欧州関連

不毛な争いに終止符、フランス、ドイツ、スペインが第6世代戦闘機「FCAS」のエンジン開発で合意

フランス、ドイツ、スペインが開発を進めている未来戦闘航空システム(Future Combat Air System:FCAS)プログラム=第6世代戦闘機(NGF)のエンジンについて3ヶ国が合意に達したと報じられている。

参考:German MTU, French Safran & Spanish ITP Aero Agree to Cooperate on European Next-Gen Fighter Engine

最悪の事態を避けるためにもドイツは6月下旬まで議会の承認を取り付けて開発フェーズ1Bに移行する必要がある

フランスとドイツは第6世代戦闘機(NGF)の開発や製造に関するワークシェアを50対50で進めること、主導権争いを回避するためFCAS開発はフランス企業がMGCS(次期主力戦車)開発はドイツ企業が主導権をもつことで政府間で合意に達していたのだが新たにスペインが合流したことで参加国の権利やワークシェアの比率などで3ヶ国が揉めていたのだが、ようやく主要コンポーネントのエンジン問題で合意に達したと報じられている。

出典:Ejército del Aire Ministerio de Defensa España / CC BY-SA 2.0

最終的な合意内容はエンジン開発・製造を担当するフランスのサフランとドイツのMTUが設立した合弁会社EUMETにスペインのエンジン開発・製造を担当するITPをパートナーの地位で迎え入れることで平等(33対33対33)なワークシェアを約束、これによりEUMETはNGF用の新型エンジンを開発する独占的な地位と権利を保有することになり、この新型エンジンが開発されるまでNGFのデモンストレーターにはラファールに採用されているスネクマ製(サフランの子会社)のM88をベースにしたエンジンを搭載することで合意した。

因みにエンジンの開発分担はサフランがエンジン全体の設計と統合を担当、MTUがエンジンのシステム開発を担当、ITPはエンジンに組み込まれる低圧タービンや排気ノズルの開発を担当することになっている。

出典:エアバス Future Combat Air System

これで昨年から揉めていた機体やエンジンの開発に係る枠組み問題に決着がついたことになるのだが、機体やエンジンについての各合意は各国の議会で承認を得る必要がある。特にドイツでは今年の9月に総選挙が実施されるため議会が夏休みに入る6月下旬まで承認を得られなければFCASの取り扱いが選挙の争点に浮上して収拾がつかなくなる恐れがあり、議会審議の時間を考慮すると今年2月までの合意形成が必要だったのだが4月末決着となってしまったためドイツ議会の承認(開発フェーズ1Bへの移行)が間に合うかが最大の焦点だ。

仮にドイツ議会の休会に間に合わず総選挙の準備に突入すれば最短でも新たな内閣や議会が整う10月以降の審議になり、総選挙でFCASが争点に浮上して合意内容以上の要求が出てくれば再びフランス、ドイツ、スペインの3ヶ国は開発の枠組みから話し合いを始めなければならない。

この様な最悪の事態を避けるためにもドイツは6月下旬まで議会の承認を取り付けて開発フェーズ1Bに移行する必要がある。

関連記事:第6世代戦闘機開発FCASに振り回されるフランス、ダッソーが単独開発に言及
関連記事:欧州の第6世代戦闘機開発は山場、6月下旬までにフェーズ1Bへ移行出来なければ悪夢
関連記事:ダッソーとエアバスが第6世代戦闘機「FCAS」開発で合意? 但し搭載エンジンについては対立中
関連記事:フランスとドイツが第6世代戦闘機「FCAS」のエンジンについてスペイン抜きで合意

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

※アイキャッチ画像の出典:Tiraden / CC BY-SA 4.0 パリ航空ショーで発表されたダッソーFCASのモックアップと随伴機の無人機

サーブ、フィンランドの次期戦闘機HXプログラムにグリペンEとグローバルアイの組合せを提案前のページ

近代化を推し進める豪陸軍、新たにM1A1の最新バージョンM1A2/SEPv3を75輌調達次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

    7月14日に予定されているフランス革命記念日に合わせて、マクロン大統領…

  2. 欧州関連

    ギリシャ海軍の新型フリゲートを巡り5つのNATO加盟国が熾烈な受注競争

    ギリシャ海軍の新型フリゲート導入需要を巡り5つのNATO加盟国が熾烈な…

  3. 欧州関連

    契約成立が間近? フランス、インドネシアとのラファール購入交渉は順調

    フランスのパルリ国防相は3日、ラファール購入に関するインドネシアとの交…

  4. 欧州関連

    不毛な議論、日本のF-4EJを彷彿とさせるドイツの無人機武装化問題

    ドイツで非常に興味深い武装可能な無人機(UAV)導入議論に火がついてい…

  5. 欧州関連

    搭載するF-35Bの調達は? イタリア海軍の軽空母「カヴール」でF-35B受け入れ準備完了

    イタリア海軍は今月6日、近代改修が無事完了した軽空母「カヴール (C5…

  6. 欧州関連

    ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のUAVが原因?

    アルメニア軍のロシア製防空システム「S-300PS/V」が、アゼルバイ…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    みんなが対等な話というのが実は危うい気がする
    中心、責任、問題処理を押し付けあったり奪い合ったりはしばしば綺麗事から起きるのに

    28
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      某銀行のシステム統合はそれで泥沼化したなぁ

      21
        • 匿名
        • 2021年 5月 01日

        単純に比べちゃいけないんだろうけど、あの銀行も内部の派閥争いがひどいからなぁ・・・
        統合して20年経過した組織ですらアレだと、別の国の官民同士の共同作業・意思疎通とか悪夢だろうな

        4
          • 匿名
          • 2021年 5月 02日

          合意の上で合併吸収された某メーカー側の幹部は、10年後にはみな追い出されてたっていう実話
          冷酷に見えても、企業統治とかいう視点からすると冷酷に振る舞ったほうが正解なんだろうね

          5
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      帝国憲法も大臣間の権限が平等に近くてグダグダを招いたな…

      9
      • 匿名
      • 2021年 5月 02日

      後から入ってきた西まで含めて数字上は均等なのに
      主導権は仏が持つ、って無理があるよね。

    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    まだ不穏な雰囲気は残ってるけど一応一段落ついた形か、この後は順調に進んで欲しいが

    12
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      ドイツ議会という最大の壁がねぇ・・・(白目)
      またなんか文句つける事はないよね?流石に。

      17
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    メルケルの後継候補に緑の党からヤバいのが出てきてるらしいけど
    これが首相になったらドイツが絡んだ共同開発全部破談になりそうだな

    26
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    『ドイツは「緑の首相」を選ぶかもしれない』出典Newsweekヤフー記事

    >■ 緑の政策(中略)
    緑の党が政権を取れば、独仏防衛協力の主要プロジェクトである独仏戦闘機の開発も終焉を迎えるかもしれない。ベアボックは、ドイツが核兵器禁止条約に署名すること、NATOの核共有プログラムから離脱すること、ドイツ国内からすべての米国製核兵器を撤退させることを要求している。彼女は3年前にこれらの立場を表明して以来、今も否定していない。これは、核抑止力なるものを、克服すべき「有害な男性原理」だとする「フェミニスト外交」を主張しているからだ。

    リンク
    えぇ…ベアねき強烈すぎませんかね。つかこれポーランドにぶん殴られたりしません?

    30
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      その時は「有害な男性的侵略行為」とかいって批判するんじゃねーの

      17
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      ヤバくて草も生えん・・・
      え?マジでこいつ有力候補なの・・・?

      17
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      いや、そんなでもないよ。きっと。政治の世界では、6割の健常者の票を取り合うより、特定のメンタルに問題を抱えた人のグループ票を独占した方が有利という考えがある。

      だから、本当に首相になったらグダる。

      5
        • 匿名
        • 2021年 5月 01日

        グダるで済めば良いけどね
        戦後ドイツに短命政権殆どないし、本当に任命されたらエコ文化大革命とかやりかねないぞ

        今世界中で脱炭素やSDGsとか気色悪い熱狂に包まれてるし

        20
        • 匿名
        • 2021年 5月 01日

        普通は選挙で夢見事語ってもいざ政権についてみたら
        議会や官僚が現実問題でぶっ叩いてグダったり日和ったりするもんだけど
        ドイツはなんというか議会や官僚までおかしなのが揃ってるんじゃ?という懸念が……

        7
          • 匿名
          • 2021年 5月 01日

          国防省の仕事っぷりを見ると
          ドイツの官僚機構に良識は期待出来ないと思う

          5
      • 匿名
      • 2021年 5月 02日

      極左も過ぎればナチス忘れる

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    ユーロファイターも合意してからも開発費で揉めたんだよなー

    20
    • 新・にわかミリオタ
    • 2021年 5月 01日

    まだまだ揉めそうだなぁ

    11
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    これでボールはドイツに投げられたわけか…

    10
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      明後日の方角に投げ返さないで欲しいけどな
      そこはドイツだからw

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    33%ずつ3者平等……

    1%残ってるのは失敗した時の言い訳用なのかな

    5
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      33%は翻訳でしか出てこないよ。1/3とか等配分の方が正確な訳かな。

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    まさかのワークシェアを均等割りwww
    また揉めて、遅延して、責任押し付け合う未来しか見えねー。

    12
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      ズバリそれでしょう

      1
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    どうせまた分配率以外の条件でモメるに決まってる
    今度は主導権争いでモメるに300円賭けても良い

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    今回のタイトルで不毛な争いに終止符とあるが
    次の不毛な争いまでの当面の猶予期間を得ただけ になりそうというかなるやろ

    10
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    どうせまた揉めるし他の部分でも揉める

    2
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    不毛って単語、ハゲには辛いよね・・・

    3
      • 匿名
      • 2021年 5月 01日

      座布団二枚進呈にと、ドイツネタだからソーセージもサービスな

      3
    • 匿名
    • 2021年 5月 01日

    合意出来たのか。
    ちょっと意外。

      • 匿名
      • 2021年 5月 02日

      こんなの、次のちゃぶ台返しまでの中継ぎでしょう

      2
        • 匿名
        • 2021年 5月 02日

        仰る展開がこの先待ってるのでしょうが、
        それでも合意出来た時点でちょっと意外。
        それすら出来ずグタグタの内に空中分解、と予想してたから。

        2
    • 匿名
    • 2021年 5月 02日

    落ち着く所に落ち着いたんじゃ無いの?ワークシェア1/3ってのが本当に馬鹿正直に履行されるか分からないけどな。下手にシェア欲張って身の丈に合わない部品製造のツケを他に回すのは言語道断だし、参加国導入した自国分の保守作業とか他国に回すのは考えにくい。結果的にスペインのシェアはFCASが三カ国以外に採用されないと合意通りにはならないと思うんだが。

    • 匿名
    • 2021年 5月 02日

    揉めたときのためにフランスが主導権取っておいたほうが良いと思うんだけどなあ
    権利が均等割って爆破炎上する未来が見える見える
    でもこうでもしないと話が全く進まんからしゃーないんだろうなあ

    1
    • 匿名
    • 2021年 5月 02日

    この件はネタとしてまだまだ終わらないって、かならずドイツが動く
    鉄板の予想だよ

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  5. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
PAGE TOP