ウクライナ戦況

472機のUAVを受けったウクライナ、ロシア軍を監視する無人機の群れを公開

フェドロフ副首相兼デジタル化担当相は22日、ウクライナ軍にUAVを供給するArmy of Drones計画について「これまでに計472機のUAVを受け取った」と明かし、ロシア軍を監視する無人機の群れを公開した。

参考:В небо одновременно подняли Армию дронов из 500 БПЛА.

フェドロフ副首相が公開した無人機の群れ、ウクライナ軍の戦場認識力を拡張するに十分役立つだろう

ロシア軍と戦うウクライナは資金調達プラットホーム「United24」を通じて8億5,500万ユーロ=約1,200億円を確保、これで2,450kmもの前線を約1万機のUAVで監視する「Army of Drones計画」を進めている最中だが、同計画を主導するフェドロフ副首相兼デジタル化担当相は「これまでに計472機のUAVを受け取った」と明かしている。

出典:Defense of Ukraine

ウクライナが前線監視のために調達しているのは比較的小型なUAV(DJI製のMatrice300RTKやMavic 3)と、これよりも長距離の飛行が可能な比較的大型なUAV(WB製のFlyEye)で、フェドロフ副首相が公開したイメージ動画に登場する全翼機タイプのUAVはウクライナのCulver Aviation社が製造する商用向けドローン「SKIF」だろう。

FlyEye以外は全て商用規格なので電子妨害やカウンター・ドローンシステムに脆弱かもしれないが、2,450kmの前線全てで電子妨害シールドやGPS信号を阻害するのは物理に不可能で、カウンター・ドローンシステムも少数の兵士にしか行き渡っていないためウクライナ軍の戦場認識力を拡張するに十分役立つはずだ。

因みにウクライナに提供を約束していた徘徊型弾薬のSwitchblade600について国防総省は「30日以内にAeroVironmentと契約を締結する」と明かしたが、ウクライナへの引き渡し時期については未定(契約締結時に納期が判明するらしい)で、量産ラインが存在しないSwitchblade600の安定的な供給は難しいのだろう。

なぜ提供発表から5ヶ月以上たってもSwitchblade600の供給に目処がつかないのかは過去記事を参照してほしい。

追記:フェドロフ副首相が公開した無人機の群れは飽くまでイメージであり、これらの無人機を群れ=スウォームで運用するという意味ではないので注意してほしい。

関連記事:ウクライナ軍、まもなく長距離飛行を飛べる200機以上のUAVを手に入れる
関連記事:米国がウクライナに提供するSwitchblade600は10機、納期も未定

 

※アイキャッチ画像の出典:FEDOROV

ウクライナ軍総司令官、179日間で約9,000人の英雄が戦死したと発表前のページ

日本、イージス・システム搭載艦に03式中距離地対空誘導弾・改良型を搭載か次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ、ロシア軍の攻撃でエネルギーインフラの30%が破壊される

    ロシア軍は現在もウクライナのエネルギーインフラに対する攻撃を現在も続い…

  2. ウクライナ戦況

    バフムート方面の戦い、ロシア軍がイワニフスキー中心部に到達した可能性

    ウクライナ軍は「チャシブ・ヤールで要塞建設が行われている」「この要塞は…

  3. ウクライナ戦況

    ロシア軍がザポリージャ原発から撤退? ウクライナが撤退準備の兆候を確認

    ウクライナの原発を管理するエネルゴアトム社は27日、ロシア軍がザポリー…

  4. ウクライナ戦況

    欧州の壁になると主張するウクライナ、潜水艦提供についてドイツと協議

    ウクライナ最高議会のステファンチュク議長はドイツのランブレヒト国防相と…

  5. ウクライナ戦況

    ロシアは激しい抵抗と自軍の損失にショック、ウクライナは徹底抗戦の構え

    ウクライナ・プラウダ紙は26日、ウクライナ侵攻作戦が数日で終わると考え…

  6. ウクライナ戦況

    反撃を開始したウクライナ軍が空爆を24回実施、ドニエプル川の橋も半壊

    反撃が始まった南部戦線でウクライナ軍が空爆を24回実施、ノーバ・カホフ…

コメント

    • 無無
    • 2022年 8月 23日

    ネトフリ映画的な映像、予告編だな

    8
    • 迷子の無人機
    • 2022年 8月 23日

    ドローンスウォームによる監視体制か。商用規格が多いとはいえ、それでもロシア軍にプレッシャーをかけられるし人員損失も少なくできる。適切に使えば、より多くの戦場の霧を晴らしてくれる強力な武器になり得るわけだ。スウォームすげ…。

    3
      • hiroさん
      • 2022年 8月 23日

      >追記:フェドロフ副首相が公開した無人機の群れは飽くまでイメージであり、これらの無人機を群れ=スウォームで運用するという意味ではないので注意してほしい。

      だそうです。

      14
        • 迷子の無人機
        • 2022年 8月 23日

        oh…。まあそりゃそうだよなw
        それでもこれだけのドローンを手に入れた以上、効果的に運用していきたいところ。さて24日はどうなるか…。

        1
    • 名無し
    • 2022年 8月 23日

    バッタの群れみたいで何か不気味といえば不気味。SF映画のワンシーンのようだ。

    3
    • すえすえ
    • 2022年 8月 23日

    なんかこんなにドローンがわさわさいるとなんかこえーw

    3
    • 2022年 8月 23日

    貴重なドローンを、大量、過密に、それも人間の近くを飛ばすかな
    CGなのでは

    5
      • くらうん
      • 2022年 8月 23日

      無論CG。
      影も映ってないしね。

    • zerotester
    • 2022年 8月 23日

    こちらの記事にFlyEyeの動画がありますが、着陸方法が面白いですね。まずセンサー部分を切り離してパラシュート投下してから本体は胴体着陸している。センサーが守れればいいということなんでしょう。

    一方でロシアが撃墜したという映像にはセンサー部が無いので、墜落前に投下したのかもしれません。パラシュート無しで落下させれば壊れるので捕獲・解析されるのを邪魔することができますから。

    リンク

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP