中東アフリカ関連

スーダン暫定政権内の主導権争い、ブルハン議長が率いる正規軍が優勢か

スーダン暫定政権の「ブルハン議長が率いる正規軍」と「ダガロ副議長が率いるRSF」の戦いは正規軍が優勢に見え、スーダン軍は「ダガロ副議長は隠れ家から逃亡した、RSFの幹部も降伏している」と主張しているが、戦いが収束する気配はない。

参考:السودان لحظة بلحظة.. استمرار المواجهات بين الجيش والدعم السريع ومناطق القتال تشهد أوضاعا مأساوية

首都ハルツームでは現在も戦闘が続いており、まだ両者の戦いが収束する気配はない

スーダン軍と準軍事組織(RSF)は2021年10月、民主化プロセスを主導していたハムドゥーク暫定政権をクーデターで打倒、新たな暫定政権=軍事評議会を設立して陸軍出身のブルハン氏が議長を、RSF出身のダガロ氏が副議長を務めたが「正規軍の陸軍にRSFを統合する方法」で両者の関係が悪化、RSFは今月12日に首都ハルツームを含む幾つかの地域に部隊を展開して両者の軍事衝突が懸念されていた。

出典:Mohamed Hamdan Daglo ダガロ副議長

正規軍のスーダン陸軍は「RSFの行動は承認を得ない勝手な行動で法に違反する行為だ」と非難、展開させた部隊を基地に戻すよう要求していたが、15日に首都ハルツームを含む幾つかの地域で銃声が鳴り響き、首都の中心部、紅海州のポート・スーダン、北部州のメロウェ空港、北コルドファン州のエル・オベイド空港、北ダルフール州のエル・ファーシル空港とカブカビア、西ダルフール州のジュナイナ空港、南ダルフール州のニャラなどで武力衝突が発生。

RSFは当初戦いを優勢に進め、首都の大統領官邸、陸軍長官の住居、ハルツーム国際空港、メロウェ空港、エル・オベイド空港、エル・ファーシル空港、ジュナイナ空港を支配していると主張したが、空からの支援を受けたスーダン陸軍が巻き返してカッサラ州の州都カッサラ、ガダーレフ州の州都ガダーレフ、紅海州の州都ポート・スーダン、青ナイル州都ダマジン、白ナイル州のコスティ、ハルツーム州のカドグリにあるRSFの本部を制圧したとアルジャジーラが報じている。

出典:GoogleMap スーダンの状況/管理人加工(クリックで拡大可能)

さらにスーダン軍は「クーデターを主導したダガロ副議長が隠れ家の1つから逃げ出した」「一部のRSF幹部が降伏している」と主張、これが真実ならRSFのクーデターは失敗した可能性が高いが、首都ハルツームでは現在も戦闘が続いており、まだ両者の戦いが収束する気配はない。

因みにスーダン軍とRSFは国連の提案に同意、16日午後4時から「毎日3時間だけ人道的回廊を開く(双方とも相手に違反がある場合は応戦すると主張)」と発表している。


追記:首都ハルツームの様子


追記:首都ハルツームの大統領官邸を守るスーダン軍


追記:ハルツーム国際空港の様子


追記:紅海州の港湾都市スアキンでの戦闘


追記:紅海州のポート・スーダンを支配するスーダン軍


追記:スーダン軍がダガロ副議長の隠れ家で見つけた制服を見せて「逃げ出した(飽くまでも隠れ家の1つから逃げたという意味で国外に脱出した訳では無い)」と主張している。

追記:RSFはエジプト軍兵士の捕虜を連れて占領したメロウェ空港から逃げ出したと報じられている。両者は国連の提案に同意したが16日午後4時以降も戦闘は続いているらしい。

関連記事:スーダン軍と準軍事組織の軍事衝突、大統領官邸や国際空港周辺で激しい戦闘が続く
関連記事:スーダンで激しい武力衝突、準軍事組織が大統領官邸や国際空港の占拠を主張
関連記事:スーダンの首都で正規軍と準軍事組織が衝突、国際空港は黒煙に包まれる

 

※アイキャッチ画像の出典:Twitter経由

芳しくなくT-7Aの開発状況、量産機引き渡しは2023年から2025年以降に変更前のページ

伊メディア、イタリアは60輌のM109Lをウクライナに提供済みか提供予定次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    無人航空機分野に挑戦するスーダン、IDEXで徘徊型弾薬Kamin-25を発表

    アラブ首長国連邦で開催された防衛展示会で国産の徘徊型弾薬「Kamin-…

  2. 中東アフリカ関連

    イスラエルがサウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーンとの4ヶ国同盟を設立に向けて交渉中

    イスラエルがサウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーンと4ヶ国同盟を…

  3. 中東アフリカ関連

    NTT、日本の防衛費増額はイスラエルのサイバー企業にとってチャンス

    イスラエルメディアの取材に応じたNTTセキュリティの与沢社長は「日本の…

  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

    アラブ首長国連邦は首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でSky…

  5. 中東アフリカ関連

    イスラエル軍によるガザ地区への空爆、市民の死傷者は1万2,000人超え

    ガザ地区の保健省は「15日午後19時時点で2,670人が死亡し9,60…

  6. 中東アフリカ関連

    イラクがバイラクタルTB2調達契約を締結、同機の総生産数は343機以上に拡大

    イラクのアル・ジュブリ国防相は今年8月に「TB2購入についてトルコと合…

コメント

    • もちょ
    • 2023年 4月 17日

    ハルツーム首都内のRSF司令部は政府軍が鎮圧したみたいすね

    反乱軍はテクニカルや軽装甲車主体の軽軍ですから、戦車や戦闘機、戦闘ヘリを持つ正規軍には分が悪いでしょう
    だからこその各空港・基地への奇襲攻撃なんでしょうが

    今後の展開としては政府軍がこのまま押しつぶすか、イエメンやその他の紛争地帯よろしく停戦しては停戦破棄をダラダラ繰り返す戦いになるかのどちらかの可能性が濃いすか?

    7
      • TKT
      • 2023年 4月 17日

      まあ政府軍だ、反乱軍だ、といったところで、もともと両方がハムドゥク暫定政権に対してクーデターを起こした反乱軍なわけで、クーデターを起こされたハムドゥク政権も暫定であり、その前の政権はやはりクーデター、反乱で前・政権を打倒した独裁政権で、要するにみんなもともと反乱軍と言っても過言ではなく、単なる軍閥同士の抗争とも言えます。

      ただMiG-29を持つ空軍がブルハン中将の側についているのは、ダガロ将軍の反乱軍にとっては不利であり、だからこそだったら離陸する前に先に攻撃してしまえ、となったのでしょう。

      14
        • 伊怜
        • 2023年 4月 17日

        スーダンはロシア海軍の紅海拠点となる基地が建設される予定で、それを認めた政権に対する欧米諸国の工作という可能性もありそうじゃないです?
        たんなる軍閥の争いなら鎮圧されて終わりですが、裏で誰かが手を引いてるなら泥沼化する可能性が高いです。

        3
          • きっど
          • 2023年 4月 17日

          今更ロシア海軍の海外拠点建設なんぞが問題になるような情勢とは思えませんがねぇ……
          ウクライナ侵攻以前から金も足りずに計画が頓挫しかけていた様な記憶が

          5
    • 七面鳥
    • 2023年 4月 18日

    うーん区別がつかない

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  3. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  4. 中国関連

    中国、量産中の052DL型駆逐艦が進水間近、055型駆逐艦7番艦が初期作戦能力を…
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP