米国関連

青ざめるボーイング、テスト中のF/A-18E/F BlockIIIに深刻な欠陥

どうやらボーイングのF/A-18E/F BlockIIIは深刻な欠陥が発覚して、主要なアップグレード項目だったコンフォーマル・フューエル・タンクを諦める必要がでてきたと報じられている。

参考:New Concerns Prompt U.S. Navy Review Of Key F/A-18E/F Upgrade

BlockIIIの主要機能だったコンフォーマル・フューエル・タンクに欠陥、米海軍が採用見送りを検討中

ボーイングは昨年4月、米海軍によるF/A-18E/F BlockII調達プログラム(単座型322機+複座型286機)が終了したことを明かしたが、これでF/A-18E/Fの製造が終了したという意味ではない。現在、BlockIIの後継モデル「BlockIII」の開発が進んでおり、既にプロトタイプが引き渡され海軍のパイロットによってテストが繰り返されている。

F/A-18E/F BlockIIIはBlockIIと比べて機体寿命の延長(計9,000飛行時間以上)、大型コックピットディスプレー搭載やネットワーク機能を強化、LO塗装による低認識性の向上、推力向上型のF414-GE-EPE(26,400ポンド)搭載、IRST(赤外線捜索追尾システム)を組み込んだ増槽やコンフォーマル・フューエル・タンクが採用されており、特に中国やロシアなどが開発を進めている長射程のミサイルから空母を守るため作戦半径の拡張=つまり胴体中央の左右に搭載されるコンフォーマル・フューエル・タンクに米海軍は期待していたのだが深刻な欠陥が見つかったらしい。

米海軍はコンフォーマル・フューエル・タンクの欠陥について「空母での運用テスト中に発覚した」とだけしか明かしていないため詳細は不明だが、この欠陥の影響で米海軍はBlockIIIからコンフォーマル・フューエル・タンクを除外することを検討しているとAviation Weekが報じており、F/A-18E/Fの運用や米海軍の航空戦術に大きな影響を及ぼすかもしれないと報じている。

出典:ボーイング F/A-18E/F BlockIII

F/A-18E/F BlockIIはAIM-9×2発、AIM-120×2発、2,000ポンド爆弾×2発、胴体下部に480ガロン入りの増槽を携行することで594海里(1,100km)の作戦半径を確保していたが、BlockIIIは515ガロン入りのコンフォーマル・フューエル・タンクを胴体中央の左右に追加することで作戦半径が714海里(1,322km)まで拡張できるとボーイングはアピールしていた。

特にBlockIIIが採用するIRSTを組み込んだ増槽は330ガロンしか燃料が入らないため、コンフォーマル・フューエル・タンクの採用はBlockIIIにとって非常に重要な意味をもっているのだが、これが採用見送りになればBlockIIIの作戦半径はBlockIIよりも小さくなるため、IRSTを組み込んだ増槽も採用されるのか怪しくなってくる。

とにかくボーイングにとって何よりも恐ろしいのは米海軍がF/A-18E/F BlockIIIの新規調達(BlockIIからアップグレードは継続)を中止することを検討している点で、今のところは議会がBlockIIIの新規調達を支持しているため大きな問題になっていないが、コンフォーマル・フューエル・タンク採用が見送りになりBlockIIIの性能が米海軍の期待を裏切るものになれば議会も新規調達の打ち切りに同意せざるを得ないだろう。

さらにボーイングはコンフォーマル・フューエル・タンクを備えたF/A-18E/F BlockIIIをカナダ、スイス、フィンランド、インドに提案しているため、今さらBlockIIIからコンフォーマル・フューエル・タンクを削除することになれば採用レースからの脱落が確定してしまい、BlockIII採用が内定しているドイツも決定を白紙化するかもしれない。

果たしてコンフォーマル・フューエル・タンクの欠陥が空母での運用に限定した欠陥なのか陸上運用にも影響がある欠陥なのかは不明だが、恐らくボーイングは青ざめていることだろう。

関連記事:ボーイングの未来が掛かったF/A-18E/F BlockⅢのプロトタイプ初公開

 

※アイキャッチ画像の出典:ボーイング F/A-18E/F BlockIII

元米空軍中将はF-35Aを支持、ライフルサイクルコストではなく費用対効果を重視せよ前のページ

謎の命令? 米空軍が退役済みのF-117に対して空中給油を正式に許可次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    標的はUAEとサウジ? バイデン政権が前政権承認の武器販売見直しに着手

    バイデン政権は海外への武器販売見直しに着手、トランプ政権によって承認さ…

  2. 米国関連

    失敗が許されないボーイング、米空軍向けに製造したF-15EXの初飛行に成功

    ボーイングは今月2日、米空軍向けに製造したF-15EXのプロトタイプ1…

  3. 米国関連

    米メディア、陸軍の近距離防空システム「IM-SHORAD」はUAVの的になるだけ

    米国の経済誌「フォーブス」は14日、米陸軍が無人航空機(UAV)対策と…

  4. 米国関連

    飛行機の墓場送り、冷戦末期に登場した戦略爆撃機「B-1B」一部退役が始まる

    米空軍は18日、議会によって早期退役が許可された爆撃機B-1Bを通称「…

  5. 米国関連

    米中央軍の最高司令官、UAV接近を検出するのは困難で完全な制空権を失ったと告白

    中東や中央アジア等を担当する米中央軍のケネス・マッケンジー海兵隊大将は…

  6. 米国関連

    潜水艦と無人機の連携、米海軍が原潜で使用する水中発射型UAVを120機導入

    米海軍が攻撃型原潜で使用する水中発射型UAV「Blackwing(ブラ…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    何がどうしてこうまでなるのか、
    もう軍というよりは企業の問題としてボーイングの転落劇を本にまとめたら、売れるね

    35
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      正直、なんで燃料タンク如きに躓いてるのか理解不能。
      プロジェクトマネージャーが酷過ぎんのか?

      4
        • 匿名
        • 2021年 1月 30日

        コンフォーマルっていうのは外形にフィットして表面の滑らかさを損なわないみたいな意味で普通の燃料タンクよりは遥かに高度

        26
          • 匿名
          • 2021年 1月 30日

          F/A-18E/Fについては、CFTなしでBlockⅢ、ではダメなのだろうか?

            • 匿名
            • 2021年 1月 30日

            記事を見るに、搭載予定の装備もCFTがあること前提の装備だから外したら全体的な見直しが要求され、採用はかなり厳しいのではなかろうか

            11
          • 匿名
          • 2021年 1月 30日

          F/A-18EFは増槽の投下時に他の兵装と干渉するからという理由でパイロンごとハの字に捻じ曲げるというクソ設計をしたことで有名な機体だぞ

          20
            • 匿名
            • 2021年 1月 30日

            ホント、あのガニ股はイヤだ!

            9
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      いっその事本体再設計した方がいいのではないかと思う。

      2
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        コストが上がり過ぎる。

        3
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        元々の機体の成り立ちが空軍のハイローミックスのローから始まって、直線翼に近い翼と巨大なストレーキで着艦時の安定性が良い、しかも洋上運用で有利な双発ということで艦上機として採用されたが、素性としてはあまり良くはないのでは?
        E/FでF-15と同じようなサイズになったが、胴体まわりのハードポイントが少なく、各種センサーの取り付けも厳しそう。
        F-15のような胴体まわりのユーティリティーが欲しいですね。

        1
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    アメリカ海軍がグダグダなのが空にまで及ぶとはね
    喜ぶのはどこの中国共産党かな?

    10
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      ボーイング一社の問題というより、もう国として末期なのよ
      物作りを捨てて安易に国外アウトソーシングに走った国の末路
      株だの投資だのCO2取り引きだのは私企業を富ましこそすれ国家を成長させる事はない

      21
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        国家にとって大切な企業であっても遠慮なくボロボロにするのが新自由主義だし、
        此処から更に様々な方法で美味しくいただくのが新自由主義なんだよね。
        まあそれらとボーイングがどこまで関係しているのかは知らんけど。碌でもねえ思想だわ。

        10
        • 匿名
        • 2021年 2月 01日

        人材が金融やITに取られすぎて重工業に人が行かないんだろうな
        日本も優秀な学生はまず医者になりたがるから優秀なエンジニアが全然足りない

        3
        • 匿名
        • 2021年 2月 28日

        江戸はるみか

      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      的外れもいいとこ
      その不都合に対しては沈黙しとけの姿勢こそ中国共産党まんまだよ

      2
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 1月 30日

    ボーイングもなかなか問題を抱え込んでるなぁ。
    その一つ一つがあまりにもでか過ぎるけど。

    28
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      発端は787のリチウムバッテリー問題でいいのかな、その後737MAXと立て続けに民間部門の信用失くすし、軍事部門はこの通り
      組織として見ると、問題が表面化する以前に原因が存在するはずだが、
      これはボーイング単独の問題なのか、あるいはアメリカという社会の抱える病根の一端なのかは気になるとこ
      何のかんのいっても日本にとっても重要な企業なんだし、しっかりしろよw

      12
        • 新・にわかミリオタ
        • 2021年 1月 31日

        ボーイングだけじゃ、もう再建は無理かもしれませんね

        10
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    遂にボーイング、止めを刺された感じだな!
    空母の運用テスト中に問題が発覚したらしいが、もしかすると着艦時の衝撃でコンフォーマルタンクが破損したか、空力上の問題でコンフォーマルタンクを装着していると上手く着艦出来ないとかかもね
    どっちにしても、ボーイングは軍事部門の売却待ったなしになるかも知れないので、今後の情報を待ちたい所だ

    14
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      前後に長いタンク内で、燃料が揺れるのかな?

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        そんなんならタンク内に「仕切り」を付けたりして過剰な揺動を抑制すれば済む話なので、
        「延期」になる事はあっても「除外」なんて話にはならないかと。

        1
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    もう戦闘機作れる技術者自体がもう残ってないのではと勘ぐってしまう。

    30
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      マクドネル・ダグラスの技術が失われたのでしょうね。

      5
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    泣きっ面にホーネット

    67
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      すき

      20
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      座布団好きなだけどうぞ!

      11
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      本当にそうだから草

      11
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      一番泣きたいのはホーネットさんやけどな。

      12
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        F-18>もう、ライフがゼロよ。
        F-35C>後はお任せ💛

        3
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      巧すぎるw

      1
      • 匿名
      • 2021年 2月 02日

      F-やけっ8だし

      1
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    ボーイング君さぁ…本気出して、どうぞ。

    2
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      本気出してコレなんだと思うぞ(無慈悲)

      23
      • 匿名
      • 2021年 2月 02日

      悲しいなぁ…。

    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    お願い、死なないでボーイング! 貴方が倒れたら、アメリカさんやドイツとの約束はどうなっちゃうの?
    資金はまだ残ってる。ここを耐えれば、ロッキード・マーティンに勝てるんだから!

    次回、「ボーイング死す」。デュエルスタンバイ!

    29
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      逆転の切り札はありますか(震え声)

      8
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        公金投入

        3
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        ものを作ってなんぼの会社に、資金だけ投入しても、延命処置にしかならないのが、現実でしょう。
        技術力と資本力のある会社に、無理やり押し付けるのが、定石なんでしょうが、そんな会社があるかどうか?
        思い余って、中国系企業になんてことも、あながちないとはいえないのが、あの国の実情ではないでしょうか。

        1
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        F-35のライセンス生産。
        昔は中島も零戦作ってたし。

        2
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      希望は無いんですか(泣)

      1
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      いや、もうボーイングは737maxの後継でも作れ、軍用機売れる見込みないんだから。

    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    壊れる外れる程度だったら改修すればいいだけだから装備を諦めるとなるともっと根本的問題・・・例えばCFT装着によって胴体部分にダウンフォースが発生してしまい着艦侵入速度が上がってしまって甲板上で止まれるか怪しくなった、とかかな。
    これなら陸上運用で滑走距離が少し伸びてもたいした問題じゃないが空母だと致命的だしCFTの装着そのものが発生原因だから構造云々では改善出来ない。
    この問題を解決できないとボーイングは本当に終わるかもね。

    8
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      タンクの丸みを考えると逆に揚力過多じゃないですかね。
      あるいは着艦時に接続ボルトが破損とかかな

      4
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        揚力の過大や過少、失速特性みたいな空力面なら、
        形状変更やスポイラー・ベーン・デヒューザー・ボルテックスジェネレーターみたいな各種空力デバイスの追加で解決する可能性が高いから
        「開発延長」とか「容量縮小」とかになるんじゃないかなぁ。

        1
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      そのときは、元親会社だったユナイテッドテクノロジー(現レセイオンテクノロジー)に引き取ってもらいましょう。

      2
      • 匿名
      • 2021年 2月 01日

      低速時にCFTが渦巻いて垂尾の効きが悪くなるとか?

    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    ボーちゃんをこれ以上いじめんといて

    1
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    MADLとの接続能力が無くコンフォーマルタンクも絶望的となるとBlock3になんの価値があるのやら。

    7
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    もはやボーイングにはかつてのGMのように一旦国有化するしか生き残る道はないんじゃないだろうか

    11
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    もう米軍はイスラエルに開発費渡してオーダーした方が良い装備品採用出来るんじゃねえの?

    7
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      日本がイスラエルのを採用するよりハードル低いでしょうし、それは良い案かも。

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        確かF-2の増槽タンクがイスラエル製だったような

    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    前世代機にもリストラが必要。
    F-15系、F-16系、F-18系を全部新規製造しつつ、F-22、F-35ABCも調達しつつ、さらに次世代機の開発も順調とか、米帝でも背骨がヤバくなる案件。

      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      F-22はもう調達終わって生産ラインを閉じてなかったか

      10
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        新規調達には製造ライン再構築に数兆円かかる
        とかの話しでしたからね

        F22専用の補修パーツは まだ調達している という意味でなら…

        2
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      またバカウヨの妄想か
      YouTubeのコメント欄かヤフコメでやれよ。

      4
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    ボーイングの経営陣は多額の退職金と共に沈む船からドンズラする準備をしてそうだな

    8
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      たしかその経営陣の中に2018年から取締役に就任してたキャロライン=ケネディがいたような・・・w

      3
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    最近のボーイングからするとコンフォーマルタンクつけると空中での重量バランスが崩れて無理やり飛ばすと飛行中にそのまま墜落するぐらいのやらかしはやってそう

    15
    • 匿名
    • 2021年 1月 30日

    アドバンスド(当初)→ブロック3
    ウェポンポッド → なし
    ノーズ下IRST → 中央増槽IRST
    エンジン強化 → なし (管理人さんはエンジン強化されると思ってるみたいだけど実はこれも中止になってる)
    MAWS → なし
    CFT → なし ←New!

    ずいぶんしょぼくなりもうしたなぁ…(遠い目)

    20
      • 匿名
      • 2021年 1月 30日

      中央増槽IRSTはなんとも場当たり的ですね。
      エアインテイクがかなり後方にあるから、その前方に付けるのは空力的に難しいのでしょうかね?

      5
        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

         落下増槽にするわけにはいかないから、空戦時も付けたままにするしかないな。

          • 匿名
          • 2021年 1月 31日

          それこそ、CFTに付ければいいのに。

      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      >ノーズ下IRST → 中央増槽IRST

       → 容量不足で採用中止。旧型の増槽での運用に変更。

      の可能性も高いですねぇ。

      7
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      拡張性持たせるためにE/Fで機体再設計したはずなのに拡張性ゼロとか訳がわからなすぎて頭おかしくなりそう

      17
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      あっ一応エンジン強化のEPE中止というか未搭載で今までのF/A-18Eと同じエンジンというソース貼っときます。
      GE公式ブログです。(訳は翻訳サイトで翻訳しました)
      リンク
      >>F414を搭載したブロックIII型スーパーホーネットが初飛行
      >>ボーイング社の次世代F/A-18スーパーホーネットが登場しました。6月4日、GE社のF414-GE-400を搭載したブロックIIIテストジェットが初飛行しました。

      9
    • 匿名
    • 2021年 1月 31日

    でもこれってすべての設計者にとって、玉ヒュンな話だよね。
    設計段階では大丈夫と思ってて実際やってみたら致命的な見落としありましたーって。
    いえ、自分のことではないですよ。

    2
    • 匿名
    • 2021年 1月 31日

    日本のF-15J改修もキャンセルされてたけど食い扶持残ってるのけ?(´・ω・`)

    2
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      これでバイデン大統領がF-15EXが追加発注中止になったら危機勃発ですかねぇ、中距離核ミサイル運搬用戦闘機はそんなに必要ないのでは?その後日本側がボーイングの足元見る所まで妄想中・・

        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        足元見ても、米国側に見透かされてババを押しつけされるのがオチじゃないか?

        東芝だってウェスティングハウス買収して経営傾いたし

        3
          • 匿名
          • 2021年 1月 31日

          三菱「助かったわ」

          2
            • 匿名
            • 2021年 1月 31日

            ???「ボーイング引き受けてくれたらMRJ改めSJの型式証明取得が劇的に捗るで?(ゲス顔」

              • 匿名
              • 2021年 1月 31日

              もしかしたら企業連合で新会社設立して引き受けるかも?その名もトヨタ航空機??

        • 匿名
        • 2021年 1月 31日

        現在米空軍がF-16Vの調達をLM社と協議中らしいですが、もしかするとF-16V調達の替わりにF-15EXの発注が中止になるかも知れないですね

        2
    • 匿名
    • 2021年 1月 31日

    冗談抜きに1回倒産しそう

    10
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      膿を出しきったほうが良い気がする。
      日航、東芝のようにのうのうと再建してるようで、本当のとこはどうなのか怪しい企業じゃ困るし
      三菱自動車やオリンパスなんかうわべだけで反省していないみたいだし

      3
      • 匿名
      • 2021年 1月 31日

      しばらくボーイングには関わらない方がいいと思う!

      • 匿名
      • 2021年 2月 01日

      これが止めになってもおかしくないですよね。
      民間部門も軍事部門もそれぞれにリストラが必要そうだし。
      少なくとも、これからどの商品に経営資源割いていくのかの判断は迫られそう。

    • 匿名
    • 2021年 2月 01日

    いっその事、ノースロップ・グラマンに開発投げてしまえ

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 20日

      ノースロップ「丸投げもなにも、それ、もともと俺らが開発したもんなんですがねえ。。。」

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP