリック。

    3
    • 匿名
    • 2023年 7月 07日

    「5見出しb」とは…🤔

    8
    • emp
    • 2023年 7月 07日

    バイデンは”人権を重んじる”民主党だからクラスター弾移転のハードルは高いよな

    相手が望んだものを与えても、後から都合が悪くなればこちらが責められることもある
    人間とは度し難いものよ

    ウクライナはアメリカのせいで国土が荒廃したとかいう奴が間違いなく一定数現れる
    ウクライナ人でも一定数はいるだろう

    ワシントンは、ウクライナ人の感情よりもロシアを苦しめる方が利益になると判断したんだろう

    6
      • panda
      • 2023年 7月 07日

      クラスター弾は両軍とも撃ち合ってるので今更の話ですが・・・

      25
    • のむら
    • 2023年 7月 07日

    >もしこれを手に入れてもロシア軍に対してのみ使用する」
    スターウォーズの帝国設立時を思い出す…
    ウクライナが他国を侵略することはないでしょうが、それでもロシアが存在する限りは保有を続けるでしょうね。

    結局核兵器や対人地雷も含め、強すぎるから、とか被人道的だから、という理由があっても戦う可能性があれば放棄はしない方がいいということだと思います。
    日本もこれだけ広い海岸線もありますし、いざという時に備えて保持しておきたかった。

    12
    • msd
    • 2023年 7月 07日

    湾岸戦争はクラスター弾が最も活躍した戦争ですが、特に決定的な役割を示したのが対砲兵戦においてでした。
    クラスター弾は小弾を広範囲にばら撒く性質上、軽装甲の目標に対して特に効果が大きいものです。

    特に現代戦では標定された敵砲兵に対して陣地変換される前に広範囲に破壊効果を及ぼせるので、特に敵自走砲に対して圧倒的な効果があるでしょう。

    塹壕に対してはクラスター弾では散布方向が水平に近くなる(大量の小弾に空中炸裂(VT)信管を装着・設定するのは困難)で通常地面に着発する信管ですので、効果は薄いと思います。それよりも都度細かく設定して空中炸裂できる通常弾、あるいは掩蔽された(通常1週間以上の準備期間がある防御陣地では上を鉄板や木・土で覆ってしまいます)陣地に対しては燃料気化(サーモバリック)弾がより効果的になるでしょう。

    むしろ砲兵が対機甲(湾岸戦争では大量のT72がクラスター弾で撃破されている)戦力を持つことになり、ドローンとの組み合わせで砲兵万能ドクトリンのような戦場になり、対砲兵・対機甲戦におけるゲームチェンジャーとなると思います。

    今後の塹壕戦においては掩蓋化陣地内で圧縮爆発を引き起こすサーモバリック弾と、それを精密投下できる航空機などが、ゲームチェンジャーになるかもしれません。

    9
      • 名無し
      • 2023年 7月 08日

      初代ゲームチェンジャー :ジャベリン対戦車ミサイル
      結果:初期に猛威を振るった立役者。神画像も作られる。ロシア軍が真面目に戦うようになると、弾切れなのか人的損害が無視できなくなったのか、あまり見なくなった。

      二代目ゲームチェンジャー:バイラクタルTB2無人攻撃/偵察機
      結果:モスクワ撃沈の観測をしたり、ロシア領内越境攻撃をしてみたりと、頑張る気はあったようだが、ロシア軍の防空網相手には流石に辛かったのか、今となっては消息不明。全機撃墜された?

      三代目ゲームチェンジャー:スターストリーク携行地対空ミサイル
      結果:英国面丸出しの変態MANPADS。正確には人は担げないからMANPADSではない。活躍したの?????

      四代目ゲームチェンジャー:M777牽引式榴弾砲
      結果:ヘリ移動可能な軽量砲という触れ込みで鮮烈デビューしたが、結局は泥濘地でトラックで引く在来運用に落ち着き、ランセットにしょっちゅう狩られる。

      五代目ゲームチェンジャー:HIMARS地対地誘導ロケット弾
      結果:中期に猛威を振るう。その後弾切れか、GPS妨害でかで、あまり戦果が聞かれなくなった。

      六代目ゲームチェンジャー:HARM対レーダーミサイル
      結果:MIG-29に無理くり括り付けるエリア88運用で湧いたが、さすがに自律誘導モード運用には無理があったようで、その後、あまり消息をきかない。

      七代目ゲームチェンジャー:パトリオット地対空ミサイル
      結果:キーウを現在も防衛中。イスカンデルも狩れるということだが、役に立つだけに、なんせ供与数が少なすぎて(2セット供与)、キーウくらいしか防衛できてない。

      八代目ゲームチェンジャー:AMX-10偵察戦闘車
      結果:装輪式のため、舗装された道路しかまともに走れず、装甲が薄すぎて榴弾片ごときで搭乗員が死傷する始末。

      九代目ゲームチェンジャー:レオパルド2戦車
      結果:西側最強戦車、ビックリ箱とはひと味もふた味も違うとの触れ込みだったが、対戦車戦になる前に、まさかの伏兵、戦闘ヘリにボコボコにされる。なお、搭乗員は生きてる(ことになっている)
      狩ると賞金が出るので、優先的に狙われるらしく、ウクライナ兵から忌避されているとか。

      十代目ゲームチェンジャー:クラスター爆弾
      結果:???

      28
        • sunflower
        • 2023年 7月 08日

        なんぞのコピペwwwwww秀逸wwwwwww
        思えばジャベリンから、いろいろありましたね。。。

        7
        • 朴秀
        • 2023年 7月 08日

        教訓としては
        攻撃手段は色々用意するべき
        ってことですかね

        しかしレオパルト2の扱いは草
        ヘイト扱いのタンクか

        5
    • 2023年 7月 07日

    これを機にオスロ条約そのものを撤廃してくれ
    今のところ侵略のアシストしかしてねえぞ
    日本の島嶼防衛でもクラスター弾は有効だろ

    27
      • 朴秀
      • 2023年 7月 07日

      自衛隊が専守防衛な以上
      日本の領土に大量の不発弾が残るからダメです
      無人島に使うならアリ

      5
        • 2023年 7月 08日

        本末転倒過ぎて草
        負けて占領されたら不発弾どころの騒ぎじゃないんですけど?

        38
          • 匿名
          • 2023年 7月 08日

          占領されたとしてもそこでの人の営みは続いていくので…

      • ノコ
      • 2023年 7月 08日

      日本はクラスター弾の替わりに自己鍛造弾の子弾をバラ撒く高密度EFPを開発中
      自己鍛造弾そのものは「はやぶさ2」が「リュウグウ」に向けてクレーターを作るために撃ち込んだ技術で、成形炸薬弾の一種だがHEATのようにメタルジェットを発射するのではなく、金属(成形炸薬弾のライナー)の個体を目標に向けて発射する
      これまではクラスター弾は子弾にHEAT弾を使用する事が多いが、HEATは点火されてから目標対象との距離:有効距離が短い(直径の数倍程度と言われる)のでほぼ着発式にならざるを得ず、バラ撒かれるので不発弾の割合も多いと言われている
      一方、自己鍛造弾は有効距離が長い(直径の数百倍)ので対象物のかなり上で点火しても効果がある上、増加装甲やHEAT対策のケージ等に対しても効果があると言われている

      尚、オスロ条約には禁止対象外の定義が定められているので、日本(だけでなくアメリカその他)が開発中のモノはその条件をクリアしているのだと思われる

      17
      • nachteule
      • 2023年 7月 08日

       結局、何を想定しているかで結果が違うと思うんだよね。今の話じゃクラスター弾は広域の面制圧に有効であるでしかない訳だし。

       有人島相手に使うなら保護すべき島民がその被害に遭わないかを考える必要があるし、後始末や仮に自衛隊が上陸した時に敵のトラップに加えて不発弾のリスクすら考慮が必要で今の自衛隊員の実戦経験なりそれに近い訓練練度からしたらプラスに働くのかね。
       無人島だと歩兵だけ上陸するなら島だけの問題なので兵糧攻めさせるとか優先順位高くないならポージングだけして暫く放置もありだろう。脅威となるミサイル等の車両を上陸させたなら狙いやすいからクラスター以外の別種の兵器でも十分。

      3
    • Easy
    • 2023年 7月 07日

    そもそもアメリカ軍保有のクラスター弾は廃棄予定のものなので、実質的に原価ゼロ円です。
    不足がちな155ミリの砲弾として汎的に使えるわけですから、非常にコスト対効果の高い選択だと言えます。
    ただ。
    そもそもクラスター弾が批判されるのは国土を汚染するからであり。
    困るのはウクライナの人々なのですから、ウクライナを助けるために国土を汚染させるような兵器を供与するのは一体道義としてどうなのか,という問題があり。
    戦争に勝つには仕方ない、というならそもそも米側には他に山のような選択肢と武器があるわけで。
    その選択肢の中で「安くて効果的で、ウクライナの国土を汚染する兵器」を選ぶそのメンタリティはさすが合理主義の国だなと感心しますね。

    6
      • 第十軍団
      • 2023年 7月 08日

      ・・・???記事にハッキリウクライナがクラスター弾供与要請してるんですけど…?侵略を受けた国が「使用した場合の付随被害を理解しているが侵略者を撃退するために必要だ」と
      というかロシアが開戦当初から使いまくってるのは何で無視するのか?

      33
    • 2023年 7月 07日

    今はロシアもクラスター爆弾使用を自粛しているようようだけど
    これからはロシア側が使い始めても非難できなくなるよな
    良いのかこれは…?

    8
      • 2023年 7月 07日

      テレグラムのロシア兵のアカウント見たらアメリカの供与決定を喜んでたな。
      航空機投下型が使えるようになるとか言って

      10
        • うー
        • 2023年 7月 07日

        民間人が多数いる市街地に焼夷弾をあんだけド派手にバラ撒いといて今更だよなあ

        まあその兵士のアカウントはプロパガンダ用でしょ…

        17
        • nimo
        • 2023年 7月 07日

        航空機で近寄れないことが多いから使いどころがなさそう

        11
          • nachteule
          • 2023年 7月 08日

           現状航空機が近づけないのはS-300が展開されている可能性がある所だろうし迎撃弾も限られているから阻止力としてどこまで有効だろうか。

           仮の話でクラスター攻撃する前にダミーなり射程の長いミサイルをルート上に経由させてあぶり出すなり迎撃弾消耗させる事も出来るだろうし、滑空クラスター弾で50kmの射程を稼ぐなら高高度投下が必要で長距離迎撃には有利だが数が限られる航空機やS-300やパトリオットを前線に近い場所に展開出来ない事には航空機撃墜もおぼつかない。
           おまけに高精度の誘導も必要ないなら今のロシアにとって攻撃の効率は悪いだろうが貴重な電子部品の節約にも繋がる感じもするしどう転ぶかは分からない。

          2
        • paxai
        • 2023年 7月 08日

        確かに航空機投下型のクラスター弾を使用してるとの情報は今まで見当たらなかったな。
        ロシアなら保有してるのは間違いないはずなのに。

        6
      • 名無し
      • 2023年 7月 07日

      ロシアに自粛する理由がないのでただの在庫不足では?

      43
    • 名無しパン
    • 2023年 7月 07日

    塹壕戦よりも地雷原が突破できないので歩兵による塹壕戦までたどり着かないのが戦線硬直の事態を招いてるのでは。占領できないから戦線はとどまり続けるし増援も追加される。クラスター爆弾が届いたところで状況は変わらないだろう。

    4
    • えぞ
    • 2023年 7月 07日

    ロシアが非難されているのは、民間施設や病院、学校にクラスター弾を撃ち込んだからですよね。(自粛なんてします?)
    両国共にオスロ条約は批准していないのでクラスター弾の使用そのものは制限されず、同じく未批准国のアメリカが供与しても国際法上は問題ないかと思います。

    というか、ウクライナも手持ちのクラスター弾はとっくに使用してますので、だいぶ今さらじゃないでしょうか?

    42
    • 名無し
    • 2023年 7月 07日

    言うても要するにロックアイだろ?
    むかーしむかし、ミサイルもレーザー誘導爆弾もロクに無かったから仕方なく、50kgのミサイルで倒せる相手に350kgぶんの豆を無理くり投げつけまくってお茶濁していた時代の代物を、ゲームチェンジャー呼ばわりするのは、さすがに心理的抵抗が。。。

    3
      • panda
      • 2023年 7月 07日

      クラスター弾を誘導弾が取って代わってきているのは能力の問題ではなく人道上の理由なので・・・
      面制圧と言う機能は実戦では極めて有効です

      22
      • ASDF
      • 2023年 7月 08日

      ゲームチェンジャーと言えるほどのものではないと思うけど有効な兵器ではあるでしょう

      ミサイルは値段が高くて供給能力が低いし、レーザー誘導爆弾はそれを積んで飛ぶ航空機が撃ち落とされかねない
      レーダーに捉えられづらく撃ったら即逃げられる自走砲で撃てるクラスター弾の方が使いやすいでしょう

      2
    • 名無し
    • 2023年 7月 07日

    今回提供されそうなクラスター弾とtos-1が搭載しているサーモバリック弾だとどちらの方が塹壕戦だと有効なのでしょうね?
    宇軍側にはサーモバリック弾が使用できる兵器は何か無いのかな?

    3
      • 名無し2
      • 2023年 7月 08日

      tos-1は射程がかなり短いので、今回提供されるクラスター弾の方が使い易そうですね。

      2
    • かりんとう
    • 2023年 7月 07日

    トルコが155ミリ榴弾砲用のDPICM (Dual-Purpose Improved Conventional Munition) を既にウクライナに送ってますよね。

    4
    • 冬戦争
    • 2023年 7月 08日

    ウクライナ軍は2014年よりのドンパス紛争において既にクラスター爆弾を使用している。今さらクラスター爆弾を供与したところでゲームチェンジャーになるようなものではない。むしろロシア軍のさらなる攻撃拡大(クラスター爆弾の使用拡大含む)を招くだけだろう。今まで西側はウクライナにハイマース、レオパレス2、ストームシャドウ、パトリオット等々を供与してきたが、ゲームチェンジャーになるような物など1つも無かった。今回も同じだろう。

    10
      • 名無し
      • 2023年 7月 08日

      ロシア軍は都市への無差別ミサイル攻撃を含め使える手段は何でも使っており、これ以上に攻撃を拡大するとしたら核の使用くらいしか無いのでは?

      26
      • くらうん
      • 2023年 7月 08日

      ロシア軍は始めからクラスター弾使ってたし、ウクライナも自前のクラスター弾は使ってた。
      更なる攻撃拡大を招くも何も、これ以上無い戦争犯罪をフルスロットルでやってきてる状況で何を言ってるんですか?

      30
      • 名無し
      • 2023年 7月 08日

      ???
      クラスター弾が既に使われていて、ゲームチェンジャーにはならないのに、ロシア軍の更なる攻撃を招く?
      矛盾してるね。
      新味の無い、効果の無い武器が供与されただけで、もう既に戦争犯罪しまくりのロシア軍が何を拡大するのかな。

      とりあえず今回の供与にケチつけたい前提で言ってるようにしか見えない。

      33
    • あああ
    • 2023年 7月 08日

    旧ソAFVがどれもこれも15榴の弾殻で抜ける上に至近爆破で車内弾薬が誘爆起こすような実情バレてんのにICM使えばゲームチェンジってそんなんあるか?
    砲兵戦でのゲームチェンジは既にドローン可視化で砲兵で精密射撃が可能になった時点で起きてる。しかし双方がこれを用いるので一方的にはなりえずノットチェンジ状態。
    ここで言うDPICMは対軽装甲でRHA40~50mmの上面貫徹の多用途HEATなわけですが、これをこれまで培った精密射撃能力に適応させると制圧精度は高まるでしょうが防御陣地を粉砕するなら結局は弾殻で地面ぶち抜くHEが必須です。
    クラスター廃止の代替はドローン可視化で可能という事実こそは重大でしょうかね。

    3
    • 2023年 7月 08日

    バハムトで露側がルイサイトなどの化学兵器使ってるのは問題ないのかな

    6
    • 匿名
    • 2023年 7月 08日

    バイデングッジョブ
    効果的な兵器を使うことで抑えられる自軍の損失と、不発弾で自国領が汚染されるリスクを天秤にかけたうえでウクライナは欲しいと言ってるんだから、
    今まさに侵略されてる国に条約がどうこう言うのは野暮だろ

    13
    • ふむ
    • 2023年 7月 08日

    >議会がクラスター爆弾移転を法的に制限しているため

    >議会が設定したクラスター爆弾の移転制限を無視できる

    うーむ
    法治国家と思ったら人治国家じゃったか

    5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP