欧州関連

仏海軍のミストラル級強襲揚陸艦、共同訓練参加のため間もなく日本に向けて出港

フランスはもう間もなく空母シャルル・ド・ゴールを中心とする空母打撃群を中東へ、ミストラル級強襲揚陸艦「トネール」とラファイエット級フリゲート「シュルクーフ」を日本に向けて出港させる。

参考:Le porte-avions Charles-de-Gaulle va appareiller de Toulon à la mi-février

5月に予定された日米仏共同訓練に派遣されるフランス海軍の艦艇はミストラル級強襲揚陸艦とラファイエット級フリゲート

フランスのパルリ国防相は1月末、空母シャルル・ド・ゴールを中心とする空母打撃群を東地中海~ペルシャ湾~インド洋に展開させるため2月中旬に出港させると発表したが、これとは別にミストラル級強襲揚陸艦「トネール」とラファイエット級フリゲート「シュルクーフ」を日本に向けて出港させることも明らかにした。

出典:Public Domain 空母シャルル・ド・ゴール

空母シャルル・ド・ゴールを中心とする空母打撃群はイスラム国(ISIS)の再燃が懸念されている中東地域でテロとの戦いに従事する予定で、フランス海軍からフォルバン級駆逐艦シュヴァリエ・ポール、アキテーヌ級駆逐艦プロヴァンス、デュランス級補給艦ヴァール、リュビ級原潜、これにベルギー海軍のレオポルド1世級フリゲート、ギリシャ海軍のイドラ級フリゲート、米海軍のアーレイ・バーク級駆逐艦が随伴するとパルリ国防相は明かしており、フランス海軍の空母打撃群というよりもNATO加盟国によって構成された空母打撃群と呼ぶほうが相応しいのかもしれない。

産経新聞は昨年12月、離島の防衛・奪回作戦に関連した水陸両用作戦の共同訓練を日本、米国、フランスの3ヶ国で来年5月に実施する予定で、フランスからは海軍の艦艇と仏領ポリネシア駐留する陸軍部隊が参加すると説明していたが、日本を目指して出港する2隻の艦艇には仏陸軍の第6軽機甲旅団から選抜された部隊が搭乗(他にも148名の士官候補生が搭乗)しており、この部隊が共同訓練に参加するのか仏領ポリネシア駐留する部隊の交換要員なのか今のところ不明だ。

参考:《独自》日米仏で初の離島上陸訓練 来年5月、対中包囲網を強化・拡大

ただ日本に向けて派遣される海軍の艦艇は日米仏共同訓練に参加後、国連安保理決議によって禁止されている北朝鮮籍船舶の「瀬取り」を含む違法な海上活動の監視任務に加わる予定なので母港トゥーロンに帰還するのは7月頃になるらしい。

因みに中国は今年5月に予定されている日米仏共同訓練について偽善的だと批判しており、日本やフランスは自身の行動を恥じるべきだ主張している。

関連記事:中国、日米仏による共同訓練や英国の空母派遣は偽善的だと批判

 

※アイキャッチ画像の出典:Simon Ghesquiere/Marine Nationale / CC BY-SA 3.0 ミストラル級強襲揚陸艦

米防衛産業は真っ青、バイデン政権がサウジへの軍事支援中止を今日にも発表前のページ

パキスタン海軍長官、力の均衡維持に役立つ中国海軍の空母寄港を歓迎次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ソレダルの戦いに参加したウクライナ軍指揮官、新兵は全てを捨てて逃げるだけ

    ソレダルの戦いに参加したウクライナ軍部隊の大隊長はNYT紙に「残念なこ…

  2. 欧州関連

    ベラルーシの核兵器配備、ポーランドがNATOに核兵器の国内配備を要請

    ポーランドのモラヴィエツキ首相は30日「ロシアがベラルーシに戦術核兵器…

  3. 欧州関連

    駐独ウクライナ大使、ドイツ政府に対戦車ミサイル12,000発供与を要請

    駐独ウクライナ大使のアンドレイ・メルニク氏は13日、ドイツ政府に対戦車…

  4. 欧州関連

    フランスがウクライナに対する軍事支援の内訳を公表、総額38億ユーロ以上

    ドイツ政府は「ウクライナ支援に消極的だ」という批判に対応するため支援の…

  5. 欧州関連

    ウクライナの政治的分裂は反攻失敗が原因、ロシアに付け込まれる可能性

    The Economist紙は「計画通りにいかなかった反攻作戦の予想で…

  6. 欧州関連

    チェコ、資金を募って1万機のFPVドローンをウクライナに送る予定

    チェコのiROZHLASは18日「国内のNGOが1億チェコ・コルナを集…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    台湾防衛のためだろうけど、台湾に集結するわけにはいかないから日本に来るのかな。
    欧米にとってジェノサイドっをする国は絶対に許せないという感情は骨身に染みつている。

    12
      • 匿名
      • 2021年 2月 05日

      台湾防衛ではなく、自国の領土防衛だぞ。
      第二次列島線まで侵食されつつある今、太平洋にある自国領土防衛のためにフランスもイギリスも派兵してるのだから。

      36
        • 匿名
        • 2021年 2月 05日

        ドイツ「」

        7
          • 匿名
          • 2021年 2月 05日

          あなたは友好国の中国の擁護でもすれば、
          お互いジェノサイドは得意という共通点
          有るしw

          6
            • oominoomi
            • 2021年 2月 06日

            >ドイツ政府は独海軍に所属するフリゲート艦を日本に派遣する検討に入った。
            >海外領土を持たないドイツが極東に艦船を送るのは極めて異例。
            >対中警戒論が急速に強まる欧州におけるアジア政策の転換を象徴する出来事になる。
            (日本経済新聞 1月25日付)

            3
    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    >中国は(中略)、日本やフランスは自身の行動を恥じるべきだ主張している。

    誰が恥じるものか! 人道と民主主義を重んじる国としてむしろ誇りに思うね!
    中共政府が強烈な不満を表明する時は、どうにかしたいけどどうすることもできない時なのです。
    日米仏の軍事連携は、中共政府にとってとても都合の悪い事なのです。なので、じわじわと中共政府を追い詰めましょう。

    43
      • HY
      • 2021年 2月 06日

       中国の世界観での「恥」は我々にとっての誇り。

       逆に中国に称賛される人は日本の恥。

      9
    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    フランスやイギリスが尖閣で一緒に戦う訳ではなくても、彼らの部隊が周辺地域にいるだけでも一定の抑止力になるでしょう。
    あと中国共産党とかいう醜悪な犯罪組織は、日仏に恥じろとか言う前に自分達の存在を恥じて解散しなさい。

    26
    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    まだコロナのケリが付いてない段階で色んな所で紛争の狼煙が上がってるけど
    最終的には殆どの国が共倒れするんじゃね?

    5
    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    来るのはちょうど梅雨時期か、蛙がくるにはピッタリの時期だな

    1
    • 匿名
    • 2021年 2月 05日

    こんな揚陸艦、ウチ(日本)にも欲しい! という物欲をかきたてるために見せびらかしにくるのかな。おおすみ型は色々あるようだから、本場の揚陸艦とはどんな物か、1隻輸入して運用した方がいいような気がする。

      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      おおすみ型の色々って何ですか?航空運用機能ならそれほど必要ないと思うけど。

      3
      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      それこの手の艦船を全く作れない国ならともかく、おおすみ型からいずも型までで一通りの要素を設計・建造済みの日本でする事じゃないよね
      今持ってる運用データと改修したいずも型で試験したデータで作ればいい話で

      13
        • 匿名
        • 2021年 2月 06日

        となりによだれを垂れ流してる国があるから

        3
      • oominoomi
      • 2021年 2月 07日

      おおすみ型は「ドック型輸送艦」LSD 、ミストラルは「強襲揚陸艦」LHA で、そもそも艦種が違います。
      航空機運用能力はLHAの方が優れてはいますが、陸上からの航空支援が得られるなら、小型のLSDの方が使い勝手が良いでしょう。
      ただ、最近はおおすみ型とDDHを合わせて運用する事が多いところを見ると、海自としてもおおすみ型に不足を感じていると考えられます。
      何れは日本もLHAを保有する事になるかも知れませんが、既にJMAと三井造船が将来輸送艦案を示しているので、国内建造の心配はご無用です。

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 06日

    シャルルちゃんも姉妹艦がいれば使いやすのにね。

    3
    • 匿名
    • 2021年 2月 06日

    太平洋にワラワラ空母が集まってくるの草。こんな事誰が予想したでしょうか?オラワクワクすっぞ!(白目)

    それと空母打撃群の方はアフリカのISを空爆したほうがいいぞ。当事国だから釈迦に説法とは思うが、現状アフリカのISは勢力を拡大しているし、そろそろ手を打たないとヤバい。

    7
      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      皆で包囲網作るのたーのしー!包囲される側には二度となりたくないが。

      8
    • 匿名
    • 2021年 2月 06日

    英国といい、仏国といい、独国といい、単に対中包囲網のためだけに、
    申し合せたようにアジアまで軍艦を派遣してくるとは思えないんだよね。
    なにか隠しミッションがあるのでは?

    14
      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      これかもしれませんよ、日本側が技術提供するのか、これをベースに防衛システムを共同開発する気なのか?実際に性能確認しに来るのかもデス。
      >次世代警戒管制レーダ
      >将来のステルス機や弾道ミサイルなどへの対応のため、複数の空中線からの信号を合成するMIMO(Multi-Input Multui-Output)レーダ技術を適用
      リンク
      レーダーだけでなく色々な迎撃システムと連動出来ればドローン対策とかにも使えるかも?

      1
      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      ハワイの南の海域って大体フランスだし、少しイギリス。
      中国が太平洋側のアメリカ沿岸に基地を作るならそこ。
      大西洋の西アフリカ中国基地の太平洋版防止のためのプレゼンスとかか?

      4
    • 匿名
    • 2021年 2月 06日

    派遣先でタダで整備しようという邪念などあろうはずがない

    1
      • 匿名
      • 2021年 2月 06日

      整備と言っても、牡蠣殻落としくらいしかできないよ。

      2
    • 匿名
    • 2021年 2月 07日

    韓国向きだね(笑)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦のEDGE、IDEX2023で無人戦闘機「Jeniah」を披露
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP