欧州関連

14年間の戦いに決着、スイス政府が反対派の抵抗をかわしF-35A導入契約に署名

スイスのF-35A導入は反対派の抵抗でスリリングな展開を見せていたが、議会が国民投票実施前に導入契約への署名を支持したため19日に契約成立、2008年に開始された後継機選定作業から実に14年の時を経て次期戦闘機の導入が確定した。

参考:Swiss leaders sign $6.25 billion contract for F-35 fighter jets

反対派が契約撤回に向けて政治的なアクションを起こすのかは不明だが、恐らくスイス空軍はF-35Aを手に入れる可能性が高い

スイス政府は老朽化したF-5E/Fの後継機にGripen NGを導入すると2011年に発表、しかし後継機導入の是非を問う国民投票実施に必要な署名を反対派が集め、2014年に実施された国民投票で有権者の53.4%が導入反対を支持したため計画は白紙化してしまう。

出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman Mary Begy

しかしF-5E/Fに加えF/A-18C/Dの後継機も準備しなければならないスイス政府は2018年に再び後継機選定を開始、2021年にF-35Aを導入すると発表したものの再び反対派が国民投票実施に向けて動きだし、必要な署名を集めたため注目を集めていたが、問題はロッキード・マーティンが提出した提案内容の有効期限が2023年3月末まで、この期限までに国民投票を実施するためには手続き上の優遇=政治的な善意を必要としていた点だ。

つまり通常の手続き処理では2023年3月末までに国民投票を実施するのは無理があり、スイス社会民主党、緑の党、市民団体の軍隊なきスイスを目指す会で構成された反F-35イニシアチブ(STOP F-35)は「国民投票実施を求める声を無視して政府が契約を締結するのは非民主的だ」と主張、政府に国民投票の結果を見てから契約手続きを進めるよう圧力を加えていたが、議会は国民投票実施前に導入契約への署名を支持した。

出典:GSoA

この結果を受けてスイス当局はロッキード・マーティンとの契約に署名、2008年に開始された後継機選定作業から実に14年の時を経て次期戦闘機の導入が確定したため大きな注目を集めている。

STOP F-35は契約への署名を激しく非難しているものの「契約撤回」に向けて政治的なアクションを起こすのかは不明で、恐らくスイス空軍はF-35Aを手に入れる可能性が高い。

関連記事:スイスで国民投票に必要な署名が提出される、F-35導入禁止の憲法明記を問う?
関連記事:スイスのF-35A導入、反対派が国民投票の実施に必要な署名集めに成功
関連記事:スイスのF-35A導入が正念場、国民投票の実施14ヶ月前までに契約を結べは政府の勝ち
関連記事:スイスが契約内容を公開、F-35Aとパトリオットに投資する半分をオフセットで相殺
関連記事:スイス政府は次期戦闘機にF-35Aを選択、但し国民投票の実施が濃厚

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin スイスで評価テストを受けるF-35A

ロシア人はイジューム虐殺を否定、侵攻以前の墓地を掘り返しているだけ前のページ

エンブラエルがフライングブーム方式対応のKC-390開発を発表、米空軍採用を目指す次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍のEW能力が効果を発揮、GPS誘導兵器は目標を外しドローンも制圧

    The Economist紙は23日「静的な接触線が出現したことでロシ…

  2. 欧州関連

    生まれ変わるギリシャ空軍、F-16V導入に続いてF-35プログラムへの参加を希望

    ギリシャはF-16やミラージュ2000のアップグレードが完了すれば、F…

  3. 欧州関連

    先延ばしにし続けたドイツのトーネード後継機問題、米国にも梯子を外され八方塞がり

    米国の核兵器や艦艇向けの原子炉の開発を主導する国家核安全保障局は開発を…

  4. 欧州関連

    スイスの次期戦闘機候補、エアバスがタイフーン現地組立を認めて優位に?

    次期戦闘機調達プログラムを進めるスイスはロッキード・マーティン、ボーイ…

  5. 欧州関連

    伊外相がウクライナへのSAMP/T追加提供に言及、ロシア領内の攻撃には反対

    イタリアのLa Repubblicaは先月「メローニ政権が準備している…

  6. 欧州関連

    デンマーク海軍のフリゲート艦、派遣された紅海の作戦中に欠陥が露呈

    デンマークは「3月9日にイーヴァ・ヴィトフェルト級フリゲートが紅海上空…

コメント

    • zerotester
    • 2022年 9月 20日

    スイスでは2020年に国民投票が行われ、機種未定ながらも戦闘機40機を60億フランで買うことは可決されているので、民主的な手続きとしては問題無いと思えます。反対派の言い分は決まったことの蒸し返しに近いので、議会は付き合わなくてよいと考えたのでしょう。

    反対派の理由はスイスに戦闘機はたくさんいらないとか、そもそも軍隊がいらないといったことのようです。確かにスイスの国土面積で戦闘機40機は多いような感もありますが、国防のためには必要という根拠があるのでしょう。

    56
      • NHG
      • 2022年 9月 20日

      LMが提出した見積もりが甘いとか、予算オーバーしたときのペナルティーや補償のない空手形に近い数字なのではという指摘もあったような気はする

      4
    • 匿名希望
    • 2022年 9月 20日

    ホーネットはカナダかマレーシアに売却になったりして。

    2
    • 無無
    • 2022年 9月 20日

    2008年からどれだけ国際情勢が激変したことか
    ウクライナ情勢が無ければそれでも平穏な時期の選択にこだわっていたかも
    スイスも大戦時にはヒトラーとの悲壮な対決の覚悟を決めていた過去を忘れないでほしい、

    27
    • もり
    • 2022年 9月 20日

    政治としては最も正解に近い選択
    だが、オタクとしては最もつまらん展開

    20
    • 名無し
    • 2022年 9月 20日

    我が国もそうだけど「既存戦闘機の置き換え」ってのが理解できない層が一定数いるのはなんなんだ?
    時代遅れの機体使い潰せってことなのか。

    34
      • 感謝します
      • 2022年 9月 20日

      軍隊なんて不要だとでも思ってるからじゃないですかね?

      28
      • kitty
      • 2022年 9月 20日

      ただ、小国が半端な数の高価な戦闘機を買いそろえるくらいなら、同じお金で濃厚な対空ミサイル網を構築した方が有益だという意見は、台湾もよく言われていますね。
      まあ、まだ台湾は戦闘機が飛ぶ空間はあると思いますが。

      6
    • ブルーピーコック
    • 2022年 9月 20日

    中立国だったあのスウェーデンが時代の流れでがNATO入りを表明しちゃったからな。スイスはNATOには参加しないが世論調査では56%が協力関係を深めると出た手前、意思表明したとも言える。今の所はだけど。
    ロシアとズブズブだったオーストリアはどうするのやら。

    11
      • ISU-152
      • 2022年 9月 20日

      ロシアとズブズブなのはオーストラリアではなくハンガリーぞ

      9
        • ブルーピーコック
        • 2022年 9月 20日

        オーストラリアではなくオーストリアですぞ。ネタだったらごめんね。

        6
    • でにー
    • 2022年 9月 20日

    最凶の軍事大国ドイツに実質守られてるスイスでもこういう選択をしないといけない情勢だからね。
    そう考えると日本で自衛隊反対とか唱えてる連中は何考えてるんだろ

    19
      •  
      • 2022年 9月 20日

      スイス空軍の代わりに守ってるの、フランスではなかったっけ?

      7
        • りんりん
        • 2022年 9月 20日

        wikiによると
        >スイス防空に関する二国間協定を結んだイタリアとフランスの空軍

        この2国と協定を結んでいるようですね。

        8
      • けい2020
      • 2022年 9月 20日

      ドイツに守れてるかというのは色々違うけど置いておいても、
      そもそもドイツは軍事小国だから、世界中に武器を売りまくりの武器商人大国ってだけ

      10
    • LLLLL
    • 2022年 9月 20日

    いちいち国民投票するなら機種名の記名投票にすれば一番早いのに。
    F-34とか架空の数字、F-35BとかCとか型違いの扱い、YF-23とかF-2とかの無理筋の扱いとか傍目では二重に楽しめる!
    (´・ω・`)

    3
      • 全てF-35B
      • 2022年 9月 20日

      いや、日本以上の山国だから、F-35Bが最適。

      1
    • 慕華館
    • 2022年 9月 21日

    F-5E/F
    「ワシらはやっと引退できるのか」
    アメリカ海軍
    「F-5Nとして第二の人生をアメリカで歩んでください」

    2
    • 七面鳥
    • 2022年 9月 21日

    >スイス社会民主党、緑の党、市民団体の軍隊なきスイスを目指す会で構成された反F-35イニシアチブ(STOP F-35)

    どこの国も、お花畑が咲き乱れてて大変なんだな。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP