欧州関連

アゼルバイジャン軍がラチンを掌握、ナゴルノ・カラバフ地域への通行権を管理

アゼルバイジャンは26日「1992年に支配権をアルメニアに奪われていたラチンに軍が入った」と発表、これによりナゴルノ・カラバフ地域(アルツァフ共和国)とアルメニアのアクセスはアゼルバイジャン軍の管理下に置かれた格好だ。

参考:Azerbaijan’s Defense Ministry shares new video footages of country’s Army Units entering to Lachin city, villages of Zabukh and Sus

新ルート完成やラチンの管理権移譲でナゴルノ・カラバフ地域を取り巻く状況は新たな局面に入った

2020年に勃発したナゴルノ・カラバフ紛争の結果、アゼルバイジャンはアルメニアに奪われた土地の大部分を回復、ロシアは両国が署名した停戦協定に基づき平和維持部隊を派遣、ナゴルノ・カラバフ地域とアルメニアを陸路で繋ぐ「ラチン回廊」の通行権の確保に努めていたが、最近になってラチンを含む幾つかの拠点の管理権をアゼルバイジャンに移譲したと報じられていた。

アゼルバイジャンのアリエフ大統領も26日「1992年に支配権をアルメニアに奪われいたラチンに軍が入った」と発表したため、ラチン回廊はアゼルバイジャン軍の管理下に置かれた格好だが、停戦協定に基づきラチン回廊を迂回してナゴルノ・カラバフ地域とアルメニアを陸路で繋ぐ新ルートが建設されている。

形式上、新ルートが完成するとロシアの平和維持部隊はラチンの管理権をアゼルバイジャンに移譲して新ルートの通行権保護を行うことになっているため「新ルートが完成した」と解釈してよさそうだ。

出典:Google Map

アルメニア領とアルツァフ共和国を繋ぐ旧ルートの場合、道路が整備されたラチンを経由すればアルツァフ共和国が支配する地域にアクセスできたが、新ルートは険しい山岳地帯を走らないとアルツァフ共和国の支配地域にアクセスできずラチンにはアゼルバイジャン軍が陣取っているため、再びナゴルノ・カラバフ地域で紛争が勃発してもアルメニア軍は陸路による救援が困難=アゼルバイジャン側から見れば実質的にアルツァフ共和国とアルメニアの分断に成功したと言える。

アゼルバイジャンはアルツァフ共和国が支配する地域の新ルート上の住民に立ち退きを要請、しかし新ルート建設が順調に進めばラチンの管理権がロシアからアゼルバイジャンに移譲されるため、アルツァフ共和国やアルメニアは住民に立ち退きを拒否して「現地に留まれ」と指示するなど対立が続いていたが、新ルート完成やラチンの管理権移譲でナゴルノ・カラバフ地域を取り巻く状況は新たな局面に入った。

因みにアルメニアメディアはラチンにアゼルバイジャン軍が入った事実を報じているが、今の大きな反発は生じていないように見受けられる。

関連記事:アゼルバイジャン軍、TB2を使用してアルツァフ国防軍に報復攻撃を実施
関連記事:アゼルバイジャンは完全な非武装化を、アルメニアは非接触線への不可侵を要求

 

※アイキャッチ画像の出典:Azərbaycan Respublikası Müdafiə Nazirliyi

ポーランドメディア、天武導入に関する韓国側との交渉は勢いを増している前のページ

英空母プリンス・オブ・ウェールズ、F-35B運用資格を取得するため米国に向けて出港次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    安全保障が最優先、国防予算を2.0%以上に設定するNATO加盟国が増加

    ロシアの脅威を実感したポーランドではGDP比に占める国防予算の割合を3…

  2. 欧州関連

    ウクライナ空軍、国境付近にロシア軍が航空機を集結させた事実はない

    ウクライナ空軍のイグナト報道官は「ロシア軍が国境付近に航空機を集結させ…

  3. 欧州関連

    極度の緊張に包まれるウクライナ、南部でもロシア軍が攻勢に出る可能性

    イタリアのクロゼット国防相は9日「ロシア軍の攻撃が今後数日以内に激化す…

  4. 欧州関連

    英国、ウクライナにT-72を提供したポーランドにチャレンジャー2を寄贈

    英国防省はウクライナにT-72を提供したポーランドにチャレンジャー2を…

  5. 欧州関連

    電子攻撃能力はF-35級? Captor-E MK.2に換装予定の英空軍タイフーン

    ドイツとスペインは先月、運用中の戦闘機ユーロファイター・タイフーンに搭…

  6. 欧州関連

    英陸軍の次期自走砲、英Archer、仏Caesar、独RCH155、韓K9A2が競合か

    米ディフェンスメディアは1日、英陸軍が予定している次期自走砲の入札に英…

コメント

    • バクー油田
    • 2022年 8月 27日

    あんまりこのニュースに関してはコメントが無いと思いますので宣伝
    アゼルバイジャンの上にあるジョージアはワインの発祥地とされています。
    ジョージアワインは日本でも購入できます。飲んだ事ないけど

    10
    • 無無
    • 2022年 8月 27日

    この程度の動きではロシアへの牽制球には遠いかな、むしろ空き巣狙いというとこか

    6
    • ああ
    • 2022年 8月 27日

    まぁ、ロシアは頼りないっていうのを見せてしまったけどね
    CSTOなんて入ってる意味ないって

    13
      • 名無し
      • 2022年 8月 27日

      アルメニアが勝手に略奪した、アゼルバイジャンの保障占領地を、なんで親分のロシアがアルメニアのものとして守らなあかんねん、という、根本に立ち戻らなきゃあかん話。

      7
        • 7743
        • 2022年 8月 28日

        だったら、最初からロシアがアルメニアに返還するよう働きかけてもよかったんですけどね。
        平和維持軍として現地に介入した以上は、「現状維持」する事が求められていたのに
        アゼルバイジャンの軍事行動に何の関与も果たせなかったのは
        ロシアの軍事プレゼンスを著しく損ねる形になったと思いますよ。

        3
    • NATTO
    • 2022年 8月 27日

    頭にアが付く国が多いから関係が分かりにくい。

    2
      • HAi
      • 2022年 8月 27日

      発言の趣旨からは外れますが、逆に語尾に「ア」がつく国名が多いのは、ラテン語の形容詞語尾で「ia」が地名を表す接尾辞だかららしいです。
      だから、アルメニア(Armenia)・クロアチア(Croatia)・アルバニア(Albania)などのニアで終わる国名だけでなく、ロシア(Russia)・イタリア(Italiaイタリア語)・アルジェリア(Algeria)といったラテン語に影響された言語を持つ国、そしてアジア(Asia)・アラビア(Arabia)・オセアニア(Oceania)といった地域名も多くが語尾がiaで終わるらしいです。
      そうでない国名はアゼルバイジャンやスウェーデン、チェコ、ハンガリーのように、〜民族の国というものや古代文明や土着語のものが多いそうです。
      調べたら感動したのでおすそ分けに。

      22
        • Hai
        • 2022年 8月 27日

        クロアチア、ニアで終わってないや。はずい

        1
          • 南蛮一の知恵者朶思大王
          • 2022年 8月 28日

          コメント少ないけど、ナゴルノ・カラバフ問題の新展開につながる重要ニュースでは?生殺与奪の権をアゼルバイジャンに握られたわけで。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  2. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  3. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  4. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  5. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
PAGE TOP