欧州関連

アゼルバイジャン軍、TB2を使用してアルツァフ国防軍に報復攻撃を実施

アルメニアの武装集団(アルツァフ国防軍)による攻撃で兵士1人が死亡したと主張するアゼルバイジャン国防省は3日、TB2による報復攻撃を実施して動画を公開した。

参考:Azərbaycan Ordusu “Qisas” əməliyyatı keçirib

アルツァフ国防軍をアゼルバイジャン軍がTB2で攻撃、先に手を出したのはどちらか?

2020年のナゴルノ・カラバフ地域(自称:アルツァフ共和国)を巡る戦いでアゼルバイジャンはアルメニアに奪われた土地の大部分を回復、ロシアは平和維持部隊を派遣して両国が署名した停戦協定の維持に努めていたものの今年3月に小規模な衝突が発生、さらに7月末にも戦闘が発生して緊迫した状況が続いていたが、遂に両軍の衝突で死傷者が発生して戦闘がエスカレートし始めた。

出典:Արայիկ Հարությունյան

アルツァフ国防軍の報道官は3日「アゼルバイジャン軍がグレネードランチャーや無人航空機を使用してアルツァフ共和国側の陣地を攻撃、兵士2人が死亡して14人が負傷した」と発表、この事態に対応するためアルツァフ共和国のハルチュニャン大統領は「限定的な軍事動員に関する大統領令」に署名したが、アゼルバイジャン国防省は「アルメニアの武装集団(アルツァフ国防軍)が攻撃を仕掛けてきてアゼルバイジャン軍兵士1人が死亡した」と主張。

どちらの主張が正しいのか不明だが、アゼルバイジャン国防省は3日「TB2による報復攻撃を実施した」と発表して攻撃シーンの動画を公開した。

仮にアゼルバイジャン側の主張が正しいなら「アルツァフ国防軍が被った被害はTB2による報復攻撃」の結果であり、アルツァフ共和国・アルメニア側の主張が正しいなら「TB2による報復攻撃の動画」が先に攻撃を仕掛けた証拠ということになる。

関連記事:ナゴルノ・カラバフで軍事衝突、アルツァフ共和国側は軍事動員を宣言
関連記事:和平交渉を開始したアゼルバイジャンとアルメニア、再びナゴカラで戦闘
関連記事:アルメニアで数千人規模の抗議集会、ナゴルノ・カラバフを敵に売り渡すな
関連記事:ウクライナ侵攻失敗で低下したロシア軍のプレゼンス、きな臭いコーカサス

 

※アイキャッチ画像の出典:Azərbaycan Respublikası Müdafiə Nazirliyi

ナゴルノ・カラバフで軍事衝突、アルツァフ共和国側は軍事動員を宣言前のページ

シュレーダー元独首相、ウクライナのクリミア奪還は馬鹿げている次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英国主導の第6世代戦闘機「テンペスト」にイタリアが参加を表明

    ロンドンで始まった総合防衛・セキュリティ展示会「DSEI」で、英国が主…

  2. 欧州関連

    止まらないウクライナ軍の反撃、ヘルソン州北西部の露防衛ラインが崩壊

    ウクライナ軍がドニエプル川沿いのドゥチャニを解放したことでヘルソン州北…

  3. 欧州関連

    仏Nexter、次期主力戦車のコンセプトモデル「EMBT」の映像を公開

    仏Nexterは3日、ユーロサトリ2022で公開した次期主力戦車のコン…

  4. 欧州関連

    ウクライナ、メタルネットによる保護装備で徘徊型弾薬の攻撃を防げる

    ウクライナ軍の砲兵装備はロシア軍の徘徊型弾薬やドローンによる攻撃の被害…

  5. 欧州関連

    英空軍高官、現時点でウクライナへの戦闘機提供は優先順位が低い

    米空軍のブレマー大佐は「戦闘機提供にリソースを割くのではなく防空システ…

  6. 欧州関連

    ロシア軍がミサイルでキーウ近郊を攻撃、ウクライナ軍の防空システムが作動

    クレバ知事はロシア軍がキーウ近郊のヴィーシュホロド地区に向けてミサイル…

コメント

    • 無無
    • 2022年 8月 04日

    ここで事実関係は大した意味を持たない
    ロシアが動けない隙をついてトルコが動いているから衝突が起こる
    火事場泥棒とは言いすぎか

    16
    • ベトナムの猫肉料理は臭い
    • 2022年 8月 04日

    アルメニア軍はまだまだ再建出来てないのに紛争拡大したら耐えられるんやろか
    キリスト教最古の国らしいが神は今度こそアルメニアの受難を救済するのか

    9
    • STIH
    • 2022年 8月 04日

    こっちが開戦、というより戦争再開というべきか?まあナゴルノ・カラバフ地域の半分くらいしか”返還”されない停戦案じゃ、ほぼほぼアゼル側圧倒的優位な戦争だったのに納得するわけないでしょうからねえ。
    しかしロシアがまとめた停戦案を蹴飛ばしているんだから、ロシアのプレゼンスがなくなってきてるんでしょうね。
    さらに言えば、アゼルバイジャンはシーア派の国なんですから、トルコだけじゃなくイランも一枚嚙んでいるんでしょうから、ロシアの支援をするといったイランの態度は何だったのかと。
    しかしこう同時多発的に情勢が動くさまは危機的なものを感じますね。、第二次大戦前夜もこんな感じだったのでしょうか。世界大戦になりかねない、台湾侵攻だけはや起きないことを祈るばかりです。

    18
    • だいだーら
    • 2022年 8月 04日

    いよいよおっぱじめたなぁ
    つかナゴカラって20年なのか、つい最近やってた気がしてたから感覚狂う
    今年初めごろにやってたような気もするし早くとも去年だと思ってた、時が過ぎるのは早い

    12
    • paxai
    • 2022年 8月 04日

    なかなか博打だと思うけどな。
    ロシアが動けない間に・・・ってのは分かるけど突如終戦する可能性もある訳で。
    その時はロシア軍アルメニア連合軍が差し向けられて詰むやろ。
    流石にアゼルバイジャンは軍事支援貰えないでしょ。

    • すえすえ
    • 2022年 8月 04日

    いろんなところのタガが外れてきてるなー

    アゼルバイジャンも結構リスキーな選択だと思うが
    ウクライナの戦争が終わらないとみてるかロシア軍の弱体化が思った以上に進んでいるとみてるかでしょうけど

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
PAGE TOP