欧州関連

ウクライナ軍司令官が警告、ロシアは避難途中の市民を狙ったテロ攻撃を準備中

ウクライナ軍のヴァレリー・ザルジニー司令官は19日、ロシアはドネツクとルガンスクから避難する市民にテロ攻撃を仕掛け「責任をウクライナに押し付けて平和維持軍を装ったロシア軍部隊を派遣するつもりだ」と警告した。

参考:Росія готує на Донбасі теракти як привід для вторгнення в Україну-ЗСУ

これが事実なら西側諸国はロシアの企みを到底容認することはできないだろう

ウクライナからの分離独立を主張する2つの親ロシア勢力=ドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国は「ウクライナのゼレンスキー大統領が軍に親ロシア勢力が占拠する地域の解放作戦を開始するよう命じる」と主張しており、この戦いから子ども、女性、高齢者を保護するためロシアへの避難を開始したのだが、ロシアはウクライナを非難するための口実としてテロ攻撃の準備を進めており「この攻撃の犠牲者は民間人でなければならないため避難のためロシアにバスで移動中の市民が狙われるはずだ」と指摘した。

そしてロシアと親ロシア勢力はテロ攻撃の責任をウクライナに押し付けて、親ロシア勢力の要請を受けたロシアは平和維持軍派遣を装い「ロシア軍の正規部隊をウクライナに侵入させることを狙っている」と警告しているのだが、既に司令官の指摘は現実の兆候として現れ始めている。

露国営メディアのRIAノーボスチは19日「ドネツクやルガンスクからロシア領へ向かう避難経路上で爆発物が詰め込まれた自動車爆弾が発見され無事処理された」と報じており、ロシア連邦捜査委員会も「ドネツクとルガンスクにおけるウクライナ軍の犯罪を調査するため専門家を派遣した」と発表しているため、何度か危機を煽った上で本当に避難する市民を攻撃→捜査委員会が派遣した専門家が「ウクライナ軍の仕業だ」と発表するつもりなのかもしれない。

参考:Заминированный автомобиль на трассе вывоза беженцев обезвредили подрывом

これが事実なら西側諸国はロシアの企みを到底容認することはできないだろう。

関連記事:拘束されたウクライナ人工作員、爆破テロ関与を認めドンバス侵攻計画も披露
関連記事:ドネツク軍の少将殺害を狙った爆破テロはフェイク? 指揮官の愛車は別の車
関連記事:米国の予想通り、ドネツク軍の指揮官殺害を狙った爆破テロ攻撃が発生

 

※アイキャッチ画像の出典:Минобороны России

お知らせ:記事化に追いつかない話題のTwitter(@grandfleet_info)発信を再開しました。

中国、J-31輸出をテコに地域安全保障に対する影響力拡大を目指す前のページ

追加投資を決断したフランス、カエサル6X6/MarkII開発をNexterに発注次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    英軍元司令官、ロシア軍はウクライナ軍の5倍に相当する戦力を用意する

    英軍統合司令部のリチャード・バロンズ元司令官は「守りの固いドンバス地域…

  2. インド太平洋関連

    アジアも欧州も軍事衝突寸前、中国は軍に動員をかけギリシャは戦争準備中

    アジアでは中国とインドの間で欧州ではトルコとギリシャの間で軍事的対立が…

  3. 欧州関連

    英国政府、チャレンジャー2とAS90のウクライナ提供を公式に発表

    英国政府は公式に「14輌の主力戦車チャレンジャー2と30輌の自走砲AS…

  4. 欧州関連

    ポーランド人が抗議活動を再開、ウクライナへの入国を待つトラックは5,000台以上

    ポーランドの運送業者によるウクライナ国境の封鎖は47日目に突入、封鎖が…

  5. 欧州関連

    止まらないウクライナ軍の反撃、ヘルソン州北西部の露防衛ラインが崩壊

    ウクライナ軍がドニエプル川沿いのドゥチャニを解放したことでヘルソン州北…

  6. 欧州関連

    反トルコ同盟構築を目指すギリシャ、インドと軍事協力強化で合意

    トルコとの軍事的緊張に晒されているギリシャのデンディアス外相は29日、…

コメント

    • 2022年 2月 20日

    もうレッドラインを超えてるかとは思いますが、自称であれ事実であれ民間人に被害が出たと発表がはじまればもうとまらないでしょうね。

    15
    • ミリオタの猫
    • 2022年 2月 20日

    とうとうロシア、自国と友好関係にある勢力の一般市民を犠牲にしてまで戦争やりたいのか…まるでラノベの「日本国召喚」に出て来たパーパルディア皇国だな(苦笑)。
    但し、これを実行したらロシアは欧米諸国どころか自国民にまでドン引きされるぞ…幾ら言論統制していてもこの手のスキャンダルは口コミ等であっと言う間に広がるものだし。

    10
      • バーナーキング
      • 2022年 2月 20日

      > 自国と友好関係にある勢力の一般市民を犠牲にしてまで戦争やりたいのか

      親ロシア勢力の住人だからって親ロシアとは限らないからね。
      不穏分子の始末と同時に敵のせいにして正当性を主張しつつ開戦の口実を作るとか。

      8
      • 無無
      • 2022年 2月 20日

      いまのウクライナの司令官クラスは、軍人になった頃はソ連軍人としてロシア軍幹部とは先輩後輩同僚の仲だったはず、互いに姓名を知れば、相手はアイツかと思える関わり。
      先日にロシアの退役将校会がプーチンの政策に否を申し立てたのもまたうなずける、本来の兄弟国と戦争せねばならない必然性など無く、むしろプーチンこそ要らざる緊張を生んでる張本人だと感じてるロシア国民も多いのだろう

      7
      • G
      • 2022年 2月 20日

      ロシアは長年西側から経済制裁され、ロシア国民にもその影響が及んでいるため、西側は信じられないという風潮が形成されていて、多少雑な工作でも国内では西側の言い分こそを陰謀論と決めつけることができるとロシア上層部は考えているのかもしれません

      4
      • だいだーら
      • 2022年 2月 20日

      記事と関係ないがパ皇が虐殺したのって自国民じゃなくて日本人観光客じゃなかったか?

      2
    • ウツボ
    • 2022年 2月 20日

    完全にR帝国だな

    2
    • 無題
    • 2022年 2月 20日

    なんか最近色々雑すぎてFSBがKGBの後継ってのが信じられなくなってきた

    15
    • ヴェルダン
    • 2022年 2月 20日

    占領地域の不穏分子粛清ですか。
    某漫画の「第一次逮捕者は1万5000名だ」がリアルに進行するとおぞましい。

    内務省系や国家親衛隊が治安維持を担当するんでしょう。

    当初は軍事的威嚇だけで外交成果を得られればと言う腹積りもあったんでしょうが、結果的に東部へのNATO戦力は強化された上に、米国などの態度も一層硬化させ、スウェーデンやフィンランドなどのNATOへの接近も誘発するなど、内外的に軍事侵攻で何かしら成果を得ないと採算が合わなくなってしまっている感がありますね。

    ノヴゴロドあたりの部隊の装甲車の識別マークが”Z”と書かれている件について界隈がザワついてますが、どの方面が揺動なのか、全戦線を平押しするのか、リアルタイムでは流石に一般人では読み切れませんね。
    歴史学の今を生きているってことを実感する。

    9
    • 匿名
    • 2022年 2月 20日

    このタイミングでこんな事が起こるとなると、誰の目にもロシアの自作自演だとわかるじゃん。侵略の口実作りのために、ロシアが事前にシナリオを用意していたとしか思えない。
    プーチンのタチの悪さはヤクザ並だ。いやしくも政治家の発想ではない。

    18
    • ハリセンボン小僧
    • 2022年 2月 20日

    これロシアと親ロシア派の間の関係やロシア国内での対プーチン世論をギクシャクさせるためにウクライナがでっちあげた偽の情報ということはないのかね。んなわけないか
    とにかく一般市民が犠牲になるのは悲しいですね。

    2
    • que
    • 2022年 2月 20日

    これロシアと親ロシア派の間の関係やロシア国内での対プーチン世論をギクシャクさせるためにウクライナがでっちあげた偽の情報ということはないのかね。んなわけないか
    とにかく一般市民が犠牲になるのは悲しいですね。

    • あいうえお
    • 2022年 2月 20日

    これロシアと親ロシア派の間の関係やロシア国内での対プーチン世論をギクシャクさせるためにウクライナがでっちあげた偽の情報ということはないのかね。んなわけないか
    とにかく一般市民が犠牲になるのは悲しいですね。

    2
    • 匿名
    • 2022年 2月 20日

    伝統あるヨーロッパの大国ロシアさんの脳みそが戦前の日本と大差なかったの巻

    8
    • ロゴジン
    • 2022年 2月 20日

    冷戦時代はこんな杜撰な偽旗工作でも民間人は実態を掴みようがなかったんですよね。
    かつて敵国の偵察情報を一手に握っていたアメリカやソ連の最上層部の視点を今では民間人が持てるんですから凄いことだと思います。

    5
    • 無無
    • 2022年 2月 20日

    あと何時間残されてるのだろうか

    1
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 欧州関連

    アルメニア首相、ナゴルノ・カラバフはアゼル領と認識しながら口を噤んだ
  2. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  3. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
  4. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  5. インド太平洋関連

    米英豪が豪州の原潜取得に関する合意を発表、米戦闘システムを採用するAUKUS級を…
PAGE TOP