欧州関連

トルコとウクライナ、無人航空機やエンジンの共同生産を通じて急速接近

トルコとウクライナは軍事分野での協力を急速に拡大中で、両国は無人航空機(UAV)だけでなく対戦車ミサイルや航空機用エンジンの共同生産を行う方向で話が進んでいるようだ。

参考:Ukraine looking for site for Turkish Bayraktar to produce UAVs – Dpty PM

UAVや航空機用エンジンの共同生産、さらにはTFXへのウクライナ参加まで検討されている両国の協力関係

トルコのエルドアン大統領とウクライナのゼレンスキー大統領は今月16日、2ヶ国間の軍事協定を締結することで合意・署名が行われたが協定の中身については伏せられている。

しかしトルコメディアによれば今回の協定には航空機用エンジンや装甲車両用ディーゼルエンジンの共同開発やトルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」の共同生産に関する内容が含まれている報じており、これが事実ならトルコは中国が欲しがっていたウクライナのエンジン技術取り込みに成功したことになると前回の記事で書いたが、より詳細な情報が入ってきた。

出典:baykarsavunma バイラクタルTB2

ウクライナメディアによれば、無人航空機「バイラクタルTB2」を製造しているトルコ企業バイカルはウクライナと共同でUAV製造(機種まで言及されていないがバイラクタルTB2の共同生産が有力視されている)のための工場をウクライナ国内に建設、ウクライナ人エンジニアや設計者を雇用してUAV製造を行い、ウクライナ側は製造したUAVの国内及び海外への販売権利を保有するらしい。

さらにトルコ製対戦車ミサイルの共同生産や、ヘリやUAVに使用する航空機エンジンを製造するための企業を共同で設立することも検討中で、トルコが開発中の第5世代戦闘機「TFX」へのウクライナ参加も検討議題に挙がっているとウクライナメディアが報じている。

出典:TURKISH AEROSPACE トルコが開発中のTFX

本当に両国の協力がTFXまで拡大するのかは不明だが、今回の協定をきっかけに大型輸送機An-124やAn-225、攻撃ヘリMi-24やMi-28のエンジンを製造するウクライナ企業モトール・シーチと合弁企業を設立すれば、海外からの供給に頼っていたエンジンの大部分を国内供給に切り替えることも夢ではない。

特にS-400導入やナゴルノ・カラバフ紛争への関与の影響でバイラクタルTB2に使用しているロータックス製エンジン「Rotax 912」や国産攻撃ヘリ「T129 ATAK」に使用している米国製エンジン「LHTEC T800」の入手が困難で、この問題を中長期的に国内供給へ切り替えることは最優先課題だろう。

因みにウクライナ側もトルコ製コルベットに興味を示しており、将来的にトルコ側の協力を得て国内でコルベットの建造を行いたいと言っており、両国は互いに不足している部分を補い合う関係=利害が一致しているため非常に深い関係に発展する可能性を秘めている。

逆にロシアからすれば、自国と利害が対立する黒海周辺の国同士が接近するの忌々しく眺めているに違いない。

関連記事:ボンバルディア、トルコ製UAV「バイラクタルTB2」に使用されているエンジン輸出を停止
関連記事:トルコとウクライナが軍事協定を締結、バイラクタルTB2とエンジン技術を交換か
関連記事:ウクライナ、トルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」を48機追加調達か

 

※アイキャッチ画像の出典:Bayhaluk / CC BY-SA 4.0 バイラクタルTB2

中国の「ワンチャイナ政策」押し付けに立ち向かう印メディアに称賛前のページ

イスラエル、UAEへのF-35A販売に同意する見返りとしてF-22を要求か?次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    F-35出資見送りで後悔したポーランド、ロッキードとの無人機開発に動く?

    ロッキード・マーティンはMSPO国際防衛産業展示会で、F-35と連携し…

  2. 欧州関連

    空母に搭載するF-35Bは? イタリアが再びF-35調達削減に乗り出す

    イタリアは空母「カブール」でF-35Bを本当に運用する気があるのだろう…

  3. 欧州関連

    フランスの執念は実るのか? トルコ制裁をEUが月曜に発表予定

    EUは国連が定めたリビアへの武器禁輸措置に違反したとしてトルコ、ヨルダ…

  4. 欧州関連

    グリペンの後継機開発へ、スウェーデンが次世代戦闘機の開発に着手

    スウェーデンのフルトクヴィスト国防大臣は16日、NATOのミッションフ…

  5. 欧州関連

    トルコ、実戦で効果的だった電子妨害システム「KORAL」の後継を開発中

    トルコのエルドアン大統領は12日、防衛産業企業アセルサンの新しい施設の…

  6. 欧州関連

    トルコによる仏海軍艦艇へのレーダー照射事件、NATOが解明に乗り出す

    NATOのストルテンベルグ事務総長は18日、フランスが要求していた「ト…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    カナダからの無人機用のカメラやエンジンがトルコに輸出禁止になったように、そろそろウクライナには米・欧・露から圧力掛けられそう。

    そういやウクライナってアメリカの民主党の方の利権だっけ。

    11
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    TFXなんて発表当時はモックアップを見てツッコミ多数だったけど、ウクライナが参画するならひょっとしてひょっとするかも?
    しかしエルドアンの外交センスは凄いな。国内の政治はアレでトルコリラ下がりまくってるけど

    4
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      経済も内政も思いっきりズッコケてるからオスマン帝国復活のナショナリズムでゴリ押してるだけだぞ。周辺国はもちろん、トルコ国内でさえも場当たり的と酷評されてる。

      13
        • 匿名
        • 2020年 10月 27日

        ナショナリズムふりかざして場当たり的な政策で内政も外交も何の成果も出せてない国が日本の隣にあるんですが
        変な銅像立てて日本をイラつかせたりあちこちに自走砲の売り込みするのには成功していますが

        3
          • 匿名
          • 2020年 10月 27日

          知ってるから。韓国の話をしたければ他所でやれ。

          28
          • 匿名
          • 2020年 10月 27日

          どこでも隙あらば韓国をねじ込む愛国主義者様
          果たして彼が本当に愛している国はどこなのやら…

          11
            • 匿名
            • 2020年 10月 27日

            国士様「トルコは親日!トルコは親日!トルコは親日!」

            4
            • 匿名
            • 2020年 10月 27日

            そうだよな。
            逆に「隙あらば韓国はすごい、日本の兵器は信頼性が無い、だから売れない」などと韓国あげする輩も沸くし。
            とりあえず無関係な記事にまでコメントで(持ち上げるにせよ、貶すにせよ)韓国の話を持ち出すのは止めてほしい。
            幸いこの時期韓国は監査の時期で問題点が出まくってるので、韓国あげの連中は恥ずかしくて顔を出させない様なので、韓国下げの連中もコメントしなかったら平和になるな。

            16
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    プーチンが禍々しい悪の帝国に見えるもんだから、ウクライナは被害者を演じてるけど、やってることは別に正義だの善だののレベルじゃないし
    ウクライナ人は、自分らはロシアとは違うって主張するが、横から見ると小さなロシアが大きなロシアに競り敗けてるだけに思える
    つるかめつるかめ

    16
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      未だ腐敗や汚職が酷過ぎてEUにもNATOにも「基準に満たない」と入れてもらえないんだっけ(苦笑)

      イギリス「EU?あんな泥舟にこれから乗りたいのかよw」

      8
        • 匿名
        • 2020年 10月 27日

        その泥舟ですら魅力に見える国が多数あるということですね。
        その盟主を自認するフランス・ドイツが秩序に手厳しいなら救いはあると思います。
        しかし、EUはロシアの恐喝に怯えたり中国の横暴に目を瞑ったりで全く頼りにならないところを見せつけ過ぎました。

        そんなだから、小国はEUを諦めてロシア、トルコ、イラン、中国のいずれかに接近してしまうのですよね。
        完全に秩序崩壊です。

        東欧・中東における秩序崩壊は彼らにかなりの責任があります。
        アメリカもそうですが今更手を引くような勝手は許されません。
        彼には最期まで冷酷な君主でいてくれなくては困ります。

        12
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    この3-4年でトルコは様変わりした。エルドアンは当に時代の変革期に現われた梟雄。

    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    エルドアン「マクロンはキチ○イ。精神鑑定受けとけ。フランス製品の不買運動な。あ、でも対空ミサイルは予定どおり売れよ?」

    2
    • 戦争屋エルドアン
    • 2020年 10月 27日

    クリミアとドンバスを奪還するぞ、奪還するぞ、奪還するぞ!

    1
    • 特命
    • 2020年 10月 27日

    トルコってそんな金ないよね?GDP調べたらダダ下がりしてた。それなのによく軍事に投資してるイメージがある。

      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      それドルベースなんじゃないの?

      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      トルコのスポンサーはカタールだよ

      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      だがトルコは鉱物資源が豊富で石油・ガスも沸く。食料自給率100%以上あるし、人口も8000万いて内需もある。
      ロシアみたいにある程度自国で回せる国なので、もちろん限度はあるけど、国際的な経済指標にそこまで拘らなくてもいい面もある

      9
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    露の防空システムが無人機に対して脆弱だって実戦で証明さえたからね
    しょうがないね

    2
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      ロシア「またモンキーモデルでしくじったわ」

      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      ここの21日の記事で「アルメニア駐屯のロシア軍、48時間で9機の「バイラクタルTB2」無力化に成功か」というホントかどうかよくわからないけどそういうニュースもあっただろう?
      流石にそのコメントは恥ずかしくない?

      3
        • 匿名
        • 2020年 10月 27日

        未確認情報ですよ
        恥ずかしいレベルじゃない
        ロシア得意のハッタリかもな

        6
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    ウクライナ人が不憫。ずーっとソ連執行部や米民主党のようなユダヤの標的だもんな。
    日本としては同類相憐れむってやつよ。

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      ウクライナって米民主党のお仲間なんだが。。。
      クリミアを失った時のことを覚えてないかい?

      5
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    ロシアによるウクライナ本格侵攻とかありますかね?
    もっと優しくしとけば技術海外にバカバカ売られることもなかったのに…

      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      なお、中国に技術売りまくってアメリカも怒らせたウクライナ

      4
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      それをやると、他の旧ソ連諸国がいっせいにNATOやら中国に安全保障を求めて、いっそう離反していくから
      そもそも何故ソ連が崩壊したのか、連邦など名ばかりで実態がロシアによる多民族支配帝国だったから嫌気が差してたのさ、いまさらロシアによる統治なんて誰も求めないし

      1
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    トルコはどうやらパキスタンとも大規模な軍事協力を結ぶようです
    トルコは核弾頭を手に入れるかもしれません

    1
      • 匿名
      • 2020年 10月 27日

      それが本命だったらトルコ帝国の復活だな
      五大国がどう動くか

      5
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    ウクライナが持ってる軍事技術はまだ残っていたんだ、全部売り払ってしまったと思ってた。
     誰にだまされたのか(EUだろうけど)? 国内経済が順調では無い+冬季はロシアが安価に供給してた天然ガスだのみのウクライナがロシアに楯ついた時にはどこに勝算があるんだろう? って思った。
     現在、ロアシがウクライナに売ってる天然ガスの値段はバカ高くなってる。(普通の価格になってる)

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    このタイミングを見ると、カナダがエンジン供給を止めたのはトルコに非協力的というよりもむしろトルコとウクライナの合意が固まるまで供給停止を控えた配慮の結果なのかもしれないな
    エンジンの素性が問題になるのは遅かれ早かれ明らかだったはずしね
    カナダとトルコ、裏ではズブズブの関係だったんだろう

    2
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    まだ続報も確認もとれてないし
    自分に都合の良い情報を信じたがる奴は使い物にならないね(笑)

    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    大量に購入した兵器の使いみちがウクライナにはあるんだよなあ・・・

    3
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    ソ連解体時に核兵器のみロシアに持ってったので、それ以外でウクライナで作っていた兵器は作れるでしょうけど。

    ソ連崩壊の原因とも言える、ロシアに甘えて、借金踏み倒す困った国の一つですし。日本も因縁があったかな。
    戦略的要所を利用して、借金踏み倒さず自立できるといいけど。

    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    現状ロシアからするとコーカサスにウクライナ、そしてベラルーシと三方面で火種がくすぶってる状況なわけで、これからはドイツと中国の時代ってブーチンが弱気になる理由も分からないでもない

    …EUがドイツ主導で暴走して軍備にステータス全振りしたら、今のロシアくらいなら案外簡単に潰せるような気さえする、トルコと協調して米英イスラエルにも話つけて、中国には戦後のシベリア割譲でも持ちかけて、ついでに日本には北方領土と樺太あげて…みたいな

    1
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    ロシアも周辺国との諍いでこういう反露で結託する土壌を自分から作ってるんだよな
    だからトルコが付け入る隙がいくらでもある

    1
    • 匿名
    • 2020年 10月 27日

    エルドアン「トルコリラはこれ以上落ちようないから制裁出来るもんならしてみろやアメさんよぉ!」

    指導層が外向けに矢鱈と強い言葉遣いの国ほど、大抵は進退窮まってる証拠なんだよな。隣に中・朝・韓という素晴らしい好例がいてだな。

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  2. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  3. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  4. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
  5. 軍事的雑学

    空飛ぶスナイパー? ロシアの戦闘機「Su-57」は米軍の航空支配を効果的に破壊す…
PAGE TOP