欧州関連

ドイツ海軍、次期水上戦闘艦艇「MKS180」を訴訟から守ることに成功

ドイツ海軍の次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180(MKS180)」受注を巡る戦いに決着がつき、裁判所による建造差し止め回避に成功した。

参考:German Naval Yards, Lürssen Announce Merger

ドイツ海軍のMKS180建造受注を逃したことが国内造船業界再編の起爆剤に

ドイツ海軍は今年1月、世界中の海で運用可能で水上戦、対空戦、対潜戦、海賊や小型ボートなどとの非対称戦闘にも対応でき約2年間の連続運用が可能な次期水上戦闘艦艇「Mehrzweckkampfschiff 180(MKS180)」調達を行うため入札を実施したのだが、ドイツ海軍のMKS180建造を受注したのはドイツ企業ではなくオランダのダーメン・グループだったため国内の造船企業から一斉に批判が噴出した。

要するにドイツの造船業界や防衛産業界はドイツ海軍が発注する約7,000億円規模の契約をオランダ企業に盗まれたと言いたいのだ。

出典:Dr. Karl-Heinz Hochhaus / CC BY 3.0

ただ実際にMKS180を建造するのはダーメンと提携したドイツのルーセン(の子会社であるブローム・ウント・フォス造船所)なので大半の建造作業はドイツ国内で行われるのだが、受注を逃して怒りの収まらないドイツ海軍造船所はMKS180入札結果ついて「合法性に深刻な疑念がある」と主張し、あらゆる法的手段を行使すると言い出した。

万が一、裁判所がドイツ海軍造船所の主張を受理し裁判が始まればMKS180建造は裁判の結果が出るまで差し止められることになる。そうなればMKS180調達は年単位の遅れが発生するだけでなくコストの上昇も避けられないだろう。

果たしてドイツはこの問題をどのように解決するのか注目されていたが、ようやく決着がついた。

なんとドイツ海軍造船所はルーセンと合併すると発表して国防省への訴訟も取り下げたのだ。

MKS180建造を受注したダーメンもこれを受け入れワークシェアを再調整すると発表しているためMKS180建造は予定通り着工すると思われるが、問題はドイツ海軍造船所と同じようにMKS180受注を逃したティッセンクルップ・マリン・システムズ(TKMS)の動きだ。

一時はドイツ海軍造船所とルーセンの合併に合流して巨大な単一の造船企業が誕生するのではないかと噂されていたがTKMSは合流せず、いまだ選択肢を検討中だと報じられている。ロイター通信によればTKMSの有力な選択肢の一つに浮上しているのは最近、米海軍から次期フリゲート艦「FFG(X)」プログラム受注に成功したイタリアのフィンカンティエリとの合併で両者は水面下で合併交渉を進めているらしい。

最終的にドイツ国内の造船業界が一つにまとまるのか、ドイツ海軍造船所はルーセンVSフィンカンティエリと組んだTKMSという構図になるのかは不明だが、MKS180受注をオランダのダーメンに取られたことが造船業界再編の起爆剤になったことだけは確かだ。

ただTKMSがドイツ海軍造船所とルーセンの合併を妨害するため、MKS180入札結果ついて「合法性に深刻な疑念がある」と主張して訴訟を起こせば再びMKS180建造は振り出しに戻ることになる。

 

※アイキャッチ画像の出典:michelsass / stock.adobe.com TKMSが受注したバーデン・ヴュルテンベルク級フリゲート

第5世代戦闘機F-22Aラプターが墜落、パイロットは脱出して無事生還前のページ

F-21はお蔵入り? インド、海外製戦闘機調達を国産戦闘機「テジャス」に変更か次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米メディア、アゼルバジャンに配備されたトルコ空軍のF-16を確認

    ニューヨクタイムズの視覚調査チームは8日、今月3日に撮影された商業衛星…

  2. 欧州関連

    空の次は陸で衝突、トルコ軍が東京ドーム約1.3個分に相当するギリシャ領土を占領

    トルコ軍がギリシャ領に侵入して東京ドーム約1.3個分の領土を占領したと…

  3. 欧州関連

    イタリア海軍の苦難!F-35Bが調達ストップで空母「カヴール」が存続の危機

    2019年5月、イタリア海軍の強襲揚陸艦「トリエステ」が進水したが、奇…

  4. 欧州関連

    真偽不明、アゼルバイジャン軍が地対空ミサイルでロシア空軍機を攻撃か

    アゼルバイジャン軍がロシア空軍機を地対空ミサイル「S-300PMU-2…

  5. 欧州関連

    トルコ、早期警戒管制機を使用してアゼルバイジャン空軍の空爆を支援か

    アルメニア国防省は9月30日、アゼルバイジャン軍はナゴルノ・カラバフ空…

  6. 欧州関連

    戦車廃止で揺れる英国、塹壕戦で騎兵隊が役に立たなかったのと同じ?

    英国で浮上した主力戦車「チャレンジャー2」廃止に大きな注目が集まり、多…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 5月 16日

    最近のドイツから見ると今後も悪い予感しかないのは穿った見方だろうか

    • 匿名
    • 2020年 5月 16日

    ドイツ企業が受注できなかったのはバーデン=ヴュルテンベルクのせいでは

    • 匿名
    • 2020年 5月 16日

    MKS180って多目的戦闘艦って紹介さててるけど、あのクソのバーデン・ヴュルテンベルク級フリゲート(F125)と同じく、非対称(正規軍との戦闘は想定していない)、対テロでしょう? お値段もF125の3倍だし
    建造計画が潰れた方が幸福では? で、普通のフリゲートなり、デストロイヤーを建造する・・・

      • 匿名
      • 2020年 5月 16日

      バーデン・ヴュルテンベルク級よりはマシな戦闘力を備えるらしい。
      無論、マシ程度かもしれないが……

    • 匿名
    • 2020年 5月 16日

    ドイツに海軍て必要なのでしょうか?

      • 匿名
      • 2020年 5月 17日

      そりゃイギリスに陸軍が必要なの?問うぐらいの愚問だね

        • 匿名
        • 2020年 5月 17日

        「大陸国家に海軍が必要か?」と「海洋国家に陸軍が必要か?」は全く別の問題だと思いますが。

        1
    • 匿名
    • 2020年 5月 17日

    ドイツ版ブリティッシュ・レイランドかな?

    • oominoomi
    • 2020年 5月 17日

    そりゃまあ、護衛艦の建造を現代重工や大宇造船が受注したとしたら、思い切り不愉快でしょうね。

      • 匿名
      • 2020年 5月 17日

      ドイツとオランダってそんなに仲悪いの?

        • 匿名
        • 2020年 5月 17日

        確か、オランダがユーロに移行する前は通貨ギルダーの為替相場をドイツマルクの90%にペッグしていたなあ。
        つまり、ドイツマルクペッグ制といっても過言じゃないほど。
        ドイツ経済に依存しているのは今も変わらないだろうね。
        そこから想像するとドイツ産業界がオランダに対して印象悪いのは本当なのかもしれない。

    • 匿名
    • 2020年 5月 17日

    ドイツ人の思考のヤバさに笑ってしまった。
    わけのわからない左翼ばっかりかと思えば異常なほどの国粋主義者が割と大勢いたりで意味がわからない。
    受注逃すと訴えてやる!とかどうなっているのやら。
    そりゃF/A-18E/F/G調達で揉めるわけだ。
    タイフーンなんかよりよほどいい選択肢だと思うんだけどな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP