欧州関連

NATO加盟国を目指すスウェーデン、トルコ要求の身柄引き渡しに同意

NATO加盟国を目指すスウェーデンは「トルコが要求した人物の身柄引き渡しに同意した」と報じられており、トルコの要求に屈するべきではないと考えるフィンランドの対応に注目が集まる。

参考:Sweden agrees to extradite man to Turkey in wake of NATO deal

トルコは「批准手続きに時間をかける」という政治的選択肢を持っているため、要求に応じなければフィンランドのNATO加盟は半永久的に阻止されるだろう

トルコ、フィンランド、スウェーデンの首脳は6月末にマドリードで協議を行い、フィンランドとスウェーデンはクルディスタン労働者党(PKK)への支援禁止、国内でPKKが資金調達や組織の拡張活動を行うのを禁止、PKKを含むテロ組織やネットワークの活動阻止、トルコに対する禁輸措置を解除することに同意、逆にトルコは両国のNATO加盟を支持することで合意した。

出典:NATO

この合意を受けて全NATO加盟国はフィンランドとスウェーデンの加入を了承、加盟国の議会で批准手続きが進められているが、3ヶ国の合意文書には「トルコが指定したテロ容疑者の強制送還または引き渡し要求に迅速かつ徹底的に対処する」という文言が盛り込まれており、トルコのボスダグ法務相は早速「以前から両国に要請していたクルディスタン労働者党(PKK)とフェトフッラー・ギュレン氏が率いるグループ(FETÖ)のメンバー33人の引き渡し実行を求める」と要求。

フィンランドメディアは「PKK関係者の引き渡しについては合意文書に含まれておらず、我々は従来の立場を維持している。3ヶ国が署名した合意文書には解釈の余地が残さているので我々の観点からは何も変わらないが、これをどのように解釈するかはトルコの問題で合意内容を政治的に利用して解釈に異議を唱えることも可能だ」と強気に出いていたが、スウェーデンはトルコが要求していた人物の引き渡しに同意したと報じられている。

出典:Kurdishstruggle / CC BY 2.0

フィンランドでは「NATO加盟のためトルコの要求に屈するべきではない」という意見が広く支持(世論調査の結果では約70%)されており、スウェーデンに追従してフィンランドもトルコの要求に応じるかは未知数だが、トルコは「批准手続きに時間をかける」という政治的選択肢を持っているため要求に応じなければフィンランドのNATO加盟は半永久的に阻止されるだろう。

関連記事:トルコ、フィンランドとスウェーデンのNATO加盟支持を確約
関連記事:トルコ、フィンランドやスウェーデンにテロ容疑者33人の引き渡しを要請

 

※アイキャッチ画像の出典:SwedishPM

25ヶ国がロシアと戦うウクライナへの戦費提供で合意、日本も戦費を負担前のページ

最新の世論調査、ウクライナ人の97%が「ロシアとの戦争に勝つ」と回答次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ナゴルノカラバフ紛争で優勢なのはアゼル軍か? それともアルメニア軍か?

    ますます激しさ増すナゴルノ・カラバフ地域の戦いはアルメニアとアゼルバイ…

  2. 欧州関連

    ドイツ軍、ウクライナ軍はもたらされるはずだった優位性を発揮してない

    ドイツのBild紙は25日、入手したドイツ連邦軍の機密文書に基づき「ウ…

  3. 欧州関連

    ドイツ、海軍の艦艇約100隻にロシア製ナビゲーションシステムを採用して問題化

    ドイツ海軍が運用中の艦艇約100隻にロシア企業が開発したナビゲーション…

  4. 欧州関連

    気まずいウクライナ軍、大統領の目の前で対戦車ミサイル「ジャベリン」試射に失敗

    ロシアの軍事演習に対抗して開催されたウクライナと米国の軍事演習で披露さ…

  5. 欧州関連

    アゾフ連隊の指揮官がトルコから帰国、ロシアは合意条件が破られたと主張

    侵攻500日目を迎えたウクライナでは「戦争終結までトルコに留まる」とい…

  6. 欧州関連

    緊張が高まる南コーカサス、アゼルバジャン、アルメニア、イランは一触即発の状況

    アルメニアとイランの国境沿いに建設が予定されているザンゲズール回廊を巡…

コメント

    • さめ
    • 2022年 8月 12日

    仕方ないよね、て気持ちと同時にやっちまったな
    とも

    10
      • 名無し
      • 2022年 8月 12日

      自国を防衛するために、どれだけ犠牲を払う覚悟があるのでしょうか。国内政治や国民感情という形での代金支払いで。

      5
      • ミリオタの猫(ロシア軍は強い…と思っていた時期が私にもありました)
      • 2022年 8月 12日

      と言うか、PKKは米国やEUもテロ組織と認めている以上、この問題はトルコの方に分が有りましたからね。
      個人的には仕方無いと言うよりも当然の結末だと思います。
      フィンランドは未だゴネているみたいですが、時間の問題でしょう(国民もNATOに加盟出来ないと分かれば意見を翻すはず)。

      54
    • HY
    • 2022年 8月 12日

     もし仮にフィンランドが突っ張ってNATO加盟が長丁場になった場合、ウクライナ征服をひと段落させたロシアに攻め込まれる可能性が出てくるな。

    6
      • くらうん
      • 2022年 8月 12日

      北欧最強の戦闘能力を持つフィンランドに、旧ソ連の遺産を食いつぶしたロシアが何かできるとは思わないですがね。
      まああの国の意思決定に「現実的な見通し」が含まれていないのは今回はっきりしてしまったからやらかすかもしれないが。

      3
    • 無無
    • 2022年 8月 12日

    トルコとていつまでも今の体制ではないし、未来のクルドもどうなるかは判らないよ
    今はこうするしかなくても、このフィンランドの苦悩こそ美徳とされる未来もあり得る
    敗けるときは敗けとけ

    2
      • 南蛮一の知恵者朶思大王
      • 2022年 8月 12日

      綺麗事を言っても始まらないが、自国の利益のために政治難民を引き渡すのが、NATOが守るべき「自由主義」だろうか。
      でもトルコが約束を守るかどうかはエルドアン大統領の胸先三寸なので、ロシアの脅威が切実なフィンランドの方が見識と気骨を(今のところは)示したというべき。
      軍事同盟のパートナーとして、スウェーデンとフィンランドのどちらが信頼に足るかは明らか。

      4
    • 2022年 8月 12日

    国、国土のない民族は悲惨だよな。
    この手のクルド人の武装組織は周辺各国の思惑で、各国が金を出して運営している。
    ウクライナ戦の当初には馬鹿が「降伏した方がいい」とか言っていたが国がなくなればこうなるわな。
    憲法改正しろという前に日本人も”国”とは何か、”国土”とは何か、”国民”とはということをじっくり考えないといけない時期が来ているのでは?
    九条教徒と同じぐらい害悪だったたあの世に行った誰かさんとその一派みたいに、勇ましいことを言うっているけど実態が伴わなけれま全く意味がない。

    27
      • A
      • 2022年 8月 12日

       国から逃げて、プーチンが死んだら戻れば良いとか言ってる某元知事・元市長・元弁護士もいましたね・・・。

       クルドの悲哀だってそうですし、チベットもウイグルも、習近平が死ぬまで待てば独立できるんですかね・・?

       イスラエルの過剰なほどの国土防衛意識も、2000年にわたる亡国がその端緒でしょうし・・・。

       この人物が我が物顔でテレビに出ている日本の言論事情ってのはどうなってるんだと思いますね・・。

      20
    • スターリン
    • 2022年 8月 12日

    約束は守らないとだめだよ

    2
    • 2022年 8月 12日

    我が身>他人の人権

    しかし根性ねえなあ

    1
    • general
    • 2022年 8月 12日

    ウイグル、クルド、ロシア国内の先住民族…
    強権国家の版図に含まれてしまった少数民族の苦難は計り知れないな。彼らに幸あらんことを願うほかない。

    6
    • 2022年 8月 12日

    クルド人は数が多すぎてなあ…最終的解決策は「居住地に同化してよ」くらいしか思い当たらない。

    2
    • 名無し2
    • 2022年 8月 12日

    F-35を65機買ったフィンランドならNATO加盟しなくてもバルチック艦隊全滅させてレニングラード包囲程度は余裕だろうな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 欧州関連

    オーストリア空軍、お荷物状態だったタイフーンへのアップグレードを検討
  5. 米国関連

    F-35の設計は根本的に冷却要件を見誤り、エンジン寿命に問題を抱えている
PAGE TOP