ロシア関連

ロシア陸軍の最新鋭T-90M、ウクライナと国境を接するクルスク地域に配備

ウクライナ国境に近いロシアのクルスク州郊外で昨夜、鉄道車輌によって運搬されるT-90M/Proryv-3が確認されたと報じられている。

参考:Russia sending its newest tanks to Ukraine border

やはりウクライナ周辺に動員されたロシア軍部隊や装備は減っているのではなく増えている

ロシア陸軍の中で最も新しいT-90M/Proryv-3はT-14向けに開発された主砲、自動装填装置、アクティブ防護システム(APS)などをT-90に統合したモデルで、まだ生産量が限られているため西部軍管区の精鋭部隊「第1親衛戦車旅団」にしか配備されておらず、T-90M/Proryv-3を20輌以上運搬中の鉄道車輌がクルスク州郊外を走っている様子がネットにアップされ注目されている。

因みに撮影された場所はウクライナ国境から約80km離れた地点で鉄道車輌がウクライナ国境方向に向かったと報じているので、ロシア軍部隊の撤退は偽りで逆に増えているという米国やNATOの主張を裏付けるものになるだろう。

関連記事:米国に続きNATOとウクライナが「ロシア軍撤退を確認できない」と発表

 

※アイキャッチ画像の出典:YouTubeのスクリーンショット

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

ウクライナの首都キエフにあるロシア大使館で煙が発生、機密資料の処分?前のページ

米英、今後数日以内にロシア軍がウクライナへ侵攻する可能性を警告次のページ

関連記事

  1. ロシア関連

    第二次大戦のように戦うプーチン、ゲラシモフ・ドクトリンは読んだのか?

    ケンブリッジ大学で上級研究員を務めるジョン・ノートン氏は26日、ロシア…

  2. ロシア関連

    早くも「SU-57」後継機を検討?ロシアでも第6世代戦闘機の研究が進む

    ロシアは第5世代戦闘機「SU-57」の量産に着手したばかりだが、ロシア…

  3. ロシア関連

    ロシアの新型戦闘機「LTS」はステルスと安価な運用コストを両立したマルチロール機

    ロシアのプーチン大統領はMAKS国際航空ショーの会場を訪れ、スホーイ設…

  4. ロシア関連

    ロシアがイラン向け観測衛星をウクライナの戦いに転用、戦場認識力が向上

    ロシアは来週打ち上げ予定のイラン向け観測衛星をウクライナの戦いに転用す…

  5. ロシア関連

    極超音速兵器の実用化で先行するロシア、原潜から極超音速ミサイル「ジルコン」の試射に成功

    ロシア国防省は4日、ヤーセン型原子力潜水艦1番艦のセヴェロドヴィンスク…

  6. ロシア関連

    米国の予想通り、ドネツク軍の指揮官殺害を狙った爆破テロ攻撃が発生

    露国営メディアのRIAノーボスチはウクライナ東部のドネツク人民共和国で…

コメント

    • 2022年 2月 18日

    バイデン大統領が数日以内にロシアが攻撃をする可能性が非常に高いと発言したそうで、北京五輪の閉幕が20日なのを考えると、かなり危ないですね……。

    16
    • 匿名
    • 2022年 2月 18日

    タンクサンシェード付きT72後送してAPS付きT90投入してくるの完全にジャベリンのせいでワロス!
    結局予定通りに2月20日が攻撃発起なんでしょこいつら

    16
    • G
    • 2022年 2月 18日

    わざわざまだ数が限られている最新鋭兵器を投入するということは、侵攻しても損耗率が少ないワンサイドゲームが続き、各種兵器の実戦データをとるのにちょうどいいと考えられるだけの戦力があるという自信の表れでしょうか

    2
      • ダヴー
      • 2022年 2月 18日

      消耗しないから最新装備をを惜しまず投入できるというのではなく、その逆で、激しい抵抗が予想され味方に損害が出る可能性が高いから、最新装備を投入して味方の損害を抑えようとしてるだけだと思う。
      ロシアだって兵士の命は安くない。

      19
      • 四凶
      • 2022年 2月 18日

      そんなことはない、むしろ侵攻の可能性をかなり考慮したからコイツを持ってきたとしか思えない。配備後1年以上は経過して戦力化としては十分だろうし。

      どこまで本当かわからないけどある程度の赤外線ステルスがある話が本当なら、支援の対戦車ミサイルをかなり意識した感じがする。

      シリアでさんざん新兵器の実験やってるから、舐めプではなく鹵獲の危険性が少なく効果があると思えば新しい戦力の投入は不思議じゃない。

      2
    • トクメイキボウ=サン
    • 2022年 2月 18日

    クリミア危機の時とは違ってウクライナ側は各種ドローンとハイブリッド戦対策をしてるからロシア側もドローン対策でガチガチに固めた正規軍を用意してますね。

    11
    • うし
    • 2022年 5月 18日

    どうせぬかるみにはまって置いて帰るんだろ?

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  2. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  3. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  4. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP