欧州関連

兵士を病気にさせる騒音問題が再発、英国は次期装甲戦闘車「Ajax」のテストを再び中断

走行中の騒音問題が解消されたはずの次期装甲戦闘車「Ajax/エイジャックス」は再びテストを中断する事態に直面、果たして「兵士を病気にさせる」と指摘されるAjaxは大丈夫なのだろうか?

参考:Ajax armoured vehicle trials halted again

ノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォン装着が必須の次期装甲戦闘車「Ajax/エイジャックス」

ジェネラル・ダイナミクスUKが英陸軍向けに開発した装甲戦闘車「Ajax」はスペイン陸軍とオーストリア陸軍向けに開発された装甲戦闘車「ASCOD」の発展型(ASCOD SV)で、2014年に約35億ポンドで589輌(任務毎に複数のバリエーションがある)を供給する契約が結ばれ2017年に量産車輌の引き渡しが開始されるはずだったのだが、2021年までに引き渡された量産車輌はAjaxの兵員輸送タイプ「ARES/アレス」17輌のみに留まっている。

この遅れの主な原因は乗組員の健康に影響を及ぼすレベルの振動と騒音が走行中に発生するためで、とりあえず走行速度(時速32km以下)や1回の走行時間(90分以内)を制限、乗組員にはノイズキャンセリング機能を備えたヘッドフォンを装着させるなどの対策を実施してテストを続行したものの耳鳴り、吐き気、関節の腫れといった症状を訴える乗組員が減少しないためテストを1度中断(昨年末から今年3月まで)して問題の対処を実施。

走行中の振動や騒音問題を解決したという触れ込みでAjaxの走行テストを再開させたのだが、このテストを視察したジェレミー・クイン国防調達担当大臣は振動と騒音の問題が緩和されるまでAjaxテストを再開させないことを決定して注目を集めている。

つまりAjaxの振動と騒音の問題は「解決済みで要求されている能力をクリアしている」という英国防省とジェネラル・ダイナミクスUKの発表とは異なり「現在も乗組員の健康に影響を及ぼすレベル」と言う意味なのだろう。

果たして現地メディアに「兵士を病気にさせる」と指摘されるAjaxは本当に実用化まで辿り着くことが出来るのだろうか?

関連記事:英陸軍の装甲戦闘車「Ajax」は健康な兵士を病人にする?ノイキャン機能のヘッドフォン必須?

告知:軍事関係や安全保障に関するニュースが急増して記事化できないものはTwitterの方で情報を発信します。興味のある方は@grandfleet_infoをフォローしてチェックしてみてください。

 

※アイキャッチ画像の出典:Richard Watt/MOD / OGL v1.0

スイス政府は次期戦闘機にF-35Aを選択、但しグリペン導入を撃墜した国民投票の実施が濃厚前のページ

崩壊が進むアフガニスタン、たった1ヶ月で700輌以上の米軍車輌を手に入れたタリバン次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    米国、欧州大陸の重要なパートナーはドイツからポーランドに変わった

    米Politicoは「欧州大陸における米国の重要なパートナーはドイツか…

  2. 欧州関連

    アゼルバイジャン、武器を捨てて降伏するようアルツァフ共和国に要求

    アゼルバイジャン国防省は19日に対テロ作戦を開始し「アルメニア軍事組織…

  3. 欧州関連

    ノルウェー軍の調達部門、レオパルト2A7とK2に大きな性能差はなかった

    ノルウェーメディアは17日「レオパルト2A7とK2のテストを行った軍の…

  4. 欧州関連

    エストニアが3度目となるK9追加調達を発表、2026年までに12輌取得

    エストニア国防省は14日「K9を追加調達するための契約を韓国側と締結し…

  5. 欧州関連

    ウクライナ空軍は24機~36機のF-16を要求、将来的には150機程度が必要

    イグナト報道官は14日「ウクライナは2個~3個飛行隊分=最小24機~3…

  6. 欧州関連

    クラスター砲弾がウクライナに到着、現地司令官が受け取ったと認める

    ウクライナ陸軍のタルナフスキー准将はCNNの取材に「クラスター砲弾を受…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    原型になったASCODがそんな問題出てないのになんでや
    と思ったら、ASCODは
    > 採用国の兵站体系に併せてエンジンや駆動系等を自由に選択
    できるのねリンク

    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    テストする度に病気になるならただの拷問だ、そして軍側がまだダメ、製造メーカー側が大丈夫というのは今更キャンセルされたら大損だから直ったって言い張ってるだけだよね

    18
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    騒音と振動の問題が残っているということは
    高さ20cm以上の障害物を乗り越えて後退することができるようになり
    走行中に発砲することもできるようになったということだ

    報道されてからわずか1か月で問題の50%を解決したのだから
    すごいことじゃないですか、英国万歳。

      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      英国兵に向かって謝れw
      かわいそうだろうに
      それにしても関節が腫れるって、どんな欠陥なんだか

      7
        • 匿名
        • 2021年 7月 01日

        多分だけど走行時の振動ってのがゴンゴンゴンって感じの比較的周期の長いものではなく、ガガガガッって感じの周期の短い振動じゃないかな?
        それならシートと接触する腰や床に下ろした足の膝や足首が炎症起こすんだと思う。
        道路工事の削岩機やランマー使う人が手首や肘、肩の関節炎起こすことがあるから。

        14
          • 匿名
          • 2021年 7月 01日

          つまりは白蝋病(振動病・振動障害)を発症してしまうという事ですか……

          3
          • 匿名
          • 2021年 7月 01日

          なんか雷電の振動問題みたいだな
          震動源は疑ってた箇所と全然違ってたりして

          2
            • 匿名
            • 2021年 7月 02日

            振動、騒音の問題も物造りの視点からすると奥深そうですね
            改善したはずがされてないってのは、根本的な構造に問題があると察する

            3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    見た目はカッコよくて好きだ
    プラモ作りたい

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    動画の勇ましい走行シーンの内部では、兵士が呻き声をあげてるわけだね
    大英帝国おそるべし

    6
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    これ、スペインとオーストリアがベース車両使ってるんだよね?
    そっちはどうなんだろう。
    新規設計でもないのに改良しただけで、こんなに騒音、振動が悪化するのか?
    確かに、共振とか重量バランスとかあるんだろうけど、でもなぁ。

    3
      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      エンジンと駆動系は独自だからお察しください

      6
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    ゴテゴテと盛り過ぎたんだろ。
    こうなるとボーイングみたいになるぞ。

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    銃も装甲車も当てにならない。
    やはり銃剣突撃こそが大正義(極論)

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    振動とんでもないって要するに、メインエンジンやトランスミッションの問題なんだろ。
    そこから再設計しないとどうにもならないんだから、押し通したりこねくり回しても時間の浪費にしかならない。
    まじめな話、こんな所で躓くようじゃMAN辺りからDE買うか、いっそM1よろしくRRのGEにすべきでは。

    1
      • A
      • 2021年 7月 01日

      ただでいいから10を数台あげちゃえばいいじゃん。

    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    車体はともかく載っているものは悪くないし、何が原因だろ。
    既に採用のある車両がベースだし…
    エンジンを弄ったとか、ぐらいしか考えつかない。

    2
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    逆に他の戦車ってノイズキャンセルのヘッドフォンとか要らないんだな
    どれもこれも超五月蝿いってイメージだった
    特にガスタービンのアメリカの

      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      気になって走行中のM1の動画をつべで見てみたけど、走行中は履帯からの音?の方が煩かったな
      確かに常に「キーン」っていうガスタービンっぽい音はしてるんだけど、砲弾装填の「ガシャコン」って音に紛れるくらいだからそんなではないのかも
      リンク

      5
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    轟音ってより可聴域外の音波による振動での体調悪化とかじゃないのかね?
    図らずも音響兵器を乗員に向けてるような感じになってたりして…

    4
      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      シンプルに振動のせいじゃねって気もする

      長時間体に上下動与え続けた結果揺れ動いた内臓が疲弊して吐き気や食欲不振、ひいては嘔吐に至るってのはトップクラスのマラソンランナーに普遍的に見られる現象

      内臓のダメージ回復にひどいときは一ヶ月半以上要するんで、このまま振動放置しつつ平常運用するのは無理筋だと思う

      13
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    今どきの機械でこんな症状が出ることが信じられない、よほどバカな英国風設計をしたのか。

    5
    • すえすえ
    • 2021年 7月 01日

    ある意味健康に実がが出る騒音?轟音?というのを体験はしてみたい。。。

    1
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    振動や音の大きさじゃなく、人体に影響の大きい、特定の周波数があったりして。

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    大丈夫?紅茶をキメる?

    1
      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      紅茶をキメるくらいしか使い道のなかったカヴェナンター巡行戦車の悪口はそこまでだ

      6
      • 匿名
      • 2021年 7月 01日

      紅茶メーカーがきちんと設置されているのか。振動下でも機能するかはぜひ聞いてみたいですね。

      3
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    走行テスト再開を視察したという国防調達担当大臣は試乗したんと違いますかね。
    自身が耐えられないと感じる状態を認めるわけにはいかないと。

    2
    • 匿名
    • 2021年 7月 01日

    こんなことならば、CV90かASCODそのままでよかったのでは…

    3
    • 匿名
    • 2021年 7月 02日

    何かASCODが問題ないとかどうでも良い話じゃないか?ベースになった奴より10t位重量増している感じだし、将来的なエンジン強化?の為に車台まで弄っている。タレットリングも他のIFVより大きいみたいな情報もある。それまで変更しているなら結構な変更で、スパホを語るのにレガホを持ち出すとかF-15Eを語るのにF-15B/D持ち出してほぼ同じ物って言うぐらい違和感がある。

    トランスミッションはレンク、エンジンはMTUでおかしい所はないしキャタにはゴムパッド付いているようだし、ぱっと見は酷い振動の原因はないように思える。

    酷い振動の原因の可能性
    ・車体の剛性不足:外部からの衝撃を受けて歪んで変な振動が発生する、また歪む事でサスペンションが正常に働かない。
    ・動輪やキャタピラ重量が軽すぎる:軽い物ほど動きやすい、路面の凹凸を拾いやすくなるとボディへ伝わる振動が増える。
    ・現状の構成が最悪:構成により共振が発生。

    1
    • 太郎
    • 2022年 3月 24日

    30Hz以下の低周波騒音なのではないか?
    車体自体の共振周波数の問題であるとすると、ヘッドホンで解決するわけがない。
    乗員の体全体が車体ごと揺すられている状態。三半規管が常にヴァイブレーターで特定振動数によって強制振動させられるわけだ。
    トヨタなど自動車メーカーならエンジンのマウント方法を変える(ばね定数やマウント位置の調整など)源流対策で鮮やかに解決させてしまいそうだが、兵器メーカーは意外にノウハウがないかもしれない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
  5. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
PAGE TOP