中東アフリカ関連

イラクの首都で大規模な衝突が発生、もはやバクダット市内は交戦地域

イラクではイスラム教シーア派の指導者サドル師が率いる勢力と、同じシーア派でイランの支援を受ける勢力が武力衝突する事態に発展、首都バクダットのグリーンゾーン(首相府や政府庁舎が集中するエリア)で激しい交戦が続いている。

参考:Iraq protests turn deadly after prominent cleric quits politics
参考:Black Helicopter Prompts False U.S. Embassy Evacuation Claims In Iraq

バクダット市内の状況は両勢力の支持者が衝突したというより「両勢力の支持者が交戦している」と表現する方が適切

サドル師が率いる政党政党「サーイルーン」は昨年10月の総選挙で74議席を獲得、一方で親イランを掲げるファタハ連合は議席数(48→17)を大幅に減らし、選挙結果に納得がいないファタハ連合は選挙で議席数を減らした他の勢力を巻き込み「選挙の無効」を訴えたが裁判所に退けられたため、スンニ派やクルド人と手を結び新政権樹立に欠かせないクルド自治政府首相の選出を阻止、選挙から10ヶ月が経過しても両勢力の対立が収まらず政権樹立の目処は立っていない。

この事態を打開するためサドル師は支持者を議会前に座り込ませて議会の解散と再選挙を要求したが、ファタハ連合を含む親イラン勢力がこれを拒否したため29日にサドル師は政界引退を発表、これに怒った支持者がグリーンゾーン(首相府や政府庁舎が集中するエリア)を襲撃、治安部隊や親イラン勢力のデモ隊と衝突して少なくない死傷者が発生している。

バクダット市内の状況は両勢力の支持者が衝突したというより「両勢力が交戦している」と表現する方が適切で、小銃だけなくRPGまで持ち出し激しい戦闘が行われている様子がSNS上にアップされ、このまま内戦に発展するのではないかと危惧されており、グリーンゾーンにある各国の大使館や国際組織の事務所では「スタッフの退避が始まっている」という噂まで飛び交っている有様だ。

ロシア軍とウクライナ軍の戦いの影に隠れて目立たないが、沈静化していたギリシャとトルコの軍事的対立が再燃する兆候、アゼルバイジャン軍がアルメニアとナゴルノ・カラバフを繋ぐランチに入り、リビアでは米軍かイタリア軍のMQ-9が撃墜され、モロッコとアルジェリアは互いに軍事力増強に邁進、ミャンマーでも反政府勢力との戦いが激化して住民が虐殺されており、エチオピアでもティグレ人民解放戦線との戦いが激化している。

どう見ても世界的な安全保障の環境は悪化しており、軍事力や防衛産業の価値や存在感が高騰していると言っても過言ではない。

関連記事:アゼルバイジャン軍がラチンを掌握、ナゴルノ・カラバフ地域への通行権を管理
関連記事:ギリシャ軍、クレタ島配備のS-300でトルコ空軍機にレーダー照射か

 

※アイキャッチ画像の出典:@Faytuks

ゼレンスキー大統領、ロシア軍は逃げ出すか降伏するかを選択する時が来た前のページ

ウクライナ軍の攻撃を恐れるロシア人、深夜にも関わらず駅に市民が殺到次のページ

関連記事

  1. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、フーシの攻撃を受けイスラエル製防空システムの緊急調達を検討か

    アラブ首長国連邦は簡素な作りのミサイルとドローンの攻撃にパトリオットと…

  2. 中東アフリカ関連

    ロシア海軍初のアフリカ拠点建設が中断、スーダンが荷物をまとめて出て行くよう通告

    ロシアはスーダンのポートスーダンに海軍基地を建設するため昨年末スーダン…

  3. 中東アフリカ関連

    三菱電機がエジプトとレーダー輸出について協議中、ネックは米国の承認か

    三菱電機がエジプトに売り込み中のレーダーシステムは「ライセンス契約や技…

  4. 中東アフリカ関連

    アラブ首長国連邦、ドイツに供給する国産の防空ミサイル「SkyKnight」を発表

    アラブ首長国連邦は首都アブダビで開催中の防衛展示会「IDEX」でSky…

  5. 中東アフリカ関連

    エジプトがK9導入、1,900億円規模の契約を韓国と締結

    韓国の防衛事業庁は1日、2兆ウォン/約1,900億円規模のK9輸出契約…

  6. 中東アフリカ関連

    赤道ギニア軍の保管していたダイナマイトが爆発、一瞬で街が瓦礫になり600人以上が負傷

    赤道ギニア共和国で軍の基地に保管していた大量のダイナマイトが爆発、少な…

コメント

    • 2022年 8月 30日

    ウクライナ侵攻は世界の安全保障をぶっ壊したからなぁ。
    嫌な世の中になってしまった。

    33
      • 無無
      • 2022年 8月 30日

      もっと遡って、東西冷戦終結にあわせて湾岸戦争、ユーゴ紛争、ソマリア内戦と次々と揉め事があらわに。
      もっとも冷戦下でも各地で紛争は続いていたが、冷戦後の紛争は大国によるコントロールが効かない性格を帯びていると感じる
      このような状態は、すべてを暴力で押さえ込む独裁的な権威主義国家に理論的正当性を与えかねないから、心配

      13
      • くらうん
      • 2022年 8月 30日

      世界的な空気というものがあはりあるんだと思う。
      第2次大戦のような互いに連合を組んだ大勢力同士の戦いではなく、各地域の火点が増えつつリンクして、いつの間にか世界大戦になっていたという事も起きうるんじゃないか?

      6
    • バクー油田
    • 2022年 8月 30日

    シーア派同士が交戦とか、イラクもスンニ派の影が薄くなったなあ
    まあイスラム国で最後の花火やったんやね

    17
    • エア
    • 2022年 8月 30日

    イラクやシリアは民族や宗教間の対立だけでなく
    内部分裂も激しく勢力が入り乱れていて
    強力な独裁者でなければ治められないのではないかと考えてしまう

    まだ対立の単純なウクライナの方が救いがある

    28
    • Rex
    • 2022年 8月 30日

    常識的な日和見協調主義より、過激な独裁者の方が支持を集めやすい世の中になってきてるのかもね。
    信用なんて崩壊しつつあるこの世界で、自分の身は自分で守る。
    「自己防衛」その一点に限るわな。
    プレッパーやサバイバリストの時代か。

    8
    • すえすえ
    • 2022年 8月 30日

    ここはカオスやなぁ

    選挙をしても選挙を認めないとかが横行するからめんどくさいことになるんだよなぁ

    10
    • NATTO
    • 2022年 8月 30日

    サドルさんは同じシーア派でも余所者は嫌なんだろうな。

    1
    • 段々涼しくなってきました
    • 2022年 8月 30日

    イライラ戦争のイメージを引きずってる身としては以前程ではないにしろ未だに安全保障でアメリカの影響下にあるイラクで親イラン派の大規模な票田が存在する事に驚きますね。
    イスラム国危機を契機にイランの影響が強まった所から昨年の選挙は親イランPMFへの反発で一周回って国粋主義とも言えるサドル師躍進の流れだったそうですが複数派閥巻き込んで塗り絵がはっきりしないまま内戦となると反体制派への原理主義組織の浸透で有耶無耶になったシリア内戦の再来とならないか心配です。

    5
      • ブルーピーコック
      • 2022年 8月 30日

      イラクはスンニ派よりシーア派の方が多数派なのです。サダム・フセインがスンニ派だったのでスンニ派のイメージがありますが。

      7
        • 段々涼しくなってきました
        • 2022年 8月 30日

        イラク国内のスンニ・シーア両派の比率については存じているのですが当方不勉強なためいつの間にか混乱期のイラク国内にイラン後援の武装勢力が誕生して気がつけば政治化し米のソレイマニ司令殺害へ繋がるぐらいの漠然としたイメージしか無かったもので、イラクシーア派内でのイラン支持層の多さに驚いたと書いた方が的確だったかもしれません。ただまあ国政においては外交政策は支持のファクターの一つでしか無いのでその側面だけ切り取って見るのは少々安易でしたね…。

        1
          • Mr2
          • 2022年 8月 30日

          ISIS掃討選でイラン革命防衛隊が大規模な部隊を派遣していたりや、米軍駐留時から表に出た南部シーア派イラク人への工作とか深くイラク国内に食い込んでいますよね

            • 戦略眼
            • 2022年 8月 30日

            オバマの時には、イラクの統治にイランが協力していたからな。
            それでサウジアラビアが拗ねた。

    • ブルーピーコック
    • 2022年 8月 30日

    元から世界中で燃えていたのが顕わになっただけ。

    6
    • 折口
    • 2022年 8月 30日

    下から2番目の動画、C-RAMですやん。ちゃっかり米大使館も攻撃されてるの…もうめちゃくちゃですね。

    イラク人によるイラクの民主的な自治と言えば聞こえは良いですが、宗教右派はともかくとして隣国イランの影響力すら排除できてないのはアメリカの戦後統治さぁ…って話ですよね。イラクの内政に干渉しようとする外患はいずれも民主的な手続きとか民族自決権なんか屁とも思ってない訳で、そういうならず者国家の前に旧権力層が一掃された不安定な国を放り出すのは自治尊重とは言わないですよね。いじめっ子といじめられっ子が居るクラスで「みなさん気をつけましょう」とだけ言って特に対処しないのと一緒ですよ。まぁぶっちゃけ、アメリカからすると占領統治中のある時点でもうイラクを進歩的な民主国家にするのを諦めたって事なんでしょうけども。

    16
    • ブルーピーコック
    • 2022年 8月 30日

    『イラクでは,人口の約6割をイスラム教シーア派アラブ人が占め,約2割とされるイスラム教スンニ派アラブ人のほか,クルド人,キリスト教徒,その他少数民族が混在している』
    公安調査庁 国際テロリズム要覧より

    宗教・民族対立を強権で抑え込んでいた独裁者が居なくなればこんなもんてすよ

    9
      • 成層圏
      • 2022年 8月 30日

      元はと言えば欧米諸国が勝手に国境を引いたせいだが、今さら民族や宗教ごとに国を作っても一度できた直線で囲まれた国家の意識が消え去ることは無さそうですね。
      アメリカの力が以前より衰え、ロシアが大ダメージを受け、中国も成長の限界にきた今、タガが外れたようになりそうですね。
      日本も早く憲法改正をしないと、予想外の事態に巻き込まれるかも知れませんね。

      7
        • STIH
        • 2022年 8月 30日

        いや、直線で囲まれた国家への帰属意識がないからこそ、分裂しているわけですから、欧米や東アジアが一切干渉せず、殺し合いを好きなだけやらせれば、どこかで各勢力が拮抗する境界線が発生し、それは直線ではないはずです。
        ただ域外からの干渉が無い、という前提を満たすのが極めて難しい以上、半永久的に紛争が続くでしょうけど。

        11
    • パセリ
    • 2022年 8月 30日

    こういうの見るとアラブの春を始めとする独裁国家の民主化も正しく無かったと言わざるえんよな
    多民族、他宗教地域は独裁者が力で抑えんとすぐこうなる
    仮に民族、宗教ごとに独立させてもナゴルノ・カラバフ戦争戦争と似たようなもんが始まるだろうし

    11
      • STIH
      • 2022年 8月 30日

      しかし、先進国以外は民族や宗教以外のイデオロギーでまとまることはできないでしょう。
      やはり共産主義は滅び、資本主義+自由民主主義のアメリカもまた分裂の危機にある中で、これら超イデオロギーに希望を見いだせない以上、新しい何かを人類が生み出せない限り仕方が無いのではないでしょうか。

      1
    • 匿名
    • 2022年 8月 30日

    ???:「ともあれ、憲法9条は死守すべきであると考える次第である」

    1
      • 戦略眼
      • 2022年 8月 30日

      そろそろ、シニカタヨウイかな。

    • 無名のミリオタ
    • 2022年 8月 30日

    リビアは両陣営、ミャンマーは国軍側にそれぞれ大国がバックについていたが、
    サドル派は誰が支援する?

    親イラン派も、反米のサドル派どちらもアメリカは支援したくないし、ウクライナに手一杯で出来ないはず。

    ならば、湾岸諸国に任せるか?
    隣国トルコに任せたら反対側にクルドがつきそうで余計ややこしくなるからな。

    • 通りすがりのななし犬
    • 2022年 8月 31日

    この地は、かつて欧米諸列強の野望が交錯し、ぐちゃぐちゃにしてしまったところ。もっとも、それ以前も東西の文化、民族、宗教が交錯し、交易上の重要拠点であったため、古来より戦争が絶えなかった地。

    伝説になった独裁者フセインを支えていたスンニー派は今はどうしているのだろう? ISISも国内が乱れれば、その隙に乗じて復活を企むだろう。

    アメリカは、アフガンみたいにこの地も捨てて、去っていくつもりなのだろうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ポチって応援してくれると頑張れます!

にほんブログ村 その他趣味ブログ ミリタリーへ

最近の記事

関連コンテンツ

  1. 欧州関連

    再掲載|英海軍の闇、原潜用原子炉の欠陥と退役済み原潜の処分費用
  2. インド太平洋関連

    日米からのオファーがない? 韓国空軍、日本のF-35整備拠点利用を否定
  3. 日本関連

    海外メディアも注目、横浜で護衛艦「いずも」の空母化工事が始まる
  4. 日本関連

    着実にレベルアップを果たす日本の対潜哨戒機P-1、2020年度から「能力向上型」…
  5. 軍事的雑学

    サプライズ過ぎた? 仏戦闘機ラファールが民間人を空中に射出した事故の真相
PAGE TOP