欧州関連

伊メディア、イタリアは60輌のM109Lをウクライナに提供済みか提供予定

イタリアのLa Repubblica紙は16日、ウディネ駅で撮影された20輌以上のM109Lについて「計60輌のM109Lがウクライナに提供されているか、近い将来引き渡される予定だ」と報じている。

参考:Così l’Italia potenzia l’artiglieria ucraina

60輌提供という話が本当かどうかは不明だが、保管中の数量を考えると決して不可能な数ではない

イタリアのドラギ前政権は昨年4月、ドンバスの戦いに必要な自走砲をウクライナへ送るため「PzH2000導入に伴い退役=保管中のM109L(A3相当/約200輌前後)を利用できないか調査を進めている」と現地メディアが報じていたが、これを運用可能な状態に戻すには数ヶ月間の作業が必要だと付け加えていた。

しかし3月に入ってウクライナ軍がM109Lを使用している視覚的証拠が登場、今月14日には20輌以上のM109Lを輸送する様子がウディネ駅で撮影され、イタリアのLa Repubblica紙は「前線で確認されたものを合わせると最低でも30輌のM109Lがウクライナに送られている。さらに(提供されるM109Lの数は)その倍だという情報もある。計60輌のM109Lがウクライナに提供されているか、近い将来引き渡される予定だ」と報じており、M109Lの改修費用は米国が提供しているらしい。

因みにイタリアはFH-70もウクライナに提供していると噂(FH-70の使用を視覚的に確認しているが複数の国が提供しているためイタリア提供分と断定できない)されてきたが、流出した機密資料(反攻作戦向けに編成中の旅団編成に関する文書)にも「イタリア(10門)とエストニア(8門)が提供するFH-70」の記載があるので、イタリアがM109LとFH-70をウクライナに提供しているのは間違いないだろう。

但し「60輌のM109Lをウクライナに提供する」という話が本当かどうかは不明だが、保管中の数量を考えると決して不可能な数ではない。

追記:何処かで訓練を行っている膨大な数のウクライナ軍兵士

関連記事:イタリア、ウクライナに提供する自走砲や装甲車を間もなく発表か
関連記事:イタリアのウクライナ支援は英独に匹敵、M270、PzH2000、M109を提供
関連記事:伊首相がキーウを訪問、SAMP/Tを含むウクライナ支援パッケージを発表
関連記事:イタリアのメローニ首相、支持率低下を招いてもウクライナ支援継続を約束

 

※アイキャッチ画像の出典:Ukraine News 

スーダン暫定政権内の主導権争い、ブルハン議長が率いる正規軍が優勢か前のページ

スーダンの首都を巡る戦いは3日目に突入、正規軍とRSFが激しい交戦を再開次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    独仏西が次世代戦闘機の試作機製造契約を授与、初飛行は2029年を予定

    ドイツ、フランス、スペインは16日「将来戦闘航空システム(Future…

  2. 欧州関連

    トルコ、TB2に搭載可能な新型レーザー誘導爆弾Bozokの量産を開始

    トルコ政府の防衛産業研究機関は4日、BAYKARのバイラクタルTB2に…

  3. 欧州関連

    通常動力型潜水艦に対する需要は30隻以上、仏独韓が積極的に売り込み

    オランダはワルラス級の後継艦に「トマホーク」と「AIP機関」を搭載する…

  4. 欧州関連

    独ラインメタル、155mm砲弾を年間45万発~50万発まで生産が可能

    独ラインメタルは榴弾砲向け155mm砲弾の生産量を年間45万発~50万…

  5. 欧州関連

    ポーランド陸軍、憂慮すべき事態が発生すれば躊躇なく武器を使用する

    ポーランド陸軍のソコロフスキー少将は「ベラルーシ国境で憂慮すべき事態が…

  6. 欧州関連

    新型攻撃ヘリがまもなく登場、LeonardoがAW249をEurosatoryで披露

    ウクライナとロシアの戦争で無人機やドローンの有用性にスポットライトが集…

コメント

    • ななし
    • 2023年 4月 17日

    どんな理由があれこんな密集して訓練するなよ……

    4
      • 戦略眼
      • 2023年 4月 17日

      安全な国外なんだろう。

      48
    • 戦略眼
    • 2023年 4月 17日

    日本もFH-70を送っても、ばれないかな。

    19
      • あばばばば
      • 2023年 4月 17日

      銘板をはがして送ったとしても、自走用のエンジンの製造メーカーが違うので絶対にばれるし、エンジン部品の互換はない

      まぁ乗用車用のエンジンだし、整備士になげときゃ大丈夫だろ(暴論)

      8
    • ななし
    • 2023年 4月 17日

    鉄道輸送できるのがうらやましい
    日本だとサイズ超過で無理なんだよなあ

    16
    • 58式素人
    • 2023年 4月 17日

    M109L(A3相当)とあるのだけれども。
    写真を見ると、33口径長(M109 A3)よりも、
    砲身が、気持ち、長く見えるのだけれど。
    ひょっとして、FH70の砲身に換装しているのかな。

    9
      • ミリオタの猫
      • 2023年 4月 17日

      当たりです
      M109LはイタリアのOTOメララが独自に改良した物で、155㎜砲がFH70と同規格の39口径長の物に換装されています

      39
        • 58式素人
        • 2023年 4月 17日

        ありがとうございます。
        やっぱりでしたか。
        でも、生き残るためにはその方が良いですね。
        今のウクライナでは、射程の長短が生死(大袈裟かな)
        にかかわるみたいですから。
        エクスカリバー砲弾がお安くなると更に良いのですが。

        11
          • nachteule
          • 2023年 4月 17日

           元々が誘導弾による命中率向上と言う付加価値付ける為にメーカーが開発しているからさらに安くってのは商業活動としては無いと思う。当然、射程が伸びてもしっかり誘導するとか高圧による衝撃とかに耐えるとかGPS妨害対策した上で基本性能が発揮出来なければ、全く意味が無い訳で今後を考えたらしっかりメーカーには利益落とすべきでしょ。
           全体的に誘導砲弾の比率が増えていくならばスケールメリットは発生して値段は下がっていくだろうし、ライバルが増えて値段を下げざる得ない事態になっていくかもしれないがそれも数年先の話で今じゃない。

           安い誘導砲弾が欲しいならイスラエルの専用弾を必要としない価格が1/6位?であるTOPGUNキットが有るけどウクライナに輸出するかな?VULCANO 155mmもライバルだろうが価格は分からないし専用砲弾だから安くはないのは想像出来る。
           エクスカリバーが高いと言いつつも他の誘導兵器より射程とか値段で優位に有ると思うし、兵站・命中率・砲身寿命・味方の被害低減etc・・・得られるメリットに対しての価格を考えたら安いと考えても良いのでは?

          2
            • 58式素人
            • 2023年 4月 17日

            そうですね。
            エクスカリバーは、先の記事のLRMPや
            HE-ExRを除けば一番射距離がありますね。
            スケールメリットを期待したいものです。

      • 鼻毛
      • 2023年 4月 17日

      このスレいいですね…こういう軍事オタクな書き込みがもっと見たい。

      4
    •    
    • 2023年 4月 17日

    イタリアは支援内容公開してないしな
    他にも公開しておらず後で判明したケースも少なくない
    ウクライナ自身が支援金で購入もしてるし
    実際されてる支援は割り増しで考えた方がいい

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
PAGE TOP