欧州関連

次期戦闘機HXプログラムへの最終提案を受け取ったフィンランド、年内に調達機種を決定

フィンランド国防軍は次期戦闘機HXプログラムへの入札期限だった4月30日までに欧米の戦闘機メーカー5社から最終的な調達プランと見積もりを受け取ったと明かしており、今後各提案を検討して導入機種を年末までに決定する。

参考:Final Quotations for HX Fighter Programme Received

最終的な調達プランと見積もりの提出が締め切られたフィンランド国防軍の次期戦闘機HXプログラム

フィンランド国防軍はF/A-18C/Dを更新するため次期戦闘機(HX)の調達を計画しており、プログラムコストが100億ユーロ(約1.3兆円)に達するにHXプログラムには米国からロッキード・マーティンとボーイング、フランスからダッソー、欧州(英国/ドイツ/イタリア/スペイン)を代表してエアバス、スウェーデンからサーブが参加の意思を表明していたが、入札期限だった4月30日まで全てのメーカーが最終的な調達プランと見積もりを国防軍に提出した。

出典:Airwolfhound / CC BY-SA 2.0 フィンランド空軍のF/A-18C

米国は事前にフィンランドに対する対外軍事援助の可能性を承認、その情報をFMSを管轄する国務省が公開しているのでロッキード・マーティンとボーイングのフィンランド国防軍に対する提案内容はほぼ判明しており、ロッキード・マーティンの販売パッケージ(推定金額約125億ドル)には64機のF-35Aに加えパイロットや整備チームの訓練費用、スペアパーツ、保守サービス、500発のGBU-53/B、150発のAIM-9X、200発のAGM-158 JASSM、200発のAGM-154 JSOW、200発分のJDAMキッド等が含まれている。

ボーイングの販売パッケージ(推定金額約147億ドル)には50機のF/A-18Eと8機のF/A-18Fの他に電子戦機のEA-18Gが14機が含まれており、F-35Aと同じくパイロットや整備チームの訓練費用、スペアパーツ、保守サービス、500発のGBU-53/B、150発のAIM-9X、200発のAGM-158 JASSM、200発のAGM-154 JSOW、200発分のJDAMキッドに加え照準ポッドAN/AAQ-33、前方監視赤外線ポッドAN/ASQ-228、EA-18Gに必要な電子攻撃用ポッドが含まれている。

出典:Public Domain 米海軍のEA-18G

ボーイングはフィンランド国防軍の要求にないEA-18Gをなぜパッケージに含めたのかについて「HXの要求事項を満たすにはF/A-18E/FとEA-18Gを組み合わせて運用するのが最適だ」と主張しており、逆にロッキード・マーティンは専用の電子戦機並な能力をF-35Aが備えているため他の要素を含めなかったのだろう。

補足:ドイツ空軍も過去、トーネード(IDS/ECR/RECCE)の後継機選定時に攻撃、偵察、敵防空網制圧の3つの任務に対応したF-35Aがトーネードの後継機に最適だと主張(F-35Aを後継機候補から除外したためF/A-18E/F、EA-18G、タイフーンの3機種を同時導入する予定)していたことがある。

ダッソーが提案するラファール、エアバスが提案するタイフーン、サーブが提案するグリペンについては今のところ提案内容や最終見積もり額が発表されていないが、サーブはフィンランド国防軍に提案した内容に関する記者会見を中央ヨーロッパ夏時間の午前9時30分に行う予定なので本日の夜までには何かしらの情報が判明するだろう。

参考:Saab Presents Best and Final Offer for the HX Programme in Finland

果たして誰が勝者に選ばれるのかは不明だがHXプログラムに提出されたプランの評価ポイントは戦闘機の軍事的要素、戦闘機の保守や維持、HXプログラムに関するフィンランド産業界の関与、プログラムコストの4つに分けれているので戦闘機単体の性能で勝負が決まる訳ではない。

出典:U.S. Air Force photo by Senior Airman James Kennedy

フィンランド国防軍は有事の際の運用と維持が容易でフィンランド産業界が関与する形でのメンテンナスシステム提供を重要な要素に挙げており、提案される戦闘機の運用・維持と提供されるメンテンナスシステムはフィンランドの国防予算内(恐らく明確な数字が各メーカーに提示されているのだろう)で賄えることが絶対条件だ。

このような要素を満たしていることを確認できた提案機種は最終的に軍事的要素を検証する能力評価プロセスに進み、フィンランド国防軍が実施する戦争シミュレーションの下で各戦闘機の運用効率が測定され総合的に最も優れた提案機種が勝者に選ばれるので、唯一の第5世代戦闘機で能力的に優れているF-35Aでもフィンランド国防軍の戦略や戦術にハマらなければ他の競合機種に負ける可能性もある。

特にF-35Aはメンテンナスシステムは独特で米国以外の国で自己完結することが難しく、主要コンポーネントの修理はF-35出資国や導入国の企業に配分されているので1ヶ国でどうにかなるという問題ではない。果たしてロッキード・マーティンはフィンランド国防軍が要求する運用・維持やメンテンナスシステムの提供にどの様に応えるのだろうか?

出典:Public Domain

あとタイフーンを提案する欧州グループ(実際にはMBDAとBAEシステムズ)はタイフーンの開発及び製造・組立、エンジンの製造や保守業務にフィンランド産業界を迎え入れる用意があると発表しており、評価ポイントの4要素以外の部分でも激しい駆け引きが行われているのだろう。

参考:Finland Could Develop New Radar for Eurofighter Jet under HX Programme

管理人も以前はF-35Aの調達コストが値下がりしたため「F-35A有利」と主張していたが、同機の高額な運用コスト問題やHXプログラムの評価ポイントを考慮するとF/A-18C/Dを運用していた経験やインフラを活用できるF/A-18E/Fも十分競争力を秘めていると考えており、地理的に近いスウェーデンのサーブが提案するグリペンなどは保守や維持の面で相当高い評価を獲得するのではないかと思っている。

出典:public domain スウェーデン空軍所属の戦闘機「グリペン」

あとフィンランド国防軍の戦略や戦術に基づく戦争シミュレーションの下で各戦闘機の運用効率が測定するというのもポイントで、フィンランド国防軍の戦争プランは戦闘機のステルスをどこまで必要(あるに越したことはないが)としているのか個人的に気になるポイントだ。

関連記事:圧倒的なコスパを示すF-35A、スイスに次いでフィンランドでも他候補を圧倒か

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

※アイキャッチ画像の出典:フィンランド国防軍

米海軍のコンテストで異色の垂直離着陸「V-Bat」が勝利、米陸軍やポーランド採用にも弾み前のページ

サーブ、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムにグリペンEとグローバルアイの組合せを提案次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    フランス、2027年までに次世代戦闘機の技術実証機開発で3ヶ国合意と正式発表

    フランスのパルリ国防相は17日、未来戦闘航空システム(Future C…

  2. 欧州関連

    イタリアによる禁輸措置に怒ったアラブ首長国連邦、自国からイタリア軍を追放

    イタリア空軍はアラブ首長国連邦に「ドバイのアルミンハド空軍基地から出て…

  3. 欧州関連

    トルコ、主力戦車「アルタイ」向けに開発中だった国産エンジンの試運転に成功

    トルコ国防省調達部門のイスマイル・デミール氏は今月5日、主力戦車「アル…

  4. 欧州関連

    搭載するF-35Bの調達は? イタリア海軍の軽空母「カヴール」でF-35B受け入れ準備完了

    イタリア海軍は今月6日、近代改修が無事完了した軽空母「カヴール (C5…

  5. 欧州関連

    トルコ、主力戦車「アルタイ」へのパワーパック供給で韓国と合意

    トルコは紆余曲折の末、主力戦車アルタイのパワーパックを韓国から調達する…

  6. 欧州関連

    トルコとの戦争も辞さないギリシャ、来週中にも領海拡張法案の採決を実施

    ギリシャ議会は14日、政府が今月中にフランスと締結する予定のラファール…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    スパホのCFTの問題って解消したの?

    1
      • 匿名
      • 2021年 4月 30日

      解決したってのは聞いてないけど、
      フィンランドの防衛戦略を考えるに、航続距離の要求値は低いんじゃないかと思うので、それ程問題ないんじゃないかな。

      7
        • 匿名
        • 2021年 5月 01日

        それほど広大な国土ではないが、限られた機体数と基地で全土をカバーするとなると、逆に航続距離のとれる機種のほうが使い勝手が良いとも思える

        2
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    パッケージのみのコスパならF35だろうけど、総合的にデータリンクや電子支援考慮するとグロウラーも選択肢になりそうだな。
    ただ、グリペンは整備に都合が良くても、今から選定するには性能面で要求が満たせないんじゃないか。

    3
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    では発表を待ちましょう、
    いちおうはグリペンに賭けとく、
    理由?面白いから

    4
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      やはり公表されたサーブの提案は面白い、電子戦でロシアを圧倒できるって話

      1
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    もう流石にロシア機はないか。

    11
      • 匿名
      • 2021年 4月 30日

      もうフィンランドの黒歴史をいじくるなよ
      わろた

      10
        • 匿名
        • 2021年 4月 30日

        Wargame Red Dragonだとフィランドは東側陣営なんだな
        最初知った時びっくりしたわ

        1
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    こういう小国(少し失礼だが)はグリペン有利だと思っていたけどそうでもないみたい。

    6
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    フィンランドの仮想敵ってロシアでいいんだよな?
    EUとは距離置いてるし絶妙な立場だ

    5
      • 匿名
      • 2021年 4月 30日

      ロシアって言えないけどロシアなんだろうな。

      後、EUだけどNATOじゃないでは?

      6
        • 匿名
        • 2021年 4月 30日

        今でも微妙な立場だし
        過去に百年もロシアの統治を受けてたし、今もロシア貿易も少なくないから

        6
          • 匿名
          • 2021年 4月 30日

          そういう意味では彼らはロシアなんて大嫌いですわな

          9
            • 匿名
            • 2021年 4月 30日

            中曽根総理がフィンランド侮辱して
            抗議されてたよね

            3
              • 匿名
              • 2021年 4月 30日

              フィンランド政府は表向き中曽根発言に否定的だったが、フィンランド国民はそうでもなかったという。東西対立の狭間での苦しい立場を察するしかないね

              4
            • 匿名
            • 2021年 4月 30日

            歴史的にロシアが大好きなわけがないだろうけど、
            フィンランドの地政学上・経済上、表立ってそんな事言えないですからね
            そのあたりはアメリカと中国の板挟みになっている日本としても共感できない事はない

            7
              • 匿名
              • 2021年 5月 01日

              米軍基地さえなければ大手を振って中華経済圏へ参入できるのにな
              今時オワコンのアメリカに付いてたって何一つ得られるものはないし…

              1
                • 匿名
                • 2021年 5月 01日

                アメリカには、上を批判する自由は保証されてるが、中国には全くそれが無いから
                善悪でなく、居心地の良さで選ぶならばアメリカだよ
                チベットにもウイグルにもなりたくないし

                14
                • 匿名
                • 2021年 5月 01日

                そんな話は一切していないから同意を求めないで頂きたい
                今となっては中国は世界を敵に回してしまって終わりが見え始めている

                15
            • 匿名
            • 2021年 5月 01日

            中国が、香港マカオを西側との出入口として温存していたように、フィンランドはソ連と西側との窓口として都合良く利用されることで存続を許されていた感がある。イデオロギーでは資本主義を否定しつつ、実は資本主義側と貿易を続け、豊かな文化を吸収したかったのが東側の実態だよ
            いわば自国民を騙して支配層が利を得るための方便な。
            それをいまだに中国や北朝鮮は続けてる

            2
              • 匿名
              • 2021年 5月 04日

              それはあなたの願望でしかないよ
              実際に終末を迎えているのは「西側」の「自由主義」陣営だから
              人の未来は中国の様な中央集権国家とムスリム共同体の非理性的倫理の先にある

    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    F−35A売り込みで問題になる運用コストが高額というハンデは今後も付いて回るのだろうなあ

    量産効果で機体単価を下げても維持費は簡単には下げられない

    3
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    オーストリアがタイフーンの維持費に苦しんでるのに
    フィンランドの予算でF35の運用は難しいんじゃないの?

    4
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    年間40億ドルに満たない軍事予算で147億ドルの戦闘機パッケージ買えるのか?
    日本で言うと20兆円分の戦闘機?
    あの辺の国こそ国防は共通化した方が良さそうだが、そうもいかんのかな。

      • 匿名
      • 2021年 4月 30日

      北欧三ヶ国で装備の共通化含めた防衛協定とか結べないのかな?

      1
        • 匿名
        • 2021年 4月 30日

        あの3か国は微妙にそれぞれへの嫌悪を持ってるんですよ。昔スウェーデン1強だった時代の他2国への仕打ちとかWW2の際の見捨て方とかね。寧ろフィンランドはバルト3国のほうが連帯意識強いんじゃないかな。ノルウェーは現在の王家をデンマークから迎えていると言えば何をか言わんをやですよね。
        もちろん人種的には入り交じってますし、個人レベルでのヘイトは無いように思えます。

        14
          • 匿名
          • 2021年 4月 30日

          なかなかの分析ですね。
          隣近所は敵でなくともモヤモヤを抱えてることあるから

          2
          • 匿名
          • 2021年 5月 01日

          バルト三国の方がフィンランドと仲良いんだ……

          3
            • 匿名
            • 2021年 5月 01日

            とくにエストニアが。

            3
              •  
              • 2021年 5月 01日

              フィンランドとエストニアの国歌は曲が同じですね、フィンランド湾の交流史とか面白そうなんですが、いいサイト知りません?

              3
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    グリペンEは普通に高級機になったと言うしなあ

    1
      • 匿名
      • 2021年 4月 30日

      グリペンほF404単発で運用維持費が激安
      F16の半分から三分の一とか
      スパホで倍くらいになる
      加えて整備性も高く、際出撃までかかる時間も他の機体の半分から三分の一

      4
        • 匿名
        • 2021年 4月 30日

        ステルス世代には見劣りするけど、小規模空軍での運用に適してるし、維持費の安いのは魅力的だね。
        仮想敵がロシアというのがキツいとこだけど

        2
          • 匿名
          • 2021年 5月 01日

          一応SaabとしてはグリペンEを「スホーイキラー」と称してはいるけどね。
          まあスウェーデンにとってはロシアが唯一最大の仮想敵で全力で対ロシア電子戦対策してるのに対して、
          ロシアにとってスウェーデンはそうではないから、という事の様だけど。

          4
    • 匿名
    • 2021年 4月 30日

    誰も突っ込んでないけど、サーブってノルウェーなの?
    スウェーデンじゃないの?

    7
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      転載対策じゃないの?

      4
    • 匿名
    • 2021年 5月 02日

    さて、フィンランドがどんな結論に達するのか、その軍事的論拠の説明をはやく聞きたいよ
    けっこうワクワクする

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP