欧州関連

トルコ、米国製の無人戦闘機MQ-1Cと同クラスのAnka-Sをウクライナと共同製造

トルコ航空宇宙産業(TAI)が開発した衛星通信対応の無人戦闘機(UCAV)「アンカ/Anka」をウクライナで共同生産すると報じられている。

参考:Ukraine, Turkey to jointly produce new-gen armed drones

アンカSの共同製造にロシアが文句を言ってくる可能性が高いがエルドアン大統領は耳を貸すことはないだろう

トルコ航空宇宙産業(TAI)が開発した武装可能な「アンカ/Anka(最大滞空時間30時間+)」は米国製のMQ-1C グレイ・イーグル(最大滞空時間25時間+)とほぼ同クラスの比較的大型な無人戦闘機(UCAV)で、最新バージョンのアンカSは衛星通信に対応しているため見通し通信距離を超えた範囲での運用が可能でトルコ軍以外にもチュニジア軍が採用しており、アンカSの導入コストは1機あたり2,660万ドル(チュニジア輸出契約から算出した数字で管制装置込み)で低コストで小型のTB2と比較すると高価だが、競合するMQ-1Cの調達単価は2,150万ドル(2013年の古い数字で管制装置などの関連費用を含んでいない)と言われている。

出典:Türk Havacılık ve Uzay Sanayii A.Ş Anka-S

このアンカSにウクライナ製のエンジンを採用したモデルをウクライナに建設される新工場で両国が共同製造するらしく、2022年末までに初期バッチ分が製造されるらしい。

ウクライナはトルコと共同でTB2の製造も行う契約を結んでおり、アンカSの共同製造が事実ならウクライナは計2機種のトルコ製UCAVを国内から調達できるという意味だ。

ロシアはトルコが供給に手を貸すTB2についてウクライナを悪化させるだけだと批判しており当然アンカSの共同製造にも文句を言ってくる可能性が高いが、トルコはウクライナと昨年10月に2ヶ国間の軍事協定(中身は非公開)を結んだばかりなのでエルドアン大統領はロシアの文句などに耳を貸すことはないだろう。

関連記事:トルコとウクライナが軍事協定を締結、バイラクタルTB2とエンジン技術を交換か
関連記事:トルコ、AH-64Eクラスの国産重攻撃ヘリ「ATAK2」にウクライナ製エンジンを採用
関連記事:ウクライナ、トルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」を48機追加調達か

 

※アイキャッチ画像の出典:Türk Havacılık ve Uzay Sanayii A.Ş Anka-S

石油時代の終焉を見越したサウジアラビアの国防改革、2030年までに海外依存を是正前のページ

米国に武器禁輸を含む制裁を課されたカンボジア、米国製兵器は顧客の独立性を毀損するだけ次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    アルメニア首相の失言にロシア激怒、政治的にも道徳的にもミサイルを扱う資格はない

    アルメニアのパシニャン首相が発した不用意な一言はロシアを怒らせるのに十…

  2. 欧州関連

    ギリシャ空軍のミラージュ2000とトルコ空軍のF-16Cがエーゲ海上空で交戦

    ギリシャ空軍は5日、エーゲ海上空でギリシャ空軍の戦闘機ミラージュ200…

  3. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍、ナゴルノ・カラバフ地域に対する全方位攻撃を再開か

    アルメニア国防省は13日、アゼルバイジャン軍によるナゴルノ・カラバフ地…

  4. 欧州関連

    西側標準の地位を手に入れたイスラエル、米独に続き英国も主力戦車のAPSに「トロフィー」を選択

    英国防省は24日、アップグレードされた主力戦車「チャレンジャー3」に搭…

  5. 欧州関連

    メッキが剥がれてきたF-35Aの運用コスト、スイスに提示した155億フランは空手形か

    スイスのヴィオラ・アムヘルト国防相はF-35Aを選択した理由に調達コス…

  6. 欧州関連

    テンペストと共に掲げられる日の丸、英国は日本のテンペストプログラム正式参加を期待

    米国のDefenseNewsは英国が主導するテンペストプログラムで責任…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    大きくなったらトルコ製といえども結構な値段になるな。
    圧倒的コスパのTB2の様には行かないか?

    5
    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    バイラクタルのアクンジュに比べたら見劣りしますな

    1
    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    日本は(ry

    3
    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    対露でウクライナで見るとまともに動いているのはトルコだけか?>NATO

    7
      • 匿名
      • 2021年 12月 15日

      トルコとウクライナの接近は面白いね、と言っても、このネタ(無人機共同開発)自体は1年前に
      既に報じられているんだけどね
      黒海の出入り口を押さえているのもトルコだし、地中海や中近東にも睨みが効くトルコは地政学的
      に良い政治カードを幾つも持ってると思うよ
      だからエルドアン大統領も強気の政策が打てるんだけど、ただちょっと彼は根本的な資質で問題が・・
      色々ともったいない国だと思う、親日だし、政治がまともなら、色々と協力したい分野あるんだけど

      1
    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    プー○ン「数が揃う前に潰すから問題ない」

    8
    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    この時期にトルコ(NATO加盟国)がウクライナと共同でとはロシアを挑発することにならんかね

    3
      • 匿名
      • 2021年 12月 14日

      このブログ防衛問題研究家の桜林氏見てるんだな~
      すげーわ

      • 匿名
      • 2021年 12月 15日

      この話自体は2020年11月に既に共同声明出してますから、今さらです。

      (ニュースリンク貼ります)
      リンク
      トルコのエルドアン大統領は10月16日、イスタンブールでウクライナのゼレンスキー大統領と会談し
      会見でこう説明した。
      「(ロシアによる)クリミア半島併合をトルコは認めない」

      つまり1年前ですら、エルドアン大統領はこう公言している訳ですが、それでもロシアはトルコに技術移転
      でS-400の現地生産を発表したり、トルコとロシアの関係が続いているのは面白いところです
      トルコの持つ地政学的な重要性ゆえですが、エルドアン大統領が調子に乗るわけです

    • 匿名
    • 2021年 12月 14日

    バイラクタルに比べてコウカな安価か

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  3. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
PAGE TOP