欧州関連

ウクライナ軍のA2ADが機能しなくなる?BukとS300の迎撃弾がまもなく枯渇か

流出したウクライナ軍の反攻準備や戦況に関する機密資料には防空システムに関する資料も混ざっており、高度6,000mまでの防空を担うBukとS300の迎撃弾(2月時点での残数は113発と421発)が「5月までに尽きる」と予想している。

参考:Damage Assessment From Major War Plans Leak Underway In U.S., Ukraine

ウクライナ軍のA2ADは規模が限定的になるか完全に機能しなくなる恐れがある

米Politicoのララ・セリグマン氏は7日、ウクライナ軍の反攻準備や戦況に関する機密資料の流出について「政府高官は『かなり加工されている』ものの統合参謀本部が作成した本物だと認めた」と明かしており、英国のBellingcatも「最初にDiscordへ投稿された機密資料はオリジナルで、これを編集(主にロシア軍の損害に関する部分)したものがTelegramに投稿されて拡散した」と指摘、米メディアは「この資料の一部はウクライナ、NATO加盟国+フィンランド、ファイブ・アイズのオーストラリアとニュージーランドに配布された」と報じている。

流出した機密資料の中にはウクライナ軍の防空システムに関する資料(Consolidated UAF Air Defense)も混ざっており、これがオリジナルなのか編集されたものなのかは不明だが中々興味深い内容だ。

この資料は2月23日に作成されたもので、ウクライナの防空に関する現状分析、ロシア軍がもたらすリスク、これに対応するための行動方針が書かれており、高度6,000mまでをカバーする防空システムの89%はSA-11(Buk/50基/迎撃弾の在庫は113発)とSA-10(S300/38基/迎撃弾の在庫は421発)で構成され、SA-11は月69発、SA-10は月180発使用されるため「2023年3月までにSA-11の迎撃弾が完全に枯渇し、2023年5月までにSA-10の迎撃弾が完全に枯渇する」と指摘。

出典:Ministry of Defense of Ukraine/CC BY-SA 2.0 SA-3

ウクライナ軍に残されるSA-3(S-125/2基/698発)、SA-12(S300V/3基/55発)、NASAM(2基/107発)、IRIS-TSL(1基/6発)などが使用する迎撃弾の在庫も限定的で、もう厳選された資産しか守ることができない=ロシア軍の空からの攻撃ボリュームに対応できなくなると警告、短距離の低空域をカバーするスティンガー、アベンジャー、ゲパード、クロタルは地対空ミサイルの使用削減に貢献するものの、前線や重要なインフラに対する攻撃への抑止効果は低く、ウクライナ軍のA2ADは「規模が限定的になるか完全に機能しなくなる恐れがある」と警告している。

A2ADが限定的もしくは機能しなくなるとロシア軍機の作戦範囲や自由度は大きく改善され「安価な無誘導爆弾の使用」が増加、巡航ミサイルも地形に沿った低空飛行が必要なくなり「射程」「命中精度」「生存性」が向上、空挺作戦や航空機を使用した補給が可能になり、ロシア軍機の活動が活発化するとウクライナ軍機の攻撃・支援・補給が減少、大規模な地上戦力を運用するのが困難になると予想(前線上空、重要なインフラ、反攻部隊の全てを保護のは困難なので選択が必要)しているのが興味深い。

出典:VoidWanderer/CC BY-SA 4.0 Buk-M1

これに対応する行動方針は3つに分かれており、短期的(3ヶ月以内)には同国国やパートナー国からSA-11とSA-10の迎撃弾を調達、少しでも迎撃弾を節約するためSA-11とSA-10の使用は戦術機との交戦に限定、中期的(6ヶ月以内)にはNASAM、IRIS-TSL、ホークなどを供給、FrankenSAMと命名されたプログラムの促進、非活性化された地対空ミサイルの修理デポを開設、長期的(9ヶ月以内)にはNATO規格の防空システムや統合されたデジタル防空ソリューションを提供していく。

この資料にはウクライナ軍が保有する防空システムの数、各迎撃弾の残数、月あたりの発射数、西側諸国が提供を約束しているシステムの数や到着予定日などが記載されており、ウクライナに供給されるパトリオットシステムはGEM-TとPAC-3で、米国が1,600発以上も提供したスティンガーは188発(現在の発射量は月25発)しか残っていない。

出典:出典:vk経由 流出したと思われる機密資料(一応ぼかしています)

因みに資料にはSA-11、SA-10/SA-12、NASAM、IRIS-TSLが何処に配備され、どのエリアをカバーしているかも記載されており、SA-11とSA-10の迎撃弾が枯渇する5月以降はSA-12、NASAM、IRIS-TSL、パトリオットがキーウのみをカバーし、黒海からキーウやリヴィウに向けて発射される巡航ミサイルの飛行経路上にSA-12が2ヶ所配備されると予測している。

関連記事:ウクライナ軍の反攻作戦に関する機密文書が流出か、準備完了は4月末?
関連記事:米国がウクライナにシースパローを提供、旧ソ連製のBukを改造して運用か

 

※アイキャッチ画像の出典:VoidWanderer/CC BY-SA 4.0

ウクライナ軍がザポリージャ原発奪還作戦を実施、激しい反撃で作戦は失敗前のページ

バフムート市内の戦いは駅周辺とMiG-17モニュメント周辺が激戦区次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    ロシアを刺激したくないドイツ、ウクライナへの榴弾砲輸出に必要な許可発行を拒否

    米メディアのウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙は21日、ドイ…

  2. 欧州関連

    アルメニア、トルコ空軍機から空対地ミサイルによる攻撃を受けたと公表

    ナゴルノ・カラバフ地域を巡るアゼルバイジャンとアルメニアの戦いは双方に…

  3. 欧州関連

    ポーランド人が抗議活動を再開、ウクライナへの入国を待つトラックは5,000台以上

    ポーランドの運送業者によるウクライナ国境の封鎖は47日目に突入、封鎖が…

  4. 欧州関連

    アゼルバイジャン軍がアルメニア領に激しい砲撃、両軍間で激しい衝突

    アルメニアのNEWS.amは「アゼルバイジャン軍がゴリス、ソトク、ジェ…

  5. 欧州関連

    フランス、50億ユーロ以上の契約で空軍向けのラファールを42機発注

    フランス国防省は12日「50億ユーロ以上の契約で空軍向けのラファールを…

  6. 欧州関連

    ついに全貌を表す第6世代戦闘機「FCAS」、パリ航空ショーでモックアップ公開予定

    フランスのダッソーは、17日の月曜日(現地時間)、パリ航空ショーでFC…

コメント

    • 銘無し
    • 2023年 4月 09日

    かき集めてウクライナに供与された旧ソビエト製兵器・弾薬の中でSAM関係はS-300だけのようで他のミサイルについては補充がなかったようですね。

    14
    • J
    • 2023年 4月 09日

    数日前のここの記事での米軍調達コストが
    対空ミサイルはAIM-120 99万ドル、PAC-3 MSE弾 412万ドル
    対地ミサイルはJASSM 188万ドル、トマホークBlockV 292万ドル
    ロシア製はもっと安価であろうことと、迎撃を確実にするために2発発射することを考えると迎撃側のほうがコストで上回ってると考えられる
    迎撃だけで対処してたらジリ貧ですよ
    発射拠点を破壊して発射前に防ぐしかない
    それをエスカレーションとして避けるなら枯渇は時間の問題

    36
      • nachteule
      • 2023年 4月 12日

       ウクライナ空軍報道官の話だとカリブルが600万ドル、Kh-101は1300万ドルだったから、それが真実ならかなりの高コスト。Kh-101はステルスでチャフかフレア放出する対抗手段を持ちトマホークより大型で重いけど、そこまで高くなるだろうか。23年度会計で米海軍が購入するトマホークが180万ドル超なのでそれと比較するならさらに価格差は広がる。

       大分前の記事にカリブルをワンバイワンで迎撃しているとウクライナが公式発表していたように思うしIRIS-TSLが実戦でカタログスペックの命中率が出ているという話もあったので、それが本当なら余程のことが無い限りは1発で1発を狙い撃ちしてるんじゃないかな。

    • 資料作成担当者
    • 2023年 4月 09日

    私も機密情報を取り扱う者として、同じ悩みと苦労をしています。
    弊社では、流出が起こることを前提として、機密資料を多数の人間に見せる時には同一資料の複製は作らず、一部ずつ1ページごとに識別記号を記載して配布した人物記録を残して、流出経路の追跡できるようにしています。
    識別記号記載以外には、数量の数値を問題ない範囲で各資料ごとに変える方法もあります。
    例)A氏用資料 abc 3658機 B氏用資料 abc 3657機
     C氏用資料 abc 3656機 など。

    弊社では外部監査役員が資料の管理不届きにより機密文書が6ページ流出。識別記号のおかげで、流出発生させた人物の特定と情報漏洩した範囲が特定でき、速やかな保全対処が行えました。
    ウクライナ軍参謀本部にも教えてあげたいですね。
    結局、人から情報が漏れるので機密情報の取り扱いと公開は悩みが尽きません。
    今頃、犯人探しで資料配布された人物全員取り調べを行なっていると思います。
    流出した資料で不利益を被らない事を願うばかりです。

    78
      • 名無し
      • 2023年 4月 09日

      イーロン・マスクが幹部向けに送るメールの語尾が、人ごとにちょっとずつ違う話、好き。

      24
        • pp
        • 2023年 4月 09日

        彼も機に乗じてだかなんだか
        酷く上下する賭場の運営集団の一人にしか見えませんけどね

        11
          • トーリスガーリン
          • 2023年 4月 09日

          ただの賭場運営の一人ねぇ
          開戦以来ウクライナ軍で重宝されてるStarlinkはいったい何処の企業が提供してましたっけ?

          30
          • 2023年 4月 09日

          機に乗じる気概も能力も実績もない人が言っても「負け犬の遠吠え」以外のナニモノでもありませんよ。

          行動しましょう。

          11
            • pp
            • 2023年 4月 09日

            頭、大丈夫ですか?
            まあ、このリーク?でバフムートの無数の死を無駄にしないために、
            より早く、より高強度な戦略が必要になりますね・・・はぁ・・・

            6
              • 2023年 4月 09日

              貴殿はどれほど世のため人のためになる実績を積みましたか?
              イーロンマスク氏は批判はあれど、多くの実績を積み上げている人物です。
              実績が無い・少ない人が実績のある・より多い人を笑うなど、滑稽ではないでしょうか?

              行動しましょう

              6
                • pp
                • 2023年 4月 10日

                このリークを、ニューヨークタイムズが提示した、
                というのを絡めて話をしているだけです。
                話が見えない方は静かにしていたらいいと思います。

                1
                  • A
                  • 2023年 4月 10日

                  話と無関係な賭場の話をするから噛み付かれるんだよ。
                  イーロンマスク信者もいるだろうに、博徒呼ばわりすれば反感買うのが分からんのかねえ ?

                  2
                    • pp
                    • 2023年 4月 10日

                    別に好きに噛みついたらいいじゃないですか・・・
                    博徒じゃなくて胴元ですよ何いってんですかずれてますよ
                    行動しましょう?

                      • 2023年 4月 10日

                      下品な表現で申し訳ありませんが、意思表示(批判評論)をするだけなら幼稚園児ですら可能です。
                      行動した物のみが世の中をより良くできるのです。
                      世の中をより良くしたい意思があるなら、口ではなく手を動かしませんか?

                      2
                    • A
                    • 2023年 4月 10日

                    元祖Aです。
                    あまり上品でない言葉遣いはいかがなものかと。

                    2
      • 匿名
      • 2023年 4月 09日

      むしろ今回の流出は漏らしてる人間を特定するために数字変えた資料を流出させてるんじゃないかと思ってたわ

      5
        •  
        • 2023年 4月 11日

        それが見破られてて数字いじられてるからまずいんじゃない

        1
      • 匿名
      • 2023年 4月 09日

      思えばハルキウの時も作戦前にSNSへの情報の流出に神経質になってたよな
      今回の流出は作戦開始前の踏み絵では
      アメリカもウクライナも情報の流出を認めるのがやけに早かったし

      2
      • MAT
      • 2023年 4月 09日

      防衛省でも同様の措置がある情報セキュリティなのでウクライナもやってるとおもいますよ。

      2
    • 無明
    • 2023年 4月 09日

    供与を増やしたとしても支援国側の負担になる以上、前線で戦ってるのはウクライナだとしても、実態としては自国の資金や経済や防衛力をどこまで犠牲にしてウクライナを支援するべきかという欧米側の意思とロシアとの戦いになりつつある気がする

    24
      • HY
      • 2023年 4月 09日

       欧米と反欧米、民主主義と反民主主義の戦いになると思う。

      9
        •  
        • 2023年 4月 10日

        そういう敵対勢力に反民主主義のレッテルを貼るやり方はグローバルサウスに蛇蝎の如く嫌われてるからいい加減やめた方がいい

        11
    • 七面鳥
    • 2023年 4月 09日

    FrankenSAMとは何をどうくっつけるのだろう

    3
      • hiroさん
      • 2023年 4月 09日

      真偽は不明ですが、Bukにシースパローを統合するシステムと海外でつぶやいている人がいますね。
      本当だろうか?
      それはともかくBUkはフィンランドが貯蔵しているけど、とっくに供与されているのでしょうね。

      8
        • 七面鳥
        • 2023年 4月 09日

        ツギハギ先が海軍用ミサイルだとあまりコスパ良くなさそう。でも西側で近いものはそれくらいしかないのかな、、、
        厳しいなぁ

        1
        • 七面鳥
        • 2023年 4月 09日

        ツギハギ先が海軍用ミサイルだとあまりコスパ良くなさそう。でも西側で近いものはそれくらいしかないのかな、、、
        厳しいなぁ

        • 七面鳥
        • 2023年 4月 09日

        管理人さんがBuk+シースパローの記事リンク貼って下さってる。ありがとう

        1
    • 58式素人
    • 2023年 4月 09日

    供与予定のHAWKとシースパローの状況はどうなのでしょう。
    それと、伊/仏が供与するSAMP/Tが勘定に入っていないような。
    以前にも書いたけど、黒海艦隊をいつまでのさばらせておくつもりなのだろう。

    5
    • XYZ
    • 2023年 4月 09日

    この数はだいたい実数なのだと思います。
    むしろよくこれまで持ったなという印象です。

    旧ソ連製の対空ミサイルの提供が可能な国はほぼ無いでしょうから、どうなるのでしょうか?
    打開するには西側の防空システムへの転換でしょうが、数があまり無いでしょうから、ロシアの攻撃の元を断つ為に航空戦力や長射程対地ミサイルシステムの提供しか選択肢が無さそうです。

    20
    • gepard
    • 2023年 4月 09日

    偽情報にしては資料が緻密すぎること、迎撃弾の枯渇時期と前線でロシア軍の空爆報告が激しくなる時期が一致しているのでおそらく事実であろう。両軍の損害についての様に一部改ざんされた可能性はある。

    しかし春季の反抗作戦ではmanpadsすら不足する状態で開けたザポリージャ州を突き進むのだろうか?西側戦闘機の供与が実現しなかったことが

    8
      • gepard
      • 2023年 4月 09日

      西側戦闘機の供与が実現しなかったことはウクライナにとって痛恨だろう。

      11
        • ミリオタの猫(冬眠から目覚めた)
        • 2023年 4月 09日

        今の状況だったら、ウクライナヘ西側戦闘機を供与するよりもNATO空軍部隊をウクライナヘ派遣した方が早いでしょうね

        11
      • TKT
      • 2023年 4月 09日

      しかし今のレオパルト2A戦車60台を装備する機械化旅団、あるいは空中強襲旅団の2個戦車大隊は、西側NATO軍の期待を一身に担った、NATO各国が総力を挙げて絞り出した戦車で編成した2個戦車大隊であり、もはや
      「沖縄戦の戦艦・大和」
      のように、
      「空の傘」
      がないからといって、温存したまま停戦するのは許されない、NATO各国の国民がそれでは納得しない、というような象徴的存在になっています。

      こういう状況は、雑誌・ミリタリークラシックスの中で、女性マンガ家、ホリエカニコが、
      「帝國軍人MKK」
      で何度も、何度も、何度も・・、ネタにしています。

      たとえウクライナ軍が装備する地対空誘導弾の最後の一発を撃ち尽くしたとしても、ロシア軍のSu-25、Su-34、Ka-52、Mi-24などが群がり、殺到し、空対地誘導弾、ロケット弾や機関砲弾を連射する中をレオパルト2A戦車は、目の前に立ちふさがる竜の歯と、雨注する野戦榴弾砲弾、鋼鉄の矢のような125mm滑腔砲弾を撃ちまくるT-90、T-72、地雷原、燃料気化爆弾をどうにかしてかわし、幾重にも張り巡らされた対戦車壕を乗り越えながら、ザポロジェ州からメリトポリを目指して、突撃を続けないといけないのでしょうか?

      ・・い、いや、しかし、まだウクライナ軍には
      「MiG-29」
      が残っています。もしMiG-29が
      「エースコンバット5」
      並みの奇跡の大活躍ができれば、レオパルト2A戦車の前進中にウクライナ軍の地対空ミサイルがゼロになっても反撃は成功するかもしれません!?

      7
        • 横田
        • 2023年 4月 09日

        ついに正体表したね
        あなたの本音は結局それですか

        46
        • hiroさん
        • 2023年 4月 09日

        想像は個人の自由だけど、内容が非現実的過ぎて何も響きませんね。
        いつもの長文お疲れ様でした。

        54
        • TA
        • 2023年 4月 09日

        オチがちょっと面白かった

        16
          • TKT
          • 2023年 4月 09日

          昔、エスコン5をプレイしたときMiG-29で全クリしたことがあって、確かそのときに、
          「すんごい不利で劣勢な味方の戦車部隊が、敵の堅固な防衛線を突破するまで、敵の戦闘機や地上攻撃機を撃墜しながら、ついでに爆弾やロケットで地上支援もしろ」
          みたいな、すごい無茶振りなミッションがあった気がします。外れるミサイルが多いと、虎の子の切り札である味方の戦車部隊は敵の防衛線を突破する前に全滅してしまうわけです。

          特にエスコン5は、サントラの曲がいいので印象に残っています。

          これはあくまでもプレステ2のゲームの話ですが、今のウクライナ空軍のMiG-29は、政治的な諸事情により、それに近いくらいの非常に重大な任務を背負わされています。

          9
        • 名無し
        • 2023年 4月 09日

        身近に話せる人いないのかな。

        16
          • HH
          • 2023年 4月 09日

          「友だち? アニメとゲームとおまえらだよ」

          10
        • キプチャク汗
        • 2023年 4月 09日

        この長文雑魚の主張は
        ・現実とアニメ・漫画・ゲームの区別がつかない
        ・どうしてもウクライナをWW2のナチスや旧日本帝国と同一視してバカにしたい
        ・このサイトの諸兄が構ってくれることが生きがいだからもっと反応してほしい

        13
        • 匿名
        • 2023年 4月 10日

        ロシア優勢で心に羽が生えた様にはしゃぐいでるTKTさん!
        そんなTKTさんを、そっと影から見守るのが大好きなんだ✨🤗✨
        てぇてぇよねぇ…😌💕

        8
    • もり
    • 2023年 4月 09日

    短SAM中SAMが切れるとMANPADSじゃ回転翼機すら抑止は難しくなるからね
    攻撃ヘリの高度限界は海抜6000mくらいだけどMANPADSじゃ射高2000mくらいしか無い

    流石に平地でダラダラ機関砲撃たれるみたいな舐めた動きは抑止出来るけどロケットの最大射程付近や対戦車ミサイル等はもう高空に留まった攻撃ヘリから撃たれたら手も足も出ない

    21
    • 月虹
    • 2023年 4月 09日

    SA-11に米国から供与されるRIM-7シースパローを統合するという話が1月に報道されましたが実際はどうなったのでしょうね?

    以下はSA-6(2K12)のチェコによる近代化プランですが9K38に代わりイタリア製のアスピーデに置き換えたモデルを試作。またポーランドの近代化プランではRIM-7シースパローや発展型のRIM-162 ESSMを統合したモデルがあります。

    リンク

    • 匿名
    • 2023年 4月 09日

    ウクライナ政府が、把握している在庫は実数でしょうね。前線に送られた時点で、在庫消費した形で部隊には結構在庫ありそうとは思いますけどね。
    アメリカが弾を支援この前したのはこのためでしょうね。

    2
    • NA
    • 2023年 4月 09日

    こちらにも再投稿しますが、この文書の信憑性についてはすでに多数の疑義が指摘されています
    そのうちの一つが、ワグネル(ワグナー)を「Vagner」と表記している点です
    これは西側が作成した体裁の文書であり、今まで私達が英語メディアでずっと目にしてきた通り英語での表記は「Wagner」としか書きません
    「Vagner」のように音訳に基づいた「V」を用いる地域はスラブ地方だけです
    よってロシア側のフェイクが非常に疑われているわけです
    もちろんそう指摘されることを狙った情報戦である可能性もありますが

    10
      • ミリオタの猫(冬眠から目覚めた)
      • 2023年 4月 09日

      どうでしょう?
      問題となっている文書は改竄がされたバージョンがあったものの、オリジナルも特定されていることに加えて文書の書かれ方から考えて偽物とはやや考えにくいと思いますが(偽物の可能性自体は否定しない)。
      それとワグネルの表記が英語では無くスラブ語だとの指摘ですが、頭文字のWをVとしている程度であれば文書作成時の誤記が校正をすり抜けてそのまま表記された可能性も有りうるので、ロシア側のフェイクだとは言い切れない部分が有ると思います。

      20
      • ppap
      • 2023年 4月 09日

      Vagner表記に関してはアメリカの公的機関やメディアも過去に使用しているのが確認されているので
      それを持って偽物と断じるのは難しいです

      31
        • ActivePresent
        • 2023年 4月 09日

        WもVもUも同じようなものですからね。もとの発音を意識させるには英語圏はVを使う他ないです。英語文化圏のように表記を変えずに自分達の発音を維持するほうが実は特殊だったりします。

        例えばドイツ語ですともとの発音に配慮してゼレンスキー大統領はSelenakyjとされますし、寿司なんかだとスの発音と其にあたる表記がないのでそのままSushiなんですが、そのため皆ズシと発音しています。

        11
      • ぱんぱーす
      • 2023年 4月 09日

      ロシア側の流したものだとするとNATO側の関係者が本物判定する理由がわかりません。
      また、どちらかの陣営による欺瞞情報だとしても信じ込ませるために大半は本当の情報を載せると思われます。

      3
    • 名無し
    • 2023年 4月 09日

    結局ロシアのインフラ攻撃はなんだかんだで奏功したと言えるのか?

    18
    • mun
    • 2023年 4月 09日

    結局のところ、文書の真偽や数字の信憑性の問題で真実はわからないでしょう
    ただし、残弾数などはある程度は予測の範疇ではありますので
    まぁそんなものかも知れないなという感じはしますが、それ以上なんとも言えないですね

    また、問題や懸念があるとしても、それを把握している以上
    何の対策も打たないはずはありませんから
    我々がこれで一喜一憂しても仕方が無いと思いますよ
    防空装備については、敵を殺傷する兵器ではない性質上
    他の兵器よりも供与のハードルが低い傾向にありますし

    19
    •  
    • 2023年 4月 09日

    かなりやばい情報が、それも世界中のトップシークレットが流出しちゃってるようだが…

    10
    • AAA
    • 2023年 4月 09日

    執拗なドローンと巡航ミサイル攻撃はインフラよりも
    防空システムそのものを射耗に追い込んで機能不全にするのが目的だったのかもね
    弾頭積んでる以上無視するわけにも行かないし

    11
    • tori
    • 2023年 4月 09日

    フェーク説を押す方も多いですが、これから反抗作戦で正念場な時に
    こういう情報が流れると前線の兵士のメンタル的にしんどいでしょうし、上層部への不信感を招くので
    ウクライナ側の情報戦ってことはないんじゃないかな、、と思ってしまいます。

    弾薬の量的にも進行初期から余裕がなさそうな話は出ていたので、よく持っている方な気が。。
    願わくば改善の目処が立っていると良いのですが。

    4
    • まつ
    • 2023年 4月 10日

    故意の流出かもねパトリオットNASMUS他追加供給決まり防空の穴はさらに埋まるのが現実の状況。

    •  
    • 2023年 4月 10日

    西側が仕掛けた欺瞞とは全く思わないけど機密が流出していることを作戦開始の2,3ヶ月も前に公表するような真似をロシア側がする意図はあまりよくわからないところがある
    もう後戻り出来ないところまで期日が迫ってから公表した方が計画修正も容易ではなくて効果もありそうなもんだが

    2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 北米/南米関連

    カナダ海軍は最大12隻の新型潜水艦を調達したい、乗組員はどうするの?
  2. 中国関連

    中国は3つの新型エンジン開発を完了、サプライチェーン問題を解決すれば量産開始
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 欧州関連

    BAYKAR、TB2に搭載可能なジェットエンジン駆動の徘徊型弾薬を発表
  5. 欧州関連

    トルコのBAYKAR、KızılelmaとAkinciによる編隊飛行を飛行を披露…
PAGE TOP