欧州関連

ウクライナにCaesar提供したデンマーク、納期が早いATMOS調達を決定

ウクライナ国防省は13日「提供を約束したCaesarがデンマークから到着した」と明かしたが、デンマーク国防省は自走砲戦力を埋め戻すためCaesar、ATMOS、K9の調達を検討し「納期が最も早いATMOSを導入する」と発表した。

参考:19 гаубиц Caesar от Дании уже в Украине
参考:Danmark køber israelske våben for 1,7 milliarder kroner

コロンビア陸軍の受注でもCaesarはATMOSに敗北しているため、フランスの自走砲輸出においてイスラエルは天敵になった格好だ

デンマークはNATO即応部隊に対応する強力な部隊を構築するため第1旅団(4,000人)を再編、2014年に廃止した砲兵連隊を再建するためCaesarを19輌調達したもののイェンセン国防相が「19輌全てをウクライナに提供する」と発表したため、デンマーク軍は保有する自走砲戦力を全て失ってしまった。

イェンセン国防相は「この支援が原因で第1旅団の強化に遅れが生じるため新たなシステムの取得検討に着手する」と述べていたが、この需要(自走砲19輌)にフランスがCaesar8×8を6億6,500万クローネ、イスラエルがATMOSを8億520万クローネ、韓国がK9を9億8,800万クローネで提案したが、デンマーク国防省は「調達コストではなく納期を最も重視したためATMOSを選んだ」としている。

エルビット・システムのATMOSは2024年秋までに19輌全てを納品可能(2024年春までに12輌+残り秋までに納品予定/2023年春にトレーニング用のATMOSをリース)だが、Caesarは2025年春頃(24ヶ月後)、K9は2025年秋頃(30ヶ月後)になるらしい。

出典:Ronite/CC BY-SA 4.0

さらにデンマーク国防省はエルビット・システムから多連装ロケットシステム「PULS(Lynxの発展型)」を9億4,270万クローネで8輌調達する予定で、これも「納期が重要な決め手(競合が存在したのかは不明)になった」と報じられている。

因みにコロンビア陸軍の受注でもCaesarはATMOSに敗北(この時は金額が原因)しているため、フランスの自走砲輸出においてイスラエルは天敵になった格好だ。

関連記事:最終金額で躓いたフランス、コロンビアから自走砲を受注したのはイスラエル
関連記事:続々と発表されるウクライナ支援、デンマークは保有するCaesarを全部提供

 

※アイキャッチ画像の出典:Rowielip/CC BY-SA 3.0 Elbit SystemsのATMOS

ヴーレダーを巡る戦い、ロシア軍は精鋭の海軍歩兵旅団をまるごと失う前のページ

米空軍、KC-46やE-7のオペレーターによる無人戦闘機の制御を検討中次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米海軍、ギリシャとトルコの衝突防止のため帰国途中の空母打撃群を派遣

    米海軍は中東での任務を終了して帰国途中だった空母「ドワイト・D・アイゼ…

  2. 欧州関連

    トルコとの対立が悪化するギリシャ、戦争に発展すれば孤立無援になる

    トルコとの対立が悪化するギリシャの世論調査は非常に興味深い傾向を示して…

  3. 欧州関連

    アルメニア、トルコ空軍機から空対地ミサイルによる攻撃を受けたと公表

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの戦いは双方に…

  4. 欧州関連

    欧州、ロシアの次の狙いはウクライナを支援する我々の武器不足

    欧州の国防当局者は「ロシアの次の狙いはウクライナを支援する我々の武器不…

コメント

    • 無印
    • 2023年 2月 14日

    カエサルって結構順番待ちが多かったような
    そこに「納期第一」って言われたら、カエサルには不利な気がします

    14
      • aaa
      • 2023年 2月 14日

      カエサルは搭載砲の製造能力は年間100門と、ちょっと前にフランスのニュース(NHK BSの朝の国際ニュース垂れ流し枠の中だけど)でやってた。
      工場も郊外の中規模施設で、生産方法も機械化されてると思ってたら、熟練の職人がまさに手作りで作ってたので、
      急激な生産能力の増強は難しいのでしょうね。

      4
    • EMBT
    • 2023年 2月 14日

    イスラエルも自国製装備の移転に厳しい国でウクライナへの供与も認めていないけれど、そういった制約やコストを考えてもとにかく一刻も早く欲しいということなんでしょうかね。
    同じNATO加盟国でもあるフランス製の方がいい気がするけれど。

    3
      • ネコ歩き
      • 2023年 2月 14日

      どのウクライナ武器支援国も主要装備の提供は余剰/旧式保管品や当面許容できる備蓄範囲で行っているわけですが、デンマークはNATO即応部隊構築のため調達した砲兵連隊再建用Caesar19輌を全て提供したわけです。
      戦力の長期空白は国内批判やNATOの懸念もあるでしょうし、代替調達に早期納入が何より優先するのはしかたないのでしょう。

      8
    • 戦略眼
    • 2023年 2月 14日

    納期優先と言われれば仕方ないが、トラック自走砲が
    そんなに良いのか?

    2
      • G
      • 2023年 2月 14日

      ぬかるみのような悪路を通り、敵砲撃の至近弾や歩兵からの銃撃にさらされるような運用を想定するのでしたら装軌式のほうが良いと思います
      しかしある程度以上の悪路は利用せず、敵砲の射程外で運用する想定でしたら装軌式と比較して購入・運用コストが安い、整備しやすい、重量が軽い、燃費が良い、速度が速いといったメリットがありますのでこの違いは大きいかと

      14
        • きっど
        • 2023年 2月 14日

        そも現状の牽引砲でも、砲も牽引車もタイヤで走っている訳でね
        牽引砲から比べれば、トラック自走砲でも格段にアップグレードされる訳ですから
        そして現在の砲兵の射程は伸びている訳で、前線から離れて射点を選べる自由度が増える分、砲撃でグチャグチャになった悪路や泥濘に遭遇する可能性も減るかとは思いますが

        8
    • じょん
    • 2023年 2月 14日

    本文中に「NATO即応部隊に対応する」って書いてあるので機動性重視なんじゃないんですかね?

    4
    • 韓国もトラック自走砲を…
    • 2023年 2月 14日

    韓国も155㎜榴弾砲搭載のトラック搭載型自走砲を輸出向けのラインナップに入れるべきでしょうね。

    1
      •  
      • 2023年 2月 14日

      考えてそうだけど他の受注でどのみち納期がそれなりのものになってそう。

      2
    • あほす
    • 2023年 2月 14日

    カエサル 6.5億
    atmos 8億
    K9 10億

    dkkは19円で19両なら換算簡単ね
    納期はともかくK9安いな

    2
    • nachteule
    • 2023年 2月 14日

     何気に重迫・ロケットがイスラエル製を選択しているし、信頼性含めた性能にも問題無く納期考えると順当な選択だろうな。
     他の候補であるカエサルやK9はウクライナ関連の状況次第で短縮は無理で遅延もあり得るだろうしケツをしっかり決めた選択をした感じだと思う。邪推かもしれないがウクライナにこれ以上の砲兵戦力は提供しないという意思もあるように思う。

    3
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
PAGE TOP