ウクライナ戦況

ウクライナ軍、都市攻撃に使用されたS-300システムをHIMARSで破壊か

ウクライナ軍南部司令部は24日、ロシア軍支配下のヘルソン州ゼレノトロピンスキー地区に配備されていたS-300システムを砲兵部隊で破壊したと発表、このS-300はムィコラーイウへの対地攻撃に使用されていた可能性がある。

参考:ЗСУ знищили ворожу батарею С-300 на Херсонщині — ОК “Південь”
参考:Херсонщина: В ВСУ показали уничтоженную российскую батарею С-300

ムィコラーイウへの攻撃されていた可能性のあるロシア軍のS-300システムをウクライナ軍が破壊

ロシアが開発された防空システム「S-300」には地上目標を攻撃する機能が組み込まれており、空中目標と交戦する5V55Rの最大射程は90kmだが、地上目標と交戦する5V55Rは弾道ミサイルのように放物線を描きながら目標に接近するため120km先の目標を攻撃することができ、比較的大きな静止目標への命中率は良好で「高価な巡航ミサイルの不足を補うためロシア軍はS-300の迎撃弾を対地攻撃に使用している」とムィコラーイウ州知事のキム氏が今月9日に初言及。

S-300を使用したロシア軍の対地攻撃はハルキウでも確認(撃墜されたS-300の迎撃弾の残骸をウクライナ軍が回収)されており、以降都市への攻撃手段として頻繁に用いられるようになってきたが、ウクライナ軍南部司令部は24日「ロシア軍支配下のヘルソン州ゼレノトロピンスキー地区に配備されていたS-300システムを砲兵部隊で破壊した」と発表して注目を集めている。

ゼレノトロピンスキー地区に配備されたS-300なら5V55Rを使用してムィコラーイウを攻撃可能(直線距離で約80km)なため、キム氏が言及したS-300である可能性が高く、配備された位置がウクライナ軍にバレてHIMARSの餌食になったのだろう。

因みに南部司令部は破壊したS-300の様子(どうやって入手したのか不明)も公開しており、最低でも迎撃弾を搭載したランチャー車輌が2輌と正体不明の車輌が1輌破壊されている。

関連記事:巡航ミサイルの不足? ロシア軍が地上目標の攻撃にS-300を使用か
関連記事:ウクライナ軍、東部戦線でロシア軍使用の鉄道施設をHIMARSで破壊か

 

※アイキャッチ画像の出典:Photo by Lance Cpl. Nicholas Guevara

ロシア軍支配下のメリトポリ、鉄道設備や空軍基地で爆発が発生前のページ

これで5機目、ポーランド人がウクライナにTB2を送る資金集めに成功次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍がノヴォロシスク基地を攻撃、ロシア海軍の大型揚陸艦が大破

    ロシア国防省は「ノヴォロシスク海軍基地に対する無人艇の攻撃を撃退した」…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍とロシア軍の戦い、攻勢を止めても敵が戦力を回復するだけ

    ウクライナ軍やロシア軍も生産拠点を直接攻撃できないため「攻勢を止めた分…

  3. ウクライナ戦況

    侵攻670日目、ロシア軍はザポリージャや南ドネツクで失った土地を奪還

    ロシア軍によるウクライナ侵攻から679日が経過、ザポリージャ方面のロボ…

  4. ウクライナ戦況

    ロシア軍によるザポリージャ原発への砲撃は送電停止が狙い、軍事拠点化も進行中

    ロシア軍はザポリージャ原子力発電所の1号機と2号機の機械室に武器や弾薬…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、ロシア軍は損害を被っても狂ったように押し寄せててくる

    ロシア軍は大きな損害を被っているにも関わらずアウディーイウカ方面の攻勢…

  6. ウクライナ戦況

    リシチャンシク周辺の戦い、ロシア軍がゾロテを守るウクライナ軍を包囲

    ハーンシク州知事のガイダイ氏は23日、リシチャンシクの南に布陣していた…

コメント

    • ブルーピーコック
    • 2022年 7月 25日

    スパイか偵察部隊かわからんが、位置を特定したのは大手柄だな。

    てか、なんで対地攻撃が出来るからとS−300サイズの兵器システムでADATSの真似事させるのさ。ミサイルが足りないからとはいえ、対空監視してる方が厄介なのに。

    13
      • samo
      • 2022年 7月 25日

      ウクライナ人はウクライナ語だけではなく、ロシア語も操れますからね。
      占領された現地民はもちろん、占領後に入ったウクライナ兵は容易に親ロシア派としてはもちろん、ロシア兵に変装することだってできる。
      ロシア兵からしたら、戦場でいちいちIDチェックするわけにもいかないから、なかなか見分けはつかないでしょう。

      逆はロシア兵はウクライナ語が使えない、つかえたとしてもネイティブとは程遠いからすぐバレる。

      14
      • ナイトアウル
      • 2022年 7月 25日

       別に長距離飛んで命中精度があるていど高くて高価値目標潰せるなら使うべきだろう。米陸軍だってSM–6で対地攻撃させようと思っているわけだし。

      3
      • Minerva
      • 2022年 7月 25日

      期限切れで廃棄処分予定の初期型ミサイルが大量に余っているらしい
      廃棄するよりも対地として有効活用することを選んだ

      2
    • tofu
    • 2022年 7月 25日

    GPS誘導弾で(分類としては)移動目標になるSAMシステムが撃破されるってちょっと衝撃
    よほど油断して舐めプしてたのか、ウクライナの対応が神がかってたのか……

    妄想するなら、対地攻撃に使われた→対砲兵レーダーから大まかな発射地点が特定され、NATOのUAVに正確な発射地点を捕捉され反撃くらって撃破されたとかならアリか?とか色々妄想が捗りはするけど

    6
    • すえすえ
    • 2022年 7月 25日

    なんで場所ばれたんだろな?

    毎回同じ場所から打ってたのならうかつすぎるし
    衛星?
    地元民タレコミ?

    10
      • あばばばば
      • 2022年 7月 25日

      ロシア軍の内部にウクライナ側の人間が混ざっている説
      元々同族の民族だし、言語も同じだった人たちが多い。
      ただし、勤勉であったり、盗みを働かない人間はスパイを疑われそうだけど(ここまで冗談)

      あと未だに携帯電話を使って、司令部と通信しているのでは?

      8
      • トブルク
      • 2022年 7月 25日

      想像ですが、官僚化した組織だと、同じ射点と待機場所をルーチンワークで何度も行き来したとか、指示がないので同じ場所に居座ったとか、ありそうですね。

      15
        • KNOB CREEK
        • 2022年 7月 25日

        あのアメリカですら舐めプして爆撃ルートを固定した結果F-117を撃墜されるというやらかしをしてるしそれに輪を掛けて組織的にダメダメなロシア軍なら舐めプ&ルーチン化して結果位置がバレバレってのは普通にあり得る話だと思うわ。

        9
    • 58式素人
    • 2022年 7月 25日

    現地時間で23日にオデーサに撃ち込まれたとされる
    ミサイルの下手人もこれでしょうか。そうなら良いのですが。
    確か、製粉された小麦は爆発物扱いだったような気がします。
    距離が140kmくらいだから、出所は別かな。

    2
    • けい2020
    • 2022年 7月 25日

    隠蔽もクソもない平野から、弾道軌道で攻撃してたとか反撃されないと思い込んでやってたとしか
    弾道コースをレーダーで観測されてたら、発射地点とか逆算で判明するだろうに

    ウクライナ軍が、自軍と同等かそれ以上の長射程兵器を使い始めた事を、
    軍上層部すら理解してないって事!?

    6
    • 名無し3
    • 2022年 7月 25日

    やり方が分かれば北方領土のS-300を黙らせるのに参考になるんだが

    6
      • samo
      • 2022年 7月 25日

      武器提供の見返りに、その情報は相当詳細に入ってるかと
      もちろんこれに限らず。
      こんな近代兵器による重武装国家同士の正面衝突なんて第二次世界大戦以降では初めてだし
      これまでの紛争は、一方的だったり、近代兵器同士ではなかったりだったから。
      今回の戦争は、戦略、戦術、あらゆる面で世界が大転換してる

      19
    • 黒丸
    • 2022年 7月 25日

    元々S-300は対空ミサイルなので対地攻撃するためにも
    誘導システムが必要で、システム一式での展開撤収には
    ある程度の時間が必要なので、カウンター攻撃受けたのかな?

    ゲリラ程度だとそもそもS-300は必要でなく
    S-300が必要なレベルの相手は反撃能力を保有するとなると
    対空ミサイルと対地攻撃の兼用は使い勝手が悪そうだな

    4
      • tofu
      • 2022年 7月 25日

      地対地ミサイルより高価で、威力は低く、(GPS誘導に比べたら)精度も低いんで
      その筋の人たちが最初のうち「ロシアが犯人って可能性もあるけど、ウクライナの防空システムの残骸が落ちてきたり誤射した可能性も捨てられない…」
      って困惑する程度には普通ありえない事態ではあるみたいね

      2
    • ダヴー
    • 2022年 7月 25日

    S-300の陣地が破壊された事で南部でのウクライナ空軍の活動が活発になるとの見方も有りましたが、対地攻撃用であれば状況は変わらなそうですね。

    1
      • 匿名
      • 2022年 7月 25日

      ただ余裕ぶっこいて無駄に対空ミサイルを浪費していたロシアが
      HIMARSでガンガン削られてまともに対空システムが機能しなくなるという事態もあるかも

      4
    • 迷子の無人機
    • 2022年 7月 25日

    ジワジワと追い込むウクライナ。とはいえS300の配備数すごいしまだまだこれからだな。
    そういえば原発に立て籠もってるロシア軍の被曝管理って大丈夫なんだろうか?今回みたいにHIMARSを撃ち込むわけにもいかないし…。いやまあロシアの心配してる暇なんてないけども。

    2
      • 7743
      • 2022年 7月 26日

      ウクライナ軍がドローンで中の兵士を攻撃している動画はありましたよ。

      そもそも原発というのは辺鄙な場所にあるので、そこに立て籠ってもスルーされる可能性が高いんですけどね。
      ヘルソンが一段落つけばザポリージャ周辺が戦場になると思うので、その時にどう対応するかは気になりますが、
      周辺から落としていくんじゃないですかね。

    • 774R
    • 2022年 7月 25日

    今日もルーマニア上空32000ftにリベットジョイント飛ばしてますね。

    3
    • すっとこどっこい
    • 2022年 7月 25日

    破壊されたS-300「地対地」ミサイルと指揮車両の映像の出所は、イゴガーこと「Igor Girkin」のブログみたいです。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP