欧州関連

内戦再開か?トルコがロシアとの停戦合意を破ってシリア政府軍を攻撃

トルコがロシアとの停戦合意を破りシリア国内での戦闘を再開したとAMN(Al-Masdar News)が報じている。

参考:Turkish military launches attack against Syrian Army troops in Aleppo

遂にトルコが停戦合意を破りシリア政府軍を攻撃、シリア内戦再開は避けられないか?

トルコ軍は5月30日、アレッポ郊外に布陣していたシリア政府軍に対して榴弾砲で攻撃を開始、この攻撃に呼応するかのようにトルコを支持する過激派(恐らく反政府組織のシリア解放機構だと見られる)がシリア政府軍に対して攻撃を仕掛け双方に犠牲者が出たと中東系メディアAMNが報じている。

トルコ軍は最近、シリア国内の反政府組織「シリア解放機構」が拠点としているイドリブに米国製のM110 203mm自走榴弾砲(トルコ陸軍第106砲兵連隊所属)を4門配備したと報告されていたため、恐らくこれが今回の攻撃に使用された可能性が高い。

補足:M110 203mm自走榴弾砲の射程は18km~23kmだが射程延長弾を使用すれば射程は30km~50kmまで延長することが出来ると言われており、これを利用すればイドリブに配備されたM110はアレッポ郊外に布陣するシリア政府軍を射程に収める事ができる。

※トルコ軍がイドリブにM110自走榴弾砲を含む大量の装備を輸送している様子を捉えた動画

現時点でロシアは公式な声明を発表していないがトルコはロシアとの停戦合意でシリアから過激派勢力を排除することを約束していたにも関わらず、トルコを支持する過激派がシリア政府軍を攻撃したことで合意が破られたと判断するだろうと報じられておりロシアの動向が注目される。

もし合意が破られたと判断されれば今年3月に成立した停戦合意はたった2ヶ月しか役に立たなかったことになり、再びシリア国内で政府軍+ロシア軍VS反政府組織+トルコ軍の戦いが再開されことになるはずだ。

ただロシアもトルコも停戦合意が破られることを前提にシリア国内の装備や戦力を増強していたので、ある意味予定されていた戦闘再開なのかもしれない。

出典:Vitaly V. Kuzmin / CC BY-SA 4.0 ロシア製レーダー9C15

ロシア軍はトルコとの国境から約10kmの地点にあるアル・マリキヤ郊外にレーダー(型式不明)を設置して戦闘装甲車両12両を配備して、トルコ空軍唯一の無人航空機基地(軍民共用のバットマン空港)や、アル・マリキヤから北西へ約180km行ったところにあるシリア空爆の拠点として活用されているディヤルバクル空港を監視する体制を構築済みだ。

トルコ軍も停戦合意が終わりを迎えることを見越し、シリア空軍機やロシア空軍機による攻撃を防ぐためシリア国内に地対空ミサイルを持ち込んで防空網を構築している。

果たしてロシアはどのような判断を下すのか世界中が注目している。

関連記事:トルコ得意のUAV封じ?ロシア、トルコ空軍を監視するレーダー基地建設

関連記事:露戦闘機を無効化? トルコ、シリアでの戦闘再開を見越して地対空ミサイル配備

 

※アイキャッチ画像の出典:MoiraM / stock.adobe.com

状況は悪化するばかり? インド軍と中国軍が投石や棒で殴り合う動画が流出前のページ

生まれ変わった米戦車エイブラムス、最新のM1A2C/SEPv3配備が始まる次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    また米国に契約を盗まれると心配する仏メディア、アタック級潜水艦ショックは健在

    フランスからフリゲート導入を発表したギリシャに対して米国務省は10日、…

  2. 欧州関連

    ヘルソン州でもウクライナ軍が複数の拠点を解放、ドニエプル川沿いに南下か?

    南部戦線のウクライナ軍がドニエプル川沿いの敵防衛ラインを突破、Zolo…

  3. 欧州関連

    ポーランド製MANPADSに注文が殺到、Grom-Mの生産量を3倍以上に増強

    ポーランド製の携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)に注文が殺到…

  4. 欧州関連

    ペルーの次はスロバキア、韓国が現地企業と共同でFA-50をスロバキア空軍に提案

    スロバキアは空軍の訓練機L-39更新プログラムを進めている最中なのだが…

  5. 欧州関連

    譲歩しないプーチン、ウクライナが要求に屈するまで都市の破壊を続ける

    英国のヘイグ元外相は「あと数週間もすればロシアとウクライナが決して合意…

  6. 欧州関連

    ウクライナ軍が対艦ミサイルで黒海艦隊の旗艦を攻撃、被害は甚大か

    オデーサを防衛するウクライナ海軍は13日、黒海艦隊の旗艦を勤めるスラヴ…

コメント

    • 匿名
    • 2020年 6月 01日

    トルコはいったいどこに向かっているのか

    1
      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      そういうが他もやべーラインナップ
      イスラエルが一番まともなぐらい

      1
    • Hey提督
    • 2020年 6月 01日

    いつも更新楽しみにしています。
     
    動画を見る限り輸送された自走砲は砲身が細く、また長砲身に感じるので175mm砲のM107自走砲の可能性もありますね。

    • 匿名
    • 2020年 6月 01日

    素人ですみません。
    大砲4門でどのくらいの戦果を期待できるのでしょうか。
    M110で精密射撃はできないでしょうし。

      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      当然ですが、物資、車両、人員等の位置が偵察等で得られていれば、榴弾の範囲に着弾させて打撃を与えられるくらいの精度は出せます。
      一方的に撃ち続けらる状況にあるのか、政府軍の反撃等で都度中断や移動をしているのか、反撃に対し防御は適切に行われているのか、次第で戦果は大きく変わるでしょう。
      大砲は戦車のように移動しながらの射撃は無理です。

      1
      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      空爆より一日当たりの火力が高い
      意外と怖いぞ

      2
      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      強力な砲兵がいるのは制空権を握ってるのと同じ効果がある。

      1
    • 匿名
    • 2020年 6月 01日

    下 朝鮮から導入したK9の出番は?

      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      どうせまた味方陣地を誤射して「実績だ」とか威張るんじゃねーの?
      www

      1
      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      T155な
      1両は爆破されてるのは見た
      あとはしらん

    • 匿名
    • 2020年 6月 01日

    こういった速報+背景の分析は参考になります。
    玉石様々なブログがありますが、ここは良い内容と思います。ありがとうございます。

    • 匿名
    • 2020年 6月 01日

    トルコには悪いけど、ロシアとこのままずっと泥沼を演じ続けていてほしい。
    それが極東にどれだけの影響となるのかは分からないけれども。
    そもそもロシアには二正面で戦うほどの能力も国力もないので、常に混乱していると助かる。

      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      そう言ってたけどウクライナ占拠されたまんまリビアやシリアで大暴れ。
      ロシア分析ってあんま当たんないだよな。
      良かれ悪かれ

      2
      • 匿名
      • 2020年 6月 01日

      大きな資源国で利益率が高く、その資金を軍事に大きく振り分けてるのがロシアの厄介な所。巨大なゲリラ組織とも言える。日本のような資金源が加工貿易では資金を多方面に振り分ける必要があるので、真似ができない。一方でアメリカはその両方において世界最高水準と言える。

      1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|導入自体が間違い?タイフーンを導入したオーストリアの後悔
  2. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  3. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
  4. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  5. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
PAGE TOP