欧州関連

高いのか?安いのか?ギリシャのラファール導入費用は約3,000億円

ギリシャ政府のスポークスマンであるステリオス・ペサス氏は今月17日、ラファール導入に関する取引額は19.8億ユーロ(約2,500億円)だと明かして注目を集めている。

参考:Greece to sign €2.3bn deal for 18 Dassault-made Rafale fighter jets

フランスにしては頑張ったといえるギリシャとのラファール導入契約の内容

東地中海の排他的経済水域(EEZ)問題でトルコと深刻な軍事対立に直面しているギリシャは今年8月「18機のラファールを購入することでフランスと合意した」と発表、両国間で契約の詳細について話し合いが行われ最終的に19.8億ユーロ(約2,500億円)でフランス空軍が使用中のラファール(F1もしくはF2仕様)12機と新規に製造したラファール F3仕様を6機導入することで話がまとまったらしい。

ただ関連機器の導入費用としてギリシャは約4億ユーロ(約500億円:恐らくミーティアなどの搭載兵器を導入する費用)を別に支払うことになっているため、ラファール導入費用の総額は約23.8億ユーロ(約3,010億円)で中古ラファールの引き渡しは来年6月から、新品ラファールの引き渡しは2023年半ばになると報じられている。

出典:Tim Felce / CC BY-SA 2.0 フランス空軍のラファールB

因みに海外輸出されたラファールの平均導入費用(関連費用込)は1機あたり2.2億ユーロ(278億円)なので、ギリシャの中古ラファール導入費用は1機あたり8,800万ユーロ(約111億円)前後になる計算だ。さらに海外輸出された新品のラファール引き渡しまでに掛かった平均期間(パイロット養成期間も含む)は約4年なので、ギリシャに2年半で新品のラファールを引き渡すというフランスの対応は非常に異例といえるだろう。

果たしてギリシャが導入するラファールは高いのか?安いのか?は人によって評価が分かれるだろうが、日本が追加導入を決めたF-35の平均導入費用(関連費用込)は1機あたり約2.2億ドル(約240億円)なので相対的に見れば割高だと言えるが、これまでのラファール輸出事例から見るとギリシャの導入費用は短納期を要求したにも関わらず平均的な範囲に収まっていると言える。

管理人調べではラファールの平均生産単価は7,000万ユーロ(88.6億円)~1億ユーロ(126億円)なので量産規模が大きいF-35やF-16などと比べると割高に見えてしまうが、その辺りの費用対効果をラファールを求めるのは土台無理な話で、それよりもギリシャの事情に配慮して異例とも言える短納期に対応したフランス側の努力を称賛すべきだ。

関連記事:戦闘機導入の相場、フランスのラファール導入が高額になる理由
関連記事:高価過ぎる? 1機240億円も必要な日本のF-35追加導入は正しいのか

 

※アイキャッチ画像の出典:public domain ラファールB

目的は空母技術の売り込み? 英国が空母クイーン・エリザベスの韓国寄港を希望前のページ

戦闘機導入の相場、タイフーンが中東以外に人気がない理由次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ギリシャで米国に勝利したフランス、今度はウクライナにラファールを提案か

    フランスのマクロン大統領は今年の夏までにウクライナを公式訪問すると発表…

  2. 欧州関連

    ドイツ外相、欧州で戦争は発生しないと信じて国防予算を削減し過ぎた

    バーボック独外相は「ドイツのウクライナへの軍事支援は何故ポーランドやノ…

  3. 欧州関連

    スウェーデン、国防予算8億ドルのクロアチアにグリペンを提案

    スウェーデンは9日、クロアチアの戦闘機調達のための入札にサーブ製の戦闘…

  4. 欧州関連

    ウクライナ代表団、ロシアは自分達の方が困った状況にあると自覚している

    ウクライナのミハイル・ポドリャク大統領顧問はロシアとの和平交渉について…

  5. 欧州関連

    スロバキア、155mm砲弾対応の自走砲Zuzana2をウクライナに納品

    スロバキアから購入した新型自走砲「Zuzana2」がウクライナに到着、…

  6. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍、ナゴルノ・カラバフ地域に対する全方位攻撃を再開か

    アルメニア国防省は13日、アゼルバイジャン軍によるナゴルノ・カラバフ地…

コメント

    • 野嘗
    • 2020年 12月 20日

    ( ´_ゝ`)フーン 頑張って~

    5
    • 野嘗
    • 2020年 12月 20日

    ガンバ!

    3
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    有事になれば安いと言えるし、平和が続けば高いと言える
    高くついたと言えるうちが幸福

    17
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    どんなに安くて良い物でも必要な時に手元に無ければ意味無いからな
    金で時間を買ったと思えば良いだけ
    日本も考えた方が良い

    10
    • レニングラード
    • 2020年 12月 20日

    F-35はなぜこんなに安いのですか?最新機だから高そうだけど。量産効果ですかね

    4
      • 匿名
      • 2020年 12月 20日

      量産効果だと思うが。
      最近の菌の戦闘機は輸入数が少なく輸入国の国情に合わせてカスタマイズされているれからさらに高くなってしまう、F-35は機体ごとの差がなく同じスペックで量産されるからさらに安くなる。

      オーダーメードと吊るしの違い。

      10
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    こうして見ると兵器輸出っていうのは本当に政治の取引なんだなあ
    仮に日本がラファール200機導入するからと言ってどんな交渉してもこのお値段にはしてもらえないだろうし
    かと言ってそれがコスト的な問題ならば、なぜギリシャは遥かに安くて高性能なF-16Vにしないのか?という話になるし

    フランスとギリシャの間でどんな政治的(秘密)取引があったんだろうか?(まあギリシャの国情からして政府高官への賄賂が決めてなのだろうという邪推は脇に置いて)
    ギリシャの利益としては、EU内から導入する事でフランスの口利きでEUの経済援助の見返りが見込める事で
    フランス的には、地中海ギリシャ経由の難民の移動ルート問題での秘密取引とかそんな感じなのかな

    ・・・多分、トルコは口実に使われただけっていう

    4
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    イタレリのラファールCとB作ったなー。斜め前からみるとかっこ良かった。それに引き換えEFA(タイフーン)は‥。

    4
      • 匿名
      • 2020年 12月 20日

      正面から見てもカッコいい。
      タイフーンはエアインテークを抱えてるようで、曲線をぶち壊してる。
      F-16はコブが付いてるし。
      F-3はぜひタイフーンっぽくデザインしてほしい。無理か。

      1
        • 匿名
        • 2020年 12月 20日

        ステルスを捨てるすね。>タイフーンぼく

        2
      • 匿名
      • 2020年 12月 20日

      同じカナード付きデルタ機だけど、タイフーンは機首に近すぎるカナードと一体感に欠けるエアインテークで前から見ると別物なんだよな・・w

      1
      • 匿名
      • 2020年 12月 21日

      ラファール真っ正面の面構えが好きだな、タイフーンは直球で言うとイカに見えて駄目だった

      1
        • 匿名
        • 2020年 12月 22日

        いやもうネットではタイフーン普通にイカ呼ばわりよ?

    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    ラファールの平均的な引渡し所要期間は約4年か。ただし、軍用機の購入は大商いだから、
    買い手側は、選定・交渉・審議・予算付け・導入まで、通常なら6-7年くらいはかかりそう。
    そう考えると、フランスはかなり勉強したといえるだろうね。

    7
    • にわかミリオタ
    • 2020年 12月 20日

    F35ってやっぱり安いですね。
    多国間共同開発有人機の最後の成功例かも。

    8
    • 野嘗
    • 2020年 12月 20日

    是非ともF35Bを10000機買って値段を下げろと言いたいところだ。

    2
    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    品質が良くても高くて売れないことをフランス人は自嘲を込めてラファール症候群と呼ぶらしい。それがこの1年ほどでインドに36機、ギリシャに18機、うまくいけばインドネシアに48機と、ダッソーは感涙にむせんでそう。
    FCASの先行試験も兼ねて、V字双垂直尾翼、ダイバータレスインレット、ステルスウェポンポッドなどでステルス性をアップしたシュペル・ラファール開発して欲しい、無理だけど。

    4
      • 匿名
      • 2020年 12月 21日

      F-16が最大のライバルだしな

      3
        • 匿名
        • 2020年 12月 21日

        F-16はクラスが下でしょ。
        ラファールは韓国空軍でF-15E(およびタイフーン・Su-27M)より高い評価を得てるしF4仕様も開発中なので、性能面でライバルはF-15EXや(試作で終わった)アドバンスド・スーパーホーネット辺り。

    • 匿名
    • 2020年 12月 20日

    台湾のミラージュ2000はF-16と比較して維持コストが大変だったようですがさてギリシャのラファールはどうなんでしょう?
    納期最優先だからしゃーなしなのか、ミラージュよりも改善されてるのか気になるところです。

      • 匿名
      • 2020年 12月 21日

      かつてはミラージュF1やミラージュ2000を運用していた国だからフランス製の機体との付き合い方というかノウハウは有りそうだから何とかするんでしょうね

      2
    • 匿名
    • 2020年 12月 21日

    フランスはトルコと敵対してるのでギリシャに力つけさせるために儲け度外視で販売しているのでしょう
    軍需産業とは儲かるためにやっているのではなく外交や国家戦略のためにやるもんだということだね

    5
      • 匿名
      • 2020年 12月 21日

      そういやアメリカも夏頃にギリシャにF-35含む大量の戦闘機や装甲車を「タダで」供与していたな。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
PAGE TOP