インド太平洋関連

ロッキード・マーティン、タイ空軍のF-35A調達話は公式のものではない

ロッキード・マーティンの関係者は「タイ空軍がF-35Aに関心を示していることを知っているが私が知る限り公式のものではない」と述べ、米国政府の判断に左右されると明かした。

参考:RTAF’s purchase of F-35s up to US government, says manufacturer

タイ空軍はF-35Aを最終的に8機調達することを予定するも、まだオフィシャルな話ではないらしい

タイ空軍のナパデージ空軍司令官は昨年末に「F-5Eを交換するため調達コストが8,200万ドルまで値下がりしたF-35Aが最良の選択肢に浮上した、導入済みのグリペン最新モデルを調達するには8,500万ドルの費用がかかるため我々が手がF-35Aに届かないということはなく、米国との交渉次第では7,000万ドル強まで調達コストを下げることも可能だ」と昨年末に述べて注目を集めたが、タイ空軍は今年1月に新しい戦闘機を4機調達するため4億1,300万ドルの資金を確保、F-35Aを最終的に8機調達することを予定しているらしい。

出典:U.S. Air Force photo/R. Nial Bradshaw

この問題についてシンガポール・エアショーに参加しているロッキード・マーティンの関係者は「タイ空軍がF-35Aに関心を示していることを知っているが私が知る限り公式のものではない」と述べ、タイ空軍がF-35Aを調達できるかは米国政府の判断に左右されると明かした。

対外有償軍事援助を管理する米国務省もタイ空軍向けのF-35Aについて何も発表していないので、仮に米国政府がタイ空軍へのF-35A売却を容認しても正規の手続きが進むのは当分先の話になるだろう。

関連記事:8,200万ドルなら手が届く、タイ空軍がF-5Eの後継機としてF-35A調達を検討中

 

※アイキャッチ画像の出典:U.S Air Force photo by Airman 1st Class Jacob Wongwai

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

英メディア、ロシアと取引した仏独がミンスク合意履行をウクライナに要請か前のページ

ウクライナの首都キエフにあるロシア大使館で煙が発生、機密資料の処分?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    近代化を推し進める豪陸軍、新たにM1A1の最新バージョンM1A2/SEPv3を75輌調達

    米国務省は4月29日、オーストラリア向けに16億8、500万ドルの重装…

  2. インド太平洋関連

    インドネシア海軍、潜水艦の沈没は「水中波」と呼ばれる自然現象が原因だと発表

    バリ島北部の海域に沈没した潜水艦「ナンガラ」の事故原因についてインドネ…

  3. インド太平洋関連

    米海軍が導入中の潜水艦から発射可能なUAV、インドも自国軍向けに開発を発表

    米海軍は攻撃型原潜にULUAV(水中発射可能なUAV)の配備を進めてい…

  4. インド太平洋関連

    フィリピン海軍のコルベット艦調達、韓国の現代重工業が最有力候補か

    フィリピン海軍が新たに調達を進めているコルベット艦について英国のジェー…

  5. インド太平洋関連

    衝撃的な事実、パキスタンのパイロットの40%は偽ライセンスで旅客機を操縦

    パキスタンのグラム・サルワール航空大臣は首都カラチで墜落した旅客機事故…

コメント

    • samo
    • 2022年 2月 17日

    そこまで米国はタイを信用してないでしょう
    そもそも、ASEANの中でも、特にタイ自体が中国に親密すぎる
    中国に対抗する国とは、現状とても言い難い
    TPPにも入ってないしね

    30
    • tofu
    • 2022年 2月 17日

    正直望み薄じゃないかなぁ・・・
    ラファール、スパホ、グリペンE、あたりに落ち着きそう

    穴狙いでポラメ
    大穴で、Su-57かJ-20ということで一つ

    10
      • タマ
      • 2022年 2月 17日

      配備済のグリペンかF-16の2択だと思うんだが。

      とっちも最新版の機体単価はF-35と変わらんが、ライフサイクルコストを考えると、タイには厳しいんじゃないかなー

      8
    • 伝説のハムスター☆☆☆
    • 2022年 2月 17日

    他のASEAN諸国もそうだけど中国との戦争に参加しないだろうし、完全に中国サイドにつかないようそこそこの兵器を売って関係を維持していく方針だから売らないだろうね

    8
    • 黒丸
    • 2022年 2月 17日

    ハリヤーを更新するF-35Bはいらないのか?
    そもそもとりあえず4機 最終8機って、戦前の日本の海外航空機導入?
    試験・新技術・戦術検討用みたいな使い方しか思いつかないが

    1
      • 全てF-35B
      • 2022年 2月 17日

      チャクリナルエベトのために、F-35Bを
      購入するんだ!
      オーバーホールに出して、飛行甲板を強化して、エレベーターも大型化して、JPALSも搭載するんだ!
      格納庫の高さが足りるかな?

      6
        • DEEPBLUE
        • 2022年 2月 18日

        やっても国王のヨット・・・

        2
    • k
    • 2022年 2月 17日

    アメリカはF‐35導入国には全ての国にフルスペックで提供してるんだろうか。もしそうなら初めてなんじゃないだろうか。
    いまどきの戦闘機はダウングレード版新たに造るとかえって高くつくんだけど

      • 戦略眼
      • 2022年 2月 17日

      block3の中古を渡せば、いいのでは?

    • KAMO
    • 2022年 2月 17日

    猫も杓子もF35ですね
    売って貰えるかは別としても、実際導入した場合には1飛行隊にも満たない機数のF35で抑止力になるものなんですかね?

    5
    • BM21
    • 2022年 2月 17日

    タイは結構親中だしアメリカは売らないんじゃないかなあ。
    あと最近だいぶ安くなったとはいえタイの国防費に対してF35を導入する費用運用していく費用が身の丈にあってるかも疑問。

    7
    • DEEPBLUE
    • 2022年 2月 17日

    軽空母に積むBでもないならF16Vあたりにしといた方がいいよ

    5
      • 全てF-35B
      • 2022年 2月 17日

      チャクリナルエベトでは、運用出来ないよ。

        • DEEPBLUE
        • 2022年 2月 18日

        ヘリ空母とすら大して運用されてないらしいですが現状

        2
      • tarota
      • 2022年 2月 17日

      性能と価格、外交的に曖昧さを残せる、そして何よりかっこいいラファールがいい
      中小国に売れるのはやはり何かと都合が良いんだろうね

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  3. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  4. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  5. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
PAGE TOP