欧州関連

フランス、電磁式カタパルトを採用した次世代空母発表を延期

フランスは7月14日のフランス革命記念日に空母シャルル・ド・ゴールの後継艦となる「次世代空母プログラム」を正式に発表する予定だと言われていたが、政治的要因と経済状況を考慮して延期になったらしい。

参考:Futur(s) porte-avions : la décision repoussée

フランス革命記念日に発表されるはずだった7万トンクラスの次世代空母プログラム推進は延期

フランスのパルリ国防大臣は5月、サンナゼールにある造船所を訪れた際に「シャルル・ド・ゴールの後継艦が2038年までに就役する」と発表して世界中を驚かせ、7月14日に予定されている革命記念日に合わせてマクロン仏大統領が「次世代空母(Porte Avion Nouvelle Generation:PANG)プログラム」推進を正式に発表すると報じられていたが、革命記念日に次世代空母プログラムが発表されることはなかった。

どうやら7月3日にフィリップ首相率いる内閣が総辞職したため、新内閣の立ち上げなどに時間を取られ8日に予定されていた国家安全保障会議の開催が延期になり「次世代空母(Porte Avion Nouvelle Generation:PANG)プログラム」推進の採択が出来なかったためらしい。

国防省の関係者は「8月中に国家安全保障会議が開催され次世代空母プログラム推進が採択される可能性がある」と話しているが、6月に実施された統一地方選挙で新型コロナウイルスへの対応や年金改革に批判が集中して惨敗を喫したマクロン大統領率いる与党(共和国前進)にとって、最も優先すべき課題は「次世代空母プログラム」ではなく2022年に控えた大統領選挙に向けて低下した支持基盤の再建だろう。

出典:Public Domain 空母シャルル・ド・ゴール

さらに新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ経済を立て直すための大規模な経済政策の実行が控えているので、当分は「次世代空母プログラム」の話を持ち出せる雰囲気ではなく、プログラム自体が延期される可能性が高いと言われている。

しかし現実的な問題としてシャルル・ド・ゴールの後継艦は何れ必要になるので、次世代空母プログラムが中止されることだけはないだろう。

因みにフランスが計画している次世代空母の大きさは空母「シャルル・ド・ゴール(基準排水量3万7,000トン)」を遥かに上回る「7万トンクラス」と言われており、固定装備される対空システムには指向性エネルギー兵器の採用が予定されている。

さらに同艦の航空支援システムには米国が新たに開発した「電磁式航空機発射システム(EMALS)」の採用が検討(実際に米仏間で調達に関する協議が進行中)されており、独仏主導で開発中の第6世代戦闘機「FCAS」を32機、早期警戒機E-2Dを2~3機、各種回転翼機を数機、新たに開発されれる偵察/攻撃/空中給油任務に使用可能な無人艦載機を搭載することが検討中だが、原子力推進を採用するのか通常動力推進を採用するのについては今のところ未定だ。

現在運用中の空母シャルル・ド・ゴールの退役予定は2040年なので、次世代空母の建造は少なくとも2030年前後に着手する必要があるのだが、艦の要求性能をまとめたり設計を行う時間を考えると余り時間は残されていないと言える。

関連記事:7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

 

※アイキャッチ画像の出典:Public Domain 空母シャルル・ド・ゴール

導入して後悔するベラルーシ、Su-30SM調達費用は年間国防予算に匹敵前のページ

本音は日本のF-35整備拠点を利用したい韓国、問題は日韓関係と国民感情次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    エストニアが韓国製自走砲「K-9」を追加発注、累計輸出台数は600輌超え

    韓国メディアは20日、ハンファディフェンスとエストニアが韓国製自走砲「…

  2. 欧州関連

    トルコのエルドアン大統領、アルメニアにアゼルバイジャン領からの撤退を要求

    トルコのエルドアン大統領はアルメニアに対して「ナゴルノ・カラバフ地域か…

  3. 欧州関連

    ドローン戦争、アルメニア軍苦境はアゼルバイジャン軍のUAVが原因?

    アルメニア軍のロシア製防空システム「S-300PS/V」が、アゼルバイ…

  4. 欧州関連

    7月14日正式発表? 仏次世代空母は電磁式カタパルト採用で7万トン級か

    7月14日に予定されているフランス革命記念日に合わせて、マクロン大統領…

  5. 欧州関連

    英空母がNATO演習に初参加、過去20年で最も強力な欧州機動部隊が誕生

    英海軍は5日、空母「クイーン・エリザベス(R08)」を中心とする英空母…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    計画が延期かと思ったらただ発表が政治的ゴタゴタで流れただけか
    7万トンに電磁カタパルトか
    ちゃんと建造までもっていって欲しいものだが

      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      省力化された大型空母の建造となると、本邦が本格的空母保有に踏み切る場合には大いに参考に出来るので(アメリカからの電磁カタパルト調達も併せて)、なるべく早く実現へと動いて欲しい所
      何だかんだで、EUで一番真面目に(核戦力も含む)軍備整備と旧植民地の尻拭いをしている国家でも有りますし

      • oominoomi
      • 2020年 7月 24日

      7万トン級正規空母…
      もう今から延期のグダグダの果てに計画中止になる近未来が見えているような…
      ここはクイーン・エリザベス級を改設計したCATOBAR空母を建造するのが最も現実的かと…

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    とあるフランスの超電磁カタパルト

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    コロナの問題があるから仕方ないよね

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    不人気マクロンは首筋が寒いからな。

    国民の人気取りにきゅうきゅうとしているし大統領選挙の事で手一杯だと思う。

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    また一隻だけか。

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    また一隻作るんか
    日本も一緒に作ってF-3の艦載機改造モデルを載せてソウルを空爆しよう

      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      良い考え
      ついでに核兵器を配備、F-3に搭載できるよう改修して、核攻撃してほしいね
      次は日本が核の脅威を教える番だ

      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      下らない過激な事を言うな。
      やってる事は街宣右翼と同じだぞ

        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        街宣右翼と同じでいつのもヤカラの成りすましでしょ

          • 匿名
          • 2020年 7月 24日

          左側を演じたり極右を演じたり、構ってちゃんも手を変え品を変え釣りに勤しんでいますね。

          1
      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      せっかく作るF-3をそんな穢らわしい事に使っちゃダメだ。
      朝鮮半島には関わらないのが一番。

      1
      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      そういうアホの妄想は保守速報あたりでやってくれ

      1
        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        軍事ミリタリー速報も捨てがたいぞ?w あそこ昔はまだまともだったと思うんだが

        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        このブログにも保守速報推しのアレな奴が住み着くようになったからな
        あんなフェイクで客釣るアフィブログのどこに魅力があるんだか判らんわ

        1
          • 匿名
          • 2020年 7月 24日

          匿名 :
          昨日の午後から保守速報、キムチ速報、NEWS U.S.あたりの右寄りのまとめブログがグーグル検索とヤフー検索から弾かれるようになってるんだけど…ここもそのうちどっかの国にぶっ叩かれたりしません? 
          中印小競り合いの時に環球時報から固定IPバン食らってるあたり、中共に目つけられてそうで結構心配なんだけれども…

          ここで保守速報を支持してる人もいるから、その指摘は不適当かと

      • 匿名
      • 2020年 7月 24日

      また朝鮮人の釣りコメか?
      あんなクソ半島、攻撃する価値もないわ。

      1
      • 匿名
      • 2020年 7月 24日

      空母が無くても空爆出来るでしょう?

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    EUの中で軍事的責務をちゃんと果たしているのはもはやフランスだけ・・・。
    延期は仕方ないことだけれど成功はして欲しいと思う。

    1
      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      フランスは今でもアジア太平洋地域に領土が点在してるので、ドイツとかと違ってある程度の海軍力を保持する必要があるんだよな。

      1
    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    載せるモノの開発で大モメする未来が見える

      • 匿名
      • 2020年 7月 23日

      欧州の次世代機開発がどれも前途多難だからねぇ…。
      どうせFCASも流れる気がするしなんだかんだでF-35Cを買わされるか多少無理をしても引き続きラファールを載せ続けるくらいしかなさそう。

        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        この空母が完成する頃はスパホも引退しているだろうかし、米海軍次期艦上戦闘機がどうなっているか不透明。

        FCASが頓挫していたらF-35Cかラファール延命の選択の可能性も充分有り得る。

        米海軍の次期艦上戦闘機が完成していれば良いのだけど。

    • 匿名
    • 2020年 7月 23日

    こんな体たらくのフランスを「普通の国」と呼んで良いのだろうか

    • 匿名
    • 2020年 7月 24日

    保守速アンチは通るっぽいのに軍事ミリタリー速報を悪く言ったコメは弾かれた謎

      • 匿名
      • 2020年 7月 24日

      何がNGワードなのかよく分からないですよね。
      恐らくblog主もよく分かっていないはず。
      通るまで言葉を変えて気長に投稿するしかないでしょう。

        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        お、上の投稿者だけどこれは通ったのか
        特定の記事に書き込めないとかだったら、記事投稿者氏がブラックリストに入れたかなーとか思ったがそうでもなさそう・・・いまいち基準がわからん

        それはともかく、コメ欄汚し失礼しました。仰る通り気長に投稿します

          • 匿名
          • 2020年 7月 24日

          この記事﹙入札が近づく米空軍のRFXプログラム、勝者はT-50?それともM-346?﹚

          リンク

          の後半に『コメントについて』との表題で管理人の説明が載ってます。
          参考までにどうぞ。

            • 匿名
            • 2020年 7月 24日

            補足ありがとうございます。当該記事拝読しました。

            • 匿名
            • 2020年 7月 24日

            手動承認ってなかなか大変そうだね
            どんな時間帯でも普通にコメントが反映されてるから管理人の睡眠時間が心配になる

    • 匿名
    • 2020年 7月 24日

    2200年まで運用するしかない。
    頑張って寿命延長しよう。

      • 匿名
      • 2020年 7月 24日

      西暦2200年ならヤマトが誕生しているよ。

        • 匿名
        • 2020年 7月 24日

        なら、ブルーノアみたいに改良して宇宙へ。

    • 匿名
    • 2020年 7月 24日

    悪いことは言わないから
    身の丈にあった軽空母にしときなよ
    うちの半分くらいの経済規模なのに

      • 匿名
      • 2020年 7月 24日

      艦載機用途が無くなるからFCASもシンプルになるですけどね。
      おフランスは制式はあきらめないでしょうね。
      まあ、原潜、核ミサイルの運用費用もありますけど・・・
      マジノ線を連想してしまう・・・国力を奪われて、他の国防は全くできなくなった。

      • 匿名
      • 2020年 8月 18日

      だよな。
      いっそのことイタリアのトリエステ買っちゃえば? って思う
      太平洋にも領土があるから、イタリアと事情はちがうけど

    • 匿名
    • 2020年 8月 24日

    フランスのCATOBAR空母保有は見栄というより、苦しい財政でも必死に安全保障の責任を果たそうとしてるように見える(右隣の国と違って)。

    20年も経ったら中国の空母は5隻以上配備されて、西側諸国は対抗に大わらわになってそう。アメリカだけでは西太平洋に何隻も空母を常駐できないし、STOVL・STOBAR空母ではCATOBAR空母相手には不利。

    その時フランスがフルスペックの空母を保有してれば、建造は英断だっと言われてる気がする。その頃にはイギリスも中国への対応に、QE・POWをCATOBARに改装してF-35Cかテンペストを艦載機化する必要に迫られているかも。世界初の空母機動部隊を運用した極東の某国も頑張らないと。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
  2. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  3. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  4. 軍事的報道

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP