ウクライナ戦況

バフムートの戦い、ウクライナ軍がクリシェイフカ解放を正式に発表

ウクライナのイェルマク大統領府長官はクリシェイフカ解放を示唆していたが、第80空中強襲旅団も17日「第5強襲旅団やリュート旅団と共にクリシェイフカを解放した」と発表、ゼレンスキー大統領も「領土を奪還した兵士に感謝したい」と同拠点の解放を称賛した。

参考:Бойцы ВСУ заявили об освобождении Клещиевки под Бахмутом
参考:Получили плацдарм. В ВСУ высказались об освобождении Клещиевки

クリシェイフカは正式に占領者から解放され安定化作業と地雷の除去が進められている

イェルマク大統領府長官は17日「リュート旅団とツナミ連隊がクリシェイフカ集落内で国旗を掲げる写真」を公開して同拠点の解放を示唆していたが、第80空中強襲旅団も「第5強襲旅団やリュート旅団と共にクリシェイフカを解放した」と発表、遂にバフムート南部の要衝=戦術的に重要な高台ゾーンからロシア軍を追い出すことに成功した。

ゼレンスキー大統領も夕方の演説で「我々の領土を着実に奪還している兵士に感謝したい。第80空中強襲旅団、第5強襲旅団、リュート旅団のことだ。本当に良くやった」と、東部司令部の報道官も「クリシェイフカ解放を確認した。本日(17日)クリシェイフカは正式に占領者から解放され安定化作業と地雷の除去が進められている」「我々は多くの敵と装備を破壊して深刻な敗北をロシア人に与えた。クリシェイフカを確保したことで敵の側面を露出させ、バフムートへの兵站ルート(T0513)掌握することができる」と述べた。

ウクライナメディアもクリシェイフカ解放を大きく報じており、ウクライナ軍も「クリシェイフカを起点に領土のさらなる解放を目指す」と述べている。

出典:管理人作成 バフムート周辺の戦況(クリックで拡大可能)

因みにロシア軍は後退した鉄道線とT0513沿いに防衛ラインを確立しようとしており、ここに利用可能な予備戦力の全てを投入しているらしい。

関連記事:ウクライナ大統領府長官、クリシェイフカ集落内で国旗を掲げる写真を公開
関連記事:バフムートの戦い、ウクライナ軍が鉄道線の防衛ライン突破に取り掛かる
関連記事:ウクライナ軍が4ヶ月間で2600以上の敵砲兵装備を破壊、崩れるロシア軍の優位性

 

※アイキャッチ画像の出典:80 окрема десантно-штурмова бригада ДШВ ЗСУ

ウクライナ大統領府長官、クリシェイフカ集落内で国旗を掲げる写真を公開前のページ

コンゴ共和国でのクーデター発生はフェイク、同国のメディア相が否定次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ空軍、撃墜したShahed-131/136の数が3000機を超えたと発表

    ウクライナ空軍は「大晦日に発射された計98発のShahed-131/1…

  2. ウクライナ戦況

    ゼレンスキー大統領、軍が要求する追加動員は45万人~50万人と明かす

    ゼレンスキー大統領は19日「ウクライナ軍が45万人~50万人の追加動員…

  3. ウクライナ戦況

    ザポリージャ州の戦い、ウクライナ軍がロボーティネ集落内の中心部に到達

    ウクライナ軍の戦車と歩兵戦闘車がロボーティネ集落内の中心部に到達したこ…

  4. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、ロシア軍がステポヴェ周辺から線路沿いに撤退

    複数のロシア人ミルブロガーはアウディーイウカ方面について「ステポヴェ周…

  5. ウクライナ戦況

    ロシア軍による滑空爆弾の使用増が問題、ウクライナ空軍はF-16に期待

    ウクライナ空軍のイグナト報道官は「ロシア軍が1日100発(最大値)もの…

コメント

    • ジュディ
    • 2023年 9月 18日

    バフムトそのものの奪還も時間の問題
    先月よりロシアのFPV自爆無人機はウクライナ側の2倍に達して、バフムト周辺でのウクライナ側ドローンも激しいECMのために有効射程は激減してるとの報告があった
    ロシア側の以前として空爆も激しい
    それでも、進撃するウクライナ軍はよほど砲戦で優位性を持ったと見るのが自然
    西側の軍制度を真似て消化不良を引き起こしたロシアの自壊にウクライナ側の反撃が有効に決まっている
    同様の問題はロシア以外の他の権威主義国家も出会うだろう

    21
    • ナランチャ
    • 2023年 9月 18日

    まだまだ先の話とはいえ、うっかりバフムトがウクライナ軍に包囲された日には、現代版ミニ・スターリングラードが顕現しそうですね…
    とはいえ早く奪取して、ツルツル大統領のプライドをズタズタにしてほしい気持ちもありますが…

    7
      •  
      • 2023年 9月 18日

      南から東進してもバフムト包囲には結びつかないぞ
      北から南下しなきゃ

      13
      •  
      • 2023年 9月 18日

      流石にまだ実現可能性が低すぎて語るだけ無駄とはいえ、今のバフムード市街は拠点化できる建物はロシア軍の再侵攻で崩れているはずだけれど、どこまで防衛陣地を構築しているのだろうか。少なくとも今まであったバフムートでの市街戦よりは防衛の有利はなさそうな。

      2
    • KNOB CREEK
    • 2023年 9月 18日

    最終的な目標はバフムート奪還てしても素人目的には北部と南部の戦線を間接的に支援するためにもしばらくはロシア軍をちまちま削るキルゾーンとして活用して欲しいとか思ってしまうな
    あと今回奪還したクリシェイフカのさらに南のクルデュミフカとオザリアニフカもできれば奪還してバフムート南部方面の安定化をはかりつつT0513への圧力をさらに掛けて欲しいところですな

    ただまぁバフムート関連だと必ず湧いてる「でもバフムート北部取れてないもん」さんの言う通り北部は確かに気掛かりではありますねぇ

    15
      •  
      • 2023年 9月 18日

      北部じゃなくて南部が気がかりだって話なんだけどね
      このまま東に進んでもウクライナの補給線から遠ざかるだけでロシアの補給線はずっと北東だから
      まあ現状クリシェイフカ周辺は戦術的に有利だから前線部隊がこの勢いで押したくなる気持ちはわかるけど

      4
    • mun
    • 2023年 9月 18日

    バフムートの奪還まで時間はまだまだかかると思われますが
    ジリジリとウクライナ軍が前進する流れは
    暫く変わりそうにありませんね

    かつてバフムートがあった場所にもう都市機能はありませんし
    地形そのものも有利な場所ではありませんので
    どなたかが仰っていたように
    バフムートは今やトロフィーに過ぎないと思います
    立て籠もったり、包囲したりする価値は低いと思われ
    周辺のもっと広い区域にて支配権を確立して初めて
    バフムート方面を手に入れたと言える感じかもしれませんね

    それにしても、ロシア軍は構造的な問題からか
    損切りが物凄く苦手なようで引く決断がいつもいつも遅いです
    バフムート方面の失地を少しでも減らそうと、バンバン兵士を投入しますが
    そうした兵力の損耗は後々に尾を引き
    更なる敗退を繰り返す原因になりかねません

    ついこの間、アンドリーフカで壊滅したロシア軍部隊も記憶に新しい
    包囲され降伏を促された所に
    味方のロシア軍から砲撃を受け死亡した兵士もいるとの事で
    結局多くが降伏せずに最悪の結果を迎えたようです

    22
    • ななしの主計兵
    • 2023年 9月 18日

    ①集落のあったクリシェイフカを奪還
    ②地雷や不発弾などを処理
    ③電気、水道、道路などの生活インフラの復旧
    ④住宅の建設
    ⑤人々が戻る
    元に戻るにはかなりの時間がかかりそう

    6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP