ウクライナ戦況

ウクライナ軍、車輌通行が唯一可能だったノーバ・カホフカ水力発電所を攻撃

ウクライナ軍は8日、ドニエプル川によって隔てられたヘルソン州の北岸地域と南岸地域を結ぶ「アントノフスキー橋」とノーバ・カホフカにある「水力発電所」を攻撃したと発表した。

参考:ВСУ ударили по Антоновскому и Каховскому мостам

24時間の車輌通行が可能だった水力発電所が損傷していればロシア軍の補給にとって致命傷になるだろう

ヘルソン州はドニエプル川によって北岸地域と南岸地域に隔てられており、ロシア軍の輸送車輌がドニエプル川を渡れるポイントはヘルソンの郊外に接続するアントノフスキー橋、ヘルソンから約50km離れたノーバ・カホフカにある水力発電所の2ヶ所だけで鉄道橋を含めても計3ヶ所しかない。

出典:GoogleMap 大まかなヘルソン周辺の状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

HIMARSを手に入れたはウクライナ軍はアントノフスキー橋と水力発電所に何度か攻撃を行い、ロシア軍占領下のヘンソン州当局が復旧作業が進めていたが、ウクライナ軍は8日にHIMARSで攻撃を行い「2つの目標に命中した」と発表、アントノフスキー橋への攻撃は視覚的にも命中していることが確認されている。

水力発電所への攻撃は今のところ視覚的に確認されていないが、24時間の車輌通行が可能だった水力発電所が損傷していればロシア軍の補給にとって致命傷になるだろう。

出典:Telegram経由 アントノフスキー橋に命中したHIMARSの攻撃

果たしてヘルソン州の北岸地域に展開するロシア軍部隊は、どこまでHIMARSによる補給妨害に耐えられるのだろうか?

因みに米国はまもなく過去最大のウクライナ支援パッケージ(10億ドル相当)を発表予定で、ゼレンスキー大統領も国民に向けて「もうすぐ良い知らせが届く」と述べており、何かしらのサプライズ(ATACMSの提供など)を期待してしまう。

追記:修復作業中だったアントノフスキー橋の通行再開は今週末に予定されていたが、今回の攻撃を受けてロシア軍は橋の通行再開を延期したらしい。

関連記事:ウクライナ軍、HIMARSでメリトポリとアントノフスキー橋を再び攻撃
関連記事:米国、過去最大規模のウクライナ支援パッケージを月曜に発表予定

 

※アイキャッチ画像の出典:Public domain

ロシア軍がウクライナ軍が保管していた4.5万トン分の弾薬を破壊???前のページ

米国が18番目のウクライナ支援パッケージを発表、対レーダーミサイル提供も認める次のページ

関連記事

  1. ウクライナ戦況

    ウクライナ危機、ドネツクとルガンスクの国境をどこに設定してくるのか?

    ウクライナ危機が今後収束に向かうのか、更に危機的なものになるかは独立し…

  2. ウクライナ戦況

    クラスター砲弾の到着で戦場の様子が変化、ロシア軍の火力支援量が低下

    ニューヨーク・タイムズ紙は20日「ウクライナ軍は膨大な死傷者と装備の損…

  3. ウクライナ戦況

    ハンガリーが方針転換、自国領を通過するウクライナへの武器輸送を容認

    ウクライナのリヴィウを訪問したハンガリーのマディアル外務次官は19日、…

  4. ウクライナ戦況

    バフムート市内のウクライナ軍後退は鮮明、ロシア軍が駅方面から西部に侵入

    ロシア軍がバフムート駅方面の線路を越えたことを視覚的に確認、しかも抵抗…

  5. ウクライナ戦況

    ザポリージャ州の戦い、ウクライナ軍とロシア軍の戦闘状況は一進一退

    ザポリージャ州ロボーティネ方面の戦いは激しさを増しており、27日~29…

  6. ウクライナ戦況

    ロシア軍がソロヴィオーヴェを占領、ノボバフムティフカで隊旗を掲げる

    ロシア人ミルブロガーが運営するRYBARは25日「ロシア軍がソロヴィオ…

コメント

    • 通りすがり
    • 2022年 8月 08日

    橋攻撃の後、こっちはどうするのかと思ってたけどちゃんと攻撃したんだな
    総じて頑丈に作られるダムの堰体にどこまでダメージを与えられるものなのか興味深いところ

    5
    • けい2020
    • 2022年 8月 08日

    穴を見た目だけ塞ぐというなんちゃって修繕を繰り返した橋って
    直ってるからヨシ!で装輪装甲車とか、重量トレーラーとか通したらやばいって考えないんだろうな

    7
    • gobu
    • 2022年 8月 08日

    ロシアが南部大増派中とのことだから
    ウクライナは
    未来のドニエプル川以東の奪還より
    より現実的なドニエプル川以西の奪還を決めたのかな

    ヘルソン取り戻さないとオデーサも危ういからね

    4
      • 7743
      • 2022年 8月 08日

      ドニエプル川以東の奪還はザポリージャ周辺から南下するウクライナ軍が合流するのを待っているのではないかと思います。
      それまでに西岸を奪還するのを優先するのは理にかなっています。

      5
    • 霞ヶ浦
    • 2022年 8月 08日

    ダム自体破壊しようとしてるのか?
    上流含め被害が深刻になりそうだがこの戦争だとなぁ

    6
      • 7743
      • 2022年 8月 08日

      このダムはたしかクリミア半島の水源でもあるから、ロシア軍と言えども破壊して撤退するわけにはいかないのですよね。
      ウクライナ軍がどの程度の加減で破壊するつもりなのか、注目したいところです。

      7
        • 成層圏
        • 2022年 8月 09日

        ダムの攻撃でクリミア半島の水源が汚染されるのは、ロシアにとっても困りますよね。
        いい作戦かもしれません。但し、ロシアが住民の事を考えていればの話ですが。
        たしか現在(ウロ戦争直前)のクリミア半島の水源はロシアから引いているが慢性的に水不足だったような。

        1
      • ネコ歩き
      • 2022年 8月 09日

      ダム構造自体は頑丈ですから、そう簡単には破壊できませんね。破壊しようとしてるのはダム上の車道でしょう。
      以前掲載された弾痕の画像を見ると、ダム構造と道路面の間にボックス状の空間があるようです。単純に嵩上げなのか、点検通路なのか、はたまた配管等のスペースなのが分かりませんが、そういう構造みたいですね。

      2
    • くらうん
    • 2022年 8月 08日

    頑張ってレーダーリフレクタやらGPSジャマーやら案山子のように設置してたのに、残念だったな。

    3
      • TKT
      • 2022年 8月 08日

      橋のような移動しない固定目標であれば、距離や方角を正確に測定すれば、別にGPS誘導でなくても、いずれ砲弾が命中する可能性はあるでしょう。必ずしも一回で命中させる必要もありません。外れても、距離や方向を修正していけば、いずれ当たるはずです。

      ただ渡し船の方は、砲弾が発射された後に川の中を左右に動くこともできます。また砲弾が命中して破壊されても代わりの船を浮かべるのは簡単です。一度にたくさん浮かべることもできます。

      橋の修理は、普通に考えてまあできるでしょう。

      2
        • くらうん
        • 2022年 8月 08日

        固定された橋と流れのある川を渡る即席の渡し船じゃ効率が全く違うし(映像も出てたが)、橋が破壊されているような河川で安全に物資の積み下ろしができるとでも?船着き場はそれ自体が物資集積所になるんですよ?

        橋の修理は、できるでしょうね。
        で、あと何回同じこと繰り返すんですかね?ヘルソン空港といい蛇島といい、ロシア軍はリスキルされるのが好きみたいですが。

        31
        • スマック
        • 2022年 8月 09日

        ヘルソンに展開してる兵力が10万オーバーとかのレベルなら橋がないと補給が追いつかないだろうけどね。
        あそこにいるのは25BTG程度で2万~3万位でしょ。
        どれくらいの物資が必要か素人なりに計算してみると。

        ソビエト軍 自動車化狙撃師団(1980年代; 機械化歩兵に相当)
        兵員13,498名、戦車266両、装甲車481両、火砲148門、非装甲車両2,500両を備え、一日の平均補給所要量は1,177トンとされていた。(wikより)

        この倍くらいの約2400トン必要ということになる。
        ロシア軍のウラル輸送トラックの積載量が6トンだから2400÷6=400台
        渡し舟に載せるのが10台だとしたら1日に40回の往復。
        船が4台なら1日10回。
        敵前渡河じゃないんだし余裕かな。
        船着き場と言ってもトラックはそのまま走っていくし10台降りるのに5分もあれば可能。

        3
          • くらうん
          • 2022年 8月 09日

          ゲーム脳かな?
          トラックが走ってきたらちょうどタイミングよく荷を渡し終えた船が帰ってきて、船着き場に溜まることなくタイムラグ5分で乗せて行き来できるって?HIMARS対策で物資集積所を前線から100km後方に下げざるをえなくなったロシアが何でそこだけシームレスに行き来できると思えるのかほんとに謎。
          しかも橋壊されてるって言ってるのに「敵前渡河じゃない」って笑
          おまけにヘルソンからメリトポリにかけて何回サボタージュや破壊工作食らってるんですか?渡河地点はなぜかパルチザンに見つけられずにHIMARSも攻撃しないのかな?

          頑張って計算してくれたところ申し訳ないですが、一番肝心なところがガバガバ手前味噌なんです。

          2
    • makumaku
    • 2022年 8月 08日

    2日前に、ロシア軍がヘルソン州北部に2.5万人の部隊を送り込んだという情報が流れていました。現在ロシア軍にとって唯一の車輛交通手段となっている発電所道路が狙われたということは、ウクライナ軍はロシア軍を右岸と左岸に分断したいということでしょうか。
    ウクライナ軍による本格的な反攻作戦が近いということかもしれませんね。

    1
    • samo
    • 2022年 8月 08日

    ATACMSの提供は期待したいところ。
    もし提供が実現すれば、南西方面に増派したロシア軍は、文字通り餌箱の中に飛び込んだも同然。
    クリミア大橋、メリトポリの頭を抑えてしまえば、南西方面は完全に孤立する

    5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
PAGE TOP