ウクライナ戦況

マクロン大統領、ウクライナに自走砲カエサルを提供していると発言

ウクライナへの武器支援について沈黙を守ってきたフランスのマクロン大統領は21日、仏OuestFranceに対して「自走砲と対戦車ミサイルを送っている」と初めて明かしたため注目を集めている。

参考:Emmanuel Macron : « La meilleure réponse au pouvoir d’achat, c’est le travail »
参考:Guerre en Ukraine : la France va livrer des canons Caesar aux forces ukrainiennes

まさかカエサルの提供を準備していたとは、、、正直びっくりしている

仏OuestFranceのインタビューに応じたマクロン大統領は21日、フランスはウクライナに自走砲「カエサル」や対戦車ミサイル「ミラン」などを含む武器を提供していると明かして注目を集めており、同紙は「5月上旬までに自走砲をウクライナへ届けるため軍の在庫から12輌のカエサルが提供される」と報じている。

出典:©Marie-LanNguyen / Wikimedia Commons / CC-BY 2.5

ウクライナ軍兵士40人はカエサルの操作方法を学ぶため23日にフランス入りする予定で、2週間ほどの訓練を受けたのち提供される自走砲と共に帰国するのかもしれない。

因みに減った自走砲の在庫を回復させるためフランスは「カエサル6X6/MarkII(NG)の調達を加速させる」と報じられており、仏Le Mondeもマクロン大統領が言及した対戦車ミサイルについて「数ダースものミランがウクライナに提供された」と報じている。

これまでフランスはウクライナへの武器支援について沈黙(ミストラルの提供のみ発表)を守ってきたが、まさかカエサルの提供を準備していたとは、、、正直びっくりしている。

関連記事:オランダがPzH2000をウクライナに提供、ドイツが弾薬と訓練を提供
関連記事:追加投資を決断したフランス、カエサル6X6/MarkII開発をNexterに発注

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain カエサル6×6

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ドイツ、M-84をウクライナ提供するためスロベニアに代替装備を提供前のページ

米国務省、ウクライナへの多連装ロケットシステム供給が始まっている次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    南ドネツクの戦い、ウクライナ軍が攻撃を再開して約4kmほど前進か

    ロシア側情報源は「ウクライナ軍が南ドネツク(ヴェリカ・ノボシルカ方面)…

  2. ウクライナ戦況

    155日を迎えたウクライナでの戦い、HIMARS用弾薬の供給問題が浮上

    ウクライナ軍はロシア軍の前進を2ヶ月間も阻止してきたルハンスキーを放棄…

  3. ウクライナ戦況

    バフムートを巡る戦い、ロシア軍が最後のアクセスルート上に架かる橋を破壊

    バフムートに残された最後のアクセスルート「00506」に架かる橋の破壊…

  4. ウクライナ戦況

    スペイン国防相、レオパルド2A4のウクライナ提供を断念すると発表

    スペイン政府は2日、何ヶ月も検討を続けてきたレオパルド2A4のウクライ…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ陸軍がヘルソン州の集落奪還に成功、南部地域で攻勢に転じる?

    ロシアは15日「ヘルソン州全域を制圧した」と発表したが、ウクライナ陸軍…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍が狙うバフムート奪還、ロシア人は南部での大規模作戦を予想

    ウクライナの主要人物が次々と「バフムート奪還」を公言する中、ロシア人ミ…

コメント

    • たっつん
    • 2022年 4月 23日

    欧米の155mmが集まってくる…m109自走榴弾砲もベルギーが供与か?

    13
    • や、やめろー
    • 2022年 4月 23日

    大統領選挙になると口を滑らしちゃったのかなぁ?

    16
      • けい2020
      • 2022年 4月 23日

      ルペンがプーチンとズブズブだからじゃないかな
      自分が当選したらNATOから離脱して、ロシア制裁は再検討とか言ってるぐらい露骨でも
      支持率高いので、ルペンが当選した時にロシア支援させない為な気がする

      25
        • くらうん
        • 2022年 4月 23日

        ブチャやマリウポリの現状だって大々的に報じられているだろうに、さらにロシアの末路も見えつつあるのに、それでもルペンの支持率がマクロンと10ポイントしか変わらないというところにフランスへの侮蔑を禁じ得ない。
        そりゃマクロンの政策も褒められたものじゃないが、このタイミングで脱NATO&親ロシア路線を望むって、度し難い外交センスだわ。

        46
          • 匿名
          • 2022年 4月 24日

          プーチンらの主張する「ルスキーミール」とやらには、ロシア語を介さないフランス人の席は無いんだけどねぇ…

          1
      • ミリオタの猫(時代遅れの「アンツィオ…いや、ロシア軍は強い!」主義者)
      • 2022年 4月 23日

      大統領選・決選投票直前(投票は24日)のタイミングでの発言は「口を滑らせた」なんてもんじゃないですよ。
      明らかに極右のルペン候補を潰す為の意図的な発言です。
      ここまでウクライナへの武器支援に消極的だと思われていたマクロンが「実はカエサル自走砲とミランATMも送ったよ」と言った以上、もしも決選投票でルペンが勝ったらこの決定を覆さなければならず、そうなったらフランスは米国やEUからシカトされかねない。
      そうなれば政策ミスの多さが原因でマクロンへの投票を躊躇っていたフランスの有権者もルペンには入れられなくなるだろうと言うマクロン陣営の読みだと思います。実際ここへ来て「情勢はマクロン有利」と報じるメディアが増えていますし。

      35
    • 無無
    • 2022年 4月 23日

    スパイ大国ロシアは我々よりも先に気がついていただろうね、フランスもまた抜け目なく動いてる、水面下では和平取りまとめにも動いていそう
    大砲とUAVまではいいけど戦闘機は不可というのが現状のプーチン基準なのか知らんが、これもどうなるやら

    2
    • 無能
    • 2022年 4月 23日

    事後報告ええやん、「それやったら参戦だかんな?」って恫喝が使えなくなる
    参戦で本当に困るのはロシアだし

    29
      • shkk
      • 2022年 4月 23日

      ちょっと送るならセーフ、自走砲じゃないならたくさん送っても問題なさそうなのでセーフ
      自走砲でも数送らないならセーフ…って感じでボーダーラインがどんどん上がってる気もする

      米軍も初めは18門しか送らないとか言ってたくせに結局90門送ることにしたし
      自走砲でも十両ちょい送るだけならセーフって感じだし…ゆでガエル理論かな?

      いつロシアが本当に怒るんだろうか

      25
        • てつ
        • 2022年 4月 23日

        正直、日本を含む西側諸国の見事なまでのサラミ戦術だと思う。
        先日発表した「戦闘機の部品」とやらの供与も、「エンジンのない機体」と「エンジン本体」をそれぞれ別送しただけだったとしても、個人的には驚かないかな。
        露中にブーメランが山程刺さっているのが見える様だ。
        脅しは手を出すまでしか効果ないから、ホントに手を出したら、連れ去られたウクライナ人保護とか言って米軍がウラジオストクや樺太、北方領土に上陸しかねんし。

        27
        • anpai
        • 2022年 4月 23日

        キエフ攻略に失敗した頃から、
        プーチンはテレビに出るのが嫌になって
        プーチンが出てこなくなったせいで欧米への威嚇がパッタリなくなったような気がする

        6
    • らんらんるー
    • 2022年 4月 23日

    各国の自走砲が、ウクライナという坩堝に集まり、戦場という高温で反応する、なんてことはあるのだろうか?

    5
    • 幽霊
    • 2022年 4月 23日

    各国共に大分支援が進んでますね
    このままいけばロシアの攻勢は失敗するかもしれません
    ただ攻勢に失敗したらロシアが起死回生の手として戦術核を使用しそうでちょと怖いですね。

    5
    • makumaku
    • 2022年 4月 23日

    マクロン大統領がいきなりCaesarIIの提供とは….
    今週末からフランスで、40人前後のウクライナ兵による砲兵隊編成が行なわれるそうです。
    リンク

    2
      • NATTO
      • 2022年 4月 23日

      ノルマンディーニーメンの逆パターンみたいだな。
      フランス式装備のウクライナ部隊が幾つか出来るんじゃ?

      2
      • 匿名
      • 2022年 4月 23日

      6輪か8輪か知らんけど8ならメーカーが仏軍納入予定だったの直にウ軍供与になるかもだが使い古された6輪のやつのほうが安全パイ高めだし
      今後の支援増大時により多く貰える可能性あるのも6輪のやつで8輪の仏軍がどんどん装備化進めて6輪の旧型を放出するの最も適当では?

      2
      • makumaku
      • 2022年 4月 23日

      仏記事によると、フランスはウクライナに12台のCaesarを提供するそうです。
      リンク

      2
    • zerotester
    • 2022年 4月 23日

    ロシアはいろんな意味で急ぎたいところですが、攻勢の進捗は良くないですね。クレミンナやポパスナなど何箇所かで突破口をこじ開けたけれど、ウクライナ側も素早く手当したようでそこから進めていない。イジュームにいる主力の25個BTGはほとんど進めなくて道路上に拘束されている。ロシア側は増強していますが、時間をかけるうちに西側の装備が届けばウクライナの勝機が見えます。

    8
      • makumaku
      • 2022年 4月 23日

      昨日のウクライナの天気予報では、今日あたりに春雨期が終わり、これから暑い夏へと変わるそうです。ロシア軍はそれを待っているのかも。ウクライナ政府も、これからの2週間が天王山と言っているので、そのような認識なのかもしれませんね。いま米欧がしゃかりきになってウクライナへ重火器を運び込んでいるのも、ロシア軍の大攻勢を見込んでいるからではないでしょうか。

      9
        • zerotester
        • 2022年 4月 23日

        ここから2週間はプーチンが設定した期限でもありますしね。最近軍団長クラスが何人も能力不足ということで更迭されているそうで、なんとしても成果を出そうとシャカリキでくるのは間違いないでしょう。

        3
    • tarota
    • 2022年 4月 23日

    もう砲兵の万博だな

    8
    • AAA
    • 2022年 4月 23日

    ルペンが当選したらこの軍事支援も打ちきりになるんだろうな
    今日のBBCの記事読んだけどルペンの勢力は2017年の大統領選の時よりずっと強くなっているそうだ
    ブレグジットの国民投票でも予想を覆して離脱派が多数だったし安心はできないね

    4
    • ミリ猫
    • 2022年 4月 23日

    CAESARの発音ですが、
    家では英語が公用語^^;なので日本語ではカエサルになるとは知りませんでした。

    気になってニュースビデオを見てきましたが、
    仏語の発音は「セザレ」に近いです。

    調べてみたら
    CAmion Équipé d’un Système d’ARtillerie(砲兵システム搭載トラック)のアクロニム
    なんですね。

    フランスにしても最新鋭の兵器なのでどうやって速攻で調達したのかと思ったら、
    モロッコに送るはずだったのをウクライナに供給したそうです。
    モロッコとしてはウクライナほど急いでおらず、後になるほど改良型が出てくる可能性が高いということで
    OKしてもらったそうです。

    コンピュータの自作派には、妙に納得の行く説明でした。

    3
      • STIH
      • 2022年 4月 24日

      モロッコ!!!そんな国が順序入れ替えに同意するとは。西サハラを抱えてるからそんな余裕があるとは思えないですが、良くも悪くも膠着しているのか。
      しかしモロッコは実質国連決議棄権組、そうは言っても実質的にはウクライナの肩を持っている以上ロシアに協力するつもりは無いということなんでしょう。

      3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  3. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
PAGE TOP