欧州関連

ウクライナのスタートアップ企業、敵ドローンを迎撃ドローンで破壊する技術を開発

ウクライナのキエフを拠点するスタートアップ企業がドローンを低コストで迎撃できる技術(カウンタードローン技術)を開発したと注目を浴びている。

参考:linkedin UAV INTERCEPTOR (Anti-Drone)
参考:Ukrainian startup develops low-cost drone interceptor

敵ドローンを迎撃ドローンで破壊する斬新な技術を開発したウクライナのスタートアップ企業、製品化のための資金を募集中

この企業が開発した技術は敵ドローンを迎撃ドローンで破壊するという斬新なもので、光学センサーやレーダーなどの外部センサーが敵ドローンを検出すると瞬時に情報がインターセプトユニットに送信され自動(または手動)で迎撃ドローンを射出、迎撃ドローンと敵ドローンの距離が20mまで接近すると機首を目標に向けるための機体制御が始まり約3mまで近づくと迎撃弾を発射して目標を破壊、迎撃ドローンは自動的に射出地点に戻って着陸すると言う仕組みだ。

出典:Oleksii Khomich UAV INTERCEPTOR (Anti-Drone)

迎撃ドローンは円柱型の折りたたみ式クアッドロータ型(総重量910g)で、射出地点に戻ってきた迎撃ドローンの再使用には弾頭の補充とバッテリーの交換に30秒かかると説明されており、迎撃弾は目標の種類や動作モードに応じて複数の種類を用意すると開発者は言っている。

現在、この企業は開発したカウンタードローン技術の実用化や製品化に資金を必要としており「linkedin」で投資家やパートナーを募集している最中だが、複数の海外メディアが「斬新なアイデア」に注目して取り上げているため早々に必要な資金を手に入れる可能性が高く、もしかすると敵ドローンを迎撃ドローンで破壊する斬新な技術が本当に製品化されるかもしれない。

この企業は開発したカウンタードローン技術に「先見性」や「革新性」があるのなら欧米の防衛産業企業がプロジェクトごと買収に動くかもしれないので、今後の成り行きにも注目が集まるだろう。

 

※アイキャッチ画像の出典:Oleksii Khomich UAV INTERCEPTOR (Anti-Drone)

トルコ、垂直離着陸が可能なステルスUAV「バイラクタDİHA」が登場前のページ

センサーとシューターの分離が進む欧州、UAVを活用して対戦車ミサイルを視界外の目標に発射次のページ

関連記事

  1. 欧州関連

    高いのか?安いのか?ギリシャのラファール導入費用は約3,000億円

    ギリシャ政府のスポークスマンであるステリオス・ペサス氏は今月17日、ラ…

  2. 欧州関連

    米国やイスラエル依存からの脱却を目論む欧州、中高度UAV「ユーロドローン」量産で合意

    欧州は米国やイスラエルに依存してきた無人航空機の供給から脱却するため7…

  3. 欧州関連

    エアバス、A400Mを活用して複数のUAVを戦場に供給する技術を開発中

    エアバスは14日、戦術輸送機A400Mの貨物スペースから無人航空機(U…

  4. 欧州関連

    ギリシャ、ランサムウェア攻撃を受けた国営の防衛産業企業が身代金を要求される

    ギリシャ国営の防衛産業企業ギリシャ・ディフェンス・システムがランサムウ…

  5. 欧州関連

    ウクライナ、低コストでエア・チーミングに対応したステルス無人機「ACE ONE」開発を発表

    ロシアと軍事的緊張を強いられているウクライナは国内の人材と技術を結集し…

  6. 欧州関連

    仏新聞が「飛ぶように売れる」と表現するトルコ製UAV、NATO加盟国のアルバニアが購入に動く

    米国のウォール・ストリート・ジャーナル紙が「カラシニコフのAK-47を…

コメント

    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    エリア88に出てきた架空の兵器システムみたい。

    6
      • 匿名
      • 2021年 1月 22日

      対空地雷かな? 同じこと考えてた
      まあ、エリア88のはフルサイズの有人機相手だが

      1
    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    フェンネルというかドラグーンというか……そのうち戦車や機動戦闘車両にモジュール化して装備されそうな予感

    母機を地上接地するより無人戦闘車両でも開発して戦場徘徊させとくほうが生存性向上しそう

    9
    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    面白いこと考えたな、レーダー施設との連携が前提だけど、これなら分散配置して拠点防衛に使えそうだし本体と設置装置のサイズによってはカモフラージュして隠せそうだから、上手いこと開発出来たらUAV対策の最適解になりそう

    6
    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    ドローン戦争の始まりじゃ

    7
    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    ドーロンは草www

    1
      • 匿名
      • 2021年 1月 22日

      修正されててさらに顔面草まみれや

      3
    • ソソソナス
    • 2021年 1月 22日

    「迎撃ドーロン」になってますが間違いなのか正しいのか?

    2
    • 匿名
    • 2021年 1月 22日

    これが実用に耐えうるされるならハーピー運用しているイスラエルがとっくに実用化してると思うのだが…

      • 匿名
      • 2021年 1月 22日

      ハーピーは迎撃に本式の対空ミサイルを持ち出しても割に合う存在でしょう。そもそも主目的が防空システム制圧破壊だし
      これは、民生やそれに毛の生えたレベルのドローンが相手でしょう。ジャミングガンでは落ちないか、不安が有る場合の破壊阻止用と

      7
    • にわかミリオタ
    • 2021年 1月 23日

    日本が開発中の兵器レーザーよりも簡単そう。

    2
    • 匿名
    • 2021年 1月 23日

    カウンターUAVを敢えて直撃させず、ニアミス時に何らかの攻撃手段でドローンを繰り返し攻撃させる。
    ターゲット選定はAIがやるようだけど、どのように区別するのか気になる。ディープラーニングで正確に、絞り込めるのかな?

    3
    • 匿名
    • 2021年 1月 23日

    これを戦闘車両に載せて運用できるならば、車両攻撃用の自爆ドローンを迎撃できる
    なかなかのアイデアだね

    2
    • 匿名
    • 2021年 1月 23日

    不審者対策の投網みたいなやつを打つドローンとかどうかねぇ。

    1
      • 匿名
      • 2021年 1月 23日

      マジで警視庁あたりがテロ対策に研究していそうだな
      殺さずに確保、てのは軍でなく警察の範囲だからね

      1
        • 匿名
        • 2021年 1月 24日

        軍事でもアクタン・ゼロや金門砲戦(諸説あり)のサイドワインダーの様に鹵獲によって状況が動いた事は歴史上いくつもありますからね。
        無人のドローンならなおのこと鹵獲を積極的に狙うのは一つの手かもです。

        1
    • 匿名
    • 2021年 1月 23日

    迎撃ドローンを迎撃ドローンするドローンを開発しないと

    2
      • 匿名
      • 2021年 1月 23日

      ドロンドロンとオバQか

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 軍事的雑学

    打つ手なし? ドイツ軍兵士は一般的な乗用車を「プーマ歩兵戦闘車」と思い込まされ訓…
  2. 軍事的雑学

    ロシア製戦闘機を買うと損をする? SU-30SMを導入したベラルーシの後悔
  3. 軍事的雑学

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  4. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  5. 軍事的雑学

    ようやく本領発揮、世界最強の戦闘機F-22Aが「神の視点」を味方に提供
PAGE TOP