米国関連

10年間に及ぶ米海軍と議会の戦いが決着、2025年にF/A-18E/Fの生産ラインを閉鎖

ボーイングは23日「F/A-18E/Fの生産ラインを2025年に閉鎖する」と発表、米海軍がF/A-18E/Fの新規調達打ち切りを訴えて議会が阻止するという「約10年間の戦い」が意外な形で決着した。

参考:Boeing Sets F/A-18 Production Completion Date as Defense Business Pivots to Future Work

約10年間に及ぶ議会(正確に言えば選挙区にボーイングの工場やサプライヤーを抱える議員)との戦いが唐突に終わりを迎えた

米海軍は国防予算の削減を受けて2014年にF/A-18E/Fの調達を打ち切る予定だったのだが、議会が国防権限法(毎年の国防予算の大枠を決める法律)に同機の調達を盛り込んで海軍の動きを阻止、以降も調達打ち切りを議会に何度も阻止され、2022年6月にギルディ作戦部長は「海軍が必要としていない航空機調達を議会に働きかけるを止めてほしい=中国海軍とのギャップを埋めるための予算が限られているので本当に邪魔しないでくれ」と訴え注目を集めていた。

出典:DoD photo by Lisa Ferdinando

しかし議会は2023年度の国防権限法に8機の調達(約6億ドル)を盛り込んだため、海軍が「もういらない(F/A-18E/Fの新規調達に割り当てる資金をF/A-XXに投資したいという意味で、BlockII→BlockIIIへのアップグレードは継続予定)」と訴えるF/A-18E/Fの調達打ち切りは2024会計年度に持ち越された格好だった。

米海軍は6月頃から始まる予算審議で同機の調達打ち切りを再び持ち出してくるのは見えに見えていたが、ボーイングは23日「F/A-18E/Fの生産ラインを2025年に閉鎖する。同機の生産から解放される人員(約900人)を設備でT-7A、F-15EX、777Xの主翼部品、MQ-25の増産が可能になる」と発表したため注目を集めている。

出典:Photo by Petty Officer 2nd Class James Evans

ボーイングは2023年度予算の受注分が最後になり「これ以降の米軍発注は受け付けない」と述べ、インド海軍がF/A-18E/Fを採用した場合のみ「新規製造を継続して生産ラインを2027年に閉鎖する」と説明しているが、BlockIIからBlockIIIへのアップグレード作業やEA-18Gの近代化プログラムは2030年代まで継続するらしい。

この発表で米海軍はF/A-18E/Fの新規調達に割いていた資金を解放することができ、約10年間に及ぶ議会(正確に言えば選挙区にボーイングの工場やサプライヤーを抱える議員)との戦いが意外な形で決着した。

関連記事:今年こそ実現するか? 米海軍が再びF/A-18E/Fの新規調達中止を提案
関連記事:必要ないと米海軍が訴えていたF/A-18E/F新規調達、継続決定でボーイング大勝利
関連記事:米海軍のギルディ作戦部長が防衛産業界を批判、ロビー活動で必要ない航空機を売りつけるな

 

※アイキャッチ画像の出典:Boeing

スペインのサンチェス首相がキーウを訪問、10輌のレオパルト2提供を発表前のページ

躍進を続ける中東の防衛産業企業EDGE、TB2相当のUCAVを1.5億円で提供可能次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米国はGMLRSによるロシア領内の攻撃を許可、ATACMSの使用は不許可

    Wall Street Journalも「ウクライナ軍はハルキウ攻撃に…

  2. 米国関連

    米国務省、電磁式カタパルト等を仏次世代空母向けに1,500億円で売却するFMS承認

    米国務省は21日、フランスが要請していた次世代空母プログラム向けの有償…

  3. 米国関連

    米海軍の次期攻撃型原潜、平均調達コストは1隻1兆円以上になる可能性

    米議会調査局は21日「次期攻撃型原潜の水中排水量はシーウルフ級を超える…

  4. 米国関連

    ボーイングがF-15Eに対するアップグレードを開始、EPAWSS統合へ

    ボーイングはF-15E搭載の「AN/ALQ-135D」をF-15EX搭…

  5. 米国関連

    今後価格は確実に下がる!日本が導入するF-35B、1機あたり約139億円の内訳

    8月16日、防衛省は空母に改造した「いずも型護衛艦」で運用するための短…

  6. 米国関連

    米軍、複数の空対空ミサイルを運搬可能な空中発射型UAV「LongShot」開発を発表

    米国防総省内部の部局で軍事利用可能な最先端技術の開発を行っている国防高…

コメント

    • tofu
    • 2023年 2月 24日

    議員「選挙区で雇用を守るアピールするやでー。ボーイングだって嬉しいやろwww」
    海軍「ホントやめろ」
    ボーイング「ホントやめろ」
    議員「えっ」
    ボーイング「えっ」

    現代寓話として面白い

    70
      • 南極1号
      • 2023年 2月 24日

      議員とボーイングがダチョウ俱楽部化してますね

      7
    • ブルーピーコック
    • 2023年 2月 24日

    ボーイングがスーパーホーネットの製造メーカーだと聞くと、未だに違和感を覚える。
    でもマクダネル・ダグラスが吸収されたのはもう20年以上前なんだよなあ。まさかATF計画(YF-22と23)もJSF計画(F-35と32)も落選するとは思わなんだ

    15
      • 匿名希望係
      • 2023年 2月 24日

      一応ATFは下請けだから

      4
    • 匿名
    • 2023年 2月 24日

    奴は四天王の中でも最弱…

    2
    • のののの
    • 2023年 2月 24日

    EA18Gも造れなくなるのかね?
    後継機種どうするんだろう。単座や無人機で代替出来るのかな?

    3
      • daishi
      • 2023年 2月 24日

      EA-18Gはアメリカ空軍も海軍からレンタルしているので、需要はあるんだと思いますが、機密性が高くてアメリカ海軍とオーストラリアしか採用できてないですからね。
      日本も採用する噂は流れましたが、この時期に導入発表は厳しいものになりそうです。
      F-35ブロック4以降の電子戦装備の充実か、次世代機でのリプレースになりそうです。

      5
        • 匿名希望係
        • 2023年 2月 24日

        正直F-15EXに対応しろって割と本音が

      • ブルーピーコック
      • 2023年 2月 24日

      2020年には有人状態のグラウラーの遠隔操作と、グラウラーの自律無人飛行実験をして成功したとのことなので、素人予想だと既存のスーパーホーネットを改修したり、同様の機器を載せた無人機を作るとかするんじゃないですかね。

      5
    • ななし
    • 2023年 2月 24日

    いやあああ私のスーパーホーネットがああ
    仕方ないことだし納得もするけど、好きな航空機の生産ラインが閉じるのはやっぱりちょっとショック
    しかし議会が引き伸ばしてたらメーカーから生産打ち切り出されるって、現場的にはキツかったんだろうな…

    12
    • pon
    • 2023年 2月 25日

    スパホ用エンジンF414はKF-21やデジャスMK2用とかまだまだ発展の余地はあるようですね。
    しかしレガシーホーネット採用国は豪州しか売れずと輸出は伸びませんでしたね…

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP