ウクライナ戦況

ロシア軍支配下のメリトポリ、鉄道設備や空軍基地で爆発が発生

ロシア軍支配下のメリトポリ周辺で鉄道設備が破壊され、ヴァシリウカやトクマクへの物資輸送が複雑になる=ロシア軍の負担が増えるとメディアが指摘している。

参考:В Мелитополе оккупантам сделали “сюрприз” на аэродроме и железной дороге – мэр

ジワジワとインフラへの破壊を積み上げ、ロシア軍の兵站に負担を与えてくウクライナ軍

ロシア軍支配下のメリトポリ空軍基地、コンスタンチノフカ村、メリトポリからヴァシリウカやトクマクに線路が分岐するノボフダニフカ村の鉄道設備の3ヶ所で爆発音や煙が確認されたらしい。

出典:GoogleMap メリトポリ周辺の状況/管理人加工

特にノボフダニフカ村の鉄道設備が破壊されたことでヴァシリウカやトクマクへの物資輸送が複雑なる=ロシア軍の負担が増えるとメディアは指摘しているが、写真を見る限り「何週間も鉄道輸送が麻痺する」という規模の破壊ではないと思う。

恐らくノボフダニフカ村の鉄道設備を破壊したのはHIMARS(もしくはMLRS)や榴弾砲ではなく「ウクライナ人工作員」の可能性が高い。

追記:ウクライナ軍のHIMARSによる攻撃で損傷したノーバ・カホフカ水力発電所付近の道路をロシア側が修復しているらしい。

アントノフスキー橋の損傷復旧がどの程度進んでいるのか不明だが、今のところノーバ・カホフカ水力発電所を経由するルートがヘルソンに向かう唯一の手段なので、ロシア側としては道路の損傷を早く修理したいはずだ。

参考:ロシア軍の補給路遮断を狙うウクライナ軍、ドニエプル川の支流に架かる橋を攻撃

 

※アイキャッチ画像の出典:@Militarylandnet

スロバキアに続きチェコも次期IFVにBAEのCV90MkIVを選択前のページ

ウクライナ軍、都市攻撃に使用されたS-300システムをHIMARSで破壊か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    クリミア攻撃、オペレーション・トップガンの主役はF-14ではなく無人機

    ウクライナ国防省情報総局は26日「黒海艦隊所属の第126沿岸防衛旅団を…

  2. ウクライナ戦況

    アウディーイウカの戦い、コークス工場は砲撃に晒され南の守りも破られる

    ウクライナ軍参謀本部はアウディーイウカ方面について「敵の攻撃は全て失敗…

  3. ウクライナ戦況

    ウクライナ人ジャーナリスト、なぜ軍上層部は同じ過ちを繰り返すのか

    ウクライナ人ジャーナリストのブトゥソフ氏は「なぜロシア軍がアウディーイ…

  4. ウクライナ戦況

    自国領へのミサイル着弾問題、ポーランドはNATO第4条を要請するか検討中

    ポーランド政府は自国領にミサイルが着弾したことを受けて「NATO第4条…

  5. ウクライナ戦況

    懲りないロシア軍に11回目の罰、ウクライナ軍が再びヘルソン空港を攻撃

    ウクライナ大統領府顧問のオレクシー・アレストビッチ氏は27日に「ヘルソ…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナはクリミアを含む全領土解放を主張、フランスも軍事的な奪還を支持

    ウクライナのレズニコフ国防相は「クリミアを含む全ての領土を占領者から解…

コメント

    • 匿名
    • 2022年 7月 24日

    自動車の自動運転技術が発達したら、爆弾のせてのインフラ破壊とか簡単にできそう

    15
      • 名無し2
      • 2022年 7月 24日

      たしかに。思いつかなかった

      2
      • 2022年 7月 24日

      もう既に手動運転でそれが散々やってるのに…

      17
        • 匿名
        • 2022年 7月 24日

        人力だとヒューマンにカルトをインストールするコストが掛かるので・・・
        それに社会インフラレベルまで達した自動運転車はある種の「社会的ステルス」な兵器になり得るなと

        4
      • マロリー
      • 2022年 7月 24日

      それやるなら、いまもやってるドローン爆撃で十分だろ。

      2
        • 名無し
        • 2022年 7月 25日

        ドローン爆撃だと爆弾が軽い。安価なドローンだと10kg前後くらいでは?
        車搭載だと10倍以上でもやることができる。

        1
        • ナイトアウル
        • 2022年 7月 25日

         自動車爆弾と同レベルの破壊力出せるドローンってどんなサイズだ。
        現行ハイエースの一番小さいヤツですら積載量1tはあるだろうから炸薬だけでもかなりの量やぞ。実際に自動車爆弾で橋落としたケースもあると思うし、指向性の問題はあろうが侮れない威力なのは間違いない。

    • 匿名
    • 2022年 7月 24日

    彼らは速乾モルタルを持ってるのだろうか

    1
      • けい2020
      • 2022年 7月 24日

      というか、あのなんちゃって補修自体が意味不明すぎる

      橋板に貫通する穴が空いて鉄筋とかもズタボロになってるのに、
      同じように鉄筋並べてコンクリ入れてるだけって、耐荷重の復活という目的すら見失ってるだろうと

      12
        • G
        • 2022年 7月 24日

        写真を見ますと弾痕周辺の橋の上面を削り、被害範囲外の橋の下地を露出させ、そこに接骨を渡した上でコンクリで修復していると思われますので耐荷重あたりは考慮されているかと

        5
          • ネコ歩き
          • 2022年 7月 24日

          RC躯体構造の上に溝形鋼を渡し、それと直交する方向に鉄筋を並べ、路面レベルまで一体でコンクリートを打っているように見えます。躯体鉄筋に接合してるかは画像からは判別できません。
          あくまで応急補修だと思います。

          6
            • けい2020
            • 2022年 7月 25日

            何度か見直しましたが、コンクリ鋼材も残ってる部分に載せてるだけで、
            鉄筋も接合してるようにまったく見えないどころか、切断面が見えたりしますし

            厚紙の穴の縁に、割り箸を縦横に並べて、紙粘土を載せただけの同じようになってますね
            乗せた部分の厚紙に荷重が手中して、へたすると荷重に弱くなってる間でありそう

            1
              • ネコ歩き
              • 2022年 7月 25日

              渡した鋼材は最低でも5本に見えます。既設床版の鉄筋がシングルですから当面の耐荷重性は十分足りてるんじゃないでしょうか。
              ただし鉄骨・鉄筋を床版構造に固定させてないと中長期的耐久性に疑問があります。応急処置と思った所以です。
              構造的耐久性が低下すれば、まずコンクリートに亀裂が生じるはずですから、その時点かその前にハツリ直して工事をやり直すつもりじゃないかと。

              2
        • KNOB CREEK
        • 2022年 7月 24日

        見た目だけ直ってりゃおkのチャイナ精神はロシアに受け一昔前の継がれてるということやろなぁ。
        今どきの中国でも前線の軍はこの辺それなりにしっかりしてるだろうし最早ロシアは一昔前の中国以下ってことなんでしょう。
        そのうちロシアボカンとかいうワードも出てくるのでは?

        2
        • shkk
        • 2022年 7月 24日

        上に鉄板でも置いて使うんじゃない?
        そうすればトラックぐらいなら速度抑え目で一台ずつ通れば大丈夫でしょ(フラグ

        1
        • タイヤキ
        • 2022年 7月 25日

        第二次世界大戦もソ連はポーランド攻撃して今のウクライナ西部奪いとり、略奪行為しまくったソ連だからロシアはソ連と同じことしているともいえる。

    • paxai
    • 2022年 7月 24日

    個人的には鉄道を使った輸送は現代でもかなり強いと思う。
    工作員もかなりの量の爆薬を仕掛けたんだろうけどあれぐらいじゃすぐに修理出来るだろうし。

    14
    • 無無
    • 2022年 7月 24日

    これはテロでなくパルチザン、似て非なるもの
    これをテロリストと報道する国こそ政治的に歪んでいると見なすよ
    侵略者と戦うのがテロリストなはずないだろ

    4
      • ナイトアウル
      • 2022年 7月 26日

       テロリストの定義なんて言ったもん勝ちな面があるから。西側主要国がテロリスト扱いした組織の人達にとっての侵略者と戦っている面があるのは間違いないと思うけどね。

        • 無無
        • 2022年 7月 26日

        その論理に基づいて、ウクライナの抵抗運動をテロリスト扱いする輩こそロシアのシンパと断言できるわけです
        かならずそういう国やメディアがいるから

    • E
    • 2022年 7月 24日

    パルチザンとか組織されてるのかな?

    1
    • ポンツーン
    • 2022年 7月 24日

    末端の修繕作業している人の気持ちはよくわかるけど、その橋はまた破壊されちゃうよ(涙

    5
    • ido
    • 2022年 7月 24日

    パルチザンとウクライナ軍工作員との共同作戦の可能性もある。もっと重傷は与えられないものなのかね?

    7
      • 名無し三等兵
      • 2022年 7月 25日

      そもそもパルチザンは軍組織によって構成された破壊工作活動です
      主体は軍人です
      対してレジスタンスは自発的民間組織による侵略者への抵抗活動の事です
      前者の仕業であれば、そもそも軍が絡んでます

        • hiroさん
        • 2022年 7月 25日

        その分類は違うのでは?
        レジスタンス運動もパルチザンに含まれるのが一般的だし、政府や軍の指令で活動した団体も、市民による自発的活動も含めてパルチザンです。

        3
    • 鼻毛
    • 2022年 7月 24日

    米国による戦闘機供与の話も出始めてるので、冬頃にはWW2の末期みたいにヤーボが飛び交って鉄道輸送もままならなくなるかも

    • たけやぶやけた
    • 2022年 7月 24日

    インフラ破壊は市民生活にも悪影響が出るけどなぁ

    2
      • 無題
      • 2022年 7月 24日

      悲しいけど国防はきれいごとだけじゃできないってことだな
      国民に恨まれることをせざるを得ない時もある

      16
    • 関東軍
    • 2022年 7月 24日

    線路を爆破するとは卑怯な!

    11
      • ido
      • 2022年 7月 24日

      関東軍が言ったら説得力がww

      30
    • 鳥刺
    • 2022年 7月 25日

    ISWでも5月ぐらいからトクマク~メリトポリ近辺はパルチザン活動地帯扱いでしたし、装甲列車(!)が破壊されたりと襲撃も絶えない具合でしたが。基本、あの地域のロシア軍支配は拠点と交通路のみですし。

    ドローンの哨戒と対人センサーの設置ぐらいでは警備が追っつかないんですかね幸いにも。

    鉄道自体は「鉄道部隊がいれば」修復は比較的容易なインフラですが、ロシア側の兵站維持の負担が重くなることは確実。正規戦の攻勢は、現状航空優勢の行方と戦力比的に困難ですが、非正規戦的手法で南部戦線をどこまで有利に持って行けるか期待。

    2
    • 折口
    • 2022年 7月 25日

    今まで目立った話聞かなかったけど、当然のように占領地域でパルチザンが発生してるんですね。
    大祖国戦争神話の栄光を取り戻すどころか、ナチスドイツそのものになってしまったロシアよ…

    8
      • 無無
      • 2022年 7月 25日

      ウクライナにとっては、ロシアは東からの略奪者、ナチスは西からの侵略者にすぎないのでしょう
      本音で言えばどっちも好きでないはず
      強大国に挟まれた国には悲劇しか起こらない

      2
      • バクー油田
      • 2022年 7月 25日

      プーチンの言ってる事、やってる事は本当にそうですよね
      戦争の意義:ナチス:ゲルマン民族が=ロシア:ルシズムがー
      戦争初期:電撃戦(でポーランドフランス平定)≒電撃戦(が、キーウで返り討ちにされてボコボコ)
      独裁者の生い立ち:第一次世界大戦で屈辱的な敗北がきっかけ=冷戦での屈辱的な敗北がきっかけ

      ロシアは今回の戦争でナチスのように戦術や兵器のイノベーションが無く、ナチスの足跡をそのまま追体験してるだけの素人で、そういう意味ではナチスですら無く、ナチスまがいの事をしてるだけの上に
      更に相手のウクライナに対して「お前がナチス」って言ってるのが笑えますよね
      もう本当にこれ以上ないくらい「ただの面倒くさい奴」が「本当に刃物持って暴れまわってる」状態で
      情状酌量の余地を徹底的に省きましたみたいな感じ

      3
        • チャイ子腐好き
        • 2022年 7月 25日

        ウクライナのアゾフ連隊がかなり非人道的な事をやっていたとしても、もうロシアの酷さ(残忍でお粗末で粗暴で)が全く反論の余地なしレベルで、ネットスラングの「33対4」を超えたもはやマンガより酷いと感じます。

        1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP