インド太平洋関連

タイ海軍、中国製潜水艦の調達をキャンセルしてフリゲート艦を発注予定

Bangkok Post紙は「タイ政府は海軍が要請していた中国製エンジン搭載の潜水艦調達を拒否した」と報じ、スティン国防相も「中国製潜水艦の代わりに中国製フリゲート艦を発注する」と述べたが、中国製潜水艦の取得自体は中止されていないらしい。

参考:Navy to buy frigate instead of Chinese sub

スティン国防相は「潜水艦部隊の創設は一時的に棚上げされるだけで準備が整い次第再開する」とも述べている

タイ海軍は潜水艦部隊を創設するため中国に約10億ドルでS26T型潜水艦(039A型潜水艦の輸出仕様)を3隻発注したが、ドイツ政府はEUの禁輸措置の解釈を変更してディーゼルエンジン「MTU396」の輸出承認を拒否、そのため中国製ディーゼルエンジンへの変更を認めるかどうかで議論になっていた。

出典:public domain

タイのチャンオチャ首相は「信頼性が劣る中国製エンジンを搭載した潜水艦を望んでおらず仕様を満たせないなら契約を破棄する」と、海軍も「中国製エンジンをテストして問題なければ変更を認めるが、品質を証明できなければ補償や返金を要求する」と主張、このテスト結果は良好で海軍は「政府に中国製潜水艦の調達を認めるよう要請していく」と述べていたものの、Bangkok Post紙は「政府は海軍の要請を拒否した」と報じている。

タイ政府は海軍に「調達計画自体の見直し」を指示、そこで海軍は「対潜戦に対応したフリゲート艦」と「海上哨戒機」の選択肢を提示し、スティン国防相は「中国製潜水艦の代わりに中国製フリゲート艦を発注する」と述べ、Bangkok Post紙も「セター首相は習近平主席と会談した際にタイ側の決定を伝達し、李強首相もタイ側の選択を検討することに同意した」と報じているため、054A型フリゲートの輸出仕様を発注する可能性が高い。

出典:U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Diana Quinlan/Public Domain

因みスティン国防相は「潜水艦部隊の創設は一時的に棚上げされるだけで準備が整い次第再開する」とも述べているため、拗れた議論をリセットして中国製潜水艦の取得を再推進するつもりだ。

関連記事:タイ海軍は中国製エンジンを承認、政府に中国製潜水艦の調達を要請中
関連記事:タイ海軍が導入する潜水艦に中国海軍の保証を要求、断れば契約打ち切り
関連記事:タイ海軍が中国製エンジンをテスト、不合格なら潜水艦契約は打ち切り
関連記事:タイ、潜水艦の仕様が守れないなら契約を破棄すると中国に警告
関連記事:中国、潜水艦部隊を創設するタイ海軍に中古潜水艦2隻の提供を提案

 

※アイキャッチ画像の出典:Petty Officer 1st Class Ace Rheaume/public domain

フィリピン空軍、C-295Mの追加取得に続きC-130J-30調達を発表前のページ

ウクライナ軍、ロシア軍は損害を被っても狂ったように押し寄せててくる次のページ

関連記事

  1. インド太平洋関連

    最大潜航深度はそうりゅう型並?韓国、3000トン級潜水艦にHY-130相当を使用

    8月23日、韓国の潜水艦連盟の会長キム・ヒョクス氏は自身のFacebo…

  2. インド太平洋関連

    インド陸軍が進める砲兵装備の近代化、400門のATAGS調達を提案

    インドが開発を進めてきた52口径155mm榴弾砲「ATAGS」は202…

  3. インド太平洋関連

    決断の時? 豪州、世界で最も高価な潜水艦「アタック級」調達中止を検討か

    オーストラリアの公共放送「ABC(豪放送協会)」は11日、豪国防省はコ…

  4. インド太平洋関連

    インドネシアメディア、日本と護衛艦購入契約がまとまれば中古護衛艦の提供を受けられる

    もがみ型護衛艦の輸出交渉が進められているインドネシアでは「日本との契約…

  5. インド太平洋関連

    中国牽制に効果を発揮、フィリピンが対艦ミサイル「ブラモス」購入計画を承認

    フィリピン国防省は14日、インドとロシアの合弁企業「ブラモス・エアロス…

  6. インド太平洋関連

    矛盾する国益、ウクライナ問題がロシアとインドの関係に亀裂を生じさせる理由

    プーチン大統領は習近平主席と手を組むことで西側が最も恐れていた露中連携…

コメント

    •  さ
    • 2023年 10月 23日

    キャンセルだったら中国の面子が、となるだろうけど別の船を発注したならとりあえず面目は立つだろうし
    同じ中国製でも潜水艦よりはまだ波風立たないだろうしなぁ

    11
      • 2023年 10月 26日

      ですね。
      政治的にはそこまで問題にはならなそう。

      1
    • 謎の密使
    • 2023年 10月 23日

    まあ、ゴタゴタ続きだった潜水艦の調達を後回しにしただけで、当面はフリゲートと哨戒機を調達して海軍戦力のバランス向上を狙っているんでしょうね
    特に、タイ海軍は昨年末にコルベット1隻(米国製のスコータイ)を沈没事故で喪失している為、水上艦艇の補充は喫緊の課題だったはずですから、054A型フリゲート輸出仕様の発注の方が潜水艦よりも優先されるのは頷けます

    19
    • たむごん
    • 2023年 10月 23日

    日本が、兵器輸出を検討する際に、参考になる事例ですね。

    安全保障環境が変われば、他国が、キーパーツの輸出許可を取り消すリスクがあります。
    製品化する際に、他国の製品・デバイス・ソフトウェアを組み込むならば、友好国で固めなければなりません。

    ウクライナ戦争のドイツ製を見ていると分かりやすいですが(カタログスペックよりも外交上の使い勝手が悪い)、自国産を安価に揃えられる国・輸出している国は、国防上大きな強みになります。

    管理人様が、韓国の記事は取り上げられていましたが、いい事例と思います。

    12
      •   さ
      • 2023年 10月 23日

      ウクライナの例に出てるドイツも一応友好国ではあるけどね
      米独がその辺り多いけど、韓国がFA-50売ろうとして英に拒否されたりミャンマーに兵器ビジネスしようとして国連から釘刺された例とかもあるからそういうのしてくる相手を外して開発となると、現実には中々難しいなぁ

      頑なに、フランス国内製+EU製(影響の少ない物)にこだわるフランスの兵器体系がその究極系だとは思う
      ただ同時に、どうしても割高になるからなぁ

      13
        • たむごん
        • 2023年 10月 23日

        ドイツも、たしかにそうですよね。
        ウクライナ戦争では、ドイツがドイツ製兵器の供与を拒否して、悪目立ちしたのが印象的でしたからね。

        フランスは、仰る通りですね。
        EUの武器購入スキームを活用したりして、資金を捻出しようとしている事も印象的です。

        1
    • ハナー
    • 2023年 10月 23日

    記事の末尾部分の054A型フリゲートが054A型フ”ル”ゲートになってます。

    3
      • kitty
      • 2023年 10月 24日

      さすがにそんな明らかにtypoだとわかるミスをいちいち指摘せんでも…。
      もう少しこう何というか 手心というか…

      3
    • 黒丸
    • 2023年 10月 23日

    中国がタイの要望にどこまで速やかに対応するかですね。
    既に40隻ほど054A型フリゲートは就役済みみたいなので、
    もしかすると現役艦から譲渡することもあるかもしれません。
    ただ、哨戒機については中国側がどんな機体を提案のでしょうか。
    機体は新鋭だが機材は一世代前のものでも用意するのかも。

    4
      • wmk
      • 2023年 10月 24日

      パキスタンへ輸出した054A型(054A/P型)は、起工から引渡しまで約3年でしたので、タイ向けに新規建造するかもしれません。

      1
    • さめ
    • 2023年 10月 23日

    この迷走具合よ
    どちらかというと軍事合理性というよりも内政上の都合がものを言ってるような気がするわね
    途上国を相手にしたビッグディールはこうなりがち

    9
    • 58式素人
    • 2023年 10月 24日

    写真を見る限りでは。
    054A型フリゲートの対空レーダーと備砲はロシアの技術に見えます。
    中身は判りませんが。
    タイは大丈夫なのかな。

    2
      • k.ziro
      • 2023年 10月 24日

      仮想敵国のレベル次第だろうと思うけど、タイの仮想敵国、海洋利権の相手国というとカンボジアかインドネシアあたりかなあ?

      • wmk
      • 2023年 10月 24日

      054A型の対空レーダーはシーイーグルS/C(ロシアのフレガートMAE-5を中国が国産化)で、艦砲はPJ-26(ロシアのAK-176Mを中国が国産化)ですね。
      ロシアの技術を丸パクリではなく色々と改良した上で採用しております。

      2
  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 米国関連

    米空軍の2023年調達コスト、F-35Aは1.06億ドル、F-15EXは1.01…
  2. 米国関連

    米陸軍の2023年調達コスト、AMPVは1,080万ドル、MPFは1,250万ド…
  3. 軍事的雑学

    4/28更新|西側諸国がウクライナに提供を約束した重装備のリスト
  4. 米国関連

    米海軍の2023年調達コスト、MQ-25Aは1.7億ドル、アーレイ・バーク級は1…
  5. 日本関連

    防衛装備庁、日英が共同で進めていた新型空対空ミサイルの研究終了を発表
PAGE TOP