欧州関連

ギリシャメディア、まもなく政府はF-35A調達を正式に決定する

ギリシャのΗ Καθημερινή紙は「水曜中に政府はF-35A調達の方針を決定し、正式にF-35A売却を米国に要請する」と報じて注目を集めている。

参考:Greece to make formal request for F-35s from US

どちらにしても米国からすればギリシャもトルコも同盟国なので、どちらか一方の戦力が偏るの修正したい意図もあるのだろう

ギリシャはフランスからラファールを24機導入中だがミツォタキス首相は今年5月の訪米中に「F-35Aを2028年以降に導入する」と発表、現地メディアのΗ Καθημερινή紙も29日「水曜中に政府はF-35A調達の方針を決定し、正式にF-35A売却を米国に要請する」と報じて注目を集めている。

出典:U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Brandon Shapiro

この他にもギリシャは保有するF-16C/DをBlock70/72(V仕様)にアップグレード中で、ここまで矢継ぎ早に空軍の近代化を推し進めるのは東地中海の海底に眠る天然ガスを巡る利権、エーゲ海の領海・領空問題、食い違う排他的経済水域の設定などでトルコと軍事的緊張が高まっているためだ。

ただギリシャ空軍の近代化は順調に進んでいる一方でトルコ空軍の近代化は行き詰まりを見せており、第5世代戦闘機TF-Xが完成するまで旧式化していくF-16C/Dでギリシャ空軍に対応しなければならないトルコは米国にF-16Vを売却(新規にF-16Vを40機+既存機のV仕様アップグレード80機分)を要求中で、訪米中にミツォタキス首相は米議会に「我々の領空を頻繁に侵犯するトルコにF-16Vを売らないでほしい、ウクライナ侵攻に対応している中で新たな不安定要因が発生することは許されない」と訴えている。

出典:ロッキード・マーティン

F-16V売却はバイデン政権が「F-35プログラムからの追放に対する補償」のためトルコに提案したものだと言われており、ブリンケン国務長官もトルコへのF-16V売却を認めるよう議会に要請しているが、S-400導入を問題視する米議会はトルコへのF-16V売却を認めてない。

しかし武器輸出の承認に絶大な力をもつ下院外交委員会が「もしトルコがフィンランドやスウェーデンのNATO加盟をブロックすればF-16V売却を認めない」と発言しており、現在開催中のNATO首脳会議でバイデン大統領とエルドアン大統領がF-16V売却について交渉を行うとも報じられているので、もしかするとギリシャはトルコへのF-16V売却を見越してF-35A発注を前倒ししたいのかもしれない。

出典:Ministerio de Relaciones Exteriores / CC BY-SA 2.0

どちらにしても米国からすればギリシャもトルコも同盟国なので、どちらか一方の戦力が偏るの修正したい意図もあるのだろう。

因みに英国はトルコに対する武器の禁輸措置を完全に解除しており、もし米国がF-16V売却に応じなければタイフーン調達に動くかもしれないと噂されている。

関連記事:トルコとギリシャの攻防、米議会はF-16V売却を認める可能性が高い
関連記事:トルコの失策、ギリシャのF-35Aはエーゲ海上空のゲームチェンジャー

 

※アイキャッチ画像の出典:Lockheed Martin

F-35A導入に傾くチェコ、グリペンC/D無償譲渡をスウェーデンが提案か前のページ

トルコ、フィンランドやスウェーデンにテロ容疑者33人の引き渡しを要請次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    意味深な発言、ゼレンスキー大統領が繰り返すバフムートでの前進

    ゼレンスキー大統領は昨日も「バフムートから期待していたニュースがもたら…

  2. 欧州関連

    ウクライナ空軍、冬までにF-16は届かないため防空システムの強化が必要

    ウクライナ空軍のイグナト報道官は16日「F-16はウクライナの空を守る…

  3. 欧州関連

    日空母にも早期警戒ヘリは必要?英海軍が開発進める「早期警戒型マーリン」の状況

    英海軍クイーン・エリザベス級空母の目や耳となる新しい早期警戒システムを…

  4. 欧州関連

    ポーランド外相、ウクライナとの2ヶ国関係は衰退期に突入しつつある

    ウクライナに対するポーランドの政治的な攻撃はますます激しくなっており、…

  5. 欧州関連

    英国、ウクライナに提供したAS90の代替品としてArcher取得を発表

    英国がウクライナに提供したAS90のギャップを埋めるため「Archer…

  6. 欧州関連

    ウクライナ支援で大きな役割を果たすイタリア、議会が武器支援継続を承認

    イタリア議会はウクライナ支援を迅速に実行するため「議会承認なしの武器供…

コメント

    • ido
    • 2022年 6月 30日

    やっぱりロシアのSU75、57は今回の侵攻で売れづらくなってるんかな。

    3
      • てか
      • 2022年 6月 30日

      とゆうか生産の見込みが立た無いのでは…

      29
    • トト
    • 2022年 6月 30日

    ラファールvsタイフーンになるような状況は流石に英国も及び腰になるのでは

    1
    • ブルーピーコック
    • 2022年 6月 30日

    一朝一夕とはいかんだろうが、トルコはS-400を諦めて同等の防空ミサイルを開発した方がいいんじゃないか。または韓国の天弓2を輸入するとか。

    2
    • ナニガシ(ラファール信者)
    • 2022年 6月 30日

    正面からの姿だけを評価して、ラファールを!(狂信)

    4
    • 戦略眼
    • 2022年 6月 30日

    その前にF-35Aを買う金があるのか?

    6
    • 58式素人
    • 2022年 7月 01日

    この国々(ギリシャ・トルコ)にステルス戦闘機を渡してもいいのかな。
    お互いに第一撃の成功による優勢を夢見て、
    入手し次第に開戦しそうに思えます。
    最近でもに空戦・海戦はしているようだし。
    キプロスを巡って現在に至るまで停戦状態だし。油を注ぐのはどうも。
    ステルス機が見えるレーダーが開発されたら両方に渡したらどうかと。

    1
    • samo
    • 2022年 7月 01日

    米国からしたら、このタイミングを嫌がっていそう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  2. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  3. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP