ウクライナ戦況

ウクライナのパルチザン、ヘルソン市中心部の市庁舎に国旗を掲げる

ウクライナ軍は信じられない速度でドニエプル川右岸地域(ヘルソン州とムィコラーイウ州)の拠点を解放し続けているが、パルチザンがヘルソン市中心部にある市庁舎にウクライナ国旗を掲げた。

参考:В центре Херсона партизаны вывесили украинский флаг (фото)

ロシア軍はパルチザンがヘルソン市中心部で闊歩することさえ取り締まれない状況という意味だ

ドニエプル川右岸地域からのロシア軍撤退に呼応してウクライナ軍は次々と拠点を解放しており、当該地域の前線=ウクライナ軍の最先端がどこに達しているのかは謎だが、ヘルソン市内にウクライナ軍は入ったという情報はない。

出典:Google Map ヘルソン州の戦況/管理人加工(クリックで拡大可能)

しかしヘルソン市中心部にある市庁舎にウクライナ国旗が掲げられた写真が出回っており、これは「現地のパルチザンが行ったものだ」と報じられている。

要するにロシア軍はドニエプル川右岸から左岸へ逃げることに集中しているため、パルチザンがヘルソン市中心部で闊歩することさえ取り締まれない状況という意味だ。

因みにロシア軍は放棄するヘルソン市のインフラを破壊し続けており、テレビ放送施設、通信施設、ボイラーに続き火力発電施設や給水施設も破壊したらしい。

追記:アントノフスキー橋の橋桁が完全に落ちた写真が出回っている。ウクライナ軍の攻撃ではなくロシア軍が破壊した可能性が高い。

関連記事:ゼレンスキー大統領もウクライナ軍の前進を発表、南部で41の集落を解放
関連記事:ウクライナ軍による怒涛の解放、ヘルソン市郊外まであと10kmに迫る
関連記事:ウクライナ軍が次々と拠点を解放、ロシア軍はドニエプル川右岸から撤退を開始
関連記事:ウクライナ軍が要衝スニフリフカの解放に成功、ロシア軍の後退が鮮明に
関連記事:ロシア軍発表を信じないウクライナ、戦いもせず敵が土地を明け渡すことはない
関連記事:ウクライナ軍がヘルソン州のカリニフスキーを解放、スニフリフカ郊外にも国旗
関連記事:ロシアのショイグ国防相、ドニエプル川右岸地域から部隊の撤退を命令か

 

※アイキャッチ画像の出典:РБК-Україна

米国が韓国から155mm砲弾を購入か、ウクライナ提供分の補充目的前のページ

ドニエプル川右岸から左岸へのロシア軍撤退が完了、取り残された装備は1つもない次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    イタリアがウクライナ支援パッケージを発表、PzH2000が含まれる可能性

    ウクライナのレズニコフ国防相は31日、イタリアのゲリーニ国防相から新た…

  2. ウクライナ戦況

    ロシア軍は準備した全戦力をウクライナに投入、今後は消耗戦になる可能性

    国際戦略研究所は「ウクライナでの戦いはロシア軍が手持ちの予備をほとんど…

  3. ウクライナ戦況

    見捨てられたロシア軍兵士、装備を脱ぎ捨てドニエプル川を泳いで逃げる

    ノーヴァヤ・ガゼータ・ヨーロッパ紙は「ロシア国防省が撤退完了を発表した…

  4. ウクライナ戦況

    ドンバスで戦うウクライナ軍兵士、我々は大砲の餌で政府に見捨てられた

    ドンバスで戦うウクライナ軍兵士達はCBCの取材に「普通の歩兵は大砲の餌…

  5. ウクライナ戦況

    要塞は本当に建設されているのか? 最高議会が臨時調査委員会の設置を可決

    ゼレンスキー大統領は2023年11月末に要塞建設を急ぐよう指示し、ハル…

コメント

    • 横田
    • 2022年 11月 11日

    他人の土地を勝手に荒らし回った挙げ句焦土戦術という名のもとに全てを破壊し尽くすとか
    ホント言葉では言い表せないくらいひどい

    110
    • 名無し
    • 2022年 11月 11日

    >給水施設も破壊
    敗北の腹いせに破壊できるもの片っ端から破壊してくとか野蛮人かな?

    62
    • 鼻毛
    • 2022年 11月 11日

    はたして組織的退却は成功するのでしょうか。何千…何万人逃げ遅れるかな。全員は無理そうなのでタイタニック号みたいに救命ボートの奪い合いになれば助かる命も助からないかもしれない

    2
      • barbaroi
      • 2022年 11月 11日

      ロシア軍はもうドニエプル川右岸にはいないってことか?
      橋の破壊は殿の仕事だよな

      21
    • K(大文字)
    • 2022年 11月 11日

    >給水施設も破壊したらしい

    なんだ、「また」蛇口を盗んでいったのか?

    19
    • 匿名
    • 2022年 11月 11日

    ロシア側の軍事ブロガーによると、「まもなく全てのヘルソン占領部隊が撤退する」らしく、
    架かっていた橋もほとんどが爆破されたようだ。
    つまり退避は大成功!ということになる

    …じゃあウクライナ軍がいま念入りに猛砲撃を加えているのは
    どこのどなた達なのか?という話になるが、取り残されることになる側には
    ロシア軍が存在しない「はず」なので、きっと妖怪か何かなんだろう

    42
    • zerotester
    • 2022年 11月 11日

    本来ならばウクライナ軍をもっと遠くで阻止しているうちに退却したかったはずですが、ウクライナ軍の進軍が早くて渡河地点が砲兵の射程に入るようになり、渡河地点に集まっているところをボコボコにされているようですね。

    まだ退却している最中なのに橋を壊すのはどういうつもりなんでしょうか。残っている部隊は足止めのために戦えってことなんでしょうか。あるいは単にパニック状態なのかもしれません。

    33
    • 無題
    • 2022年 11月 11日

    勝手に作った橋が落ちたくらいで大騒ぎするくせに人様の橋は遠慮なくぶっ壊すんだな

    64
    • barbaroi
    • 2022年 11月 11日

    ロシア国防省は、ドニプロ川右岸からの軍の撤退が完了したと発表した。 「一人の軍人も装備の一部も失っていない」

    3
      • barbaroi
      • 2022年 11月 11日

      ⬆プロパガンダサイトがソースでした
      申し訳ありません

      監視人様
      できれば削除してください

      3
    • AAA
    • 2022年 11月 11日

    政府から撤退が公式発表された上に橋を爆破したにもかかわらず
    なぜかロシア兵が残されてるらしいが流石にデマか?
    でもロシアだしなあ・・・

    18
    • pon
    • 2022年 11月 11日

    インフラ破壊のせいで連れていかれなかった住民への生活物資の配給計画や、駐留するウクライナ軍への補給がどうなるのかが気になりますね。

    1
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 11日

    戦況図を見るに、スニフリフカ方面の国道を軸に守備していたロシア軍部隊は
    撤退間に合わなくて駄目そうですね・・・。

    9
    • 鳥刺
    • 2022年 11月 11日

    ロシア側の、民間人全員の避難完了という声明の意味する所を考えると、西岸に残留する住民をロシアが敵性認定して無茶苦茶をしている可能性があったので、画像が真物=市民がロシアの迫害下になく自発的に行動している、ならば一安心なのですが。

    橋が無くなって、ロシア軍のオデーサへの道は最終的に消滅しました。象徴的ですね。

    10
    • タイヤキ
    • 2022年 11月 11日

    戦争が終わりロシア軍が一兵も失うことはなかったヘルソンでは、将来ロシアで動員された家族たちが栄養満点で咲き誇るひまわりを見にくる時代がいつかくるでしょ。

    7
    • 台湾大好き
    • 2022年 11月 11日

    兵器の供給はやるべきかどうかはさておき議論があるところ、しかしボイラーや発電施設、医療用品や食料なら何も問題はないはずですし、これ迄の日本のスタンスとも合致します。もちろん国益にも。
    こんな時に支援しないでどうするのかと、ぜひ以下に支援すべしとの一筆をお願いします。
    〜もちろん民間の支援に自腹切るのも素晴らしいことです。赤十字や日本財団の支援もありますよ。

    官邸のご意見募集
    リンク
    同じく外務省
    リンク

    3
      • 台湾大好き
      • 2022年 11月 11日

      外務省のURL間違いです。こちらが正しいです。訂正の上お詫び申し上げます。
      リンク

      1
    • 名無しさん
    • 2022年 11月 12日

    いつものロシア軍ですね、あら、お上手、と褒められるのは、民間人へ攻撃と、民生インフラの破壊だけ
    解放者ロシアが解放したのは、ウクライナに捕らわれていた洗濯機や冷蔵庫、テレビなどだけでしたとさ

    7
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP