インド太平洋関連

タイ海軍が中高度長時間耐久に対応したUAV導入、候補はヘロンTP、ヘルメス900、翼竜II、MQ-9

タイ海軍は中高度を長時間飛行できる無人航空機を取得するため競争入札を実施すると発表、ヘロンTP、ヘルメス900、翼竜II、MQ-9が導入候補に挙がっているらしい。

参考:Thai Navy Seeking Long-Range Maritime Surveillance Drone

果たしてタイ海軍はどの無人航空機を導入するのか、ジェネラル・アトミックスは低予算の入札に応じるのだろうか?

タイ海軍は海上監視と戦術的任務の強化・支援のためMALE(中高度を長時間飛行できる無人航空機のこと)タイプのUAVを4機取得するため競争入札を実施すると発表、本プログラムの予算上限は39億6,000万バーツ/約137億円でイスラエル航空宇宙産業のヘロンTP、エルビット・システムズ製のヘルメス900、中国航空工業集団有限公司の翼竜II、ジェネラル・アトミックスのMQ-9が導入候補に挙がっているらしい。

出典:Boevaya mashina / CC BY-SA 4.0 ヘロンTP

実際に導入候補がタイ海軍の入札に参加を表明している訳ではないが挙げられている候補は中々興味深いメンツだ。

タイ空軍とタイ陸軍はイスラエル製のドミネーター×3機、オービター×4機、ヘルメス450×4機、サーチャー×7機、米国製のRQ-11×12機、国産のRTAFU-1×17機を既に運用中で、タイ陸軍は中国企業と契約を締結してサーチャーを更新するための国産UAV開発に取り組んでおり、これまでの関係性や実績から言えばイスラエルのヘロンTP(最大滞空時間/45時間~50時間)やヘルメス900(最大滞空時間/約36時間)が優位だがタイ軍の武器供給国として台頭している中国の翼竜II(最大滞空時間/約32時間)も侮れない存在と言えるだろう。

出典:Martin Thoeni、www.powerplanes.ch / CC BY-SA 4.0 ヘルメス900

特に興味深いは米国のMQ-9(シーガーディアンは最大滞空時間/約40時間)が導入候補に挙げられていることで、性能的にイスラエル製や中国製のUAVと十分競合するものの39億6,000万バーツの予算では1機も調達できない可能性が高い。

台湾は遠隔操縦に必要な管制装置や支援システムといった関連費用込みでMQ-9×4機を調達するのに最大6億ドル(1機あたりの導入コストは1.5億ドル/169億円)の支払いを要求されているため「タイ海軍の予算で4機も取得するというのは不可能」と言いたいとことだが、2035年までにMQ-9(300機以上)を全機退役させる米空軍から中古機を引っ張ってくれば「39億6,000万バーツでMQ-9を4機取得」というのもあり得ない話ではないが、米空軍の計画に議会は承認を与えていないため何ともあやふやな可能性だ。

出典:Mztourist / CC BY-SA 4.0 翼竜II

果たしてタイ海軍はどの無人航空機を導入するのか、ジェネラル・アトミックスは低予算の入札に応じるのだろうか?

関連記事:海自が検討を進めている滞空型UAV、調達性を優先すればトルコ製やイスラエル製も候補に

 

※アイキャッチ画像の出典:GA-ASI MQ-9

韓国のKF-21を後部から撮影した珍しい写真+中国の第6世代戦闘機に関連した写真?前のページ

輸入兵器の闇、トルコの輸出向けバイラクタルTB2にはキルスイッチを搭載か?次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    米空軍、アフガニスタン空軍に供与した航空機材を破壊するためB-52Hを派遣

    米空軍の爆撃機B-52Hがタリバンの手に落ちたマザーリ・シャリーフ(バ…

  2. インド太平洋関連

    米国もお手上げか? インド「S-400」導入に続き、「Su-57」導入を検討中

    インド空軍の関係者は、最近、量産が決定したロシアの第5世代戦闘機「Su…

  3. インド太平洋関連

    韓国、A-10 サンダーボルトⅡ主翼製造に続き「機体整備」を約231億円で受注

    米国防総省は12月9日、在韓米軍に配備されている攻撃機「A-10 サン…

  4. インド太平洋関連

    韓国、RCS値0.01㎡未満のドローンを8km先で検出できるアンチドローンシステムを開発

    アンチドローンシステムの国産化と調達に挑戦中の韓国は世界最高水準の性能…

  5. インド太平洋関連

    韓国、純国産ロケット「ヌリ号」初打ち上げに向けメインエンジン開発完了

    韓国メディアは最近、来年打ち上げ予定の純国産ロケット「ヌリ号」に搭載す…

  6. インド太平洋関連

    問題は核燃料の確保、オーストラリアの原潜導入は韓国の原潜建造に役立つか?

    米英の支援を受けてオーストラリアが原潜を導入することを受けて韓国では国…

コメント

    • そら
    • 2022年 1月 03日

    普通に考えたらイスラエルか、中華かって感じだけど、ここに米国製入れるか。
    これで中華選んだら当て馬扱いみたいだけど、米国はどう見るかな?

    4
    • おわふ
    • 2022年 1月 03日

    これ見ると、本当に自衛隊の大型ドローン運用は遅れているなと思う。

    4
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  2. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  3. 米国関連

    本当に笑えない、米空母ジェラルド・R・フォードを苦しめるエレベーターの呪い
  4. 日本関連

    リチウムイオン電池採用艦!日本のそうりゅう型潜水艦11番艦「おうりゅう」就役に世…
  5. 日本関連

    国産防衛装備品の海外輸出が実現!フィリピンが日本製警戒管制レーダー「J/FPS-…
PAGE TOP