米国関連

米国、HIMARSや巡視船の提供を含むウクライナ支援パッケージを発表

バイデン政権は23日、多連装ロケットシステムの追加提供や沿岸海域を保護する艦艇が含まれる新しいウクライナ支援パッケージを発表した。

参考:Ukraine Situation Report: Patrol Boats, More HIMARS In New U.S. Aid Package

4.5億ドルの内容にしては提供リストが寂しいので非公開の部分が多いのかもしれない

バイデン政権が発表した総額4.5億ドルに含まれるウクライナ支援パッケージについて国防総省は詳細なリストを提供、それによる以下の装備が米軍備蓄からウクライナに引き渡される。

6月23日発表のウクライナ支援パッケージ
HIMARS 4輌
榴弾砲牽引車輌 18輌
105mm砲弾 36,000発
グレネードランチャー 1,200個
機関銃 2,000丁
沿岸・河川巡視船 18隻
各種スペアパーツ 不明

ここで注目すべきは105mm砲弾と沿岸・河川巡視船だろう。

複数の英メディアが「政府はウクライナに4万5,000発の砲弾と共にAS90を提供する予定だ」と今年4月に報じた後、ウォレス国防相は「ウクライナの戦場では安価な商用ドローンによって大型の装備は直ぐに発見される。AS90のような大型の装備ではなく陸軍が保有する105mm榴弾砲L118を提供するか検討中だ」と明かしている。

出典:U.S. Army photo by Spc. Jessica Scott

今のところ英国はL118の提供を正式に発表していないが、ニュージーランドのアーダーン首相は「要請を受けて105mm榴弾砲L119の操作方法をウクライナ軍の兵士に教えるため30人の国防軍兵士を英国に派遣する」と5月に発表しており、恐らくウクライナ軍兵士の訓練が完了してL119の引き渡しが迫っているため米国が105mm砲弾の提供に踏み切ったのだろう。

さらに今回のパッケージで初めて登場した沿岸・河川巡視船について国防総省は詳細を伏せているものの「米軍備蓄からウクライナに引き渡される」と明かしているため、米メディアはウクライナ侵攻前に同国への売却承認が行われていたMk.V特殊任務艇(米海軍が導入したものの方針転換によって処分された装備)を引き渡すのではないかと予想しており、ドニエプル川や蛇島周辺海域での作戦に役立つだろうと指摘している。

出典:Public Domain Mark V SOC 

4.5億ドルの内容にしては提供リストが寂しいので「今回のパッケージは非公開の部分が多いのではないか」と管理人は予想しているが、果たして、、、

関連記事:英国防相がウクライナへのAS90提供を否定、105mm榴弾砲を検討中
関連記事:デンマーク、黒海の封鎖を解くためハープーンのウクライナ提供を決定

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S. Marine Corps photo by Lance Cpl. Jennifer E. Reyes

セベロドネツクで戦うウクライナ軍、防衛施設を失い後方への後退を示唆前のページ

ウクライナ軍、セベロドネツクからリシチャンシクに撤退か?次のページ

関連記事

  1. 米国関連

    米海軍、退役済みの空母キティホークと空母ジョン・F・ケネディを約2円で売却

    米海軍は退役済みの空母キティホークと空母ジョン・F・ケネディをスクラッ…

  2. 米国関連

    エンジンを空母に輸送可能? F-35Cの運用に欠かせない艦上輸送機「CMV-22B」完成

    米海軍はベル・ヘリコプターとボーイングが共同開発した艦上輸送機「CMV…

  3. 米国関連

    米軍がウクライナから学んだ重要な教訓、戦いにおける人間の重要性

    米ディフェンスメディアのBreakingDefenseは11日、米軍の…

  4. 米国関連

    米海兵隊、いよいよスウォーム攻撃対応の自爆型UAV調達検討に着手

    米海兵隊はスウォーム攻撃に対応した自爆型UAV(もしくは徘徊型UAV)…

  5. 米国関連

    米軍、中国軍によるグアム基地攻撃に備えテニアンに代替基地を建設

    米国防総省は戦略爆撃機の拠点として活用しているアンダーセン空軍基地の予…

  6. 米国関連

    米空軍、ボトルネックだったF-22とF-35の戦術情報共有に成功

    米空軍は14日、F-22とF-35が初めて戦術情報の共有を直接行うこと…

コメント

    • はぁ
    • 2022年 6月 24日

    >ここで注目すべきは105mm砲弾と沿岸・河川巡視船だろう。

    両方とも今ウクライナに必要なものだから、あとはどれだけのスピードで提供できるかだろうなぁ。
    巡視船をどうやって運ぶのかも気になる。

    3
      • あばばばば
      • 2022年 6月 24日

      沿岸・河川巡視船(Mark V SOC )ならそこまで大きくもないので、高さに注意すれば輸送機に乗るのではないだろうか
      あとはトラックに載せて陸送可能だろう

      4
        • ななし
        • 2022年 6月 24日

        米海軍の設備みたいなので、ドック型揚陸艦で黒海まで運んで欲しいなぁ…
        前に売却が決まってたものなら、もう今頃にはウクライナに届いていて欲しいなぁ…

        2
    • 鳥刺
    • 2022年 6月 24日

    >沿岸・河川巡視船
    蛇島にコマンド部隊を輸送したり、ドニエプル河口南側の砂嘴の先端(いい加減オデーサも近い地点)までロシア軍が進出してるのでそれの攻撃・駆逐狙いですかね。河川といってもザポリージャ人工湖の沿岸では航空脅威で危険か?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP