欧州関連

英国の国防費増額は白紙化、国防戦略の見直しでF-35Bが犠牲になる可能性が高い

英国のスナク新首相は「国防・安全保障戦略の見直しが終わるまで国防費増額を約束できない」と表明、次の総選挙で労働党が勝利すれば「国防費をGDP比2.5%まで引き上げる」という公約すら死んでしまう可能性が高いらしい。

参考:UK refuses to make defense spending commitments amid strategy review

日本は英国と次期戦闘機を共同開発する予定なので、英国の国防費や国防・安全保障戦略で策定される支出の優先順位には注目しておく必要がある

ジョンソン元首相は今年6月「10年後までに国防費をGDP比2.5%へ増額する」と発表したものの「少なすぎるし遅すぎる」と批判を受けたため、後任のトラス首相は「2030年までに国防費をGDP比3.0%に増額する」と約束、これを受けてウォレス国防相は「2030年の国防費が1,000億ポンド=15.4兆円に達する」と明かしたが、短命に終わったトラス首相の後を引き継いだスナク新首相は「国防・安全保障戦略の見直しが終わるまで国防費増額を約束できない」という立場を表明した。

出典:英陸軍

ジョンソン首相は「後退の時代」と終わらせると宣言して新たな国防・安全保障戦略を昨年3月に発表、主な変更点はレガシーな領域の戦力(主に陸軍)を削減→宇宙やサイバーといった新領域への投資を増やすというものだったのだが、ウクライナで発生した通常戦力同士による対称戦を目の当たりにして「通常戦が欧州で発生する可能性」「高密度の対称戦が色あせていない現実」「火力と兵站こそが最も重要」と認識、再び国防・安全保障戦略の見直しに取り掛かっている最中だ。

今回の見直しは昨年発表の国防・安全保障戦略を0ベースで見直すのではなく、新領域への対応を維持しつつ「レガシーな領域の戦力削減」を見直すことが目的で「F-35Bの調達数(当初予定は138機)が犠牲になる」との見方が強い。

出典:Royal Navy / OGL v1.0

調達打ち切りが噂されていたF-35Bについてジョンソン首相が発表した国防・安全保障戦略は「48機以上に成長させる」と言及、最終的な調達数は事実上2025年に予定されている国防・安全保障戦略の見直しに先送りされたと解釈されていたが、今回の見直しでF-35Bの調達数は70機~72機で打ち切られ「削減された陸軍に何らかの手当を行う可能性が高い」と予想されており、海軍については安泰=大きな変更はないだろう関係者が述べている。

因みにスナク新首相は「医療と教育を優遇して国防費をGDP比2.0%に据え置いた予算案」を議会に提出した点で、エネルギー価格の高騰で英国のGDPは減少する可能性が高く、2023年もウクライナに2022年と同額(11月時点で23億ポンド=約3,800億円)の武器支援を国防費から支出すると約束しており、11%に及ぶインフレ率への配慮がなければ国防費は確実の縮小してしまうだろう。

さらに2025年に予定されている総選挙で労働党が勝利すれば「国防費をGDP比2.5%まで引き上げる」というジョンソン元首相の公約すら死んでしまう可能性が高いらしい。

出典:BAE Systems テンペスト

日本は英国と次期戦闘機を共同開発する予定なので、英国の国防費や国防・安全保障戦略で策定される支出の優先順位には注目しておく必要がある。

関連記事:英国が軍の再編内容を発表、陸軍は約1万人削減されF-35B削減は次回に持越しか
関連記事:英空軍はテンペストと無人戦闘機を優先、F-35Bの調達規模は60機~72機程度?
関連記事:英国の国防費は2030年にGDP比3.0%、予算規模は1,000億ポンド=15兆円
関連記事:日本、英国、イタリア、年内に次期戦闘機の共同開発で正式合意か

 

※アイキャッチ画像の出典:Rishi Sunak

米メディア、ロシアはマイクロチップの備蓄を大量に持っている可能性前のページ

米国もポーランドにHIMARSの技術移転と現地製造を容認、総費用の40%を還流次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    フランス、ドイツのP-8A導入を阻止するためアトランティックIIを提供か

    ドイツのP-3C後継機問題は米国、フランス、エアバスを巻き込んでヒート…

  2. 欧州関連

    ウクライナ軍の反攻、キーウ近郊のロシア軍をほぼ一掃することに成功

    ウクライナ軍はキーウ近郊のボロディアンカを奪還したと報じられており、ウ…

  3. 欧州関連

    ロシア軍がミサイルでキーウ近郊を攻撃、ウクライナ軍の防空システムが作動

    クレバ知事はロシア軍がキーウ近郊のヴィーシュホロド地区に向けてミサイル…

  4. 欧州関連

    ポーランド、韓国から多連装ロケットシステム「天武」を300輌導入

    ポーランドはブラスザック国防相は「韓国から多連装ロケットシステム「天武…

  5. 欧州関連

    組織の腐敗で武器を失うウクライナ軍、支給されたのはマキシム機関銃

    ロシア軍が撤退したウクライナ北東部の防衛を担当する予備役中尉は「祖国を…

コメント

    • おわふ
    • 2022年 11月 19日

    しばらくは、兵器開発競争より備蓄が優先されるのが軍事トレンドになりそう。

    12
      • samo
      • 2022年 11月 19日

      機体調達も備蓄なので・・・
      予備機の多さは継戦能力の高さを担保するための手段ですから

      16
    • ユーリ
    • 2022年 11月 19日

    全138機の予定が既定の48機から72機程度でF-35の調達が終了してしまうと、タイフーントランシェ1も退役だしイギリス空軍が現在の小規模なままで行くことに。未契約分の90機をF-35BからF-35Aに転換する噂も出ていたがそれも無しになったのだろうか

    4
      • ミリオタの猫
      • 2022年 11月 19日

      逆を言うと、つい昨日報じられた英・伊・日によるテンペスト開発計画が削減されるタイフーンとF-35Bの代替と見做される可能性が有るので、今後の成り行きを見ないと分からないですね
      尤も、下手にF-35Bの調達を終了したら米国が「削減分のキャンセル料を払え!」とか言い出して、更にグダグダな事になりそうな予感がします

      3
        • 航空万能論GF管理人
        • 2022年 11月 19日

        英国は138機のF-35Bを予定=米国と合意しているだけで契約を締結している訳ではありません。英国は段階的にF-35Bの発注契約(現状48機分まで)を締結しているので調達計画を打ち切っても違約金は発生しないと思いますよ。

        一括で契約するほうが調達コストで有利かもしれませんが、10年先の方針や環境が変わっている可能性もあるので段階的な契約締結が主流です。

        そもそも米軍ですら3ロット単位のBlockBuyで契約を締結(これから2023年~2025年分の契約を締結する予定)しているので、最悪残りのF-35調達計画を中止しても契約キャンセルしたことにはならないと思いますよ。

        25
          • ミリオタの猫
          • 2022年 11月 19日

          成程、そう言う事でしたか。
          御指摘有難う御座います。

          4
          • samo
          • 2022年 11月 19日

          ロット単位も元金均等で価格請求されている場合があるので、
          調達数を削減した場合は、初期に調達分は、発生した差額を請求される可能性はありますけれどね

          6
        • 全てF-35B
        • 2022年 11月 19日

        少なくともクイーン・エリザベス級用のF-35Bは調達しないと、イギリスは海外領土の維持さえ難しくなるのですが。
        F-35Bも揃えられないなら、EUに再加盟してヨーロッパの一部になるしかないぞ。

        1
          • ミリオタの猫
          • 2022年 11月 19日

          F-35Bの前任機だったシーハリアーFA.2の製造数が合計53機(試作機2機、新造機18機、FRS.1からの改修機33機)で3隻のインビンシブル級に配備していた事を考えると、仮に英国向けF-35Bの調達数を契約済みの48機で打ち切ったとしてもクイーン・エリザベス級2隻に配備する分は確保出来ていると思いますよ

          5
    • ともろう
    • 2022年 11月 19日

    色々と理由があるかと思いますが、優先順位をつけられる余裕がある所
    イギリス自体の安全保障は切羽詰まってない感じが伝わってきます。
    切羽詰まってくると日本やポーランドみたいになるかと思いますし。

    3
      • svg2
      • 2022年 11月 19日

      イギリスは日本やポーランドと違って最前線に位置していないから切羽詰まっていないと思います。
      イギリスと日本の危機感の差が今後問題にならなければ良いのですが。

      14
    • samo
    • 2022年 11月 19日

    自分はこの記事内容には反対の意見をもっていますね。

    根拠としては、まずスナクの支持は労働党でも右派を中心とした支持母体であること。
    当然ここは国防費の増額を強く推しているところですし、特に閣僚として留任させたウォレスは2.5%どころか3%を主張していますからね。

    2つ目の根拠は、スナクは岩盤支持層を全く持たないという点。
    はっきり言ってしまうと、党内でも一匹狼タイプで、
    個人としても強い支持を国民から持たず、「Rishi Rich」(鼻持ちならないぼっちの金持ち野郎)と侮蔑を持って迎えられている点。
    内閣の維持に、与党からの支持に大きく依存している形になっているため、
    与党主張から逸脱するような政策を強行した場合、トラスとおなじように内閣はあっという間に崩壊する危険性がつきまといます。

    その中で、国民や与党からの支持が強い、国防費の増額を行わない、ということが果たしてできるのかどうか。
    労働党が次の選挙で勝利した場合は、むしろスナクを引きずり下ろそうという動きが強くなる可能性も十分ありえるかと

    18
    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 19日

    レガシー戦力の
    『タイフーンの次』というかステルス機の保有も

      • ブルーピーコック
      • 2022年 11月 19日

      ボタン押し間違えました。無視してください

      1
    • ブルーピーコック
    • 2022年 11月 19日

    レガシーな地上戦力の再編もさることながら、第6世代機やロイヤルウイングマンなどの無人機の保有なんかの予算は優先的にならざるを得ない気もするが、それであおりを食らうのがステルス機のF-35Bというのもなあ。72機だとクィーンエリザベスとウェールズの定数を満たす数しか買わないということだろうし。(両艦の平時の搭載機数は40機)

    • お!?
    • 2022年 11月 19日

    アイキャッチ画像。スナク首相のデスク上にコーラ缶あって面白い

    2
    • 無印
    • 2022年 11月 19日

    F-Xとテンペストの共同事業が軌道に乗り始める時に、更なる新型機開発計画が立ちあがって「シン・新型機を優先してテンペストは縮小するわ」なんて事になりませんように

      • HY
      • 2022年 11月 20日

       十分あり得る話だね。モスキートのようにより低コストな機体にするために中止する可能性さえある。その時は日本も中止するしかないだろうなぁ。

    • perorin
    • 2022年 11月 20日

    こうなると思った。
    BBCのニュース見てると国民が歯医者に行けない(公的医療保険の診療報酬が安すぎて歯医者が契約してくれない)とか、ガス代払うために家財を売ったとか貧乏な話ばっかり。

    冷戦終結後に世界中で軍縮が起こった例から見ても、
    ウクライナ戦争でロシアの軍と経済が壊滅したら誰と戦うのかという話になって軍拡の熱は一気に冷めると思う。

    4
      • 匿名
      • 2022年 11月 20日

      そのスキを突いてやりたい放題し始めるのがPRCでしょうね…

      5
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP