欧州関連

続々とウクライナ入りする支援国、エストニア国防相とサウジ外相がキーウ訪問

ロシア軍による侵攻開始から1年が経過したが、象徴的な侵攻日(2月24日)を意識した支援国のウクライナ訪問が継続しており、26日にはエストニアのペヴクル国防相とサウジアラビアのファイサル外相がキーウを訪問して支援を発表した。

参考:Министр обороны Эстонии прибыл в Киев и передал пакет помощи для ССО
参考:Ukraina sai kätte Eesti uue abipaketi
参考:Саудовская Аравия предоставит Украине помощь на 400 миллионов долларов – Ермак

続々とウクライナ入りする各国の首脳や政府高官、中東諸国の政府高官として初めてサウジアラビアのファイサル外相がキーウを訪問

ウクライナ侵攻の節目にあたる2月24日を意識して米国のバイデン大統領(20日)、イタリアのメローニ首相(21日)、スペインのサンチェス首相(23日)、ポーランドのモラヴィエツキ首相(24日)がキーウを訪問したが、26日もエストニアのペヴクル国防相とサウジアラビアのファイサル外相がキーウを訪問して支援を発表した。

エストニアのペヴクル国防相はキーウで新たな軍事支援パッケージ(小銃、拳銃、無人航空機、IRセンサー、発電機、バッテリー式充電器、衣類含む)を発表、カウンターパートナーとして対応したレズニコフ国防相は「親愛なる友人のキーウ訪問は今回が初めてではなく、何度も何度もキーウを訪問してくれた国防相の勇気を認めたい。エストニアからの支援は一言で評価するのは本当に難しく支援総額はGDPの1.0%を超えている」と述べた。

さらに「ラムシュタイン会議を通じた継続的な支援、155mm榴弾砲の提供、EUに対する155mm砲弾×100万発の共同購入構想の提案、野戦病院の提供や負傷した兵士の治療など、これらはエストニアが我々にしてくれたことの一部でしかない」と述べているが、エストニア国防省は「欧州平和ファシリティ(EPF)を通じて、提供した装備や弾薬の金銭的補償を要求しており1億5,600万ユーロを受ける」と述べているので資金的にGDP1.0%分を全額負担していると言う意味(それでも現物を引き渡すという支援は少しも色褪せない)ではない。

出典:President of Ukraine

サウジアラビアのファイサル外相は中東諸国の政府高官として初めてキーウを訪問(両国が外交関係を樹立して以来初めてだと言及されている)、カウンターパートナーのイェルマーク大統領府長官やクレバ外相と会談して4億ドルのウクライナ支援パッケージ(人道支援1億ドル+石油製品3億ドルの提供)を発表、その後にゼレンスキー大統領とも会談したファイサル外相は「ウクライナの主権と領土保全に対するサウジアラビアの強い支持」を表明して注目を集めている。

因みにEU加盟国がウクライナに提供する武器の費用負担は大まかに「提供国による負担」と「EUによる負担」の2種類が存在し、EUによる負担とは「欧州平和ファシリティ(EPF)」に積み立てられた資金を活用する方法で、昨年だけでEUは加盟国が提供した武器の払い戻しに52億ユーロ=約7,300億円の拠出を承認している。

出典:Денис Шмигаль Прем‘єр-міністр України

例えばポーランドのモラヴィエツキ首相はレオパルド2提供について「補償をEUに申請する」と表明しているため「EPFによる払い戻し」を示唆している可能性が高く、スロバキアも西側諸国の支援があればT-72やMiG-29をウクライナに提供できる=EPFからの資金援助を示唆しているので、EPFに資金を相当拠出しているドイツが「EU加盟国のウクライナ支援」を財政的に支えている格好だ。

関連記事:ポーランドからレオパルト2A4がウクライナに到着、60輌のPT-91提供も発表
関連記事:スペインのサンチェス首相がキーウを訪問、10輌のレオパルト2提供を発表
関連記事:伊首相がキーウを訪問、SAMP/Tを含むウクライナ支援パッケージを発表
関連記事:バイデン大統領が予告なしにキーウを訪問、5億ドルのウクライナ支援を発表
関連記事:スロバキア、西側諸国の支援があればT-72やMiG-29をウクライナに提供

 

※アイキャッチ画像の出典:President of Ukraine

プーチン大統領は米国主導の新世界に反対、元大統領はロシア抜きなら世界の半分を道連れ前のページ

噂レベルの話、ウクライナ軍がバフムートでロシア軍の突出部を挟撃?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ゼレンスキー大統領、ウクライナのNATO加盟に関する内容が理不尽と反発

    NATOのストルテンベルグ事務総長は「ウクライナのNATO加盟に関する…

  2. 欧州関連

    欠陥が原因か? エンジンが故障した45型駆逐艦「ダイヤモンド」が英空母打撃群から離脱

    日本に向けて航行中の英空母打撃群から艦隊防空を担当する45型駆逐艦「ダ…

  3. 欧州関連

    受けた損傷は修復不可能か、仏リュビ級原潜の火災は14時間後に鎮火

    フランス海軍の原子力潜水艦ペルルで発生した火災は出火から14時間後に鎮…

  4. 欧州関連

    ウクライナメディア、NATO加盟に関する文言にはウクライナの即時招待がない

    ウクライナメディアは「NATO首脳会談で採択されるウクライナ加盟に関す…

  5. 欧州関連

    トルコ、AH-64Eクラスの国産重攻撃ヘリ「ATAK2」にウクライナ製エンジンを採用

    トルコは開発中の重攻撃ヘリ「T929 ATAK2」にウクライナ製のター…

  6. 欧州関連

    英空軍、機体寿命を半分以上残したタイフーン×30機を2025年までに退役

    英国は6,000飛行時間に設定されている機体寿命を半分以上残したタイフ…

コメント

    •  
    • 2023年 2月 27日

    どうする文雄

    34
      • kitty
      • 2023年 2月 27日

      1兆円のウクライナ情勢経済緊急対応予備費ってどういう風に使われているんでしょうかね。

      9
      • emp
      • 2023年 2月 27日

      大変遺憾であります!!

      5
      • ido
      • 2023年 2月 27日

      取り敢えず検討‼︎
      というのは置いておいて日本の政府高官(総理だったり外相)がウクライナに行ったとして日本にどういう得というか利益が出るんでしょうか。台湾有事の際の武器提供だったり?

      3
        • くらうん
        • 2023年 2月 27日

        それも無いことはないでしょうが、そのような直接的なものより自分たちがどういう姿勢であるかと周りに示す、存在を示すという意味が主だと思います。
        言わずもがな、外交においては即物的な成果よりも「画」で見せるのが主目的であることは多いので。
        ただG7最後発で行く現状では、それに加えて何かしらトピックスが欲しいところですね。

        32
          • 2023年 2月 28日

          偉そうなことを言える身分ではないですが。

          WW1で英国にショボい支援しかできなかったため
          英国に日英同盟を維持しようと言う考えがなくなり。
          米国重視になり、わりと良い味方だったのにパートナーシップ
          が無くなりました。

          日本の失敗はこれだけではないですが
          もう少し世界の中で強い側のプレーヤーの
          バートナー多かったらと思います。

          日露戦争に勝てたのも
          いっちゃ悪いですが
          それがすべてだったと思います。

          なさけは人の為ならずだと。。。

          6
            • 2023年 2月 28日

            たとえば「太平天国の乱」では日本は保安官役をになったので
            列強各国には覚えはめでたくあったでしょう。

            同じようにウクライナは西側の役に立つ仲間ですよ
            というアピールになります。

            2
            • フォックスロット
            • 2023年 2月 28日

            第二特務艦隊(だいにとくむかんたい)の派遣と活躍をご存じない方は多いと思います。
            その当時の国力としては、地中海まで重巡レベリング1駆逐艦12はかなり頑張ったと思います。
            護衛任務とはいえ死傷者もあり、ヨーロッパ各国から一目置かれていました。

              • a
              • 2023年 2月 28日

              英国に、補給全部こっちで持つから金剛級貸してって打診されて拒否ってた事を言ってるんでしょう。
              まあ一隻でも出してスカパフローに置いておけばれば、戦後でかい顔できたとは思う。

      • ブルーピーコック
      • 2023年 2月 27日

      情報が漏れてるなら漏れてるで、後事を託して敢えて訪問する・・・みたいな『有事に自らの強さをアピールする』タイプには見えないので、欧米のどこかの国と一緒に訪問するんじゃないかと予想します。
      後継者候補と目した人物を名代として派遣する。という手段もありますが、自分は名前が思い浮かばないので何とも。2014年の日米韓外相会合や、慰安婦問題日韓合意で派遣された時の岸田首相自身(当時は外相)が、ロイター通信などで安倍首相の後継者候補と言われていたんですけどね。

      2
        • ネコ歩き
        • 2023年 2月 27日

        現通常国会前の訪問がキャンセルされた経緯の記事を読むと、岸田さん自身は訪問したいという意志を強く持っているようです。

        5
    •  
    • 2023年 2月 27日

    安住ちゃん、今回は文雄ちゃん訪ウを応援してるから、与野党党首みんなでウクライナ訪問すればいい。

    6
    • kitty
    • 2023年 2月 27日

    一応、
    リンク
    岸田首相、ウクライナに55億ドルの追加支援表

    追加ってことは以前にもっと出しているのでしょうけど。
    リンク
    ウクライナ情勢に関する対応
    日本政府による措置等

    5
    • もり
    • 2023年 2月 27日

    結局ドイツなんだよ
    何をするにもドイツ
    勇ましいこと言ってドイツ責め立てても最後のケツ持ちはドイツ
    そらドイツも嫌気差しますわ

    39
      • けい2020
      • 2023年 2月 28日

      そもそものロシアの戦費は、実質ドイツが最大の支援国でしたし

    • カーマ
    • 2023年 2月 27日

    サウジアラビアはロシアや中国寄りの中立化と思っていましたが、考えてみれば敵対国であるイランがロシアとの関係を深めるなら牽制としてウクライナや西側に寄る姿勢も示すということでしょうか。
    アメリカが共和党政権に交代すればまた親米寄りの姿勢になるかもしれないですが、それまではふらふら両陣営間をさまようのでしょうね。

    24
      • samo
      • 2023年 2月 27日

      イスラエルですらも直接支援は避けつつも、
      韓国と同じく間接的な武器支援は始めたしね

      4
    • エア
    • 2023年 2月 27日

    金額は少ないが
    サウジがウクライナの主権と領土保全を明確に支持した効果は大きい

    33
      • 58式素人
      • 2023年 2月 27日

      こういう話の続きで、中東にたくさんある戦車のいくつかが
      ウクライナに渡されるということはないのかな。
      例えば、イラクとヨルダンで余裕のある(持て余している?)
      であろうM1A2とチャレンジャー1など。
      ウクライナには、まだまだ戦車は必要でしょうから。

      9
        • 2023年 2月 27日

        アメリカが「今の計画だとエイブラムスの供与は1年以上先になってしまう」ってことで
        中東など世界各国にあるエイブラムスや古い武器をかき集めて供与するのも検討してる、みたいな記事があった

        7
          • 58式素人
          • 2023年 2月 27日

          相手がT72/80/90ですから、第三世代以上のものか、
          第三世代相当にアップグレードされたものが見つかると良いですね。
          歩兵用対戦車火器が沢山ある戦場へ行くのですから、
          最低限、単弾頭のHEATに抗堪できないとですね。
          何らかの形で追加装甲も必要かなと。

          1
            • 戦略眼
            • 2023年 2月 27日

            サウジアラビアだと、AMX-30かな。
            AMX-30だと120mm砲が積めるので、爆発反応装甲を付ければ、ある程度使えるでしょう。
            AMX30 AuF1 155mm自走榴弾砲やクロタルも出してくれないかな。

            1
            • samo
            • 2023年 2月 27日

            >相手がT72/80/90ですから
            もうロシアの主力戦車はそれらじゃない。
            いまや主力は復帰させたT-62や未改修のT-72、よくて電子装備をオミットされたT-90
            ウラン・ウデといった各地の武器保管地、果てはサハリンの保管車両も根こそぎなくなって復帰させていることが衛星画像から確認されている

            8
            • ミリ猫
            • 2023年 2月 27日

            何の何の。
            それすらもすでに使い尽くして、次はT-34の出番という話すら。

            ディフェンス・イクスプレスの記事:
            リンク
            不謹慎かもしれませんが、ヴィンテージ戦車は現行のものに比べると小型で丸くてなんだかかわいい。

            1
              • samo
              • 2023年 2月 28日

              そういえば、T-34を沼で拾って、ちょっとガシャガシャしたらその場で動いたなんて動画がyoutubeに上がってたね(笑

    • samo
    • 2023年 2月 27日

    岸田もそうだけど、そもそも日本の政治家でウクライナを訪問しているのが、
    野党である立憲民主党の議員二人だけというのがなんともね。
    まともに行動をしたのが、この二人だけで、その所属している党である立憲はその議員を処分しているからもう…。

    行った二人を除いて、与党も野党も言葉を飾らずにいえば、クソどもの集まり

    23
      • 名前
      • 2023年 2月 27日

      国会議員が海外に行く場合、国会に許可をうる義務があるのにそれをしなかったので、党が注意や戒告するのはそれ自体当たり前だろうと思う
      とはいえ、外相すら行ってないのは話にならない

      33
      • NHG
      • 2023年 2月 27日

      あの人は軍服コスプレしててふざけてると思われたのが悪かったと見かけた気が‥

      誹謗中傷と言われても困るので「立憲民主党の議員二人 ウクライナ コスプレ」でググるとJSFさんのツイートが出てきました(ソースは小熊議員のツイート)

      3
    • さめ
    • 2023年 2月 27日

    仮に行くとして、ウクライナが期待する手土産を日本側が用意するのは困難では
    G7ホスト国としてのメンツ的には行ったほうがいいんだろうけど、支援内容としては白けたものになってしまわないか心配だな
    “西側”諸国の一員としてのメンツと、ウクライナの要望と、日本国内の利害を調整するのは困難の極地よね
    岸田さんそこまで支持してるわけではないが、貧乏くじ引いてかわいそうと同情はする

    7
      • 戦略眼
      • 2023年 2月 27日

      FH-70やM270が出せれば、未だマシだが。

      1
    • すっとこどっこい
    • 2023年 2月 27日

    サウジ外相のウクライナ訪問で、ウクライナがサウジアラビアを説得できればこの戦争のターニングポイントになりますね。
    ソ連崩壊もサウジ主導の原油価格値下げが引き金になったので今後の注視が必要でしょう!

    7
    • すっとこどっこい
    • 2023年 2月 27日

    こうなったら、キッシーも安全だの国会だの機密保持だの言っていないで、イタリアのメローニちゃんみたいに事前に報道して堂々と名乗りを上げてキエフに乗り込むのがよろし。世界中が大喝采するぞ!

    2
      • hiroさん
      • 2023年 2月 27日

      今更世界は大喝采しないでしょうが、本人が自画自賛するのでしょうね。

      3
        • すっとこどっこい
        • 2023年 2月 27日

        「大喝采」の意味は「あの愚図で鈍間で検討バカのキッシー!が~」ということなので、100%行かないと思いますし、自画自賛も無いでしょう。

    • 兵長
    • 2023年 2月 27日

    ウクライナニュース飽きたので、日本関連だけ楽しみにしてます。

    1
      • ボリス
      • 2023年 2月 27日

      だとしたら…ほとんどネタが無いから読まなくて良いのでは?

      月一の航空ファン及びJウイング、丸もしくはパアンツァをお読みくださいませ。

      12
        • 戦略眼
        • 2023年 2月 27日

        グランドパワーもあるでよ。

        6
    • 黒丸
    • 2023年 2月 27日

    ウクライナに総理か外務大臣を日本から送り込むとしても
    政府専用機の動きはほぼ把握されているし、日本から南回りで欧州訪問となると
    インドやイラン・中央アジア辺りからロシアに情報が洩れそう
    北回りだと、カムチャッカ半島辺りでロシアに捕捉されるかと。
    機密保持のためには友好的な第三国で一旦行方をくらますぐらいしか思いつかないが
    影武者の使用を禁じる法律って日本にあったのかな?

    どういうやり方をするのであれ、ウクライナ訪問では欧米各国に実務上の借りを作ってしまうかと思いますが
    いつ、どうやって返すのか というのも日本の外交力が問われるかと

  1. なんでもいいからウクライナが勝ってほしい

    3
    • ブルーピーコック
    • 2023年 2月 27日

    初期のグダグダが響いてか、金も兵器も出しても評価されないし、何かと責められるドイツか。うまく言えないが、なんかデジャヴュな感じがする展開。

    7
    • 白髪鬼
    • 2023年 2月 27日

    安倍さんが生きてたらなぁ、としみじみ思う。
    世界的な影響力が桁違いだし、同じ金額出すにしても、扱いが違うから世界に与えるインパクトも違う。
    たったひとりの愚か者のせいで、要らぬ苦労を背負わされていることに気づきもせず、安倍は悪かったと当然の様な顔しているのには、心底うんざりする。

    23
      • 無無
      • 2023年 2月 28日

      急に安倍氏が反ロシアになるんですか、仮定の話はどうでもいい

      2
    • 無名のミリオタ
    • 2023年 2月 27日

    世界のトレンドとして、脱炭素があるため、サウジアラビアは稼げる内に稼いで次の産業を育てないといけない。
    よってサウジアラビアが冷戦末期みたく、石油大増産して自分にもダメージがくる手段は取らないかな。と個人的には思う。

    1
      • 戦略眼
      • 2023年 2月 27日

      逆に資源高で脱化石燃料が進むと不味いので、何処かである程度下げないといけない。
      もしかすると、ロシア解体が見えて、資源の叩き売りが始まると踏んだかな。

      6
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP