欧州関連

ウクライナ大統領が予備役招集を発表、我々は泣くのではなく勝つのだ

ロシア軍による侵攻に対応するためウクライナのゼレンスキー大統領は「今日沈黙すれば明日には姿を消すことになる、我々は泣くのではなく勝つのだ」と語り予備役招集を発表した。

参考:Термінове звернення президента до України та світу: Повний текст

予備役招集を発表したゼレンスキー大統領、ただし今のところ総動員の必要はない

プーチン大統領はドネツク人民共和国及びルガンスク人民共和国の独立を承認、ロシア議会も要請された「ロシア軍による海外での武力行使」に同意したため両共和国へのロシア軍正式派遣がほぼ確実視されており、独立承認の法令を根拠にした先遣部隊のドンバス入りを確認したバイデン政権も「ロシア軍によるウクライナ東部への侵攻が始まった」と表明している。

ドンバスへのロシア軍派遣は独立を認めていない西側諸国からするとウクライナ侵攻そのものであり、この事態を受けてゼレンスキー大統領は緊急演説を22日に行い「今日沈黙すれば明日には姿を消すことになる、我々は泣くのではなく勝つのだ」と語り予備役招集(作戦予備隊に登録済みの予備役のみ)を発表。

レズニコフ国防相も演説を行い「クレムリンはソ連復活に向けた第一歩を踏み出したが、これに立ちはだかるのはウクライナとその軍隊だけだ。我々のやることは国、家、家族を守るだけで困難や損失が待ち受けていても痛み、恐れ、不信感を克服しなければならない。しかし勝利は我々の報酬となるだろう。なぜなら我々は自分たちの土地で戦い、真実は我々と共にあるからだ」と全将兵に呼びかけ、訪米中のクレバ外相も「我々のプランは2つあり、プランAはあらゆる外交手段でロシアの封じ込めと事態の悪化を防ぐことだったが、これが失敗すればプランB、全ての都市、全ての村、我々の土地の隅々で戦い勝利する」と述べている。

つまりウクライナはロシア軍に対応するため本格的な準備に乗り出したという意味だが、ゼレンスキー大統領は「今のところ総動員の必要はない」と述べているため領土防衛軍の予備役招集(訓練を実施する程度)もなく、逆に「兵士が国を守ってくれている間に我々は働き強力な軍隊を支えるための資金を稼がなければならない」と呼びかけているので泥沼の長期戦に持ち込む自信があるのかも知れない。

因みに米メディアのワシントン・ポスト紙は米軍や諜報機関の報告書を引用して「ロシア軍によるウクライナ侵攻が開始されればウクライナ政府は2日以内に崩壊し、最大で民間人に5万人の犠牲(ウクライナ軍には5,000人~25,000人の犠牲者/ロシア軍には3,000人~10,000人の犠牲者)が発生して100万~500万人の難民がポーランドに向かう可能性がある」と報じていたが、米軍や諜報機関はアフガニスタンの戦況を大きく外した実績があるので、、、

関連記事:ロシアが侵攻を開始すればキエフは2日以内に陥落、犠牲者は最大5万人
関連記事:プーチン大統領、ウクライナは自らNATO加盟を放棄して中立を宣言すべき
関連記事:ロシア軍による海外での武力行使に議会も同意、ドンバスへの正式派遣が濃厚
関連記事:ロシア議会が条約を批准、ドネツクとルガンスクに軍事基地設置が可能に
関連記事:ウクライナ危機、ドネツクとルガンスクの国境をどこに設定してくるのか?
関連記事:事実上ウクライナへの侵攻、法令を根拠にドネツクとルガンスクへロシア軍派遣か

 

※アイキャッチ画像の出典:PRESIDENT OF UKRAINE 

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

首都キエフのロシア大使館に続きオデッサの領事館でも機密資料を処分か前のページ

日本、新型空対空ミサイル「JNAAM」の試射関連費用として3.5億円確保次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    トルコ、陸軍在庫から計200輌の装甲車輌Kirpiをウクライナに提供か

    ウクライナ軍は9日「海兵隊が50輌の装甲車輌Kirpiをトルコから受け…

  2. 欧州関連

    ロシア軍占領下ルハーンシク州でパルチザンが鉄道施設を破壊、弾薬輸送に支障

    ロシア軍占領下のルハーンシク州スバトボにある鉄道制御ボックスがパルチザ…

  3. 欧州関連

    トルコ政府高官、空母建造はトルコが地域大国から「大国」に成長するため不可欠

    国営メディアの取材に応じたトルコ国防省調達部門のトップを務めるイスマイ…

  4. 欧州関連

    運用可能な戦闘機がたった119機? 最も長い歴史を持つ英国空軍の没落

    世界で最も長い歴史を持つ空軍として有名な英国空軍。冷戦時代には、可変翼…

  5. 欧州関連

    受けた損傷は修復不可能か、仏リュビ級原潜の火災は14時間後に鎮火

    フランス海軍の原子力潜水艦ペルルで発生した火災は出火から14時間後に鎮…

  6. 欧州関連

    フィンランドがF-35A採用をクリスマス前までに発表予定、F/A-18E/Fは今年だけで3連敗

    フィンランドメディアのIltalehtiは5日、国防軍や国防省はF/A…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 2月 23日

    今度は対露で塹壕戦が始まるけど相手は反政府分子から露軍になっちゃう
    完全に攻守逆転だけど今の所の問題はどこまで戦線拡大するかだろうね
    露軍が動くと一夜で街1個制圧されるからウ軍は現状傍観で主導は完全に露軍

    6
    • 名無し
    • 2022年 2月 23日

    そもそも、今時点まで、まだ現役部隊の予備役招集すらしてなかったのか!?
    って方が驚きで
    >ウクライナはロシア軍に対応するため本格的な準備に乗り出した
    これから準備?、欧米やらドイツやらにあれだけ軍事援助迫っておいて
    今から?・・・なの、やる気、ホントにあるの?って個人的には思う

    8
      • 匿名
      • 2022年 2月 23日

      元々こうなる予定じゃなかったってことじゃないの?

        • 名無し
        • 2022年 2月 23日

        もともと兵力劣勢と言われていて、幾ら武器も足りないとは言え
        欧米諸国からの武器援助もあるんだし、現役部隊が前線に出動した後の
        後方支援、根拠地防衛なんかに人出は必要だろうし、とっくに現役予備
        ぐらいは招集していて当たり前って思ってたけど、軍事素人の浅知恵で
        しかないのか。

        9
          • 匿名
          • 2022年 2月 23日

          誰かが一抜けしちゃったとか

          1
      • 2022年 2月 23日

      下でパトリオット氏が書いているように、ウクライナはロシアを過剰に刺激しないよう予備役召集をしていなかったため
      今も自衛隊でいう即応予備を呼んだだけで、総動員はしてないです

      15
    • パトリオット
    • 2022年 2月 23日

    予備役まで動員したら余計に向こうの対応がエスカレートすると考えたら下手には動けないでしょう。
    最悪戦争になったら勝負になるならしっかり準備することに意味あるかもしれないですけど、実質やろうがやるまいがボコボコにされるのが見えているなら少しでも攻撃の口実を減らしたいというのは至極当然の動きのように思います。

    23
      • 名無し
      • 2022年 2月 23日

      それは考え過ぎと言うか、そんな考え方をするなら、そもそも
      なんの為の予備役制度だとなるし(有事に備えてではないのか)
      相手を挑発してエスカレートするのが嫌なら、そもそも欧米諸国
      を巻き込んで軍事支援すら求めるんじゃないと自分は思う

      4
        • 名無し
        • 2022年 2月 23日

        上記は自己訂正(やっぱ削除機能が欲しい)
        欧米諸国へ武器援助を求めた件については、それに応じる国が増えれば
        それだけウクライナが国際社会で支持を受けていて、ロシアに軍事侵攻を
        思いとどまらせる抑止圧力にはなるから、外交政策的にはそれはありかと
        思い直した

        ただ過去のここの記事を読んで今の事態を見ると、やっぱりウクライナは
        楽観的だなとは思うけど。
        リンク

        4
    • 無無
    • 2022年 2月 23日

    アフガンのように軍と政府はさっさと瓦解して要人は国外逃亡、残された銃を持った市民だけが戦う嫌な構図になっても驚かないよ
    前提として、ウクライナ軍にも政府にも独立以来からロシアのスパイと裏切り者が入り込んでると見ていい

    3
    • 無無
    • 2022年 2月 23日

    アフガンのように軍と政府はさっさと瓦解して要人は国外逃亡、残された銃を持った市民だけが戦う嫌な構図になっても驚かないよ
    前提として、ウクライナ軍にも政府にも独立以来からロシアのスパイと裏切り者が入り込んでると見ていい

    • 58式素人
    • 2022年 2月 23日

    このところ、キエフとハリコフの気温は、最低でも0°C前後のようだ。
    ロシアの待ち望む、強度の凍結は来てはいないようだ。
    こうなると、戦車を含む車両の移動は、街道上に限られるのだろう。
    飛んでいく砲弾とかドローンを除くと、徒歩の歩兵しか動けないのだろう。
    好意的に見れば、ウクライナ側はこの状態を予想し、利用しているようにも見える。
    記事にもあったが、戦費の調達を行い、他に、物資の移動・非戦闘員の避難をしているのかな。
    予備役の動員、更に総動員を行うと、社会活動が止まってしまう。
    動員を掛ける時期について、ぎりぎりの判断をしているのかもしれない。

    2
    • や、やめろー
    • 2022年 2月 23日

    「我々は泣くのではなく、勝つのだ」ってかっこいい

    8
      • 名無し
      • 2022年 2月 23日

      実力差が歴然としていて虚勢を張っている様にしか見えないのが哀しい
      まんまイラク戦争時の某情報相みたいだ
      ただ西欧の指導者達は見た目だけは格好いいけどね

      3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
PAGE TOP