ウクライナ戦況

ロシア軍によるインフラ攻撃、キーウ州の電力設備に深刻な被害が発生

ウクライナ国営の送配電事業者「ウクレネルゴ」は15日、ロシア軍の攻撃でキーウ州の電力設備に深刻な被害が生じたため「送電の緊急停止もありうる」と発表した。

参考:Россияне нанесли ракетный удар по Киевской области
参考:Удар РФ по Киевской области: поврежден энергообъект, возможны аварийные отключения

復旧と破壊のいたちごっこでウクライナ側を疲弊させるつもりなのかもしれない

ロシア軍は15日未明にShahed-136やロケット弾でドニプロ、ヘルソン、ニーコポリを攻撃、さらに午前7時頃クリミアを除く全ての地域に空襲警報が発令され、キーウ州が攻撃を受けたと報じられていたが当局の統制下にあるため「攻撃で生じた被害」については伏せられている。

出典:IMA Media 演習に登場したShahed-136

しかし送配電事業者「ウクレネルゴ」は15日午前9時頃、ロシア軍の攻撃でキーウ州の電力設備に深刻な被害が生じたため「送電の緊急停止もありうる」と発表、特に17時~23時までは電力消費の大きい家電の使用中止、不要な照明の消灯、夜間の洗濯を翌日に延期するなど市民に節電を呼びかけており、現時点で被害を受けた設備の復旧目処は立っていない。

因みにウクライナのエネルギー相は「10日と11日の攻撃でエネルギーインフラの30%が破壊された」とCNNに明かしており、復旧と破壊のいたちごっこでウクライナ側を疲弊させるつもりなのだろう。

関連記事:ウクライナ、ロシア軍の攻撃でエネルギーインフラの30%が破壊される
関連記事:ロシア軍がウクライナの電力輸出を遮断、イランにShahed-136を2,400機発注か
関連記事:プーチンの狙い、冬の電力遮断でウクライナ人から妥協を引き出すこと

 

※アイキャッチ画像の出典:pixabay

動員されたロシア人に配られるマニュアル、不思議な記述がいっぱい前のページ

来週中にもウクライナ軍がヘルソン奪還? 今のところ大きな動きはない次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    オデッサ沖にロシア海軍の揚陸艦が接近、ウクライナ軍が敵上陸に備える

    ロシア海軍の揚陸艦がオデッサ近郊のSanzhiika沖約14マイル(約…

  2. ウクライナ戦況

    ウクライナ軍、ドニエプル川沿いからロシア軍は15km~20km後方に移動

    ウクライナ軍南部司令部は15日「我々の砲撃から身を守るためロシア軍はド…

  3. ウクライナ戦況

    侵攻726日目、アウディーイウカ制圧後も各方面でロシア軍の前進が続く

    ロシア軍によるウクライナ侵攻から726日が経過、シヴェルシク方面、バフ…

  4. ウクライナ戦況

    英国防相、ロシア軍の侵攻は主要目標が達成できおらず期待以下の結果

    英国のウォレス国防相は25日、プーチン大統領の侵攻計画は主要目標を何も…

  5. ウクライナ戦況

    ウクライナ、ロシア軍の攻撃でエネルギーインフラの30%が破壊される

    ロシア軍は現在もウクライナのエネルギーインフラに対する攻撃を現在も続い…

  6. ウクライナ戦況

    ウクライナ侵攻374日の戦況、クピャンスク、バフムート、アウディーイウカで動き

    ウクライナ侵攻374日の戦況はクピャンスク方面、バフムート方面、アウデ…

コメント

    • ぽち
    • 2022年 10月 15日

    やりやがった~~~嘘つき国家、いやテロ集団め!!!

    だから、だから  一刻も早く防空システムを!
    統合してる余裕なし

    プーチンはもう大規模攻撃しない、とBBCで言ってたな
    息をつくように嘘をつくとは、ロシアのこと

    28
      • ido
      • 2022年 10月 15日

      焦らずに統合した方がいいですよ。統合しないと迎撃率上がらないので。統合し終わったらすぐ提供ですね。それまでは耐えてもらうしかありません

      23
      • くらうん
      • 2022年 10月 15日

      >プーチンはもう大規模攻撃しない、とBBCで言ってた
      ウクライナ発表のミサイル備蓄数が合っているならば、大規模攻撃「できない」というのが本当のところでしょうね。
      できるのであれば防空体制が固まるまでに攻撃しておきたいであろうし、新規発注したシャヘドがメインでは攻撃にも限界がある。
      そもそもシャヘド2400機の発注自体がどこまで実現されるのか疑問ですが。

      31
      • たま
      • 2022年 10月 15日

      自衛隊の退役中のホーク送ろう

      15
    • せんしゅぼうえい
    • 2022年 10月 15日

    やり返さないとずっとやられるだけだよ
    一部でやり返したみたいだけど不十分だよな
    必要なのは難しい防空じゃなくて神風ドローン

    25
    • pon
    • 2022年 10月 15日

    冬に向かっての嫌がらせがウクライナ国民に致命傷を与えることになるのか、ロシア側ミサイルの残数疑惑も物ともせず発電所を中心としたインフラ施設破壊を継続するか、NATO側の防空システム構築が人員の育成も含めて間に合うか興味が尽きんせんね。

    14
    • 匿名
    • 2022年 10月 15日

    馬鹿みたいな話ですが、プーチンがクリミア大橋を攻撃した方法は
    海から船で渡って来た爆発物であると言ったようですね…。トラックに爆弾が積まれていたという当初の話も
    嘘がバレて更に嘘を重ねた形ですが(X線透過したトラックの車種が違ったり、そもそもX線検査なんてしてなかった)
    それならばこのロシアのテロ攻撃の正当性と、トラック関連で逮捕された人たちは
    一体何だったの…?という思いでが一杯ですわー

    29
      • 匿名
      • 2022年 10月 16日

      > 馬鹿みたいな話ですが、プーチンがクリミア大橋を攻撃した方法は
      > 海から船で渡って来た爆発物であると言ったようですね…
      それは爆発物が持ち込まれたルートの話じゃないでしょうか?
      オデッサ発の穀物船によって持ち込まれたのであれば、輸出協定を延長しないよ、と牽制してるって事のようですが。

      1
    • ゼンハイザー
    • 2022年 10月 15日

    自分等は本土に攻撃されないと高を括って一方的に攻撃し
    反撃されると誰よりも声高に喚き散らす
    ホントいじめの構図で気分が悪い状況

    早くロシアの高官は全員ウクライナでリンチされた方々と同じめにあうべき

    核さえなければ湾岸戦争の二の舞レベルの蹂躙戦が出来るのが歪過ぎる世の中を如実に表している
    全世界から核が無くならない限りは歪な状況は続いていく

    57
      • 美濃尾張
      • 2022年 10月 15日

      ロシアや北朝鮮といったテロ国家が核を持っているからタチが悪い
      狂人に刃物、悪の枢軸に核

      16
      • ナイトアウル
      • 2022年 10月 16日

       あまり話題にもなってないけどロシア飛行場シャイコフカで 2機の Tu-22M3が神風ドローン破壊されたとか、損害はともかく攻撃されたのは間違いなさそう。
       ぶっちゃけこんな攻撃されるとロシア本土が攻撃されるから300km位のバッファゾーンが欲しいとは思っているだろうな。

      2
        • 58式素人
        • 2022年 10月 16日

        昔、ロシアがまだソ連だった頃。
        西ドイツ(当時)の青年が、軽飛行機でフィンランドとの国境を越えて、
        モスクワまで捕まらずに飛行した事件があったけれど。
        上記の件と重ね合わせられるところがありますね。
        ひょっとすると、ロシアの対空暗視網は、低空飛行する低速の目標を
        捕まえられない、或いはそれをスルーするようなものなのでしょうか。
        自国の民間機(農業用など)と誤認するとか。
        航続距離の長い自爆型UAVに対して、ロシアは脆弱なのかもですね。

        4
    • 匿名
    • 2022年 10月 15日

    ロシア側からすれば、統合防空システムが構築される前に、精密ミサイルを使い切ってでもインフラ網を壊滅させる方が、理に適いますからね。
    ウクライナ側には、早期復旧と重要施設への送電維持を主眼としたダメコンで冷静に立ち回って欲しいですが、何とも歯痒いですね。

    10
    • 7743
    • 2022年 10月 15日

    本来であればロシアはもっと冬の寒い時期にインフラ攻撃を行うつもりだったのではと思いますので
    (クリミア大橋爆破で前倒しになった)
    今のうちにダメコンと防空システムの向上を図れるのはウクライナにとっては不幸中の幸いと言えるのではないでしょうか。
    日本政府も発電・変電システムを支援すると明言していたと思いますし、一刻も早い支援がなされることを期待します。

    48
    • 月虹
    • 2022年 10月 15日

    こういったウクライナでの社会インフラの復旧・復興分野こそ日本が貢献できる部分だと思います。
    自然災害と戦争では単純比較できませんが、日本では台風等で送電網に被害を受けても電力会社が予備の送電網への切り替えや現場での送電設備修理等を迅速に行う為のネットワークが組まれているお陰で停電が起きても早期に復旧する様になっています。また停電に備えてソーラーパネルや蓄電池、発電機などを備えて停電しても不便が少なくなる様に工夫された戸建て住宅やマンションも開発され普及が始まっています。

    ウクライナの発電は原発比率が高いのですが原子炉格納容器が無く非常用炉心冷却装置がPWRと比較すると劣るロシア型加圧水型原子炉<VVER>である為に三菱重工の改良型加圧水型原子炉<APWR>など日本の原発メーカーがシェアを獲得できる余地はあると思います(フランスの欧州加圧水型炉<EPR>やアメリカの加圧水型原子炉<AP1000>などライバルは多いですが)

    23
    • AAA
    • 2022年 10月 15日

    ウクライナ軍がヘルソン方面で大規模な攻勢に出ているらしい
    一番の激戦地はマイラブか!?

    5
      • ミリオタの猫
      • 2022年 10月 15日

      だとすると、プーチンがキーウ空爆を命じた背景は、ウクライナ側がロシア側の弾道&精密誘導ミサイルの残弾予測を出した事に対する反応(まだまだミサイルは有るぞ!との意思表示)に加えて、ヘルソン方面でのウクライナ軍の反攻に対する反撃なのでしょうかね?

      3
      • モンパ
      • 2022年 10月 15日

      Twitterで大騒ぎみたいですね。
      ロシア兵がまたもやパニクってるとか。

      管理人さんよろしくお願いします。

      7
    • エア
    • 2022年 10月 15日

    ロシアがあらかたミサイル使い終わってから
    各国が防空システム提供は
    明らかに遅すぎた

    もはやロシアに遠慮する理由はないんだから
    さっさと西側戦車の提供に踏み切ってほしい

    4
      • ミリオタの猫
      • 2022年 10月 15日

      戦車なら、既にロシアからたんまり鹵獲しているのでウクライナ軍も優先順位を下げていますよ
      それだったら、NATO空軍部隊の直接介入の方がまだ有効かと(ウクライナ空軍の機材が部品不足でそろそろ飛べなくなると言われている為)

      3
        • NHG
        • 2022年 10月 15日

        戦車の優先度は下げてないですよ
        ロシアがウクライナ領内のインフラを大々的に狙いだしたので急いで必要なだけ
        それと「ロシア側がエスカレーションしたから」という理由でロシアの反発を気にする必要がないのと、民間インフラ破壊で欧米の防空装備提供ハードルが下がったのが大きい(これは開戦初期に民間のマンションにミサイルが直撃してドイツが一気に軍拡へ舵をきったのと同じ理屈)

        4
    • Seven Seas
    • 2022年 10月 15日

    Shahed-136ってのが地味に厄介だねぇ
    航続距離が長く、何より安い
    2万ドルとか?
    そんなの高価な地対空ミサイルで迎撃してたら割に合わない
    本当に2400発も来たら西側がいっぱい地対空ミサイル供与しても足りない
    この間落ちた特別塗装のMIG-29はドローン迎撃中にドローンの破片に当たって落ちたという話だから、もしかしたらGUN使ったのかも
    発電所や変電所の周りに阻塞気球上げるくらいしかないかも

    5
      • アドバルーン
      • 2022年 10月 15日

      そういえばドローンに阻塞気球って試されてるんでしょうか?たくさん上げて絡めとれば効果的に思えるけど・・・

        • G
        • 2022年 10月 16日

        低速小型の目標相手では相当数常時配備しない限り効果は薄そうですし、下手すれば遠距離からの目印にされかねない気が

        2
    • 黒足袋
    • 2022年 10月 15日

    もうやってることが、戦隊シリーズの黒十字軍とかと同じレベル。こんな明瞭に「悪」の組織が、核兵器を持ち世界最大の国土とそこに埋蔵されている豊富な資源を持っているなんて、不条理でしかない。ウクライナ出身のミラ・ジョヴォヴィッチに、バイオハザードのアリスのような能力があれば、闘ってもらうのにな。

    7
    • うほっ
    • 2022年 10月 16日

    ところが発展途上国なんですよね・・・

    2
    •  
    • 2022年 10月 16日

    せめて死活的なインフラを守るだけの防空網は欲しいですね
    あと念のためPAC-2とPAC-3も……

    1
    • 匿名
    • 2022年 10月 16日

    執拗に電力狙うあたりロシアの停戦したいという話も案外マジなのかも

    2
      • k
      • 2022年 10月 16日

      余計ウクライナ人怒らせて停戦遠のくだけ何だよなぁ…
      都市や民間インフラへの攻撃で相手国の戦意を挫き、早期停戦に繋がった例など歴史上一度も無いと言うのに。

      いくら一時的にインフラ麻痺させられても、継続して破壊出来なければあまり意味は無いし
      ウクライナ側も対策する上に(電力麻痺した際の防寒の備えも含め)、継続して攻撃続けられる程のミサイルの残弾もロシアには無いからね…

      9
        • 匿名
        • 2022年 10月 16日

        ロシアが目的に対して選ぶ手段がズレてるのは既に毎度のことだからな…

        1
    • 名無し三等兵
    • 2022年 10月 16日

    戦略攻撃としては常套手段、なぜもっと早く(開戦期)からやらなかったのかと思う
    航空優勢の確保、防空網の無力化、通信・電力・物流インフの破壊
    米軍なら開戦期から徹底的にやっているだろうに、その不徹底がその後の戦況に反映されてる

    ウクライナ相手など本気で戦争しなくても余裕で勝てる思ったツケだな
    圧倒的な国力の違いがあったイラク相手でも手加減せずに短期決戦で勝利したアメリカとの違いだな

    2
      • 無無
      • 2022年 10月 16日

      出来るだけウクライナを無傷で手に入れたかったのだろう、情報機関の適当なヨイショ報告を真に受けて進軍させれば戦闘無しでウクライナを屈服させられるだの信じた、プーチンは最初の最初から誤算を続けているよ
      しかし冬を前にインフラ破壊は深刻な問題に違いない、いかにウクライナが西側防空装備で防御しても攻撃側の有利は変わらない
      唯一の対抗策は、西側がウクライナに長距離打撃の可能な兵器、ATACMSや巡航ミサイルを与えてロシア領内のインフラを同じように攻撃させて見せること。
      ロシア人の思考ならは、目には目をの対応をしないと効果はない
      いまさらプーチンルールの核を怖れる意味なんて無いから、ウクライナは堂々と反撃すればいいんだよ

      7
    • bbcorn22
    • 2022年 10月 16日

    ロシアの頼みの綱 イランがえらいことに イラン首都の政治犯刑務所で大規模火災
    めちゃ燃えとる
    イランのほうが先に革命起きそう。

    8
      • ぽち
      • 2022年 10月 16日

      なになに!それは良いな。ドローンの心配が減るだけでもありがたい!

      5
      • xyz
      • 2022年 10月 16日

      侵略支持国家は滅べばいい。

      • 匿名
      • 2022年 10月 16日

      でもイラン人が怒ってる理由は結構人道的でまともだと思う
      ロシアと比べて安心できる

      4
    • ぽち
    • 2022年 10月 16日

    すこしトピからはみ出しますが。キーウ関係で
    ロシアはベラルーシのSu25を核搭載型に改造するとか言ってますね
    NATOへの嫌がらせ? ベラルーシに核攻撃させ、被害はロシアに及ばないようにするとか
    まあ、それはまだ先でしょうけれど・・・

    ベラルーシが合同練習の名目でロシア軍を入れましてよね。
    そしてキーウ州の電源攻撃。情報統制は賢明ですね
    ロシアは、再び、北部からキーウ向けて、攻撃するのかも・・・

    迎撃しにく弾道ミサイル連射、ウクライナ陣地にサーモバリック弾を落として排除
    それから精鋭部隊(まだいるでしょう)ワグナー、チェチェン(最近静かで怪しい)で進撃
    とか。。。 マジに心配

    管理人様、どなたか、この悪夢を晴らして下さい

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP