欧州関連

エストニア、ドイツにクラスター爆弾のウクライナ移転を承認するよう要請

エストニアのペヴクル国防相は26日、国営放送の取材に「クラスター弾頭タイプの155mm砲弾をウクライナに提供するため製造国のドイツに移転承認を要請した」と明かした。

参考:Эстония запросила у Германии согласие на поставку в Украину кассетных боеприпасов

ドイツはオスロ条約を批准しているためクラスター爆弾の移転に同意しないかもしれない

複数の子弾を内包したクラスター爆弾は単弾頭の爆弾と比較して影響を与える範囲が広く面制圧向きの兵器だが、正常に作動しなかった子弾が不発弾となる確立が高く民間人への被害も多いため、多くの国がクラスター爆弾を禁止するオスロ条約に署名したが、ロシアとウクライナは同条約に署名していないため現在の戦争でクラスター爆弾は日常的に使用されている。

出典:Renee Altrov/CC BY-SA 4.0

エストニアは同条約に署名したものの批准していないためクラスター爆弾の使用や保有に制約がなく、保有するクラスター弾頭タイプの155mm砲弾をウクライナの要求に応じて提供したいのだが、この砲弾はドイツで製造されたものなので移転承認を取り付けなければならない。

国際法の専門家であるタリン大学のルネ・ヴェルク教授は「ロシア軍のように人口密集地でクラスター爆弾を使用するのは禁止されている。しかしオープンストリートマップで敵軍を制圧するため使用するのは正当化させるべきだ」と主張しているが、ドイツは同条約を批准しているためクラスター爆弾の移転に同意しないかもしれない。

出典:Steffen Hebestreit

因みに同条約に署名していない米国も昨年12月頃「クラスター爆弾のウクライナ提供を検討し始めた」と報じられたが、議会がクラスター爆弾移転を法的に制限しているため「このアイデアをバイデン大統領は真剣に検討してしない」と関係者は述べている。

関連記事:エストニアが過去最大のウクライナ支援を発表、FH70やD-30などを提供
関連記事:エストニアとフィンランドが対艦ミサイルの運用を統合、フィンランド湾からロシア海軍を締め出す
関連記事:自由に値段はつけられない、エストニア国防相がK9の追加導入を示唆
関連記事:エストニアが3度目となるK9追加調達を発表、2026年までに12輌取得

 

※アイキャッチ画像の出典:Генеральний штаб ЗСУ

ウクライナが切望する高度な防空システム、仏伊がSAMP/T提供を間もなく発表前のページ

戦車提供を巡る舞台裏、米国はドイツとの協調をスキップしようとした次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    アルメニア首相の失言にロシア激怒、政治的にも道徳的にもミサイルを扱う資格はない

    アルメニアのパシニャン首相が発した不用意な一言はロシアを怒らせるのに十…

  2. 欧州関連

    BAYKARがポーランド人の善意に連帯、3度目のTB2無償提供を発表

    BAYKARがポーランド人の善意に「我々もウクライナ人を助けたいという…

  3. 欧州関連

    ウクライナ軍がバラクレヤを包囲か、さらにイジュームに向けても前進?

    ウクライナ軍によるバラクレヤ方面への反撃は謎に包まれているが、バラクレ…

  4. 欧州関連

    トルコのエルドアン大統領、新型弾道ミサイルによる攻撃をギリシャに警告

    トルコのエルドアン大統領は11日「ギリシャがエーゲ海の島々の武装化を進…

  5. 欧州関連

    ポーランドが装備調達に15兆円を投資、ロシアの野蛮な侵略に対する正しい反応

    ブラスザック国防相はポーランドの安全を保証するため「2035年までに5…

  6. 欧州関連

    緊張が高まるバルカン半島、発砲事件を受けてセルビア側が戦闘準備

    コソボ当局とセルビア人住民の間で発砲があり、セルビア共和国のブチッチ大…

コメント

    • 鼻毛
    • 2023年 1月 27日

    現地じゃふつうに使われてるし防衛側のウクライナが必要としてるんだからいいような気がしますが…生真面目なドイツには無理かもって気がしますね。レオパルドの例みたいにこっそり密輸かな

    8
      • nachteule
      • 2023年 1月 27日

       いくら当事国が納得しているとは言え不発率の高い兵器が間違いなく使われるってのがあるから簡単な話じゃないだろう。不発弾で国土汚染に加担したってのは提供する方が叩かれる案件だろういい話じゃない。

       確か開戦前は国土の一割ぐらいが地雷に汚染されていて今じゃ国土の1/4が不発弾や地雷に汚染されているとも言われる。結果的にその不発弾の処理は現在進行形でウクライナが戦後に世界が後始末する羽目になるんだし、国民の生活にだって支障をきたすだろう。
       国が滅ぶか不発弾に悩むかは究極の選択だけど、効果は高く後始末が大変な事をよしとすべきかは考えるべきだとは思う。

      14
      • G
      • 2023年 1月 27日

      今はよくても将来戦争が終わった後にドイツやアメリカで作られたクラスター爆弾の不発弾が民間人を死傷させてしまった際、世論に悪影響を与える可能性がある以上無理なからぬことかと

      18
    • 暇人28万号
    • 2023年 1月 27日

    自国領土にクラスター弾ばらまくのって感傷深いものがありますね。背に腹は変えられないって感じなんすかね。

    3
      • 名無しさん
      • 2023年 1月 28日

      ロシアが散々打ち込んできてますから。
      ウクライナが使用を手控えても国土の汚染が広がるだけで何の意味もない。

      6
    • おわふ
    • 2023年 1月 27日

    この要求はさすがに酷。
    無理なもんは無理。

    5
    • あああ
    • 2023年 1月 27日

    露軍を黙らさんとどの道だから自爆機能無しで不発率も高めのICMでも戦線維持に寄与するなら供与すべきでしょうね。良くない言い方をすると露軍に不発弾処理の労力を共用する事も出来ます。
    もしかすると子弾をドローンで運搬可能になるかも知れません。その場合は既存の擲弾流用よりより効率的に火力提供が可能になるはずです。またそれらを本来に無い用途で消耗する必要もなくなります。

    3
    • える
    • 2023年 1月 27日

    理由があって禁止にしようとしてきたわけで、ウクライナだから別にいいわってなるのはおかしいし普通に駄目となるのが正当だろう
    ウクライナは批准してないので別にいいとなるならオスロ宣言は茶番だよ
    もしそれを許可するような動きをするならそれはクラスター爆弾を使ってもいいと考えていると宣言するのと同意なんだから

    5
    • ホテルラウンジ
    • 2023年 1月 27日

    私はクラスター爆弾は移転してウクライナ軍に供与すべきと思いますね。
    倫理的な既知の問題があるのは勿論知ってますが、侵略側のロシアが使用してる事と、提供した方がロシアの使用を止めさせる手段になり得る事と、使った場合でも無限動員を実現させたロシアに対しては面制圧の兵器は無限動員戦術を無効化させる為に有効と考えるからですね。
    勿論、非人道的兵器の使用に加担したという汚名を戦後に被せられる懸念がある事は分かりますが、だから提供しないというのは、社会性の無い逃げであり、この戦争でクラスター爆弾の使用を止めるという崇高な目標に対して何の有効策にもなっていません。
    だから、敢えて提供し、その提供に当たって「侵略側のロシアがクラスター爆弾使用を停止した場合、こちらもウクライナへのクラスター爆弾提供継続を止める」と世界に向けて高らかに宣言し、ロシアにクラスター爆弾使用している現状を絡め取りに行く方がこの戦争の「戦後」に「一発でも子弾の不発弾を減らす」為には有益と思います。

    13
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  5. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
PAGE TOP