欧州関連

ドイツ、新たなパトリオットシステムを直ちにウクライナへ提供すると発表

ウクライナのクレバ外相は12日「パトリオットシステムとSAMP/Tの追加供給に関して積極的な交渉を行っている」と明かしていたが、ドイツ政府は13日「ロシアの攻撃を撃退するため、直ちに新しいパトリオットシステムをウクライナに引き渡す」と発表した。

参考:Verteidigungsministerium

システムの追加確保に加えて迎撃弾の供給が追いつくのかが焦点だろう

ウクライナのクレバ外相は12日「パトリオットシステム(2セット)とSAMP/T(1セット)に関して積極的な交渉を行っている最中だ。もし提供国の準備が整っているなら1週間以内に入手できるだろう」と述べていたが、ドイツ政府は13日「ロシアの攻撃を撃退するため、直ちに新しいパトリオットシステムをウクライナに引き渡す」と発表した。

ウクライナはパトリオットシステム(レーダー、管制システム、発電機、ランチャー6輌~8輌)を米国から1セット、ドイツから1セット、ドイツとオランダから1セット受け取っているため計3セット保有しており、今回の提供表明でウクライナは4セットのパトリオットシステムを運用できるようになるが、ウクライナの空を完璧に保護するには26セット必要で、クレバ外相のチームはひとまず7セットの確保に注力しているらしい。

ドイツ以外でパトリオットシステムについて積極的な交渉を行っている国は謎だが、SAMP/Tはフランスかイタリアのどちらかで、システムの追加確保に加えて迎撃弾の供給が追いつくのかが焦点だろう。

出典:MBDA

因みにフランスのルコルニュ国防相は「SAMP/Tで使用する迎撃弾=Aster-15とAster-30の納期をスピードアップさせるため、装備総局はMBDAに十分な部品在庫を積み増すよう最初の行政命令を出すだろう」と明かしており、2023年1月に発注したAster(9億ユーロ相当/約200発分)の納期は2026年から2024年後半に前倒しされる見込みだ。

関連記事:ウクライナ外相、防空システムを確保するため強硬な外交手法に変更
関連記事:フランスは強制力を伴う戦時経済へ移行、最初の行政命令をMBDAに命じる予定
関連記事:フランス国防相、生産効率に改善が見られなけれな防衛ニーズの優先を強制

 

※アイキャッチ画像の出典:Verteidigungsministerium

侵攻779日目、完全に勢いを取り戻したロシア軍がボダニフカを占領前のページ

イランが報復攻撃を開始、100発以上の無人機や弾道ミサイルをイスラエルに発射次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    大統領の要請に応じて戦時体制に移行した仏産業界、武器生産が大幅に増加

    フランスのマクロン大統領は昨年6月のユーロサトリで「欧州諸国は戦時経済…

  2. 欧州関連

    ポーランド製MANPADSに注文が殺到、Grom-Mの生産量を3倍以上に増強

    ポーランド製の携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)に注文が殺到…

  3. 欧州関連

    センサーとシューターの分離が進む欧州、UAVを活用して対戦車ミサイルを視界外の目標に発射

    欧州のミサイル開発・製造企業「MBDA」は21日、マイクロドローンで収…

  4. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ

    パシニャン首相は18日「マドリッド原則を受け入れて『ナゴルノ・カラバフ…

  5. 欧州関連

    EUのウクライナ支援、加盟国の全会一致が必要ないBプランを準備中

    EUによる総額500億ユーロのウクライナ支援はハンガリーの拒否権発動に…

  6. 欧州関連

    遂にNATO加盟国までバイラクタルTB2を導入、ポーランドがトルコ製UAV導入を表明

    シリアやリビアの内戦で鍛えられナゴルノ・カラバフ紛争でブレークしたトル…

コメント

    • Authentic
    • 2024年 4月 14日

    真面目だねドイツ人は
    最初は誰よりも嫌がってたのに一度やると決めたら揺るがない

    14
      • jimama
      • 2024年 4月 14日

      もうすでに後がないからでしょう
      ドイツの高性能兵器()のメッキも剥がれてしまったし
      ヨーロッパ、ドイツの重化学工業はロシアから買い叩いていた資源(特にガス)に支えられてたところがあるのに
      ノルドストリーム吹っ飛ばしてしまいました
      ウクライナの敗戦後また元通りに取引できるはずもない以上
      ロシアを親ヨーロッパ(NATO)政権という名の経済的植民地化して資源とか買いたたけるようにできないと
      ドイツの工業終わりですし
      ある意味でウクライナ以上に詰んでいます

      46
        • たむごん
        • 2024年 4月 14日

        仰る通りで、ウクライナ戦争で大きく変わった点と思います。
        ドイツの化学産業、自動車産業などのあらゆる工業は、ロシアの安い天然ガス(発電を含む)に支えられていただけですからね。

        他国からLNGを輸入できたとしても、高価格になっていしまいます。
        ドイツ国内製造では、今までのような価格競争力を保つ事は不可能ですね。

        ドイツの勝ちパターンが崩れたなあと。

        35
          • 琥珀
          • 2024年 4月 14日

          他の欧州諸国以上にドイツの製造業はロシアのエネルギーに資源頼りでしたからねえ。
          ウクライナでの戦争が起きてからはドイツでは製造業が操業出来ない!って言われるほどに色々上がってましたし。

          ドイツはロシアの安価なエネルギーでの製造業に、東欧諸国や中東アフリカの移民不法移民を安価な労働力として、そしてEUの共通通貨を使って、EU諸国に自国の赤字を押し付けて、政府も民間も黒字にしてEUで勝ち組になってた感じでしたっけ。
          だからかEU内でもドイツ嫌われてるとこありますけど。

          14
            • たむごん
            • 2024年 4月 14日

            仰る通りです。
            中国の安全保障問題・人権問題には知らん顔をして、中国政府に追随しながら金儲け優先してきましたんですよね。

            日本に散々文句を言って、化石燃料叩きやりまくっていたのに。
            今のドイツは、石炭を燃やしまくり過去の事は知らん顔してるわけですよ。

            日本は、環境政策とか言って追随した結果、電気代の割り増し『再生可能エネルギー税』が酷い事になっていますね…。
            ドイツは、もっと電気代が酷い事になっていましたが、自業自得だなあと。

            15
    • 名無しの悪夢
    • 2024年 4月 14日

    これってオペレーターもセットですよね
    1週間で使えるような代物でもなさそうですし。

    8
      • Easy
      • 2024年 4月 14日

      一説には、3セット残ってることになってるパトリオットは1台破壊1台故障1台弾切れで現在稼働ゼロだそうで。
      いつでも首脳陣の頭上にイスカンデルを撃ち込める状態となりキエフ政権がパニックになってるために、精神安定剤としてのパトリオット支援とのこと。
      なのでオペレーターは現状余ってるので不要なのでしょうね。

      16
    • たむごん
    • 2024年 4月 14日

    ドイツは、本当に揺り戻しの激しい国ですね。

    パトリオットの発射機・弾薬の確保量、注目したいと思います。

    16
    • 774rr
    • 2024年 4月 14日

    日本くんもドイツを見習って星井
    去年の5月に発表された自衛隊車両100輌をウクライナに供与するってハナシ
    今やっと発送が完了したってニュース見てビックリしちゃった
    もうちょっと早く引き渡し出来なかったのかしら。。。ってね

    14
    • ふむ
    • 2024年 4月 14日

    スロヴァキアに展開してたイタリアの奴ですかね?>SAMP/T

    ウクライナにS-300提供した代わり(のアメリカのパトリオットの更に代わり)に展開して貰ってたのに撤収となんかゴタゴタしてましたが

    4
    • かかお
    • 2024年 4月 14日

    お金あるねぇ
    緩衝国がある分余裕があるよね
    日本も国内備蓄だってまともにないのに輸出するなんて言ってるけどどうなんやろ

    5
    • 2024年 4月 14日

    西欧は直接狙われる心配無いだろうし、自国のを提供しても問題はないでしょうね。
    ウクライナでの戦争を支援するのにこれを許せば中国や北朝鮮が同じような暴挙を許すとか言うのがありますが、これが日本や韓国のパトリオットを提供だと、寧ろ自ら防空やらを減らしてそういうのが起きやすくしてるって面も考えられますし。

    まあ、結局の一時的に防空がなんとかなっても弾が無ければすぐに元通りで、相手にとっては高価値のオブジェになりそうなんで、どう供給出来るかですよね。

    5
    • たら
    • 2024年 4月 14日

    10年単位でみたら、ロシアはドイツという寝た子を起こした可能性が。西ユーラシアはドイツの恐ろしさを忘れてしまったのでしょうか?

    4
      • ふむ
      • 2024年 4月 14日

      覚えてるからドサクサ紛れにノルドストリーム爆破したのでしょう

    • 暇な人
    • 2024年 4月 14日

    中国ロシア北朝鮮韓国と敵性国家に囲まれている日本には余裕ないのでドイツが頑張ってくれ

    8
      • きゅうり
      • 2024年 4月 14日

      軍事的にみて韓国を敵性国家のカテゴリに入れるのはネトウヨのアフィリエイト目的のヘイト記事でもなければ正気ではないと思いますが…

      16
        • きゅうちゃん
        • 2024年 4月 14日

        多くの日本人が、韓国を敵性国家だと思っていなくても、韓国政府や韓国軍が日本をどう見ているのか考えれば「ネトウヨのアフィリエイト目的」などと言えないと思いますが…

        6
          • きゅうり
          • 2024年 4月 14日

          韓国の国防部が対日本シフトを前提にした方針を出したり、日韓の国境紛争で実際に軍隊が出張るような急変とか近年ありましたか?
          韓国政府、韓国軍ともに歴史認識問題や竹島などの帰属問題で紛争はあっても普通に貿易や観光やらで日々銭のやりとりは活発ですし良くも悪くも普通の隣国としか言えませんね
          というかあの程度で戦争必至みたいな見方なら現在ホットウォーになってる東欧以外の地域でも隣国政府間の対立と協調の揺れって当たり前のことですよ
          派手派手な文字を使うゴミみたいな情報商材メソッドのコピペゆっくり解説動画な世界観を本気で信じてらっしゃるとは…

          3
            • kitty
            • 2024年 4月 15日

            韓国が本気で日本と戦争を志向していると考えるのは明らかに妄想の類でしかありませんが、高価な軍備の調達の当て馬にしているのは否定できないでしょう。
            北朝鮮相手だと海軍、空軍はまともに高い買い物の言い訳ができません。

            3
      • 2024年 4月 14日

      確かに韓国海軍は対自衛隊用だからね。
      すると韓国は自ら四面楚歌の状況を作っているね。

      7
        • きゅうり
        • 2024年 4月 14日

        確かに〜以下の文章が現実と全く関連なさそうですけどパラレルワールドでも幻視してるんですか?

        12
          • らら
          • 2024年 4月 14日

          韓国の仮想敵国が日本なのはどこをどう見ても明らかだし、本人たちが言っちゃってないか?
          北とはまだ停戦中のままだし陸軍も多いけどね

          なんで韓国が立派な海軍を育てようとしているのか考えたら猿にでもわかるかと?

          9
            • ルイ16世
            • 2024年 4月 14日

            韓国は半島の南側にありますが北朝鮮があるので実質島国であり交易はシーレーンに頼っています
            ですのでシーレーン維持の海軍が必要になります
            軍事的には仁川上陸作戦の成功体験もあり海軍がいる限り後方に守備隊を残す事を強要出来るので便利ですね
            政府同士は仲が悪いですが致命的な事をしている訳ではありませんからね
            釜山に中国軍基地を作りたいとは言ってませんから民族主義を掲げつつも最低限は弁えているでしょう

            6
    • もも
    • 2024年 4月 14日

    s300はもうないんですかね

    世界中に持ってる国があると思うんですが

    1
      • Easy
      • 2024年 4月 14日

      S-300を渡すのは良いとして、代わりになるのがパトリオットかSAMP/Tあたりになると思うんですが。
      現在納期が軽く5年待ちだそうで・・・
      5年間自国の防空をしないで大丈夫なら渡せるでしょうが。
      なかなかこのご時世ではそうもいかないようです。

      4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  2. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  5. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
PAGE TOP