米国関連

米空軍が開発中の新型ステルス爆撃機B-21、12月上旬にロールアウト

米空軍のハンター次官補は20日、B-1BやB-2Aの後継機として開発を進めている新型ステルス爆撃機「B-21」について12月上旬に公開すると明かした。

参考:A first look at the B-21 Raider bomber is coming soon

謎のベールに包まれたB-21をもうすぐ公開すると明かした米空軍、但し初飛行は2023年にずれ込む

米空軍はB-1BやB-2Aの後継機をノースロップ・グラマンに発注、カリフォルニア州パームデールにあるプラント42で開発作業とプロトタイプ製造が進められており、同社のトム・ジョーンズ氏は今年3月「6号機の組み立て作業と初号機の地上試験が始まっている」と、ブラウン参謀総長も「B-21のロールアウトで何か特別なことを行うかもしれない」と述べていたが、12月上旬にB-21がロールアウトすると報じられている。

出典:U.S. Air Force Courtesy graphic by Northrop Grumman

空軍調達・兵站部門のハンター次官補は出席した米空軍協会主催のカンファレンスで「12月の第1週にB-21のロールアウトを行う」と発言、ノースロップ・グラマンも12月上旬のロールアウトが事実であると認め「プラント42で行われるロールアウトは招待制の式典になる」と述べているらしい。

因みに年内に予定されていたB-21の初飛行は2023年に延期されており、ノースロップ・グラマンは初飛行の時期について「地上試験の結果次第」としか明かしていない。

関連記事:ノースロップ・グラマン、B-21の初号機が地上試験に入ったと発表
関連記事:米空軍、現時点でB-21のプロトタイプは6機存在すると明かす

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Air Force graphic

21日にプーチン大統領が演説予定、ロシア人は国を離れる方法に関心を示す前のページ

ウクライナ領併合が急加速、占領地の政治的ムードと民間人動員が関係か次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    ロッキードもボーイングも参戦! 米空軍の無人戦闘機「Skyborg」計画は大混戦か

    米空軍は無人戦闘機プログラム「Skyborg(スカイボーグ)」のため今…

  2. 米国関連

    怪しくなってきたF-35プログラム、米空軍が新しい非ステルス戦闘機の開発に言及

    米空軍は航空戦力の好ましい組み合わせについて研究を開始したと報じられて…

  3. 米国関連

    F-35が欠陥機?運用コストに優れる? 米空軍「F-15EX導入」を検討する真の理由

    日本の一部報道では、F-35が欠陥機のためだとか、F-35に比べて運用…

  4. 米国関連

    中国の偵察能力を飽和させる方法? 新マンハッタン計画は米海空軍協力の象徴

    米海軍の最新鋭「ジェラルド・R・フォード級空母」2番艦が12月7日、洗…

  5. 米国関連

    米空軍が新しい空中給油機の調達方針を発表、KC-46AとA330MRTTが再び競合か

    米空軍はKC-46Aと次世代の空中給油機KC-Zとの間のギャップを埋め…

  6. 米国関連

    バイデン大統領が主張した30万人のアフガニスタン軍は一体どこへ消えたのか?

    30万人もの兵士がアフガニスタン防衛の準備を整え終わっているとバイデン…

コメント

    • 戦略眼
    • 2022年 9月 21日

    B-1Bの寿命が尽き掛けているから、早く完成させて欲しい。
    もう、何時中露と戦争になるか分からないからね。

    36
    • 念仏の鉄
    • 2022年 9月 21日

    結構早かったなぁ

    24
    • そそ
    • 2022年 9月 21日

    B-2よりもステルス性能が高くなるなんてどんな形状なんだろうか。楽しみすぎて待ちきれない。

    19
      • TA
      • 2022年 9月 21日

      私も楽しみすぎて夜しか眠れない

      40
    • 半蔵
    • 2022年 9月 21日

    寸前で間に合わせちゃったよ。核運搬能力有する爆撃機の優先度を上げたのね。てことはマジで逃げた東部に戦術核使うのかもロシア。

    6
      • ナイトアウル
      • 2022年 9月 21日

       ウクライナに核使ったとして何で米国の核戦力の出番が出てくるのか?原子炉の件で警告している通りNATO諸国に深刻な核被害が起きるならあり得るかもしれないが自国国境に近い所で盛大な打ち上げ花火上げるのはいくら何でもあり得ないだろう。

       仮に使用するとしても限定された威力の核だと思うし、ベラルーシやドネツクから離れて近くに大きな川がなく隣国から遠いウクライナ中部よりの交通の要衝辺りじゃないかと思う。最近米国が核使用に関して警告はしているけど核反撃と言うよりは武力を使用しない制裁レベルの話だろう。流石に何発も使うならば対応は変わってくると思うが。

      1
    • トーリスガーリン
    • 2022年 9月 21日

    近年の米軍の大型開発案件としては非常に順調かつスピーディに進んでる感じがする
    もちろん実際に飛ばし始めたら色々問題は出てくるんでしょうけど、このまま順調に配備まで進んでほしいところ
    外見とか出てくるのはいつ頃になりますかねぇ、楽しみですわ

    15
    • 名無し2
    • 2022年 9月 21日

    B-2と同じような形状だがVHF/UHFレーダーへのステルスも対応というのはどういう仕組みなのだろう
    ワクワクが止まらない

    4
      • 干物
      • 2022年 9月 21日

      同じく多周波帯域ステルスを掲げるNGADの全体像を紐解くヒントになるかもしれませんね。

    • シリウス
    • 2022年 9月 21日

    こんな形でどうして離着陸できるのか?垂直尾翼無しで安定制御出来るのか?未だに不思議
    やっぱ米軍の爆撃機は突出してる

    1
    • 通りすがりのななし犬
    • 2022年 9月 21日

    この手の戦闘爆撃機を最初に開発しようとしたのは、敗戦間際のナチスドイツではなかっただろうか? ホルテン Ho229とかいう当時としては図抜けて最先端の発想の機体。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP