欧州関連

ウクライナ国防相、英国とドイツにタイフーン提供を決断するよう促す

ウクライナのレズニコフ国防相は「戦闘機連合の基本モデルはF-16だが、タイフーンやグリペンも加われば役に立つだろう。英国とドイツが協力してタイフーン提供を決断すれば重要な一歩になる」と述べ、英国が最も恐れていた部分に踏み込んできた。

参考:ENTRETIEN. Guerre en Ukraine : Kiev évoque « une percée possible cet été »

レズニコフ国防相の言及で英国は機体提供の立場に連れ戻された格好だ

ウクライナのレズニコフ国防相は「国際的な戦車連合の基本モデルはレオパルト2だがエイブラムスやチャンジャー2もある。これと同じように戦闘機連合の基本モデルはF-16だが、タイフーンやグリペンも加われば役に立つだろう。英国とドイツが協力してタイフーン提供を決断すれば重要な一歩になる」と述べ、英国が最も恐れていた部分に踏み込んできた。

出典:U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Daniel Asselta

ウクライナが希望しているのは「西側製戦闘機」であって「F-16」である必要はなく、もしF-16の入手が難しいなら「ラファールやグリペンでもいい」とウクライナ空軍は述べていたが、英国は提供機種はF-16に限定することで「誰が機体を提供するのか」という問題から逃れようとしており、F-16を保有していない英国は機体提供の立場になく「タイフーンを提供する気はない」と断言している。

バイデン大統領は「F-16を含む第4世代戦闘機でウクライナ人パイロットを訓練する同盟国の取り組みを米国が支援する」と表明したが、敢えて「F-16を含む第4世代戦闘機」と述べてF-16に限定した戦闘機連合のあり方を否定しており、戦車連合の時とは逆で「欧州もタイフーンやグリペンを出せ」と言いたいのだろう。

出典:Trevor Hannant / CC BY-SA 2.0

レズニコフ国防相が英国とドイツが協力してタイフーンを提供することに言及したため、英国は機体提供の立場に連れ戻された格好だが、レズニコフ国防相はウクライナが必要とする戦闘機に数について「120機」と述べており、この数字は従来要求の3倍に相当する。

因みにレズニコフ国防相はオーストラリアに戦車連合へ加わることを要請、ゼレンスキー大統領も韓国メディアのインタビューに応じ「防空システムは殺傷兵器ではなく純粋な防御兵器だ。韓国がこの分野で我々を支援してくれることを切に願う」と訴えている。

関連記事:バイデン大統領、G7でウクライナ人パイロットの訓練を支援すると表明
関連記事:バイデン政権、NATO加盟国にF-16のウクライナ移転を許可すると伝達
関連記事:英国、ウクライナ人パイロットに対する西側製戦闘機の訓練を夏に開始

 

※アイキャッチ画像の出典:Copyright Eurofighter

ミサイル攻撃に対するウクライナの報復?複数の無人機がモスクワを襲う前のページ

ロシア、ウクライナ軍のザルジニー総司令官とシルスキー司令官を指名手配次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシア軍の再建スピードは予想以上、NATOの残された時間は2年~3年

    西側諸国は消耗したロシア軍の再建期間について「10年以上」と予想してい…

  2. 欧州関連

    英国防省、タイフーン近代改修計画「P4E」の契約を約3,800億円で締結

    英国防省は15日、タイフーンのアップグレードプログラム「Phased …

  3. 欧州関連

    仏Nexter、次期主力戦車のコンセプトモデル「EMBT」の映像を公開

    仏Nexterは3日、ユーロサトリ2022で公開した次期主力戦車のコン…

  4. 欧州関連

    韓国製攻撃機の欧州上陸が確定、ポーランドがFA-50の本契約に署名

    ポーランドのブラスザック国防相は導入で韓国側と合意していたFA-50の…

コメント

    • 戦略眼
    • 2023年 5月 30日

    ドイツ、イギリスは、トランシェ1が余っていると言ってたからな。
    日本にも購入枠を引き取ってくれと言っていたような。
    韓国も防空システムなら出せるのか。

    駄目だ、日本は取り残されている。
    日本もM270、M110A2、FH-70くらい上げても良いじゃないか。

    27
      • ななし
      • 2023年 5月 30日

      油圧ショベルタイプの地雷処理車
      アタッチメントを交換すれば建機として使用可

      9
        • 戦略眼
        • 2023年 5月 30日

        地雷処理車は、大事だと思う。
        正直、FH-70等を送ってもドローンにやられるだけかもしれない。
        しかし、ロシアにやる時はヤルと言う意思表示をしないと、外交交渉も出来ない。

        8
      • 名無し
      • 2023年 5月 30日

      別にあげなくても良いのでは?日本人は勿論向こうもそれは理解しているし文句もさして着けられていませんし

      26
        • 2023年 5月 30日

        戦場でも職場でも最も脅威なのは無能な味方です
        そして無能は常に出来ない理由を声高に叫ぶものです

        集団のリーダーが評価するのは提供される価値・能力であり、提供しない言い訳では無いのです

        26
      • nachteule
      • 2023年 5月 30日

       韓国も防空システムなら出せるのかからの日本は攻撃兵器を出せって流れに違和感感じるわ。そこは防空システムなり後方支援車両だろうに。

      5
        • z4
        • 2023年 5月 31日

        韓国の場合は殺傷兵器は出せないと大統領が既に言っているからでは。なら防空兵器は殺傷兵器ではないので出せるでしょうと。
        日本の場合は殺傷兵器を一切提供しないと岸田首相が直々に明言してないので、大砲でも戦車でも送れる可能性がある。例の三原則も今は改正されて法律的にも大丈夫だし。
        今まで日本がウクライナ政府に殺傷兵器を提供しないことでやり玉に挙げられてないのは、ウクライナ側から自発的に軍事関係に敏感な日本に配慮してくれているからだろう。しかしそれに甘えていては国として、国際的なリーダーシップも何も無い。

        12
      • 名無し
      • 2023年 5月 31日

      バスに乗り遅れるなー

      4
        • k.ziro
        • 2023年 5月 31日

        あわてて行先の違うバスに乗ってしまうのだが

        7
      • KNOB CREEK
      • 2023年 5月 31日

      そこにホークも追加で。
      ゼレンスキー大統領も純粋に防御兵器だって言ってるしこの言い分だと日本にもチラチラ視線を送ってるようにも見える。

      という訳で代わりに中SAM改の調達スピードを上げてくれんか…。
      なんだったら初期に調達された無印の中SAMも配備されて20年近いしこれも中SAMに更新されたりしないかな…。

      2
        • バーナーキング
        • 2023年 5月 31日

        ホントにコレ。
        国産装備で更新中の退役予定装備を必要とされて提供できる、なんてチャンスは中々ないと思うんだけどねぇ。
        元々必要な調達で自国の防衛力を強化しつつ国内防衛産業に適正に金を落とし西側陣営の安全保障に貢献、の一石三鳥。
        国内のうるせーのが騒ぐなら「キーウ以西にしか配備しない」みたいな条件つけてもいいし。

        6
    • おわふ
    • 2023年 5月 30日

    最終的には出すしかないですが
    全機種合わせても12機がせいぜいでしょう

    しかし、それでも今のウクライナには大きな戦力だと思います

    8
    • 世界最強諸星一家
    • 2023年 5月 30日

    もうロシアンルーレットでもやって当たった国が供与してやれよ、レオ2みたいなダチョウ倶楽部コントをまた繰り返すのか

    22
      • Rex
      • 2023年 5月 31日

      ロシア相手にロシアンルーレットとは皮肉効いてるやないか笑

      10
    • kobe
    • 2023年 5月 30日

    ただ、どんどん深みに巻き込みたいだけなのでしょう。
    それでロシアの足を止められるわけでもないのに要求ばかりエスカレートしている。キリがない。
    どう運用するつもりなのか実現性のある話もしていません。

    8
      • leemas4
      • 2023年 5月 31日

      戦闘機は訓練に戦車とは桁違いの時間がかかるし、今はまだ大丈夫でも早めに要求はしておかないと本当に必要になったときに間に合わないと思う。
      現状まだ防空システムと最低限の航空戦力は残っているが、それが完全に尽きてからでは本当に遅い。

      23
      • ak
      • 2023年 5月 31日

      真面目な話、
      ウクライナ側に継戦能力が尽きてこの先は勝ち目がどんどん無くなるばかりなので、
      何とか少しでも旗色を明白にさせて「無理やりにでもNATO軍を引きずり込む全面戦争」にしないと、もう政権が持たない。
      という事の表れだと思います。

      3
    • ズマ
    • 2023年 5月 30日

    イギリスは真っ先に戦車やストームシャドウを与えた国
    戦闘機はそれだけ高価なのだろう

    10
    • panda
    • 2023年 5月 30日

    トランシェ1なら余ってるかもしれんけど役に立つかと言うと

    5
      • 匿名希望係
      • 2023年 5月 30日

      へたするとダミーのコンクリだろうしね。

      1
      • 戦略眼
      • 2023年 5月 30日

      部品が足りない気もするけど、制空権確保には、使えそう。

      0
      • DEEPBLUE
      • 2023年 5月 31日

      スクラップにされるならすぐ使い潰されても恩とツテを売った方が良い気がしますがね

      2
    • ミリオタの猫
    • 2023年 5月 30日

    ウクライナも踏み絵をするのが上手いですわ……
    こうやって「本気で助けてくれる気が有るのか」と揺さぶる事で、最終的には欧米による武器の供与合戦に持ち込もうとする腹なのでしょうね
    実際、SAMや戦車もこんな感じで供与数を増やして行っていますし

    8
      • ズマ
      • 2023年 5月 30日

      誇張なく国家存亡の危機にある
      必死なのだろう

      43
      • カルデラ
      • 2023年 5月 30日

      上手いとは思わんな、やってる事ってアメリカの威を借りたタカだし
      外交とはバランスだからな、アメリカ一強になれば今度は搾取だよ

      19
        • zeelasta4
        • 2023年 5月 31日

        元から民主主義陣営で最大の軍事力を持ったアメリカが動かなければ誰も救えない世界よ。
        というかこのタイフーンについては正にバランスでは?アメリカ製のF-16だけではなく、タイフーンやラファール、グリペンなど幅広い国にお願いすることでアメリカ頼りにならずかなりバランスが良いと思うぞ。

        10
    • かn
    • 2023年 5月 30日

    なんか、だんだんあつかましくなってきたな。

    36
      • 匿名
      • 2023年 5月 30日

      まあそれでも人命を賭けてウクライナは戦っているので、ロシアのみが主敵のヨーロッパ的にはなんだかんだ支援を継続するのではないでしょうか。
      現代ヨーロッパ諸国が、自国民十万人からの死者が出る戦争に耐えられるとは思えないので、代わりにロシアと張り合ってくれるウクライナはありがたい事でしょう。
      問題は、中国こそが主敵の我が日本にとって、ヨーロッパがウクライナへの武器支援で消耗されると、万が一中国との開戦に至った場合、日本が支援不足で困る事ですが…

      33
        • 匿名
        • 2023年 6月 01日

        むしろ世界的に装備・生産体制・法律の見直しをする機会を与えてくれたやん

        2
      • ネお
      • 2023年 5月 30日

      日本なんか
      いざ中国の日本解放作戦が発動したら
      この度の欧州危機で何一つ軍事支援してないのに
      何百億ドル何千億ドルもの軍事支援クレクレする必要あるんだから
      厚かましいもくそもないだろ

      37
        • バーナーキング
        • 2023年 5月 31日

        日本がその状況になったら少なくとも代価は基本的に日本が支払うだろうし(文字通りの存立危機事態に当たって400兆の対外純資産を出し惜しんでる場合じゃなかろう)、できる支援はそれなりにしてる(まだまだ足りないしせめて防衛装備である対空ミサイルくらいは支援して欲しいとは思うがそれとこれとは別問題)。
        ウクライナがあつかましいかどうかはさておき、中国の侵攻(解放なんぞでは断じてない)に際しての支援要請が「あつかましいクレクレ」と呼ばれるシロモノになるとは思えないけどな。

        4
      • zeela N tasta4
      • 2023年 5月 31日

      専制主義国家による国際秩序破壊の危機をウクライナが身を犠牲にして一国で引き受けてるのに、むしろ他のNATO諸国としては全力で支援しない方がありえない。ウクライナを支援することで軍縮を重ねて貧弱な軍隊しか持たない自国を守れるんだから。

      10
        • 名無し
        • 2023年 5月 31日

        同じ事やってるイスラエルとかは放置の癖に
        出したり引っ込めたり書き換えたりと一部の国家が都合よく振りかざしているだけのマイルールを国際秩序とか臆面も無く言っちゃうのには草不可避

        9
    • 2023年 5月 30日

    f16だけでなくタイフーンもですか。どちらかもしくはどちらもなるべく早く運用出来るといいですね。防空システムなら日本も渡せそうですが日本もやばい国に囲まれて充分とは言えませんからどうでしょうか。

    3
    • AAA
    • 2023年 5月 30日

    ついにエリア88が現実になる時が来たか

    8
    • TA
    • 2023年 5月 30日

    ちょっと前なら日本もファントム爺さんあったんだけどな

    4
    • らっく
    • 2023年 5月 30日

    こんなエリア88みたいな調達をして兵站は大丈夫なのかな?ウクライナにはマッコイ爺さんがいるのかな?

    7
    • YJ93
    • 2023年 5月 30日

    天弓/天弓2ってS-400ベースだと思ったけれど、供与なんてできるのですかね?

    6
    • チェンバレン
    • 2023年 5月 30日

    まー今から合意したとして、実戦に投入できるのは2〜3年後だろうな
    何年でも継続的に戦うことの意思表示だろうか

    韓国の軽戦闘機はどうだろう?
    韓国としては運用データと実績が欲しいだろうが、さすがにロシア軍相手では厳しいか

    3
    • nachteule
    • 2023年 5月 30日

     イギリスは対空戦闘全ぶりのトランシェ1ブロック5未満が要らないっていっているんだから、AIM-120とミーティア運用出来るなら今のウクライナにとってかなりプラスだろうね、
     ウクライナは費用対効果が悪いアップグレードして渡せなんて口が裂けても言える立場じゃ無いだろうし、どうせマルチロール性能無くて要らない子扱いされている機体あるなら流せるだろうって思っていそう。

    8
      • チェンバレン
      • 2023年 5月 31日

      ロシア上空の爆撃機を狙えるようなミサイル、西側には無いんですかねー
      地上・水上・水中・空中から撃たれてる現状、少しはマシにしたい

      6
    • 月虹
    • 2023年 5月 31日

    フランスでは2022年を持ってミラージュ2000Cがラファールの導入で全機が退役した。マクロン大統領、ご決断を!

    ゼレンスキー大統領の広島サミット参加の為の政府専用機の確保に続き、ミラージュのウクライナ提供へと踏み込めば国際世論とフランス国民も見方を変えるかも知れません。改修が必要ですがハードポイントの強度からイギリスの提供するストームシャドーも運用可能です。

    15
    • 58式素人
    • 2023年 5月 31日

    多分、戦闘機が消耗してきたのでは。
    ストームシャドウを運用できるのはSu24だけだそうなので、
    この問題と併せて、航空機不足を解消したいのでは。
    ひっくり返すと、現状で進むならば、最低限、
    Mig29とSu24を供給しないといけないのでは。
    もちろん、長射程AAMとストームシャドウの両方が運用できる
    西側戦闘機が供給できればさらに良いのですが。
    ただし、AEW機と電子戦機も同時に必要と思います。
    別の記事で面白いものを読みました。
    AEWレーダーを吊るした無人飛行船があるとのこと。

    1
      • 58式素人
      • 2023年 5月 31日

      素直な(?)質問を一つ。
      Mig29は、1,500ℓの増槽を携行できたはず。
      ケロシンの比重を0.8とすれば、
      ケロシンだけで1,200kgになるはず。
      増槽の外殻を合わせれば、ストームシャドウと
      重さはほぼ変わらないように思えます。
      Mig29でストームシャドウは運搬できないのかな。
      ただし、1発/機となるようだけれど。

        • YJ93
        • 2023年 5月 31日

        そのハードポイントはランチャーはつけられなくて増加タンク専用のようです。

        1
          • 58式素人
          • 2023年 5月 31日

          なるほどです。
          ありがとうございます。

    • 半分の防衛費の国から
    • 2023年 5月 31日

    F-16AM(block50相当)、ユーロファイター、をウクライナに提供するという妄想までは出来た?
    これは義勇軍(軍事会社)でやるしかないのかも?

    ユーロファイター
    リンク
    リンク
    F-16
    リンク

    F-22対SUー57
    リンク

      • 鼻毛
      • 2023年 5月 31日

      ユーロファイターすげー、カナード翼ついてる!懐かしい!

    • daishi
    • 2023年 5月 31日

    ストーム・シャドウを運用するSu-24がダメージを受けた、という記事が出たところなので、EUへの踏み絵的な意味合いと「タイフーン、ラファール、グリペン(?)のようにストーム・シャドウを機能統合した第4/4.5世代の機体を提供して欲しい」というメッセージにも見えますね。
    ※ グリペンに統合されてるのかはちょっと怪しいです

    ストーム・シャドウ統合済みでも、ほとんどが退役したミラージュ2000やトーネードを持ってくるのはエリア88の外人部隊とマッコイじいさんをセットで持ってこないと無理でしょう

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
  2. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  3. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
  4. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP